『ファイナルファンタジーXI』ヴァナ・ディール通信 blog

« 2008年11月 | 『ファイナルファンタジーXI』ヴァナ・ディール通信 blogのホーム | 2009年01月 »

2008年12月29日

俺たちのヴァナトークVol.10

早速ですが、「俺ヴァナ」10回目です。
こんな酔っ払いトークが10回も続いているなんて!

vanatalk10.jpg

引き続き花鳥風月特集の話題です。
ラストに待ち受けるアイツのことや、
インタビューのことなど、
ちょっと突っ込んだ話題でお届けします。

俺たちのヴァナトークVol.9

「俺ヴァナ」9回目が上がっています。

vanatalk09.jpg

むしろ知らないことが当たり前だと
言わんばかりのルパン編集長ですが、
話は続きます。

今回は花鳥風月特集の話です。

2008年12月26日

異文化ヴァナニケーション #08 顔文字の違い

その男、顔文字で笑う。

例えば、パーティー解散時。
「おつかれさまでしたー(・∀・)」
と、顔文字を使って
雰囲気を演出しながら会話する人も多いだろう。

このような顔文字は日本製で、
その多くは日本だけで通用する文化だった。
外国人のプレイヤーに「(・Д・)」なんて送っても、
「それってどういう意味?」と返されることもある。

なぜなら、外国人プレイヤーの
顔文字のスタンダードは、横向きだからだ。
笑顔は「:-)」、しかめっ面は「XP」となる。
日本人から見たら、「文字化けかな?」
なんて思ってしまうかもしれない。

しかし、それも今となっては昔の話。

今のヴァナ・ディールでは、
言語に関係なく、大抵の顔文字は通用する。
むしろ、1バイト文字(半角の英数字や記号)でも
日本語のような顔文字を作りたいという
外国人プレイヤーも増えてきている。

そんなミスラに「meow >^o^<」なんて鳴かれたら、
思わぬチャーミングさで愛らしく感じちゃうかも。



日本語版以外の環境では、
2バイト文字(ひらがなやカタカナ、漢字など)の
文字や記号が入力できないので、
それらを使った顔文字は使えません。

必然的に1バイト文字で作ることになるのですが、
日本人のような顔文字を使う人もいます。
例えば、

>(*'-')> うっふん

とか。
両手で髪を掻き上げている感じです。

とはいえ、横向きの顔文字も
よく見ればかわいいと思いませんか?
こんなのはどうでしょうか<3

*<|:-) サンタクロース


--
イラスト:斎藤かよこ(ココナツ!

2008年12月24日

異文化ヴァナニケーション #07 エンとドル

その男、蟲に慄く。

日本ではよく見る¥マーク。
これに対し、ある外国人プレイヤーは
「なんだかヨロイ蟲みたいだな」と言い放った。

そう言われてみれば、
なんだか蟲みたいに見えてくるような……。






王蟲の怒りは大地の怒りじゃ。


一方ガルカの冒険者は、
$がウナギの串焼きに見えるという。
確かに、円筒状のサカナが
串に刺さったように見えるような……。


$$$

現在タイムサービス中につき、
ウナギの串焼き3パックで割引中!



¥マークは、スーパーなどの店舗などで
普段から使われているので、
そのまま「円」としての意味で捉える人が多いと思います。

しかし、馴染みの無い人から見れば、
それも蟲になってしまうことがあるようです。

主観ではありますが、
外国人プレイヤーの中には、意味として捉えるより、
視覚イメージとして捉える人が多いのかもしれませんね。

これは顔文字の違いにもつながることなのですが、
また次の機会にお伝えしたいと思います。


--
イラスト:斎藤かよこ(ココナツ!

2008年12月22日

アルタナ名鑑 #08 Zazarg

08npc.jpg

Zazarg
ザザーグ

第四共和軍団に所属し、
第七独立戦隊の千人隊長を務める。

グロウベルグ会戦で大敗を喫した影響で
第四共和軍団の戦力は風前の灯火であったが、
彼の千人隊のみが募兵をしつつ、再編を行っている。


ザザーグは、隊長であるにも関わらず
部下とも気さくに接し、
寝食を共にするような漢である。
会議もユーモアを交えたフランクなスタイルで、
軍隊というよりは、さながら
血縁関係にも似た結束力を感じられる。

この性格は冒険者に対しても同様で、
雅量があり、人望も篤い。
男気一本のまっすぐな性格に惹かれ、
彼を「兄貴」と慕う者も多い。

人格者であるザザーグだが、
いざ戦となれば、両の拳で嵐を呼ぶ。
並外れた武術で敵を叩くだけでなく、
さらに戦況を冷静に見極めることもできる
胆勇の士である。


現代の彼は五蛇将の1人で、
土蛇将としてアルザビの守護に就いている。
皇都防衛戦で彼の陰流砕巌衝が空を裂く様子を
見たことがある冒険者も多いだろう。
5回もの突きを高速で繰り出し、
その拳圧で敵を吹き飛ばす。相手は石化する。

