『ファイナルファンタジーXI』ヴァナ・ディール通信 blog

« 2006年11月 | 『ファイナルファンタジーXI』ヴァナ・ディール通信 blogのホーム | 2007年01月 »

2006年12月26日

【NMR】Khimaira その2

こちら、NMR。
先日報告したキマイラ戦の書類に続きがあった模様。

訝しげなエロビデオのチラシに
ピッタリくっついて隠れていたその書類によると、
どうやらキマイラ戦は1戦ではなく2戦行われたようだ。
そしてそこには、驚きの戦利品の写真が同封されていた。
さっそくその情報をお届けしたいと思う。


亜紀子。27歳OL。二ヵ月ほど前に
彼氏と分かれて寂しい日々を過ごす彼女は、
手当たり次第にセ


失礼。

報告しよう。


▼戦利品報告

2006_1226_01.jpg
とにかくいろいろ出たようだ。


2006_1226_02.jpg

2006_1226_03.jpg

騎士剣オートクレール。
被物理ダメージ-7%という性能を持つこの剣は、
ナイトにとって羨望の一振りとなるだろう。


2006_1226_04.jpg

2006_1226_05.jpg

片手棍セブンアイズ。
いろんなところに"7"の数字。
コンサーブMPや精霊魔法スキルなども+7。
目が7つ付いている不思議な形状の片手棍。


報告は以上である。


今日の合言葉:「良い戦果を」

2006年12月25日

【NMR】Khimaira

2006_1225_01.JPG

がおー。
食べちゃうぞー。


こちらはNMR(Notorious Monster Reportage)。
ヴァナ通編集部の特務部門として設立された我々は、
未知なるNMの捜査に全力を尽している。
ちなみに部員は3名である。

ボロボロの報告書が、
身に覚えのない債権借用書と一緒に送られてきた。
早速内容を紹介しよう。


甲乙は、次の通り金銭消費貸借契約を


失礼。

報告しよう。

▼対象
Khimaira

2006_1225_02.JPG

▼目撃地点
ナシュモの東側にあるアルザダール遺跡へ入り、
建物内部の左側のワープを使って抜けた先の
カダーバの浮沼(ヘディバ島)。
道なりに進んだ先に出現。

※出現地点へ辿り着く道中に、
多量のインプ、ソウルフレアを確認。
途中参戦する場合はリレイズ&パウダーブーツで
駆け抜けるしかない?

▼使ってくる技(一部)
・ドレッドストーム
 範囲ダメージ、空蝉全消去、テラー
・トゥールビヨン
 範囲ダメージ、空蝉スキル判定、防御力ダウン、大ノックバック
・サンダーストライク
 範囲ダメージ(800前後)、スタン

▼戦闘報告
召喚士のレベル70履行が主戦力となった。
物理アタッカーの攻撃も効き、戦況は順調。
しかし、精霊魔法および弱体魔法は成果が薄く、
魔法耐性が高めの可能性高し。
とくに弱体魔法は、20回中1回効く程度。
なお、スタン耐性が徐々に付いていく模様。
HPリジェネや、徐々にTP増加は確認できず。
攻撃間隔が速いため、ナイトが活躍。

2006_1225_03.JPG
2006_1225_04.JPG


報告は以上である。


今月の合言葉:「何出ました?」

2006年12月20日

【野口】ある青魔道士の軌跡8

新しい青魔法が追加されたので、
早速シャウトしてみました。


2006_1220_01.jpg


希望者0。よし。
ファミコン時代の大胆な『FF』も大好きな野口です。

ちゃんとしたシャウトで募集し、
新しい青魔法を覚えてみました。
青魔道士12人(+α)の不滅隊アライアンスが完成。


2006_1220_02.jpg


敵を取り囲んで頭突き。
どう見てもヤンキー集団です。

さて、各地で覚えた過程と簡単な特徴をまとめてみます。


●マインドブラスト(使用レベル73〜)習得難度:★★★★
『FF』シリーズでもお馴染みの技です。
イカ型モンスターが使ってくるアレです。
ソウルフレアは、カダーバの浮沼からアラパゴ暗礁域に入り、
ラミアの牙のカギで開ける扉を直進して抜けて、
西に向かった場所に出現します。
バラカフ回想録で調べる???の、ちょっと北の場所ですね。
レベル75から見ると、"とてつよ"クラスです。
範囲技のトリビュレーションが
暗闇&バイオ(3秒ごとに39スリップ)なので、
前に出る人が多いと一気に辛くなります。
サポ忍とサポ白で分かれて、
アタッカーと遠距離支援役に半々で分かれると
いいかもしれません。
マインドブラストの発動を見たらヘッドバットで雁字搦め。
AF両手のおかげか、2戦目で習得できました。
数戦ほどで全員ラーニング完了。運が良かったかも。

