『ファイナルファンタジーXI』ヴァナ・ディール通信 blog

« 2006年10月 | 『ファイナルファンタジーXI』ヴァナ・ディール通信 blogのホーム | 2006年12月 »

2006年11月29日

【野口】ある青魔道士の軌跡6

それは、ナシュモ行きへの船に乗っていたときの出来事でした。
突然、甲板の上に海から何かが飛び乗ってきたのです。


2006_1128_01.jpg


お腹から着地。

敵ってぼんやり出現するだけかと思っていたのですが、
こういう登場のしかたもあるんですね。
エラジア大陸の敵の動きは特に細かいと思います。

飛び乗ってきた瞬間、青魔法3発で瞬殺してしまいましたが。
ごめんねアプカル。
珍しい敵を見ると抜刀せずにはいられない野口です。

今回は、レベル60までに覚えられる青魔法をご紹介します。


●コールドウェーブ(使用レベル52〜)習得難度:★
スティンキングガス、フライトフルロア、自爆に続いて、
組み合わせによってオートリフレシュの特性が付けられる技。
ほとんど使う機会がない技ですが、確実に覚えておきたいですね。
技の性能は微妙ですが、これもオートリフレシュのため……!
ラーニングするときは、ボスディン氷河(F-7)にある、
通称"ヌエ塔"から入ったソ・ジヤがオススメです。
下のF.ホールドとセットで覚えるといいでしょう。
レベル55前後ならソロでも安定して勝てるはずです。
講師:Snowball先生(ソ・ジヤ道場)

●F.ホールド(使用レベル52〜)習得難度:★
ダイアマイトが使うフィラメンテッドホールドです。
前方範囲の強力な魔法系スロウ技で、
この効果は白魔法のヘイストで上書きされません。
レジストされなければ2分ほど持続します。
範囲技なので使える機会が限られますが、
白魔法のスロウや捕縄の術:弐よりも効果が強いようです。
講師:Diremite先生(ソ・ジヤ道場)

●ヘカトンウェーブ(使用レベル54〜)習得難度:★
前方範囲の魔法系青魔法です。
暗闇の追加効果がありますが、いかんせん消費MPが多い!
MPを116も使うのですが、ダメージが安定するわけでもありません。
あまり使う機会はないでしょう。
講師:Demon Pawn先生(ザルカバード道場)

●R.ブレス(使用レベル54〜)習得難度:★★★
ワイバーン族が放つ強烈なブレスです。
静寂とスロウの効果を同時に与え、現HPが威力に影響します。
レベル50台だとリヴェーヌB01で行うことになるのですが、
これがなかなか大変です。
レベル50に制限された状態で、数レベル上の敵が対象となり、
さらに両手AFの確率アップも使えません。
さほど使わない技なので、レベル75まで上げたあと、
バフラウ段丘のSkoffinで覚えた方が楽でしょう。
講師:Pyrodrake先生(リヴェーヌ岩塊群サイトB01道場)

●フェザーバリア(使用レベル56〜)習得難度:★
回避率をアップします。
でも効果が30秒!
緊急時に使えるかもしれませんが、
この技をセットするくらいなら他の技のほうが……。
講師:Diatryma先生(ミザレオ海岸道場)

●贖罪の光(使用レベル58〜)習得難度:★
青魔道士は、レベル58から大きく変貌します。
スティンキングガス、フライトフルロア、自爆、コールドウェーブ、
そしてこの贖罪の光の5つをセットすると、
オートリフレシュが発動します。
3秒ごとにMPが1ずつ回復していくのです。
さらにサンクションのリフレシュ効果で回復量が2になります。
レベル59から装備できるバーミリオクロークも併用すれば3に!
オートリフレシュは、この先ずっと付け続ける特性になるでしょう。
ラーニングするときは、トンベリの急所突きに要注意です。
急所突きの構えが見えたら、後ろに走って回避しましょう。
講師:Tonberry Creeper先生(ヨアトル大森林道場)

●マジックフルーツ(使用レベル58〜)習得難度:★★
レベル58から使える、待望のHP回復手段。
ケアル3.5くらいの回復量なので、
オートリフレシュ同様、この先ずっとお世話になる技でしょう。
若干覚えにくい印象を受けましたが、
弱めのオポオポで気長に挑戦しましょう。
講師:Young Opo-opo先生(ユタンガ大森林道場)