彼の過去については、
茶屋シャラトトで詩吟を生業とする
タルタルの吟遊詩人、Fari-Wariの詩作りに
協力することで明らかになるだろう。
「土噛みし拳」が語る、
義と人情と漢のドラマは、見逃せない。


「オ〜シッ!
 そろそろ、三途の川を渡してやるか!」

「これだけ広いヴァナ・ディールだ。
 どっかに、そんなオレでも
 必要としてくれる所があるかもしれねぇだろう?」

「これからも
 オレといっしょに
 大暴れしようじゃねえか。なあ、おい。
 ガハハハハハハッ!」


--
イラスト:皆川史生(RGB230

2008年12月20日

俺たちのヴァナトークVol.8

「俺ヴァナ」8回目きました。

vanatalk07.jpg

ミスラのオスやガルカの転生について、
ルパン編集長の適当な妄想が飛び出します。
走り出したら止まらない。
酔っぱらっても止まらない。

酔いどれオヤジたちの話はまだ続きます。

アルタナ名鑑 #07 Rongelouts N Distaud

07npc.jpg

Rongelouts N Distaud
ロンジェルツ・N・ディストー

大戦時は、
サンドリア王国軍の王立騎士団に属する
鉄羊騎士隊の隊長を務める。

有能な従騎士候補を集めて猛特訓を行うものの、
辛辣を極めたセリフで部下を叱咤するため、
"鬼軍曹"のシゴキから脱落する者も少なくない。

なお、ロンジェルツは赤いベレー帽を被っているが、
同じ隊の部下も同じ帽子である。
彼らは、トレードマークともいえるこの帽子を、
軍曹とともに被れることに誇りを持っている。

彼の峻厳な態度の裏にある、
情に篤い面を知っているからこそだろう。


現代のヴァナ・ディールでは、
サラヒム傭兵士官学校の主任教官を務める。
剣を竹刀に換え、
今日もアトルガンの空の下で、
傭兵たちに鬼のシゴキを施す。


「しょせん
 ミジンコの頭だな。ママのスカートの
 中で「戦争ごっこ」でもやってろ。」

「ふざけるなッ!
 その安っぽい同情が
 お前の護るべき多くの者を
 危険にさらすだろう。
 当のガキどもの
 命すらなッ!」

「これからも
 その負けん気を失うなよ!
 そうすれば貴様は真の勇者にだって成れるだろう。」
(サラヒム傭兵士官学校・卒業式より)


--
イラスト:皆川史生(RGB230

ヴァナ川柳 / vol.17 誤った選択!?

今回は"モブリンズ メイズモンガー"を遊んでみました〜。
NPC"Goldagrik"の周辺にはもの凄い人だかりがッ!!

vanasen17_01.jpg

注文書を作り、"Maze Mongers Shopfront"から
メイズの入り口に進入します。

vanasen17_02.jpg

メイズ"常花の石窟"でクリアー条件のモンスター残滅を……
って、"強い相手"が沢山いるではないですか!
ソロで行ってみたのが間違いだったのでしょうか!?


メイズを探索したあと、"丁度いい相手"の
Maze Lukerと戦ってみました。
しかし、ダメージをあまり与えられず、大ピンチに!

vanasen17_03.jpg

vanasen17_04.jpg

呪符デジョンで逃亡しましたが、ワープ後の残りHPは16。
しかし、残っていたバーンがじょじょに蝕んでいき……。


vanasen17_05.jpg

はい、こうなるわけです。

「ホームポイントはこの国なのに〜!」
と、心の中で叫んでいましたorz

無残な結果に終わってしまいましたが、
このコンテンツの報酬やモブリンマーブルを収集するという
新たな楽しみが増えた気がしました。
今度はパーティーで挑戦してみたいと思います。


──事後、
公式サイトを見ると退出に使える
メイズコンパスの記述に気づきました。
ページ最下部にしっかりと書いてありますね……。
呪符デジョンではなく、こちらを使えばよかった〜。


緊急時
 メイズコンパス
  使うべし

( ゚д゚)ポカーン


Takaha/Siren (P.N.高畑三万円)

2008年12月19日

ホタテ

突然、編集部に白い箱が届きました。

20081219_01.JPG

こ、これはいったい!?

騒然とする編集部。
恐る恐るフタを開けた瞬間……!


カパリコ。

20081219_02.JPG

中には大量のホタテが!