2006_1220_03.jpg

消費MP82で、再使用時間は60秒。
必要セットポイントは4。
単体魔法で追加効果が麻痺。使い勝手は未知数ですね。
後衛型として戦うときには便利かもしれません。
講師:Soulflayer先生(アラパゴ暗礁域道場)

●イグジュビエーション(使用レベル75〜)習得難度:★★★★★★
早口言葉みたいです。
ワモーラの成虫が使うやつですね。
ハルブーンを抜けた先のゼオルム火山にいます。
レベル75から見ると、"とてつよ"クラス。
範囲にダメージを与えたあと、
自身に強力なヘイスト効果をかけるエラチックフラッターが厄介です。
あと、青魔道士としては、
MPとHPにダメージを受けるプロボシスも脅威です。
レベル75の青魔道士なら、6人以上はいないと厳しいでしょう。
うっかりするとすぐ戦闘不能になってしまうので、
ソウルフレア戦と同様に、アタッカーと後方支援に分けると楽です。
リレイズゴルゲットなども忘れずに!

2006_1220_04.jpg

消費MP40、再使用時間が60秒。セットポイント4。
自身にイレース効果で、ついでにHPも少量回復します。
自分専用の魔法ですが、サポ白以外のときはかなり便利でしょう。
講師:Wamoura先生(ゼオルム火山道場)

●マジックハンマー(使用レベル74〜)習得難度:★★★★
ゲコゲコお鳴き!
追加されたばかりの獣人、ポロッゴから習得する魔法です。
マムークの(F-7)あたりの沼にいます。
レベル75から見て"強そう"。
聴覚見破りでリンクもするので、釣るときは少し注意です。
範囲静寂の水風船爆弾と、
対象を魅了&カエルにするカエルの歌が危険です。
カエルの姿になっても、攻撃能力は高いまま。
アタッカー役は弱めの片手棍などを装備しておき、
物理青魔法をダメージ源にすると安全です。

2006_1220_05.jpg

気になる魔法の効果は、
与えたダメージ分のMPを吸収するというもの。
消費MP40で、再詠唱時間は180秒。セットポイント4。
両手棍のスピリットテーカーとは違い、
あくまでも"HPに与えたダメージと同量のMPを吸収"する魔法です。
なので、MPを持っていない敵からは吸えません。
格上の敵に効きにくいのも難点でしょう。
ザコ相手なら使えるかも?
魔法系なので、ブルーバーストが乗ります。
技のエフェクトは楽しいですよ。
講師:Poroggo先生(マムーク道場)

●ゼファーマント(使用レベル65〜)習得難度:★★
プーク族から覚えます。マムークにもいるので、
上のポロッゴと同時に狙うといいでしょう。
消費MPは31で再詠唱時間は60秒。セットポイント2。
ブリンクと同じ分身が4枚も出ます。
詠唱時間もブリンクと同じです。
しかも、カオティックアイやフロストブレス、
ファイアースピットとセットすれば、
特性でコンサーブMPが付きます。
ゼファーマント&カオティックアイなら、
セットポイントが4で済みます。
これはかなり便利!
ちなみに、白魔法のブリンク(分身2枚)で上書きできましたが、
ブリンクをゼファーマントで上書きはできませんでした。
講師:Puk先生(マムーク道場)

●ワイルドカロット(使用レベル30〜)習得難度:★
野性的な人参です。
パーティーメンバーを回復する技で、
対象が人参好きだろうが嫌いだろうが回復量は同じです。
サポ白だと、大体190ぐらい回復します。
ケアル2と3の中間くらいでしょうか。
習得レベルが30なので、覚えたての時期は重宝しそうです。
レベル28ぐらいのパーティーなら、
ビビキー湾のウサギでもレベリング可能なので、
提案してラーニングを狙ってみるのもいいでしょう。
消費MPは37で、再使用時間は6秒。
セットポイントは3(マジックフルーツと同じ)。
コストパフォーマンスはなかなかいいと思います。
マジックフルーツを覚える58までは役に立ちそうです。
講師:Island Rarab先生(ビビキー湾道場)

