小林ゆう『ゆうのお部屋』

古谷徹さん×小林ゆうのクロストーク(その1)

人気声優、小林ゆうさんが、「会いたい人に会いに行く!」という、いたってシンプルなテーマで展開される“ゆうのお部屋”。第2回目のゲストは、声優の古谷徹さん。ゆうさんはテレビアニメ『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』で古谷徹さんと初共演。昔から憧れていた古谷さんと共演できて感激したというゆうさんですが、憧れの古谷さんをまえにどのような話が?(4回連続予定)

 

〈本日のゲスト 古谷徹さんプロフィール〉
数々のヒーロー役であまりにも有名な、日本男性声優界を代表するひとり。代表作はアニメ『巨人の星』の星飛雄馬や『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイなど多数。10月から放送中のアニメ『キャシャーン Sins』でも主役のキャシャーンを演じるなど、その人気は衰えることがない。ゆうさんと初共演を果たした『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』では、チビクマ族の勇者、トッピー・トプランを担当。テレビ『カーグラフィックTV』など、ナレーションのうまさでも定評がある。

 

●ずっと憧れの存在だった古谷徹さん

ゆう 今日は“ゆうのお部屋”にお越しいただきまして、本当にありがとうございます!

古谷 お邪魔します(笑)。

ゆう といっても、本当は私のほうからお邪魔しているのですが、あの古谷さんが目の前にいらっしゃるので緊張状態です! さっそく“ゆうのお部屋”の扉を開かせていただきます。

古谷 ゆうちゃんとは『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』で初めて共演させてもらったんだけど、Webラジオの“ワールド・デストラクション 〜世界放送委員会〜”でもいっしょにパーソナリティーを務めていたわけだし、ラジオでいろいろとしゃべっているよね。なんで改めて僕のところに来たの?

ゆう それは、私が古谷さんを愛しているからです。

古谷 え、え〜!? いきなりだね(笑)。そ、それはうれしいけど……。

ゆう 私は小さいころから、古谷さんの出演されているアニメを拝見させていただいて、たくさんの夢や感動をいただきました古谷さんはずっと輝き続ける方であり、私の中の歴史上の人物です!

古谷 歴史上の人物って(笑)。もう死んじゃったみたいな……。でも、そんなにヨイショされても困るなあ(笑)。

ゆう 古谷さんが演じられた役では、私は『ドラゴンボール』のヤムチャさんが大好きで、古谷さんのお声をお聞きしたときは、「ヤムチャさんだ!」って思っていました。

古谷 僕が何を話してもヤムチャに聞こえるんじゃないの?

ゆう そうなんです! 古谷さんが「ゆうちゃん」って話しかけてくれたときに、「ヤムチャさんが、ゆうちゃんって言ってくださった!」と心の中で喜んでおりました。

古谷 それが不思議だよね。ヤムチャはどちらかと言うと、『ドラゴンボール』では引き立て役なんだけどねぇ。

ゆう そんなことはありません! ヤムチャさんは輝いています。私のなかでは、すべての女性の憧れの存在がヤムチャさんなんです!!

古谷 そ、そうなんだ?

ゆう はい。だから、『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』で初めて共演させていただいたときは、本当に信じられませんでした。キャストにトッピー役で古谷徹さんのお名前を拝見させていただいたときは、「あの古谷さんが!?」ということで、私を含め事務所のみんながざわめきまして、身の引き締まる思いがしました。

古谷 だったら、いっしょにWebラジオを始めるときはもっとたいへんだったんじゃない?

ゆう たいへんでした! 事務所の方から「とにかくすごいことが起きたので、来てください! 電話では話せないので」ということで、喫茶店で打ち合わせをして、教えていただいたのですが、「古谷さんといっしょにラジオのパーソナリティーを務めさせていただけることになりました!」ということで、喫茶店でがくがくぶるぶる震えてしまいました

古谷 (笑)。そうなんだ。じつは、僕はもともとラジオはあまり好きではなくて、ほとんどやっていなかったのね。役者だから演技ならまったく問題ないんだけど、ラジオは素の自分をさらけ出さないといけないから。で、いっしょにパーソナリティーを務めるのがゆうちゃんだということを聞いたんだけど、正直そのころはゆうちゃんのことをよく知らなかったんだよね。そこでマネージャーから「すごいおもしろい子なんです。不思議ちゃんなんですよ」って聞いて、ちょっと興味が出てきた(笑)。だったら、やってみようかなと。

ゆう ありがとうございます。

古谷 それで実際にゆうちゃんに会ってみたら、スタイル抜群でまるでモデルみたいなんで、まずビックリしたんだよね。ところがいざ話してみると、とてもぶっ飛んだ子で、「え〜〜!?」という感じで、さらにビックリ。とてもショックを受けました(笑)

ゆう ショ、ショック!? 私のせいで古谷さんがショック状態に?