●F.ヒッププレス(使用レベル58〜)習得難度:★
周囲にダメージを与えるフライングヒッププレスです。
ブレス系と同じで、現HPがダメージに影響します。
モブリンから覚えるフライパンと同時にセットすると、
HPmaxアップの特性が付けられます(最大HP+30)。
講師:Bugbear Servingman先生(ムバルポロス旧市街道場)

●次元殺(使用レベル60〜)習得難度:★
白魔道士のAF取得に必要な鈴取りなどで、
多くの冒険者たちを首の皮一枚状態にした技です。
それほどに強烈な単体物理攻撃。
必須ではありませんが、
後でF.リップとセットにすることで
物理命中率アップの特性が付けられます。
この特性は物理青魔法にも影響するので、
覚えない手はありません。
不意打ちとセットにすると、なかなかの威力です。
講師:Shade先生(エルディーム古墳道場)

●デスシザース(使用レベル60〜)習得難度:★
シックルスラッシュに続き、タルタルキラーな技のひとつ。
この技でポックリいったタルタルは数知れず。
STRを強化するとかなりダメージがアップするので、
この技もぜひ覚えておきましょう。
サポシのときは、ブルーチェーンだましシザースがオススメです。
講師:Labyrinth Scorpion先生(シャクラミの地下迷宮道場)


レベル60時点のセット例です。

自爆
コールドウェーブ
スティンキングガス
フライトフルロア
贖罪の光
リフュエリング
マジックフルーツ
ヘッドバット
M.バイト
ジェットストリーム
デスシザース

いよいよ待望のオートリフレシュです。
特性発動でセットする技では
フライトフルロアくらいしか使いませんが……。

マジックフルーツのおかげで、
支援&攻撃という中衛的な位置もこなせる時期だと思います。
回復メインならジェットストリームを
いやしの風にするといいかもしれませんね。
F.ホールドもいいかも。

それでは、また次回。


Trom/Leviathan ('Д')<ボディプレス覚えたよ!

2006年11月23日

【イベント】本日、ウィンダスが遊園地に

本日、Cerberusワールドにて、
LAUGHTER MANIA 2006が開催されます。

毎年実施されているのですが、
このLAUGHTER MANIAはユーザーイベントの中でも特に大規模です。
全ワールドから、ヴァナ芸人と呼ばれるネタ師たちが一堂に会します。

笑いあり涙ありの、大スペクタクルがここに。

こうしたオールスター大会は最後と銘打つだけあって、
開催にかける熱意も相当なもののようです。

こんな機会は滅多にありません。
参加できる冒険者のみなさんも、
ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?


▼ロケーション
Cerberusワールド
ウィンダス周辺エリア一帯

▼大まかなスケジュール
17:00 アナウンス開始
18:00 オープニングイベント
18:20 各会場にて演技スタート
22:20 エンディングイベント

※イベントの詳細は公式サイトにて。

2006年11月20日

【最新刊】ヴァナ・ディール通信Vol.3 〜マイチョコボ特集GO!〜

ヴァナ・ディール通信最新号情報!!

今週金曜日(2006年11月24日)はヴァナ通Vol3の発売ですよ!

vana_H1S.jpg
ボクのワタシのチョコボがいちばん可愛い!──。
親バカ万歳!! 今号はマイチョコボをバッチリ特集。
もちろん、相変わらずのヴァナ通テンションでヴァナ・ディールの楽しさをお伝えします。
攻略や旬な話題。さらに遊びも、マンガもヴァナ・ディール通信にお任せ!

さてさて、今日はこんなイラストを特別に見せちゃいます!!
↓ド〜ン!!
DVDs.jpg

かわいいですね!!
こんなピクチャーレーベルの付録DVDなんですってよ!?

え?画像が小さすぎてよく見えないって?
そこはホラ、、、ぜひ買ってじっくり見てください!