●ブランクゲイズ(使用レベル38〜)習得難度:★
ついにきました、単体ディスペル技ですよ。
かなりときめいてしまいそうなのですが、
実はコレ、視線系です。
正面から撃たないと効果がないため、
テクニカルな技になるでしょう。
消費MPは25で、再使用時間は10秒。セットポイントは2。
視線技でなければ完璧だったのですが……。
連発できることと、光属性であることが強みかな。
講師:Coastal Opo-opo先生(プルゴノルゴ島道場)


僕は早速、ゼファーマントと
イグジュビエーションを常備しています。
ワイルドカロットは、
プロミヴォンのENMで使えるのがいいですね。
離れたメンバーも回復できるので、
活躍の幅が広がりそうです。


さて、今回はレベル75までの青魔法をご紹介します。

●ロウイン(使用レベル71〜)習得難度:★
ケアルクロッグを落とすBonnaconを狙いつつ、
倒していたら習得。
悪疫にする技ですが、レジストされやすい気がします。
ステータスボーナスもHP-5だし、
あまりセットする機会は無いかも。
講師:Buffalo先生(ウルガラン山脈道場)

●火炎の息(使用レベル71〜)習得難度:★
現状で、ブレス系の最高峰に位置する技。
レジストされなければ、
現HPの約半分ほどのダメージを与えます。
あまり積極的に付けることはないのですが、
STR+3なので、ポイントに空きがあれば付けてもいいかも。
リンバスなど、局地戦で活躍することも!?
講師:Desert Manticore先生(西アルテパ砂漠道場)

●セイリーンコート(使用レベル72〜)習得難度:★★★
いよいよここからアル・タユ魔法が登場します。
この技はゾミト(子連れのイカみたいなの)から覚えます。
60秒間、魔法防御を一気に上げるので、
一部のボス戦などで使えそうです。
講師:Ul'xzomit先生(アル・タユ道場)

●ディセバーメント(使用レベル72〜)習得難度:★★★★
H.バラージに続いて、5回攻撃の技です。
5回攻撃というだけでも強力なのに、
猛毒(3秒ごとにHP18スリップ)の追加効果まで付いています。
この毒は、レジストされなければ180秒ほど続くので、
毒だけでも合計で1000以上のダメージに……。
そのため、戦闘開始直後に撃つことが多いですね。
なお、F.リップと同時にセットすれば、
物理命中率アップの特性も付きます。
ここまでくると至れり尽くせりですね。
両手槍などと同じく、突系統の技なので、
飛んでいる敵にかなり効きます。
なお、この技は、短剣を持っているアーン族しか使いません。
シーフ、黒魔道士、吟遊詩人の3タイプからラーニングしましょう。
ちなみに、サベッジブレード→ブルーチェーン→ディセバーメントで
湾曲が発生します。
ディセバーメントの威力が大きいので、
連携ダメージも期待できます。
講師:Ul'aern先生(アル・タユ道場)

●テンポラルシフト(使用レベル73〜)習得難度:★★★
範囲にスタン効果のある魔法系青魔法。
効果時間は短いことが多いのですが、
ほかのスタン系の技などに比べると、
効く敵が多いようです。
複数の敵を一度にスタン化できる面が強みでしょうか。
ラーニングはペミデ族(金魚みたいなやつ)から。
講師:Ul'hpemde先生(アル・タユ道場)

●ラムチャージ(使用レベル73〜)習得難度:★
アル・タユから一方変わって、雄羊です。
物理系の攻撃ですが、他の技に比べると威力は弱め。
連携のトスとして使うくらいでしょうか。
例えば、ブルーチェーン→ラムチャージ→夢想阿修羅拳で、
技連携・闇が発生します。
講師:Tremor Ram先生(コンシュタット高地道場)