じつは、僕のLSの人が漁師をやってまして、
彼から届いた海の幸なのでした。
いやはや、ありがたい。


さかのぼること5年……。
その頃、ファミ通PS2(現ファミ通PS3)で
『FFXI』の連載記事を担当していた頃の話です。

彼とはちょうどその頃からの付き合いで、
こうして仲のいいフレンドに、
時々海の宝をお裾分けしてくれるのです。

そういえば、当時の担当編集者が
「漁師を営む冒険者がいた!」という
ネタを掲げて北海道へ飛び、
カニなどの美味しい食べ物をたらふく食らって
そのまま帰ってきたという企画もありましたっけ。
(今考えると割とヒドイ)


この日、海のサンタクロースは、
靴下ではなく、発砲スチロールの箱に
たくさんの宝物を詰め込んでくれました。

海の秘宝に舌鼓を打ちながら
編集部でおいしくいただきたいと思います。

この場を借りてお礼を。ありがとさん!


Trom/Leviathan

2008年12月18日

「ウェルカムバック キャンペーン」スタート

一度解約して消去したキャラクターを、
当時のままの状態で復帰できるサービス、
「ウェルカムバック キャンペーン」がスタートしました。

「ウェルカムバック キャンペーン」のご案内

以前に比べると、
レベルシンクでレベル差があってもパーティーを組めるようになったり、
「フィールド・オブ・ヴァラー」などの経験値を得る手段が増えたり、
シグネット効果中はヒーリングしてもTPが減らなくなったり、
楽な敵を倒した際の取得経験値が上がったり、
他にも挙げればきりがありませんが、
かなり、「遊び」の幅が広がっています。

新たなストーリーの展開も見所が多く、
どの将軍が好きだとか、この話はどうなのとか、
ヴァナ・ディール上で仲間と話題を共有するのもまた、一興です。


一層便利になったヴァナ・ディールで、
もう一度ゆっくり冒険してみるのも、
また、いいかもしれませんね。
焦らずのんびり遊んだっていいと思います。
この世界はいつまでも、冒険者たちを待っています。

ちなみに、このサービスで入手できるアニバーサリリングは、
使用すると専心の効果が付き、
敵を倒した際の取得経験値が2倍になります!
(10回使えます)

2008年12月17日

ヴァナ川柳 / vol.16 予期せぬ教訓

今回は新要素の1つ
"フィールド・オブ・ヴァラー"を体験してきました!

クフィム島でページ1の
訓練メニューを完遂したあと、
ページ5に挑戦してより多くの経験値とお金を
稼ごうと目論みました。

vanasen16_01.jpg

さっそくAcrophiesに意気揚々と殴りかかります!


──数十秒後


vanasen16_02.jpg

ドレインキッスや吸着に苦しみ、戦闘不能にorz
考えてみればコイツと戦うのは初めてでした。


出鼻を挫かれたことで、
意地でも5ページ目を完遂したくなりましたっ!!
戦闘支援の章でリレイズ、リジェネ、
プロテスの支援効果を受けたあと、
しっかりミスラ風山の幸串焼を食べて再戦です!

vanasen16_03.jpg

残りHPが僅かになりながらも
ゴリ押しで倒せましたー♪
勢いに乗ったまま5匹倒し、
Greater Pugilも両の拳で殴り飛ばします。
巨人族も順調に……

vanasen16_04.jpg

と、思いきや!

Gigas's Leechにリンクした
Acrophiesも襲ってきて大ピンチに!

vanasen16_05.jpg

脱兎の如くデルクフの塔へ逃げ込みましたー。


気を取り直して、
周囲のLeechにも目を配りながら巨人族を狙います。

vanasen16_06.jpg

vanasen16_07.jpg

モンクと素手の巨人族の戦いって、
拳での語り合いみたいで画になりますね!


vanasen16_08.jpg

こうして訓練メニューを完遂し、
経験値とお金に加えて葉も獲得しました。
……ってWightに挟み打ちにされていますがw


訓練中、"フィールド・オブ・ヴァラー"を
体験していると思われる冒険者の多くが、
パーティーへの参加希望を出していたところを見ると、
待ち時間に活用している冒険者が
多いのだろうと伺えました。

パーティーを組んだあとも
訓練内容が活かせる狩り場なら、
レベル上げの効率もアップするでしょう。
レベルシンクとも併用可能なので、
やり方次第で経験値を沢山稼げそうですね♪

リレイズなどの戦闘支援のおかげで
少し大胆に行動できますし、
初めて戦うモンスターとの戦闘に
役立ったりもしました。

レベル1から戦闘支援を利用できる上に、
都合のいい時間に遊べるので、
このコンテンツは多くの冒険者に
重宝されるのではないでしょうか。

もちろんボクも気に入りました!


戦術が
 支援効果で
  磨かれた!

