小林ゆう『ゆうのお部屋』

古谷徹さん×小林ゆうのクロストーク(その3)

古谷徹さんと小林ゆうさんというそれぞれの世代を代表する人気声優さんふたりによる対談も今回で3回目。今回は、『巨人の星』や『機動戦士ガンダム』から、最新作の『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』まで、古谷さんの声優暦に迫ります。


●星飛雄馬からの卒業を賭けていた、『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイ

ゆう それでは、古谷さんが声優になられたお話しなどもお聞かせください。古谷さんは劇団で子役をされていて、『巨人の星』の星飛雄馬役で声優として人気を獲得されたわけですが、声優というものに対しては、どのようなスタンスで取り組んでいらっしゃったのですか?

古谷 そうだねえ。『巨人の星』のときは、僕が中学生、高校生だったから、役作りをするなんて、それこそ考えられなかったし、とにかく一生懸命やって役になりきることしかなかった。大学時代は「歌手を目指そうかな」なんて思いもあって声優の仕事は中断していたんだけど、やっぱり『巨人の星』の影響が大きくて、声優に復帰することになった。その復帰第一弾が『鋼鉄ジーグ』の司馬宙役。そこで『鋼鉄ジーグ』の司馬宙や、同時期に担当させてもらった『グロイザーX』の海阪譲などのヒーローを演じていると、どうしても星飛雄馬に似てきてしまうというジレンマがあって、「なんとかしたいな」と思っていたんだ。そんなときに出会ったのが、『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイ。アムロはいままでの熱血ヒーローキャラとは明らかに違うキャラで、「このアムロを自分でちゃんと消化して演じることができれば、プロとしてやっていけるな」と思ったわけ。星飛雄馬から卒業していけるなと。そのときからかな、自分が納得できるように役を演じられるにはどうすればいいんだろうって考え始めたのは。そこで初めて、自分の手で役を作ろうと思うようになったのかもしれない。

ゆう アムロさんの第一声には、すごく気を使ったとおっしゃっていましたね。

古谷 アムロを演じることになったときは、とにかくアムロはどこにでもいるふつうの少年だから、その少年を等身大で演じられれば、いちばんいいと思っていたんだ。それまでのアニメのヒーローは、力強く熱いキャラというのが大前提としてあって、どうしても肩に力が入ってしまう。アムロではそれを肩の力を抜いてぼそぼそっとしゃべろうって決めたんだね。だからアムロの第一声を出すときは緊張したし、「これでいける!」っていう手応えもあった。僕は『機動戦士ガンダム』で飛雄馬から卒業して、本当のプロとしての第一歩を歩むために賭けていたんだけど、ほかのキャストやスタッフも、当時はみんな何かしら『機動戦士ガンダム』に賭けていたんだ。そういったみんなの思い、エネルギーの集合体が『機動戦士ガンダム』だったんだ。

――最初の放送当時は視聴率があまりよくなかったって聞きましたが、気になりませんでした?

古谷 ぜんぜん。やっているときは視聴率とかは意識していなかったね。とにかく自分たちが楽しんでいた。僕たちも演じながら、「この先どうなるんだろう?」ってファン的なノリで参加していたからね。でも、放送の3分の2くらいが過ぎたあたりかなあ、アフレコが終わるとファンの方がスタジオの前で出待ちをしてくださっているのが目立ち始めたんだ。ほかの現場でも出待ちの子はいたんだけど、『機動戦士ガンダム』がほかと違うのは、圧倒的な熱意と大学生の男の子たちの数の多さ(笑)。しかも、回を追うごとに、道路に溢れんばかりに徐々に集まるようになっていった。びっくり状態で「なんじゃ、これは?」という感じだったなあ(笑)。もちろん、テレビの視聴率はわかっていたんだけど、「これはもしかしてブレイクするかも」という予感はあったね。

ゆう 古谷さんはすごい体験をされています。古谷さんは「これで卒業したい!」という思いでアムロさんに取り組まれるときに、どのような感じでほかの役と気持ちを切り替えていたのですか?

古谷 『機動戦士ガンダム』をやっているときは、じつは『新巨人の星』のアフレコも同じ日だったんだよね。午前中に星飛雄馬を演じて、午後はアムロ・レイをやっていた。本当はいっぱいいっぱいでたいへんだったハズなんだけど、そんなに意識はなかったなあ。星飛雄馬は僕のなかでキャラとして出来上がっていたので、意識しないで飛雄馬になれたのが大きかったのかもしれない。アムロは意識的に役を作ろうとしていたから切り替わったんだろうなあ。赤坂から新宿へアフレコ現場を移動する過程で、キャラが入れ替わっていたのかも。まあ、やっぱり集中力かもしれないね。

ゆう 『ワールド・デストラクション』のトッピーさんはどうだったのですか?

古谷 トッピーはまずはゲームから入ったんだけど、最初は僕のイメージとは違っていたんだ。僕のトッピーに対する役作りとゲームのディレクターが思っていたイメージとがあまりにも違ったので、最初はものすごく戸惑ったね。結局はかわいい容姿とのギャップがいいというディレクターの要望にしたがってハードボイルドさを強調して、渋い声で演じたんだよね。

ゆう ものすごく渋い声でしたね。

古谷 そうなんだ。だから、なるべくキャラクターの絵を見ないようにして演じたんだよ。アニメのほうは変えていいと言われたので、僕の思っているとおりのトッピーにしたけれど。

ゆう アニメのトッピーさんはすごくキュートでかわいい感じですよね。

古谷 そうそう。ゲームとアニメとではぜんぜん違うトッピーになっているね。声の出しかたも違うし。そもそもトッピーの設定自体も、ゲームが賞金稼ぎなのに対し、アニメは探偵になっている。プロデューサーさん的には二度楽しめるみたいな狙いがあったみたいで、モルテやキリエなどのほかの主要キャラに関しても、ゲーム版とアニメ版とでは変えている。そのへんは演じていて戸惑いもあったけれど、おもしろい部分でもあったなあ。

ゆう アニメのトッピーさんは勇者ということで、自分の信念を貫き通していて、古谷さんの説得力のある声とも相まって、私はとても好きなキャラなのですが、古谷さんはトッピーさんのどんなシーンがいちばん印象的ですか?