●A.バースト(使用レベル74〜)習得難度:★★★
自分の周囲の敵をフラッシュ状態にする技です。
しかも、組み合わせによってオートリフレシュが付きます。
レベル74なら、A.バースト&吸印&コールドウェーブの3つでOK。
空蝉の張替えのフォローなど、
ヘッドバットと同時に使っていくことで、
かなり被弾回数を減らせると思います。
ラーニングはゴラホ族からですね。
ミラーボールみたいなやつです。
習得後は、ほぼ常時セットすることになるでしょう。
講師:Eo'ghrah先生(フ・ゾイの王宮道場)

●反応炉冷却(使用レベル74〜)習得難度:★★★
技の名前がインパクト大なので、
使うだけで目立ちます。
防御力アップ&アイススパイクの効果です(90秒持続)。
縦に細長いツボのような敵から覚えるのですが、
タルタルで使うと氷の柱が小さいです。
ガルカの反応炉冷却はデカいんだろうなあ。
講師:Eo'zdei先生(フ・ゾイの王宮道場)

●プラズマチャージ(使用レベル75〜)習得難度:★★★
ショックスパイク効果ですが、
この技の真骨頂はステータスボーナスと特性にあります。
STRとDEXが+3で、A.バーストと同時にセットすれば、
オートリフレシュが付くんです。
レベル75になれば、要であるオートリフレシュのセットも
ふたつで済みます。便利です。
ラーニングは、アル・タユの地下(海中?)から出てくる
水色のエイみたいな敵から。
講師:Ul'phuabo先生(アル・タユ道場)

●バーチカルクリーヴ(使用レベル75〜)習得難度:★★★★
レベル75で使用できる、単体物理青魔法。
この技の威力は、サポシで不意打ちを乗せたときに発揮されます。
ラーニングは、花のような姿のユブヒ族から。
花弁を開いたときしか使ってこない技なので、根気勝負です。
講師:Eo'euvhi先生(フ・ゾイの王宮道場)


以上、レベル75までに習得できる技を紹介しました。
セット例としては、

▼ソロ&攻撃スタイル
ヘッドバット
バトルダンス
アッパーカット
ファイアースピット
ゼファーマント
F.リップ
ディセバーメント
プラズマチャージ
A.バースト
リフュエリング
マジックフルーツ
コクーン
イグジュビエーション

特性:物理攻撃力アップ、コンサーブMP、物理命中率アップ、オートリフレシュ、レジストスリープ

通常のスタイルです。
ディセバーメントを主体に、
ヘッドバットでスタンさせつつ戦います。
F.リップは追い込み用として使用。


▼後方支援スタイル
フライトフルロア
自爆
A.バースト
アイズオンミー
メメントモーリ
ゼファーマント
カオティックアイ
ポイズンブレス
アーフルアイ
サンドスプレー
ロウイン
F.ホールド
マインドブラスト
マジックフルーツ
炸裂弾
シープソング
ブランクゲイズ

特性:オートリフレシュ、魔法攻撃力アップ、コンサーブMP、クリアマインド(3段階)

物理系を省いて、属性杖を背負って後方で戦います。
マジックフルーツによる回復がメインです。
緊急用に炸裂弾、シープソングもセット。
弱体はフライトフルロア、F.ホールド、マインドブラスト。
攻撃はアイズオンミー、ポイズンブレス。
ブランクゲイズで強化剥がしも。
アイズオンミーを使う前は、メメントモーリを使うといいですね。


▼まるで大道芸人
種まき
まつぼっくり爆弾
フライパン
爆弾投げ
火炎の息
反応炉冷却
土竜巻
臭い息
ポイズンブレス
メイルシュトロム
花粉
針千本
デスレイ
マジックハンマー

特性:魔法攻撃力アップ、クリアマインド(1段階)、ビーストキラー

もう技の見た目だけで選択。

力を求めるのも大切なことだけど、
せっかくこれだけいろんな技があるんだから、
ハチャメチャに暴れてみるのはどうでしょうか。


開幕にディセバーメント入れるのが基本……
みたいな戦術も分かるのですが、
仲間と遊ぶときぐらいは、
とんでもない魔法をセットして遊んでみたいのです。

「何その技、ふざけてるの!?」

なんて言われてウッカリ喜んでしまうような奇人は、
決して僕だけではないはずです。


Trom/Leviathan ('Д')<イグジュビエーションの音がいい!