( ゚д゚)ポカーン


Takaha/Siren (P.N.高畑三万円)

2008年12月15日

俺たちのヴァナトークVol.7

サクサク更新。「俺ヴァナ」7回目!

vanatalk07.jpg

ようやく「最新ヴァナ事情」の解説の終盤なのですが、
おじさん二人の酔っ払い度が増してきました。
ビール進みすぎ!

ちなみにこの収録はeb社内の会議室で行っています。
となりは社長室です。

俺たちのヴァナトークVol.6

「俺ヴァナ」6回目ですー。

06.jpg

本の宣伝をしなきゃいけない番組なのに、
なぜかナイトの話になっていますね。
お願いしますよー編集長!

こんな感じでまだまだ続きます。

2008年12月11日

俺たちのヴァナトークVol.5

ヴァナ通信Vol.6の企画でweb映像を配信中ですが、
「俺ヴァナ」5回目がアップされました。

vanatalk05.jpg

なんだか、だんだん酔いが回ってきていますね。

記事を紹介するというより、
編集長に最近のヴァナ事情を教えるような
妙な展開になってきています。

クフィム小島とかひどい。

あの日見たヒカリ 〜ウィンダス連邦〜

僕は、聖都ウィンダスに
生まれ落ちた種子の1つに過ぎない。

20081211_01.jpg

彼の地に降り立ち、冒険者優待券を握り締め、
テカテカのウィンダスリングを右手の指にはめ、
スクロールに記された"ストーン"を胸に刻む。

20081211_02.jpg

僕が最初に志したのは黒魔道士だった。


童話の世界のような街を走っていると、
めまぐるしいほどの情報が目に飛び込んでくる。
枝葉から差し込む光が眩しい。

20081211_03.jpg

20081211_04.jpg

港を歩いていたヒュームの白魔道士と、
即席で一期一会のパーティを組んでみる。
ヒーリングの仕方を教えたのがきっかけだった。
期待と不安が混じる中、
チャットする手さえも震えていた。


ヴァナ・ディールという大きなプランターの土は、
色とりどりの種子─冒険者─を包み込む。
種子がなければただの容器でしかないが、
そこには空を臨む僕らが確かに息づいている。

20081211_05.jpg


芽生えて間もない者。
花を咲かせた者。
そしてもう果実を実らせた者。

この土で僕はどのように育ったのだろう。
花はもう咲いたのだろうか。それとも……。


あの日見たヒカリ。
例えばそれは、魔光草。

20081211_06.jpg

20081211_07.jpg

水面には煌々と輝く深碧。
夜の聖都はこんなにも美しい。


Trom/Leviathan

2008年12月09日

20081209バージョンアップ

バージョンアップが行われました!

2008.12.9 バージョンアップ

新コンテンツとして、フィールド・オブ・ヴァラーと
Treasure Casketが追加されています。


特にフィールド・オブ・ヴァラーは、
新しい遊びの提案として、
かなり興味深い内容になっています。
そのシステムもシンプルなので、
すぐ馴染めると思います。

三国入り口付近や各アウトポストなどにある
"Field Manual"という本(?)を調べると、
自主訓練の章と戦闘支援の章が選べます。

自主訓練の章は1〜5ページまで選択でき、
それぞれのページには
討伐対象となるモンスターが書かれています。
好きな訓練を選んで開始したら、
その対象モンスターを指定の数だけ倒すだけなんです。

では、実際にやってみましょうか。

20081209_02.jpg
本を調べて、

20081209_03.jpg
訓練を選んで、

20081209_04.jpg
対象のモンスターをサクッと倒すだけ。

ね、簡単でしょ?

条件さえ満たせば、その場で経験値とギル、
そして専用ポイントのタブ(単位は"葉")が手に入ります。
達成後の報告はいりません。

この訓練の目安レベルは26〜29でしたが、
レベル32のソロでも完遂できました。
倒して経験値が入るモンスターであれば大丈夫です。

各地でのソロ稼ぎに活用できるだけでなく、
バルクルム砂丘の
ページ4(Damselfly×5 Snipper×3)や、
ブブリム半島の
ページ2(Sylvestre×7 Mighty Rarab×1)などは、
アウトポストを拠点とした狩りのついでに
達成できる訓練なのでオススメです。

クフィム島の
ページ3(Greater Pugil×7 Clipper×3)も、
アウトポストテレポの到着地点、
つまりデルクフの塔前にField Manualがあるので、
レベリング時に活用できます。

この訓練は、ヴァナ・ディール時間で1日に1回挑戦可能です。
地球時間の約1時間ごとに得られるボーナスみたいな感じですね。
レベルシンク時にも有効です。


また、もう1つの戦闘支援の章は、
自主訓練で得た"葉"を消費して、
さまざまな恩恵を得られるというものです。

たとえば、20葉を消費することで
リジェネ効果(1HP/3秒 60分持続)や
リフレシュ効果(1MP/3秒 60分持続)が得られます。
これは、楽な敵をひたすら狩って稼ぎたい場合などは、
見逃せない支援効果ですよ!