●ヴァナ・ディール通信 vol.2 〜アサルトだよ!全員集号〜
2006年11月24日(金) 発売
価格 1,890円[税込]

●eb! Storeでのご予約はこちら

●Amazonでのご予約はこちら

2006年11月18日

【ヴァナ通】Vol.3 進行状況 その3

2006_1118_01.jpg
11/17 pm17:45 ルパン仕事中。

「ビールばっかり飲んでるみたいじゃねーかよ!
 もっと仕事しているところも撮ってくれよ!!」

逆ギレされたので、撮っておきました。
ルパンの貴重な仕事シーンをご覧ください。


2006_1118_02.jpg
11/17 pm17:53 そして、できあがり。


2006_1118_03.jpg
11/17 pm18:12 最後の原稿をイケメンライダーへ。


2006_1118_04.jpg
11/17 pm18:17 兄ちゃん頼むぜ。


ようやく、ヴァナ通Vol.3が入稿完了いたしました!

原稿チェックいただいた関係者の皆様、
印刷所でお待たせしてしまった皆様、
たいへん申し訳ありませんでした。
そして、ありがとうございました!

発売日に本が出るぞ!
(当たり前のことです)

HPで応援してくださった方々、
および、このBlogを見てくださっている方々にも大感謝。
本当にみなさんには頭が上がりません。
ありがとうございます。


実は1ヵ月ほど前の原稿真っ最中だったころ、
編集部宛にとある方から花束をいただきました。
お心遣いと色とりどりの花に、
スタッフ一同、かなり癒されました。大感激。

タイムリーにご紹介したかったのですが、
書いたり寝たりしていました。いやはや、すみません。
この場を借りて、お礼申し上げます。


2006_1118_05.jpg
11/17 pm20:15 さっそくコレですみません。

2006_1118_06.jpg
11/17 pm20:16 飲み干して。

2006_1118_07.jpg
11/17 pm20:18 おかわり。


「いやー今回は難産だった!
 WAVEで富士山登ったり、大変だったよ」

でも、富士山はヴァナ通には関係ないと思います。


2006_1118_08.jpg
11/17 pm23:34 そして、できあがり。

2006年11月16日

【ヴァナ通】Vol.3 進行状況 その2

少しずつ入稿が進んでいます。
11月24日発売なので、現在まさに修羅場であります。

私の担当ページが落ち着きましたので、
こうしてBlog更新に取り掛かりました。
どんな内容になるのか、少しお伝えしたいと思います。

10月ごろにblogで紹介したチョコボ特集ですが、
なんとか無事完成です。


2006_1116_01.jpg
こんなラフだったのが……。

2006_1116_02.jpg
今ではこんなに!

扉イラストは、お馴染みの皆川史生さんです。
皆川さんのサイト:RGB*230

もちろん、マンガ『恋の空蝉1・2・3』もあります。
今回は何故かスポ根路線です。


2006_1116_03.jpg

HNMとか、イラスト付きで解説しています。
こちらのイラストは、池田たぷおさんです。
たぷおさんのサイト:dki*web

たぷおさんには、五蛇将のカッコいい絵や、
チョコボの丸っこい絵などもお願いしました。


2006_1116_04.jpg

ほんわか系のイラストを描かれる、
はるぅさんの絵も掲載いたしました。
戦績BFを、何故かしゃもじを持ったガルカが攻略しています。
はるぅさんのサイト:みすらのしっぽ


2006_1116_05.jpg

人気のぽん吉氏のマンガもあります。
今回はなんと、112ページの小冊子で
一気にお楽しみいただけます!
ちなみに、上の絵はDVD用です。
ぽん吉氏のサイト:ぽん吉のモキュッとヴァナ日記♪


さて、各特集ページは入稿できましたが、
実はまだ全て入稿できたわけではありません。

まだだ、まだ終わらんよ!(使い方が違う)


関係者の皆様、校正等お待たせして申し訳ありません。
もう少し! もう少しで上がります!
たった今出ました!!


