『ファイナルファンタジーXI』ヴァナ・ディール通信 blog

« 2009年08月 | 『ファイナルファンタジーXI』ヴァナ・ディール通信 blogのホーム | 2009年10月 »

2009年09月18日

ヴァナ・ディール通信 VOL.8 本日発売!

出たッ!


vana8_H1.jpg


出ました。ピンクの表紙のニクいヤツ。
リリゼットが目印の『ヴァナ・ディール通信 vol.8』!


今回は、あのとんでもない強さを誇るHNM、
Pandemonium Wardenを倒しちゃったよ、ということで、
"とんでもパンデモ特集号"となっております。

これから挑戦しようという冒険者の皆さん、
映像でも誌面でもガッチリ攻略していますのでぜひ!


さらに今回は、気になる『FF XIV』にも迫る。
田中プロデューサーや河本ディレクターへのインタビュー映像や
gamescomでのプレイレポートなど、見どころ満載です。


それでは、本誌の注目記事をズババッと紹介。

●【特集1】決戦パンデモニウム

本誌スタッフが実践した、Pandemonium Wardenの討伐法を余すところなく解説。
10にも及ぶ形態変化の仕組みや、各形態への対処法を掲載。
付録DVD収録の攻略映像とあわせて見れば、必ず勝てる!


●【特集2】モブリンズメイズモンガー マスターズマニュアル

ますます遊びの幅が広がったMMM。その基本から、レベル上げやアイテム入手、
マーブル・ルーン稼ぎなどの目的別に、おすすめのメイズバウチャーを紹介。
タビュラへのルーン配置例も掲載しているので参考にしてね!


●【特集3】フィールド・オブ・ヴァラー全エリアガイド

ソロでまったり、みんなでワイワイ。
ちょっとした時間に経験値を稼げるFoVを活用しよう。
訓練に対応したモンスター配置図や、宝箱から得られる戦利品を完全網羅!


●最新ヴァナ事情

過去北方エリアや、『アルタナの神兵』ミッション&クエスト、
『戦慄!モグ祭りの夜』、『石の見る夢』などなど、最新情報をお届け!
さ・ら・に、Sirenワールドのビシージ2000勝を祝して、
『FFXI』開発チームより"五蛇将"本人たちからのメッセージが届いた!


●【巻末特集】『ファイナルファンタジー XIV』

これまで公開された、エオルゼアの世界や、種族に加え、アーマリーシステムや
ギルドリーヴ、モンスターといった情報を総まとめ。
ドイツで開催されたgamescomでのプレイアブル出展レポート付き!


……といったように、内容盛りだくさんの今号。
ヴァナ通作家陣による連載マンガももちろんありますよ!


ミスラから漁師まで、編集長が形態変化するのは
ヴァナ通だけっ!

●オンライン販売サイト
Amazon
コチラ

ebten
コチラ


※本動画の公開は2009年12月18日までです。

2009年09月15日

ヴァナ・ディール通信 VOL.8 とんでもパンデモ特集号

出ます!

2009年9月18日(金)、出ちゃうんです!


vana8_H1.jpg


絵師・前田ヒロユキ氏による、
キラッキラのリリゼットが目印です。


さて、今号も映像コンテンツをガッツリ収録。
HNM攻略映像、サウンド解説に加え、
なんと『FF XIV』に関するアレやコレも詰め込みました!

そちらの見どころをダイジェストでどうぞ。


●決戦パンデモニウム

最高峰クラスのHNM、Pandemonium Warden討伐の一部始終を収録。
10回にも及ぶ形態変化と、最終形態の攻略までをバッチリ解説!


●聴くスターオニオンズ

スターオニオンズの2ndアルバム『Sanctuary』収録の楽曲について
コンポーザー・水田直志氏が語ってくれた!


●弘さん浜さんの『FF XIV』ちょっといい話 完全版

『FF XIV』について、田中プロデューサーと浜村通信が語る。
ファミ通WaveDVDに収録された同番組の完全版です。


●『FF XIV』ディレクター 河本信昭インタビュー Full Version

もっと『FF XIV』を知りたい! ということで、
河本ディレクターにも話を伺った。こちらも同番組の完全版!

と、なっておりますよ。

大事なことなのでもう1回。


2009年9月18日(金)発売!


誌面の紹介はまた後日。


あ、ちなみにサブタイトルの"とんでもパンデモ特集号"は、
編集長の独断で決まりました。

ビックリしました。

●オンライン販売サイト
Amazon
コチラ

ebten
コチラ

2009年09月08日

アルタナ名鑑 #21 Karaha-Baruha

21npc.jpg

Karaha-Baruha
カラハバルハ

ウィンダス目の院院長。

魔法学校在学中は、その優秀な成績から、
「学校始まって以来の秀才」と巷説された。

卒業後、各院からの熾烈な引き抜き合戦を尻目に、、
当時人気のなかった目の院を志望。
院長待遇で迎え入れられる。

しかし、星の神子の勧めで"偉大なる獣"を従える研究に着手すると、
没頭するあまり、トライマライの奥深くにある研究室に篭りきりになる。

後世では大戦時のウィンダスの英雄として語り継がれているが、
今後、その創始となる騒乱に、
冒険者も足を踏み入れることになるだろう。


ちなみに、ウィンダス三博士の、
Yoran-Oran(ヨランオラン)、Koru-Moru(コルモル)、Shantotto(シャントット)
とは同期である。


「星の神子さま。
 私を信じて下さい。必ず、ウィンダスは
 滅びの運命から逃れることができるはずです。」

「フェンリルを捕らえるため、
 リミララさまは、その偉大な魔力で
 「あるもの」を作りました。」

「否、やってみせましょう。
 やらなくてはなりません。」


--
イラスト:皆川史生(RGB230

2009年09月03日

ファミ通Xbox 360 10月号

ども、ファミ通Xbox 360ノリックです。

ファミ通Xbox 360 10月号の"ヴァナ通360 ヴァナ・ディールの裏側から"では、引き続きモーションチームインタビューを掲載。

開発者インタビューを行っていつも思うのが、「ホント、開発者の方しか知らないことがいっぱいあるのなぁ」ということ。
たとえば、エフェクトの再生時間がハードによって違うなんて、聞くまで誰も気づかないですよ!

果たして何がどう違うのか? PS2、PC、Xbox 360の差って?
詳しくは本誌でご確認ください(笑)。

これ以外にも
・装備と装備の干渉チェックの推移
・エルヴァーンのヒラヒラモーションの秘密
・デーモンの走りモーションは、なんであんなに一生懸命なのか?
などなど盛りだくさん。
もちろん、これら以外のネタも豊富に語っていただいています。

ぜひぜひ書店で見かけたら、手にとってレジまで運んでいただければ!

Xbox10月号.jpg

当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
(C)2002-2010 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.