10葉使用してリレイズをかけたりとか、
ほかにも役立つ効果が用意されています。
レベル50付近までは、
自主訓練で葉を溜めつつ戦闘支援を利用するという、
新しい狩りのスタイルが有効になるのかもしれません。


20081209_05.jpg

そしてじつは、自主訓練の達成と同時に
モンスターが宝箱を落としたんです。
これが噂のTreasure Casketですね。
開錠に挑戦します。

チャンスは5回!
数字を当てればお宝ゲット!

20081209_06.jpg
31より大きい……なるほど、読めた!


20081209_07.jpg
いえーい!








20080625_13.jpg








なお、ほかにも、三国のアウトポストテレポの
NPCがモグハウス付近に移動していたり、
リレイズ効果がディスペルで消されなくなったりと、
より遊びやすくなる変更がいくつか追加されていました。

20081209_08.jpg

追加コマンドの‹stpt›と‹stal›は、
サブターゲットではなく、
パーティー欄から直接対象を選択する代名詞です。
選んだ相手が装備を変更しても
ターゲットが外れないことが大きいでしょう。
ケアルなどの緊急を要する魔法などで活用できそうです。

ただし、パーティー外は選べなくなるので、
レベリングやBF戦専用として、
割り切って使うといいかもしれません。

パーティーメンバーしか選べない呪歌、
青魔法(マジックフルーツなど)、"かばう"などは、
‹stpt›のほうがいいでしょう。


踊り子と学者のメリットポイントの
カテゴリー2に関しては、
踊り子には面白いものが多く、
学者には悩ませられるものが多い印象です。

踊り子は、剣の舞いと扇の舞いに
5ポイントずつ振るとか、
または、舞いを1種にして、
ノーフットライズ5振りにするか……。

学者は、とりあえず陣頭指揮に5振りが鉄板かと思います。
残りの性能は、まだ様子見というところでしょう。


また、今は、新ミッションに必要なアイテムを
捜し求めている人も多いでしょう。
"踊り子の憂慮"でニュモモちゃんを指定された日には……。
ああ、バタリア丘陵の焚き火で
今宵も冒険者たちの心の叫びが聞こえてきます。

しかし、アイテムを取るのは大変ですが、
今回のイベントシーンもかなりアツい展開になっています。
ぜひとも進めてみてください!

2008年12月06日

異文化ヴァナニケーション #06 背と5月とハチの謎

その男、背に悩む。

あるパーティーでの出来事である。
離席していたメンバーが戻ってきて、
開口一番、定型文で「」。
いったいコイツは何を言っているんだ?

しかしこれは、直訳すれば「Back」。
つまり「ただいま」という意味になる。
誰かが「welcome back(おかえり)」と言った瞬間、
ああ、なるほどと気づくのだった。

ジョブや狩り場の話に花を咲かせていると、
今度は「5月ハチ」と言い出した。
なんなんだコレは?

これも直訳すれば「May Bee」、
つまり当て字で「Maybe(たぶん)」という意味である。


いまはただいま。という定型文が追加されていますが、
以前は「」を使う異国の冒険者も多くいました。
また、「おかえり」に対して「ありがとう」と返すのも、
海外プレイヤーならではの風習でしょう。

他にも、バイオ
トイレに行く(生理的行動の)意味で使ったり、
ナイズル島踏査指令でランプを点ける合図に
アクティベートを使ったりと、
定型文辞書が意外なところで活用されています。


--
イラスト:斎藤かよこ(ココナツ!

2008年12月05日

ヴァナ川柳 / vol.15 アトルガンへの切符

今回は、アトルガン皇国に渡航するために
必要なアイテムを収集してきましたー!

ボクが選んだのは、サポートジョブ入手に必要となる
6つのアイテムが記された下級リストです。
ガガンボの腹虫と陸ガニのふんどしは、
サポートジョブを取得するときに余分に獲得し、
モグ金庫に眠っていました。
まさか、いまになって役立つとはっ♪

さっそくブブリム半島へ行き、
目的のアイテムを落とすモンスターを倒していきます。
なかなかアイテムを落としてくれなかったのは、Bull Dhalmel。

vanasen15_01.jpg
↑10匹ぐらい倒してようやくダルメルの唾液Getです!