古谷 それで、「なるほど、こういうことか……」と納得がいって、「これはラジオもおもしろくなるな」と密かに思いました(笑)。当初は、台本はどちらかというとゆうちゃんが進行役で、僕が自由に喋る雰囲気だったんだけど、「これは絶対逆になるぞ」と思っていたね。僕が進行していかないと先に進まないだろうなあと。1回目からそうなったけど(笑)。

ゆう そ、そうでしたね。

古谷 正直言って、最初は僕もゆうちゃんのことを「この子作っているんじゃないか?」と疑っていたわけですよ。女優さんってキャラクターに入り込むために、日常から役になりきっている人もけっこういるじゃない。ゆうちゃんの感性があまりにも人と違うので、「これが素だったらありえないだろう」って(笑)。むしろ、ここまで作っているなら、すごい女優さんだなって思ったんだけど、よくよく接してみると、それが素顔だった(笑)。ファンの皆さんが応援したくなる気持ちもよくわかるし、僕もファンになっちゃいましたね

ゆう ああ、うれしいです! そんなことをおっしゃっていただいて、私、インタビューどころではなくなってきてしまいました。

古谷 そしてWebラジオのあとにアニメのアフレコがあったのですが、アニメのほうでも、ゆうちゃんの役(リ・ア=ドラグネール)が、ものすごい変化のある役どころじゃないですか。

ゆう そうなんです。すぐにキレて大暴れをして、古谷さんのことをバーンと振りまわして痛めつけようとするんです。演じていて、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

古谷 僕じゃなくて、トッピーだよ(笑)。で、リ・アは、相当テンションを上げないと嘘っぽい芝居になってしまうんですね。もともとリ・アはお嬢様なので、ふだんはいつも上品に振舞っているんだけど、ちょっとしたきっかけで「このくそたわけっ!」って感じでがらりと変わってしまう。ゆうちゃんの場合、その演じ分けが見事なんだよね。とくにふだんのゆうちゃんがお嬢様だから、そのギャップがひときわ際立って、みんなで感心してしまう。ふつうのヒロイン系の女優だと、照れちゃって演技にならないときがあるんだよね。嘘が見えてしまう。そうすると作品自体がおもしろくなくなってしまうんだけど、ゆうちゃんは思いっきりやっているので、作品を引き立てる。純粋に「すごいな」と思いました。女優としての素質があるなと

ゆう ありがとうございます。

古谷 どういたしまして。さっきさんざんヨイショされたので、少しお返しをしておかないといけないなって思って(笑)。

ゆう そんな! 私はヨイショなんてしていません!

 Webラジオなどで共演しているとはいえ、ゆうさんにとって長年憧れの対象であった古谷徹さんとの対談は格別のものがあるようです。古谷さんもゆうさんの存在は相当注目していたようで……。お互いエールを送りつつ、いよいよ佳境に入る次回をお楽しみに! 

▲『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』では、“世界撲滅”をかけて、キリエ(右)とモルテ(左)らは旅をすることになる。DVDは現在Vol2まで、ジェネオン エンタテインメントより好評発売中だ。

▲古谷徹さんが演じたのは、クマ族のトッピー。クマでありながら勇者というひと癖ある役どころを見事に演じた。

▲小林ゆうさんが演じたのが、リ・ア=ドラグネール。ふだんはおとなしいが、キレると手がつけられない。ゆうさんは切れ味鋭く演じました。

 

【インフォーメーション】

vol133.jpgDVD『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』Vol.3
■2008年11月21日発売
■価格:6090円[税込]
■発売元:セガ
■販売元:ジェネオン エンタテインメント
※Vol.1〜Vol.2は好評発売中
全6巻予定で、毎月1巻ずつ発売


※セガでは、DVD『ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜』Vol.1〜Vol.3の購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを11月21日から実施予定。購入者には抽選で、“トッピー等身大ぬいぐるみ”や声優さんのサイン入りアフレコ台本など豪華商品があたるのだ! 詳細は専用サイト(→こちら)まで。

※『ワールド・デストラクション』の公式サイトはこちら 

 

小林ゆうさん出演情報

今日の5の2 佐藤リョウタ役
テレビ東京(毎週日曜日深夜1時30分〜2時)などで放送中

まかでみ・WAっしょい! シンクラヴィア役
チバテレビ(毎週日曜日深夜0時30分〜1時)などで放送中

銀魂 猿飛あやめ役
テレビ東京(毎週木曜日午後6時〜6時30分)などで放送中

OAD
魔法先生ネギま! 〜白き翼 ALA ALBA〜 桜咲刹那役

OAD
【獄・】さよなら絶望先生 木村カエレ役

 

▲まさに道場破り? 声優事務所大手の青二プロダクションさんに訪れて、とっても緊張気味の小林ゆうさんでした。

 

小林ゆう

2月5日生まれ。東京都出身。以前はモデルを務めていたほどの抜群のスタイルとルックスで人気を集める声優。代表作はアニメ『DAN DOH!!』の青葉弾道役、『魔法先生ネギま!』の桜咲刹那役、『さよなら絶望先生』の木村カエレ役など多数。