2006年12月07日

【野口】ある青魔道士の軌跡7

つい先日のことです。



だはー。


ついに習得しました!

ゼオルム火山の赤い悪魔、Dahakから、
ようやくボディプレスをラーニングできました。

今までなかなか覚えに行かなかったのも、
「かなり強い」という話題が渦巻いていたのが原因です。
今回は、仲間達も決死の覚悟で助力してくれました。
むしろ、わりとノリで特攻することに。

敵が使うボディプレスは、
広範囲に100〜1000ほどの大ダメージを与えてくるという、
かなり凶悪な技です。
これはもう、やるかやられるかの極限バトルですよ。


今日は、これからボディプレスを習得したい同志のために、
Dahakとの戦いの記録をお伝えします。

戦うときのポイントは、以下の3つ。

・負の歌はサイレスで防ぐ
・ボディプレスはスタンで止める
・ペトロアイズは背を向ける(白魔道士は要注意!)

とにかくキツいのは、範囲技の負の歌とボディプレスです。



とくに負の歌は、かかっている強化効果をすべて消すばかりでなく、
消した数に応じてダメージが増加するという厄介な技なんです。

しかし、歌だけあって、沈黙状態にすれば使わないようですね。
赤魔道士や白魔道士がサイレスを使うといいでしょう。
効いたか、レジストされたか、または効果が切れたか、
チャットで合図をしながらキッチリ静寂状態を保ちましょう。
青魔道士も正面からカオティックアイで補助すると完璧ですね。

ボディプレスは、一度使ったのを確認したあとは、
ヘッドバットなどで積極的に止めていきます。
ちなみに、物理範囲だから効くかなーと思って試したフラッシュは、
とくに効果が感じられませんでした。
効いたような気がした瞬間もあったのですが、
ダメージはかなりバラつきます。

とにかく、負の歌とボディプレスさえ対処できれば何とかなるでしょう。


あ、一度だけ、うっかりペトロアイズで白魔道士が石化したのですが、
この石がなかなか治りません。
白魔道士が石化すると、ほぼ全滅確定かも。


戦闘不能になると、口々に「だはー」。
Dahakって名前がなあ……。


レベル75前後の7人で挑みましたが、6人でも倒せそうでした。
ナイトか忍者、そして白魔道士と赤魔道士、
スタンが使える暗黒騎士&黒魔道士がいると、
かなり心強いと思います。

私は3戦ほどでラーニングできましたが、
同じレベル75の青魔道士は、10戦ほどかかりました。
いくらAF両手でラーニング率をアップさせても、
所詮は運、ですね。


さて、ボディプレスの話題はこの辺にして、
レベル70までに覚えられる青魔法をご紹介します。
今回、かなり多いですよ。長くてすみません。


●アイズオンミー(使用レベル61〜)習得難度:★
歌じゃないです。
魔法系の青魔法で、300〜400ほどのダメージが期待できる単体技です。
回復役などで後方支援するときは、攻撃手段として使っていました。
CHRを増強すると威力が上がるのですが、
魔法攻撃力アップ(アイズオンミー&サウンドブラストなど)や
ダークスタッフを併用すれば、さらに安定するでしょう。
アジュールロー効果中はさらに威力アップです。
講師:Bat Eye先生(ボスディン氷河道場)

●臭い息(使用レベル61〜)習得難度:★
モルボルお馴染みの息ですね。
ブレスによるダメージは微量ですが、追加効果がハンパないです。
毒、麻痺、静寂、バインド、スロウ、ヘヴィと、
6種類の複合的な症状を与えます。
敵が使うときの強烈なイメージが強いせいか、かなり便利に思えるのですが、
セットポイントが5、消費MPは212、そして詠唱時間が長いと、
いまいち使いにくい条件が揃っています。
レジストされることもあるので、活用できる場面は限られるでしょう。
青魔道士は、この辺から少しずつ大道芸人みたいになっていきます。
講師:Malboro先生(パシュハウ沼道場)

●メイルシュトロム(使用レベル61〜)習得難度:★
ダメージはそこそこですが、消費MPも多いです。
魔法系の青魔法は、総じて詠唱が長く、
消費MPが多かったりするので、なかなか活用するのが難しいですね。
でも、エフェクトは愉快です。
講師:Kraken先生(クフィム島道場)