こうして順調にアイテムを集めていきましたが、
まったくGhoulが見当たりません。

ブブリム半島を一周するような勢いでウロウロしていると、
その様子を見かねたLSメンバーのPinioさんが、
グスゲン鉱山まで連れて行ってくれました♪

vanasen15_02.jpg
↑最後のアイテムを目前に、意気込むボクを焦らすPinioさんw

その後、Ghoulを数体倒して呪われたサレコウベ入手!

vanasen15_03.jpg

vanasen15_04.jpg

こうして新たなる国への切符を手に入れたのでした!
しかし、中級、上級リストで必要なアイテムは
何となく貴重そうに見えるけれど、
ボクが集めた"下級"アイテムは奇妙なものだらけ……。

ゲーム内では使用不可なので、その用途を考えてみましょう。

例えば……。

呪われたサレコウベは
家の守り神みたいな厄払いオブジェで、
野兎の尻尾は携帯電話の
ストラップみたいな小物アクセサリー。
血染めの衣は何かの儀式に利用します。

ガガンボの腹虫は飼育用……いや、薬品の生成用かな。
ダルメルの唾液は、何となく
治癒効果がありそうなイメージなので傷薬の材料として。
陸ガニのふんどしは、小洒落たオカズ入れ!
……って、さすがに無理がありますねw


謎素材
 使用用途は
  闇の中

( ゚д゚)ポカーン


Takaha/Siren (P.N.高畑三万円)

俺たちのヴァナトークVol.4

ヴァナ・ディール通信Vol.6発売特別企画として、
web映像を配信しています。
今回は「俺たちのヴァナトーク」の4回目です。

vanatalk04.jpg

ミシックWSの紹介なのですが、
ここで思わぬ失言が……。

しかも、本の紹介をしなきゃいけないのに、
雑談メインになってきています。

でも、酒のつまみにFF話って楽しいんですよー。

2008年12月04日

異文化ヴァナニケーション #05 地獄のSATAも……

その男、ダボイへ。
オークの背後から忍び寄り、懐をまさぐる。

突然手を出されていきり立つオーク!
しかし男は、涼しい顔で姿を消す。
そこに残るのは、空っぽの財布を
ぶら下げたオークのみである。

ある時期には、
オークから獣人金貨を盗もうとするシーフが
ダボイへ足を伸ばす姿もチラホラ見られた。

当時は、財布に何も入っていないオークが
うろうろしていたこともあったとか。



SATAとは、シーフの
不意打ち(Sneak Attack)と
だまし討ち(Trick Attack)の略です。

しかし、それとは別に、
"ぬすむ"→"かくれる"を行うシーフという
意味でも十分通じるようです。

まさに、地獄のSATAも金貨次第なわけですが、
獣人金貨が盗めるクラスの獣人は
その強さもハイクラスです。

それなりの危険も伴いますので、
SATAしたいというシーフの方々は、
くれぐれも自己責任で……。


--
イラスト:斎藤かよこ(ココナツ!

2008年12月03日

アルタナ名鑑 #06 Lehko Habhoka

06npc.jpg

Lehko Habhoka
レコ・ハボッカ

西にその眼差しを投げかければ、
あらゆるミスラをトリコにし、
東にその身を走らせれば、
黄色い歓声のミスラたちが追いかける。

彼の周りでは、
「色恋沙汰」なんて軽い言葉では片付けられないような、
女たちの……いや、"メス"たちによる
熾烈な戦いがくり広げられている。

それもそのはず、レコ・ハボッカは
世にも珍しいミスラの男性なのだ。

ミスラの男は、ミスラたちの本国、
ガ・ナボ大王国でさえも
見掛けることは珍しいという。

冒険者たちは、大戦時のウィンダスの
クエストを遂行していく途中で
彼と出会うことになるだろう。


レコはガ・ナボ大王国の出身だが、
聖都ウィンダス、つまりミンダルシア大陸へ
来る前は、北方暮らしが長かったという。
その影響か、多くのミスラ族たちと異なり、
薄着が苦手だと語る。

冒険者と戦えば3秒でのされるとは彼の弁だが、
鮮やかにナイフを投げてサポートするシーンも
見られるため、その真の実力は……未知数だ。

彼については謎に包まれた部分が多いが、
ほかの主要人物たちと同様、
この大戦に大きな影響を及ぼすことは
想像に難くない。


「ただ、もうちょっとだけ
 待ってほしいんだ。いま、こちらの大陸はじつに
 興味深い局面でね。結末を見たいんだよ。」

「僕はいろんなところを
 転々と移り暮らしてきたからね。
 西のウルブカ、東のエラジア、
 そして、雪と氷ばかりの北方のラゾア……。」

「知ってるかい?
 剣より舌は強いし、
 力は言葉に勝てないんだ。」


--
イラスト:皆川史生(RGB230

即身成神討伐攻略

サルタバルタ戦線とアラゴーニュ戦線が
すべて連邦軍支配になると発生する
カンパニエopsです。

20081203_01.jpg

「敵将軍討伐作戦」のウィンダス版ですね。

参加人数1〜6人
所属コブラ傭兵団
発生条件サルタパルタ戦線、アラゴーニュ戦線のすべてのエリアが連合軍支配であること
必要階級一級戦功水晶賞以上

専用のBFエリアで戦闘し、
クリアーすると戦利品が得られます。
戦利品はグリップ1種と素材2種に加えて、
運が良ければ防具が1種類追加されるようです。
僕が確認できた戦利品は……。