古谷 そうだねえ。やっぱりヤッピーとのエピソードがいちばん印象的だったかなあ(第5話)。ヤッピーもトッピーと同じチビクマ族で、見た目はかわいいけれど、悲運な運命に翻弄された辛い人生を歩んでいる。トッピーのように生きたかったけれど、できなかったという、トッピーとは表裏一体をなすキャラなんだね。そんなヤッピーとトッピーのエピソードはすごくいい話だと思うし、最後にトッピーがヤッピーに言った「たとえどんな境遇にあろうと、変わらぬ志さえ持っていれば勇者だクマ! 俺は何があっても勇者でいたいクマ」というセリフがすごい印象に残っていて、僕は好きだね。

ゆう あの場面は、古谷さんがそう感じでいらっしゃるだろうからこそ、説得力を持って出せる演技ではないかと恐縮ながら思いました。私は物語の最後のほうでトッピーさんが言う「暗黒の中にも希望はある。希望があれば自分を変えていける」というセリフがすごく好きで、私にとっての大切な言葉になっています。

古谷 そういった意味では、トッピーは見た目はかわいいけど、やっぱりヒーローなんだよね。

ゆう トッピーさんとヤッピーさんということで言うと、ヤッピーさん役は池田秀一さんだったので、ファンの皆さん的には「おおっ!」っていう感じだったと思うのですが……。

古谷 アムロとシャアだもんね(笑)。ヤッピーに関しては、事前にプロデューサーから、5話でヤッピーというキャラが出てくるので、「池田さんに演じてもらいたいんですよね〜」という話を聞いていたんだよね。それで、僕のほうから直接電話をして、「これこれこういう役柄なんですけど、どうですか? クマですけど」って話をしたんですね。そしたら、ふたつ返事で「いいよ」って言ってくれたんだ。後で聞いた話だけど、ちょうどそのとき、池田さんは自宅に花を買って帰るために花屋にいたそうで、どうやら機嫌がよかったらしい(笑)。

ゆう アムロさんからシャアさんへのオファーですね(笑)。

古谷 トッピーは青いバンダナで、ヤッピーは赤いバンダナ。まさにアムロ対シャアだよね。そして幼なじみでライバル。けっきょく池田さんが演じるヤッピーはトッピーの引き立て役で、最終的にはトッピーのほうがかっこよく見える(笑)。ぜひ、池田さんに演じていただきたいなと(笑)。

ゆう ファンの皆様にとっては、最高の贈り物ですね。

古谷 とくに最近になって思うのですが、池田さんとは『機動戦士ガンダム』で共演させていただいて、戦友みたいな意識があるんですよ。お互いがお互いを認め合っていながらライバルでもある。すごく素敵な関係になっているんだよね。この業界においても、古谷と池田というのはとっても特殊な存在みたいなんです。そもそも『ガンダム』自体が化け物みたいな特殊な存在じゃないですか。だから池田さんとしか分かち合えない思いというものもあるんですよね、いろいろな状況の中で。だからこそ、ヤッピー役をお願いできたというのはあるね。

▲『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』第5話の“漢には二通りある”より。古谷徹さん演じるトッピーと、池田秀一さん演じるヤッピーとのやりとりが注目を集めた。


 『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』における古谷徹さんと池田秀一さんのエピソードは、『機動戦士ガンダム』ファンにも興味深かったのでは? 次回は古谷さんとゆうさんのクロストークもラストです。
 

【インフォーメーション】

vol133.jpgDVD『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』Vol.3
■発売中
■価格:6090円[税込]
■発売元:セガ
■販売元:ジェネオン エンタテインメント
※Vol.1〜Vol.2も好評発売中
全6巻予定で、毎月1巻ずつ発売


※セガでは、DVD『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』Vol.1〜Vol.3の購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを実施中。購入者には抽選で、“トッピー等身大ぬいぐるみ”や声優さんのサイン入りアフレコ台本など豪華商品が当たります! 詳細は専用サイト(→こちら)まで。

※『ワールド・デストラクション』の公式サイトはこちら 

 

小林ゆうさん出演情報

今日の5の2 佐藤リョウタ役
テレビ東京(毎週日曜日深夜1時30分〜2時)などで放送中

まかでみ・WAっしょい! シンクラヴィア役
チバテレビ(毎週日曜日深夜0時30分〜1時)などで放送中

銀魂 猿飛あやめ役
テレビ東京(毎週木曜日午後6時〜6時30分)などで放送中

OAD
魔法先生ネギま! 〜白き翼 ALA ALBA〜 桜咲刹那役

OAD
【獄・】さよなら絶望先生 木村カエレ役

 

 

小林ゆう

2月5日生まれ。東京都出身。以前はモデルを務めていたほどの抜群のスタイルとルックスで人気を集める声優。代表作はアニメ『DAN DOH!!』の青葉弾道役、『魔法先生ネギま!』の桜咲刹那役、『さよなら絶望先生』の木村カエレ役など多数。