●針千本(使用レベル62〜)習得難度:★★
ピッタシ1000ダメージ出ます!
でも、格上の敵に対してはミス(0ダメージ)となることも……。
消費MPが350なので、賭けのような技ですね。
巻き込んだ敵の数でダメージが頭割りされるので、
1体相手に使いたいところです。
アジュールロー中は命中率がアップするので、
まさに一発芸ともいえる技でしょう。
詠唱時間が古代魔法並なので、
アジュールロー発動直後に唱えないと間に合いません。
しかしながら、性能はともかく、
使うとオーディエンスは盛り上がります。
以前コンシュタット高地を歩いていたとき、
北米のプレイヤーさんから「show me 【針千本】!!」とのTellが。
使ってあげると、大喜び。
青魔道士冥利に尽きるってもんです。
講師:Sabotender先生(東アルテパ砂漠道場)

●ボディプレス(使用レベル62〜)習得難度:★★★★★★★★★★★★★★★
レベル75まで上げても、
これだけ覚えていない人とか多いんじゃないでしょうか。
それほどに、習得が大変です。詳細は、前述のとおり。
この技の習得だけで生まれるドラマがあります。
講師:Dahak先生(ゼオルム火山道場)

●メメントモーリ(使用レベル62〜)習得難度:★★★
自身の魔法攻撃力を20アップする技。
効果時間が30秒しかないので、
魔法系の技を使う直前に使うといいでしょう。
ブルーバーストも使っておくと、さらに効果的です。
このコースは、レベル70程度なら、3〜4人で倒せます。
獣使いの知り合いに、コースの戦利品を報酬にして
頼んでみるのもいいでしょう。
講師:Corse先生(アットワ地溝道場)

●スパイナルクリーブ(使用レベル63〜)習得難度:★★★★
この技の存在を知らない人もいるんじゃないでしょうか。
クリティカル攻撃を当てると、まれに刀を落とすのですが、
その素手の状態から背中の短刀を鞘から引き抜く瞬間に放つ技なのです。
一度刀を抜いたあと、しばらくすると納刀します。
使う状況が限られるので、
ラーニングするときは背中の短刀に大注目。
刀を抜いた! 納めた……。抜いた! 納めた……。
技を使うまで、その繰り返し。くじ引きみたいですね。
70前後なら3〜4人で行けます。
ドゥブッカ監視哨から右手沿いに北上し、
アラパゴ暗礁域も右手沿いに向かうとQutrubが見えてきます。
ここで戦うのがオススメ。スキル上げツアーも組み込むといいですね。
講師:Qutrub先生(アラパゴ暗礁域道場)

●ハイドロショット(使用レベル63〜)習得難度:★
実はこの技、今までに2回しか使ったことがないんです。
敵に狙われたときに使ってみたのですが、
敵対心ダウンの効果はあまり体感できませんでした。
エフェクトもパッとしないので、
地味な青魔法ベスト5に入ると思います。
普段使っていませんが、儚い存在感がわりと好きです。
講師:Stream Sahagin先生(ユタンガ大森林道場)

●F.リップ(使用レベル63〜)習得難度:★★★★★
待望の多段攻撃技。3回攻撃。
よくわかりませんが、やたら強いです。
TP補正がダメージ修正なので、
ブルーチェーンでの威力アップも申し分なしでしょう。
次元殺かディセバーメントと同時にセットすると、
物理命中率アップの特性も付きます。
強いし命中も強化できるし、至れり尽くせりな技ですね。
その分、ラーニングは大変です。
インプにクリティカル攻撃を当てると、まれに角笛を落とすのですが、
そのときにしか使ってこない技(フレネデリックリップ)なのです。
片手棍のトゥルーストライクなどで
クリティカルを狙いつつ、地道に狙いましょう。
西の墓地がある地点なら
レベル60前後の6人で安定して戦えます。
ちなみに、ナシュモ行きの汽船に出現するImpなら、
ソロで狙うことも可能です。
サンダースタッフなどでクリティカル攻撃を期待しつつ戦うのもいいですが、
できればパーティーで狙いたいですね。
講師:Orderly Imp先生(カダーバの浮沼道場)