ブレイブグリップRare(グリップ)クリティカルヒットダメージアップ AllJobs Lv72〜
ワイズストラップRare(グリップ)魔法クリティカルヒット+3% AllJobs Lv71〜
鴉天狗甲懸Rare(両足)防18 INT+3 詠唱中断率15%ダウン カンパニエ:リフレシュ Lv73〜 モ白赤シナ獣吟竜召青コか踊
クーフリンベルトRare(腰)防6 HP+15 DEX+6 攻+10 Lv72〜 戦赤シナ暗獣吟狩侍忍竜青コ踊
ラウンデルピアスRare(耳)防1 ケアル回復量+5% ワルツ回復量+5% Lv73〜 白黒赤竜召か踊

こんな感じです。
先日挑戦したときに、運よく
ラウンデルピアスを手に入れることができました!

20081203_02.jpg

ロットインするときに気合いを入れると
高い数字が出ます(ウソです)。

試しに赤/白でこれを装備してケアルを詠唱してみましたが、
回復量が450を超えました(アポロスタッフ装備+MND強化時)。

20081203_03.jpg

以下、準備からBFの特徴などを紹介します。


【BF戦の下準備】
まず、参加メンバー全員が
即身成神討伐のオファーを受けます。
そしてオズトロヤ城〔S〕へ行き、
BFへの突入に必要となるだいじなもの、
"シシュの念珠"を手に入れます。

これは、オズトロヤ城〔S〕にいる
すべてのヤグード族が落とします。
なかなか落とさないこともありますが、
落とすときは一度に全員分手に入ります。

20081203_04.jpg

シシュの念珠を手に入れたら
最深部のCollapsing FloorからBFに突入です。
場所は、現代のオズトロヤ城にある
暗号を入力する装置のところです。


【対峙するヤグード族】
ボスは、Soo Luma the Ascended(学者)。
使ってくるオリジナルの特殊技は、
以下のような感じでした。

鎌鼬範囲物理攻撃+強化全消去
白羽取り前方範囲ダメージ+バインド

※各種魔法を範囲化。
※HPが減少すると一度だけ連環計を使用。

側近のヤグードは、

Roo Beju the Eulogizer(吟遊詩人)
Zjaa Bao the Wrathherald(忍者)
Jii Xai the Rimebladed(侍)

の3体です。


【そしてBFへ】
●ポイント1 BFの入り口付近まで敵を引っ張る
まず、BFの北端にいるボスを釣ります。
ボスを釣ると3体の側近が出現します。
すぐには攻撃せずに、
入り口付近まで敵を引っ張ります。
この理由については"ポイント2"で解説します。

20081203_05.jpg

●ポイント2 側近の対処
側近は倒してもすぐに再出現するので、
殲滅し続けるのはオススメしません。
睡眠魔法が有効なので、
スリプルなどでキープしたほうがいいでしょう。

しかし、寝かし続けていると徐々に耐性が付き、
すぐに起きるようになってしまうので、
そうなったら一度倒してしまいます。
続いて側近が最深部から再出現するのですが、
この再出現した側近の睡眠耐性はリセットされています。

また、"ポイント1"にあるとおり、
入り口付近で戦闘を行えば、
戦闘位置に到達するまでの時間稼ぎもできます。

忍者タイプの側近は、
戦闘位置に到達するまでに空蝉の術を使うので、
単体魔法では効果を幻影にかき消されてしまいます。
なので、幻影効果を消してから睡眠魔法を詠唱するか、
もしくは、スリプガなどの範囲睡眠魔法を活用しましょう。

ちなみに、側近はボスと敵対心が連動しているため、
マラソン戦法などでキープし続けることは難しいと思います。

20081203_06.jpg

●ポイント3 ボスとの戦闘
ボスのジョブは学者ですから、
精霊IV系魔法や各種弱体魔法など、
あらゆる魔法を範囲化して使用してきます。

連環計中は精霊IV系魔法の代わりに、
古代魔法を詠唱します。
これらの魔法で受けるダメージを
いかに回復できるかがポイントになるでしょう。
スタンが有効なのでこれらを止めることも可能です。