〆切りは待ってくれません。
刻々と、その時は迫ってきています。

さて、東の空が明るくなってきましたが、
勝負はこれからです。
編集長の作業の進行具合はどうでしょうか。


……。


2006_1116_06.jpg


ちょ……編集長!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


リミットまで、あと22時間。


--
Vol.3制作中のいろんな話題が、
A Little(略)サイトにて紹介されました。
心配かけてすみません。がんばります。

2006年11月15日

【野口】ある青魔道士の軌跡5

ポロッゴ探索にマムークへ行った際、
ポロリと証を手に入れたので、
青魔道士の限界突破クエスト"不滅"に挑戦してきました。

実はコレ、2回目の挑戦です。
1回目はレベル72で完敗だったのですが、
今回は違います。
レベル75でヤってしまいます。
本来ならレベル70で挑戦するクエストですから、
レベル差が5もあれば、それはもう楽勝で……


2006_1115_01.jpg


負けましたが。

意地もプライドも捨てて挑んだ割には、
あっけない勝負でした。
戦闘の様子をダイジェストで紹介したいと思います。
自分の行動は○敵の行動は●です。
数字はダメージを表しています。

○震える指でリレイズゴルゲット使用(一度焦って中断)
○リフュエリング、金剛身
●金剛身とかリフュエリング、コクーンとかいろいろ
○ヤグードドリンク使用
○MPヒーリング(このとき無駄にアイテム整頓3回)
○少し離れた位置で抜刀し、コクーン、プラズマチャージ
○開幕フロストブレスで280ダメージ
○片手剣(先任黄金銃士曲刀)で38ダメージ
Raubahn「みせてみろ! 貴様の内に宿る蒼き力を!」
●スパイナルクリーブで39(あっさりストンスキン終了)
Raubahn「我が魂に投射されし魔の力の奔流。
己が身でとくと味わうがいい!」
○片手剣で33ダメージ
○ブルーチェーン→ディセバーメントで640
●Raubahnのアジュールロー!
Raubahn「くくく……。
貴様の内に宿る魔が強大であるほど
それを喰らえと我が魔の力は喚起する……!」
●攻撃で58
○反撃効果で0
●フロストブレスを唱えた→麻痺している。
○ヘッドバットで54。スタンせず
●攻撃で172
○反撃効果で0
○F.リップで380
○片手剣で44
●攻撃で175
○反撃効果で0
Raubahn「青魔法がすべてではない。
それを貴様に教えてやろう……。」
●ボーパルブレードで909(!)
○H.バラージで248
●毒状態から回復
Raubahn「永久(とわ)に眠れ。
渇望という魔に喰われしモノよ……。」
○戦闘不能(攻撃開始から17秒で撃沈!)
※定位置に戻ったあと目の前で復活するも攻撃されず。
●金剛身とかフェザーバリア、コクーンとかいろいろ
※敵のHPは残り2割程度。放っておいても回復しない。
○衰弱のまま抜刀
※あと1撃で勝てると思っちゃったんです。
○金剛身、コクーン、ヤグードドリンク
○ブルーチェーン→ディセバーメントで0(アレぇ!?)
○片手剣で0
●攻撃で0
●攻撃で66(ストンスキン終了)
○攻撃ミス
●攻撃で158
○ヘッドバットでミス
●攻撃で126
●マジックフルーツで304回復
○攻撃ミス
●攻撃で164
Raubahn「永久(とわ)に眠れ。
渇望という魔に喰われしモノよ……。」
○戦闘不能(結局何もできなかった!)


なんだか「二刀流最強!」とか言っていた
オポネ菊池の顔が浮かびました。
青魔法だけじゃないって、こういうことなんでしょうか。


2006_1115_02.jpg
粉砕骨折レベルってやつです。ふひー。


気づいたことと反省点とウッカリ点をまとめてみます。

1.フロストブレスのあとは
 サベッジブレード→ディセバーメントの連携を狙うべきだった
2.フロストブレスの麻痺は効く
3.ヘッドバットのスタンは確実ではない
4.復活後は、衰弱を直して攻撃すべきだった
5.A.バーストを使っていない
6.ワームアップを使っていない
7.基本的に焦っていた(これが一番だめだわー)

一触即発の青限界。
やるかやられるかの一発勝負。

敵と同じく、自分もしっかり強化すべきだったと思います。
第2ラウンドなんか、Raubahn先輩の回避が
フェザーバリアとワームアップで高まりまくりです。
攻撃がサッパリ当たっていません。

幸い、定位置に戻ったあとは、
リレイズで復活しても攻撃されず、
しかも減らしたHPが回復しないようなので、
一度倒されることを前提とした戦い方もアリだと思います。
復活後、再度全力で青魔法を叩き込めば勝てるでしょう。
敵が使ってくる技にも左右されるでしょうけど。

食事は、HPが大きく増えるパスタがいいかもしれません。
あと、ワームアップが大事。
それにしても、ボーパルなんであんな強いの!