●フライパン(使用レベル63〜)習得難度:★
現状では、範囲物理攻撃の最高クラスの技。
しかもスタン効果のオマケ付きです。
アシュタリフ号の威力偵察など、
多数の敵を一気に攻撃する場面などで真価を発揮します。
ヘッドバットの補助的に使うのもいいでしょう。
見た目と効果音のインパクトもグッド。
講師:Moblin Ragman先生(ムバルポロス旧市街道場)

●吸印(使用レベル64〜)習得難度:★★★★
この技を覚えると、
オートリフレシュに必要なセットポイントが軽減できます。
スティンキングガス、フライトフルロア、自爆、
コールドウェーブ、贖罪の光で14使っていたところを、
フライトフルロア、自爆、コールドウェーブ、吸印で、
必要ポイントを11まで軽減できるわけです。
しかし、ほしい技ほど覚えるのが大変なもの。
レベル70前後なら6人で倒せるのですが、
マーリドが特殊技を使ったときに出現するチゴーが厄介なのです。
チゴーは、ウェポンスキルやシールドバッシュなどの
アビリティ攻撃を当てることで一撃で倒せます。
戦うときは、このチゴー処理も忘れずに。
放っておくと、チゴーまみれで大変なことになります。
なお、1体のマーリドから出現するチゴーの数は、
数体までに限られているようです。
特殊技を使ってもチゴーが出なくなったら、一気に追い込みましょう。
講師:Marid先生(バフラウ段丘道場)

●フェザーティックル(使用レベル64〜)習得難度:★
アトルガンエリアでのレベリング中、いつのまにか覚えていました。
TPを減らす技ですが、敵のように0にするわけではありません。
講師:Lesser Colibri先生(バフラウ段丘道場)

●ヤーン(使用レベル64〜)習得難度:★★
光属性の範囲睡眠技。訳すと"あくび"。
あくびは人に移るという、あくびの連鎖を具現化したような技です。
使用者を見ている敵にしか効きません。
光属性なので、骨やコウモリなどを寝かせられるのが強みですね。
ちなみに、敵が使ったときは背を向けると回避できます。
あくびをしている姿を見なければ、眠くならないわけです。
講師:Apukallu先生(銀海航路道場)

●超低周波(使用レベル65〜)習得難度:★
敵の回避率を下げるという、
シールドブレイクに似たような効果がある技。
レジストされなければ、1分間ほど効果が持続します。
回避率アップの技を上書きできるのですが、
いかんせん習得レベルが高いため、
ビートルなどでレベリングする時期には使えません。
技の語感は、ちょっと健康に良さそう。
講師:Mist Lizard先生(コンシュタット高地道場)

●サンドスプレー(使用レベル66〜)習得難度:★★
キキルンが使う技ですが、要は砂かけです。目潰しです。
ブラインと同じような効果ですね。
地味な青魔法ベスト5候補。
講師:Kraken先生(クフィム島道場)

●フロストブレス(使用レベル66〜)習得難度:★★
カオティックアイと同時にセットすることで、
コンサーブMPの特性が付きます。
MP消費量を軽減できるという貴重な特性なので、
ぜひとも覚えておきたい技でしょう。
ブレス攻撃で威力も高く、麻痺の追加効果も便利。
消費MP量に目をつぶれば、かなり使える技です。
ラプトルのブレスは生息地によって変わるのですが、
このフロストブレスは、ウルガラン山脈のラプトルだけが使います。
講師:Nival Raptor先生(ウルガラン山脈道場)

●金剛身(使用レベル67〜)習得難度:★★
タイタンの大地の守りを、少し弱くしたような技。
約200のダメージを吸収できます。
範囲に効果があるので、仲間に喜ばれます。
消費MPが大きいため、乱発はできませんが……。
ラーニングですが、最初はハルブーンで挑むもなかなか覚えず、
ワジャーム樹林の鎧を着たタイプから習得しました。
講師:Woodtroll Dark Knight先生(ワジャーム樹林道場)

●吶喊(使用レベル67〜)習得難度:★
防御力と魔法防御力を同時に下げる技。効果時間は30秒。
冒険者側から魔法防御力を下げる手段は、この吶喊だけのようです。
局地戦なら役立つかも?
講師:Troll Smelter先生(ハルブーン道場)