ちなみに、固有特殊技の"鎌鼬"もシビアではありますが、
構えを見てからスタンで止められます。

また、エレジーやスロウ、パライズなどの
弱体魔法は効かないようです。
(少なくとも、試した限りではすべてレジスト)。

通常攻撃はそれほど強くないため、
ナ/忍などであれば安定して戦えます。

20081203_07.jpg

●ポイント4 何はともあれパーティー編成
盾役はナイトがイチオシ。
各種大ダメージ魔法に対する防衛手段が豊富で、
さらにロイエを活用すれば
削り役としての役割もこなせます。

近接アタッカーはとくに制限はありませんが、
範囲攻撃が多彩な相手なので、
敵が精霊魔法を詠唱したら一旦離れるなどの工夫が必要です。
ちなみに、側近の殲滅もアタッカーが行います。

寝かし役兼、回復役は赤魔道士や学者がオススメです。
また、後衛は白魔道士や黒魔道士がほしいです。
安定した戦力になるのはもちろん、
転移魔法で移動をスムーズにできるため、
連戦しやすくなります。
余裕があれば赤魔道士や白魔道士をサポ暗にして、
スタンを詠唱できるようにするといいでしょう。
青魔道士のヘッドバットも魅力的ですね!


というわけで、自分の考えるベスト編成は、
ナ青白赤黒+前衛アタッカーって感じです!
慣れてきたら、殲滅速度をあげるために
ナイトを前衛アタッカーに変えてもいいと思います。
ちなみに、僕たちはナ竜白赤赤という編成で
SPアビリティを使わずに連戦しています。
戦闘時間は約15分程度です。

20081203_08.jpg

Suteki/Siren

2008年12月02日

マートキャップ入手





20081127_01.jpgついにねんがんの
まーときゃっぷをてにいれたぞ!





戦モ白黒赤シナ暗獣吟狩侍忍竜召。
上記15ジョブでMaatを倒し、話しかけると……。

20081127_02.jpg

20081127_03.jpg

20081127_04.jpg


そして称号がコチラ。

20081127_05.jpg


手に入れたからには有効活用したいと思います。
さっそく狩人のレベルでも上げますかね!


Suteki/Siren

ヴァナ川柳 / vol.14 いつの日か感じた探究心

Vol.4でゴブリンに倒された苦い経験から早2ヵ月弱……。
久々にカザムを訪れたボク。

今回の目的は高地エルシモまで補給物資を届けること。
ついでに同エリアにあるヨトのゲートクリスタルも
入手しようという魂胆です。

しかし!
今回は敵に絡まれると
高確率で戦闘不能になるであろうという状況下で、
ソロで挑戦しました。
しかもNO MAPです!!

チョコボに乗って安心して疾走していると落とし穴が!

vanasen14_01.jpg
↑いきなり落下して思わず「うおっ」と声が出ましたw


ついでにいろんなモンスターと記念撮影をしながら進みました。

vanasen14_02.jpg
↑クァールと睨めっこ! 『FF』シリーズお馴染みの厄介なモンスターですね。いつか倒したい。

vanasen14_03.jpg
↑オポオポと石の上から見つめる遺跡には、ヤツの影が……。

そうこうしていると、迷ってユタンガ大森林に戻ってしまったり……。
チョコボの騎乗時間が終わってしまいそうなので、
攻略本で地図を確認します。

vanasen14_04.jpg
↑地図を見ても迷うほど複雑でしたが、なんとか補給物資配達完了♪


さて、チョコボから降りたここからが問題です。
細道をうろついているトンベリやゴブリンたちを掻い潜り、
右往左往しつつヨトのゲートクリスタルに向かいます。

vanasen14_05.jpg

迷路のように入り組んだヨアトル大森林をウロウロ。
ウヨウヨいる強敵を尻目に、
これはステルスゲームかというぐらい
隠れるようにコソコソと走り回っていましたが、
ついにGoblin Poacherに絡まれてしまいました。

vanasen14_06.jpg

死に物狂いで逃走しているとゲートクリスタルの眩い光が!

vanasen14_07.jpg

そんな危機的状況だったためか、
まるで宝物でも見つけ出したかのような達成感です!
ある種宝探しゲームでもしているかのようでした〜。

木々がうっそうと生い茂ったエリアで迷子になったときは、
幼少期に森の中を探検した日々が頭を過ぎりました。


複雑な
 道が分からず
  隠れんぼ

( ゚д゚)ポカーン


Takaha/Siren (P.N.高畑三万円)

2008年12月01日

俺たちのヴァナトークVol.2-3

ヴァナ・ディール通信Vol.6発売特別企画で
web映像を少しずつ配信していますが、
「俺たちのヴァナトーク」の2回目がアップされました。

20081201.jpg

まだまだ、編集部員のグダグダトークしかありませんが……。

続いて別企画も進行すると思いますので、
ぜひ、ご期待ください!

※19:30追記。
続けて3回目もアップされました。
バカ丸出しですみません……。

当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
(C)2002-2010 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.