また証を取ったら挑戦したいと思います。
次は負けません!

あ、あと今回も青魔法の解説をやっておきます。

いよいよ大台、レベル50までの青魔法です。
数も多くなってきています。
この辺りから一人で覚えるのが難しい技も出てきますね。

●MP吸収キッス(使用レベル42〜)習得難度:★
丸っこいアイツから、熱いキッスを習得します。
【ブルーチェーン】→【レッドロータス】→【シックルスラッシュ】
この一人連携で技連携・重力が作れるのですが、
このとき【ブルーバースト】→【MP吸収キッス】で
マジックバーストが狙えます。
MPは青魔道士の命。MPを持っている敵にはかなり有効です。
講師:Acrophies先生(クフィム島道場)

●ベノムシェル(使用レベル42〜)習得難度:★★
プルゴノルゴ島のウラグナイトを狙います。
レベル40台のソロだと長期戦になります。
閉じこもった状態のリジェネ状態が、かなり強烈なのです。
そこで、ゾルドフ(フェロー)を呼び出して強引に撃破しました。
この技は頻繁に使ってくるので、
倒せれば覚えるのは早いでしょう。
ただし、使う機会がほとんどないため、
無理してこのレベル帯で覚える必要はないと思います。
講師:Coralline Uragnite先生(ビビキー湾道場)※プルゴノルゴ島

●スティンキングガス(使用レベル44〜)習得難度:★★★★
このレベル帯だと、なかなか覚えるのが難しい技の一つです。
しかし、レベル58でオートリフレシュを付けるために必要なので、
何としても覚えておきたい技でもあります。
水道で挑む場合、レベル40に制限されますが、
ジェットストリームとメッタ打ちを連発すれば、
ソロでもなんとか勝てるでしょう。
でも、個体数が少ないため、水道はあまりオススメではありません。
仲間に協力してもらって、ガルレージュ要塞などの
ドゥーム族を狙ったりするほうが安全かつ確実だと思います。
講師:Addled Tumor先生(フォミュナ水道道場)

●M.バイト(使用レベル44〜)習得難度:★
アントリオン族が使うマンディビュラバイトを覚えます。
何とも地味な技ですが、実はコレが強いのです。
消費が38セットポイントが2なのに対し、
与えるダメージは100〜200ほどで安定します。
レベル70台まで主力技として使っていけるでしょう。
ヘッドバットの合間に撃っていくような使い方がオススメです。
講師:Tracer Antlion先生(アットワ地溝道場)

●B.シュトラール(使用レベル44〜)習得難度:★
スタン効果のある魔法系の技ですが、
70もMPを消費するので、あまり使う機会はないでしょう。
スタン時間は長めですが、詠唱時間も長め。うーん。
講師:Chaos Idol先生(デルクフの塔下層道場)

●アーフルアイ(使用レベル46〜)習得難度:★
クリアマインドの特性を付けられる技ですが、
とくに先立って覚える必要はないと思います。
単発で使うことも、まずないでしょう。
講師:Bugard先生(ルフェーゼ野道場)

●ガイストウォール(使用レベル46〜)習得難度:★
ディスペルやフィナーレと同じ効果があるので、
ぜひとも覚えておきたい技です。
範囲技ですが、十分使っていけます。
実装当初はレジストされやすかったのですが、
バージョンアップでかなり使えるようになりました。
カニとかクロウラーなどと戦うときはセットしておきましょう。
講師:Eft先生(ビビキー湾道場)

●磁鉄粉(使用レベル46〜)習得難度:★
ブレス系の技ですが、消費MPがなんと86。
ヘヴィ効果を与えられますが、詠唱長め。
今のところ、あえて使う機会はありません。
私はレベル上げのついでに自然と覚えていました。
講師:Antican Princeps先生(流砂洞道場)

●ブラッドセイバー(使用レベル48〜)習得難度:★
骨お馴染みの範囲HP吸収技。
範囲技は、敵が使うと強力ですが、
格上を相手にすることが多い冒険者側だと、使いにくいのです。
HP吸収量は消化のほうが多いし、セットすることはあまりないかも。
講師:Wight先生(クフィム島道場)