●ファイアースピット(使用レベル68〜)習得難度:★★
アイズオンミーに続く、単体魔法系の青魔法。
INT重視の装備で使えば、ダメージもそこそこです。
ステータスボーナスがSTR+3で、
カオティックアイとセットにすればコンサーブMPが付きます。
コンサーブMPとSTR+3が目的でセットする人も多いでしょう。
講師:Mamool Ja Savent先生(ワジャーム樹林道場)

●ワームアップ(使用レベル68〜)習得難度:★★
なんと、この技はビシージで覚えてしまいました。
どうやら、ラーニング対象の技を使った敵を、
自分と同じアライアンスのメンバーが倒すと習得できるようですね。
3分間、命中と回避をアップするのですが、
やはり活用したいのは命中アップ効果。
命中アップ効果は、物理系青魔法も当たりやすくなります。
つまり、F.リップやH.バラージ、ディセバーメントなどの
多段系青魔法も当たりやすくなり、威力が底上げできるのです。
クジャクの護符と同じくらいの効果が期待できるので、
ビシージ中やBF戦などで活用できそうです。
講師:Mamool Ja Fetial先生(アルザビ道場)

●テールスラップ(使用レベル69〜)習得難度:★★
前方範囲のスタン技です。
ヘッドバットやフライパンに比べると、詠唱時間が少しだけ長いですね。
シックルスラッシュと同時にセットすると、特性でストアTPが付きます。
片手剣での攻撃に主軸を置き、連携機会を増やしたいときに有効です。
ラーニングは、ラミアではなくメローからのみ習得できます。
講師:Merrow Chantress先生(アラパゴ暗礁域道場)

●H.バラージ(使用レベル69〜)習得難度:★★
ついにきました! 物理5回攻撃の技です!
習得は、カダーバの浮沼の(I-6)あたりの、
アラパゴ暗礁域へ向かう途中の通路で狙うといいでしょう。
これもインプ同様、クリティカル攻撃で武器を落としたときのみに使ってきます。
なお、叩く系統の攻撃なので、骨などに使うと効果てきめんです。
古墳のLost soulなんかにブルーチェーンで使ってみれば、
その威力が実感できるでしょう。
1000ダメージの世界を、あなたに。
講師:Lamia Fatedealer先生(カダーバの浮沼道場)

●キャノンボール(使用レベル70〜)習得難度:★★
ワモーラの幼虫が、丸まっているときに使う技。
射程が長く、発動も速いため、釣り用の技としても使えるでしょう。
ただし、威力はあまり期待できません。
ちなみに、サベッジブレード→ブルーチェーン&キャノンボールで、
技連携・光が発生します。
威力が低めなので、連携ダメージも微妙ですが、
仲間を驚かせるくらいはできるかも。
講師:Wamouracampa先生(ハルブーン道場)

●ねたみ種(使用レベル70〜)習得難度:★★
技名のインパクトが凄い技。
LSメンバーとハルブーンを探検しているときに、
こっそり覚えてしまいました。
魔法攻撃力と魔法防御力を上げるのですが、
両方を同時に上げて役立つ場面があるかどうか……。
ひとまず、技名のインパクトだけはトップクラスなので、
いきなり使ってビックリさせるために、時々セットします。
講師:Ebony Pudding先生(ハルブーン道場)


そして、レベル70時点のセット例です。

フライトフルロア
自爆
コールドウェーブ
吸印
次元殺
F.リップ
フライパン
F.ヒッププレス
リフュエリング
マジックフルーツ
ヘッドバット
H.バラージ


ここまでくると、ジョブ特性も幅広くなってきます。
ひとまず汎用として、オートリフレシュ、物理命中率アップを。
あと、僕はタルタルなので、HPmaxアップも入れています。
フライパン&F.ヒッププレスを、
バトルダンス&アッパーカットに変えれば、
HPmaxアップが物理攻撃力アップになりますね。

強烈な物理青魔法が揃いはじめ、
命中率も上がり、アタッカー能力が大きく伸びる時期です。
それだけに、MP管理も難しくなってきます。

決めるときはビシッと決めるような、そういう青魔道士になりたいです。

それでは、また次回。


Trom/Leviathan ('Д')<バトルダンスってわりと強いよね!

当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
(C)2002-2010 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.