●リフュエリング(使用レベル48〜)習得難度:★★★★
自身に5分間のヘイスト効果(10%)を付加する技。
前線で戦うことが多い青魔道士としては、ぜひとも覚えたい!
しかし、便利な技だけに、これを覚えるのは至難の業。
何せ使う敵がクラスターですから。
こればっかりは一人での習得は難しいので、
仲間を募るのがいいでしょう。
ラーニングパターンとしては、
1.ソボロ助広ツアーのついでに習得
2.獣使いのフレンドに頼んでゼオルム火山で習得
3.ミザレオ海岸で霧のときに出現するやつで狙う
この3パターンが考えられますが、[3]はかなり辛いです。
個人的には、[1]のツアーをオススメします。
覚えたい青魔道士を募って行くのもいいでしょう。
10人ほど集めると無難に戦えます。
講師:Nitro Cluster先生(リヴェーヌ岩塊群サイトB01道場)

●ジェタチュラ(使用レベル48〜)習得難度:★★★★
レベル制限エリアでしか習得できない技です。
ひとりで覚えるのは、かなり難しいでしょう。
A01だと青魔法スキルが低めなので、
できればB01で狙いたいところです。
私は、ENMへ行く途中で倒していたら偶然習得できました。
講師:Hippogryph先生(リヴェーヌ岩塊群サイトA01道場)

●シックルスラッシュ(使用レベル48〜)習得難度:★
この技に昇天させられたタルタルは何人いるでしょうか。
私もその一人です。
その威力にゾクゾクしながら使ってみるわけですが、
まあ、相手が格上だと……。現実を見据えましょう。
不意打ちで使うと強くなります。
講師:Huge Spider先生(コロロカの洞門道場)

●フライトフルロア(使用レベル50〜)習得難度:★★★★
レベル58でオートリフレシュを付けるのに必要な技の一つ。
範囲技ですが、敵の防御力を12%ダウンさせる効果があります。
戦闘開始時に使うといいでしょう。
ただし、フライトフルロアより効果が高い
アシッドボルトやアンゴンの防御力ダウン効果を
上書きしてしまうので、使うときはタイミングに注意。
ラーニングに関しては、ソロだとかなりの難関です。
礼拝堂の入り口で狙うときは、2体のタウロスを倒します。
レベル50で丁度クラスの強さ。ソロでなんとか勝てるでしょう。
裏技として、ウルガラン山脈のBrontotaurを狙う方法もあります。
レベル75の3〜4人で勝てる相手なので、
どうしてもソロが辛いときは、知り合いに協力を仰ぐのもアリかと。
講師:Stegotaur先生(礼拝堂道場)

●自爆(使用レベル50〜)習得難度:★★
レベル58でオートリフレシュを付けるのに必要な技、その3。
格下の敵の自爆は怖くないので、気軽に覚えられます。
練習相手のボムを素手で殴って、
あとは爆発するまでマンガでも読んでましょう。
ちなみに、使う機会はほとんどありません。
自爆すると衰弱状態&HP1になるので、
レベリングの締めに見せ技として使ったりすると、
うっかりレジストされて反撃で戦闘不能になってしまうことも。
レベリングの締めがレベルダウンとか……。
講師:Spunkie先生(グスゲン鉱山道場)

●アイスブレイク(使用レベル50〜)習得難度:★
魔法攻撃力アップを付ければ、大きなダメージが狙える技。
ただし、その分消費MP量もすんごいです。消費MPは142です。
貴重なMPをこの技に使う価値があるかどうかは、ちと疑問。
講師:Rock Golem先生(聖地ジ・タ道場)


そんでもって、レベル50のセット例です。

ヘッドバット
バトルダンス
アッパーカット
ジェットストリーム
M.バイト
シックルスラッシュ
リフュエリング
フライトフルロア
MP吸収キッス

いやしの風など、支援系を外しました。
ジョブ特性は物理攻撃力アップが付きます。
だんだんアタッカー能力が強くなってくるころですね。

リフュエリングを使って片手剣による削りを重視しつつ、
ヘッドバット&M.バイトで攻撃するスタイルです。
フライトフルロアで支援しながら戦います。
ひとり連携でMP吸収キッスをマジックバーストさせるために、
シックルスラッシュも入れています。
敵がMPを持っていない場合は消化&炸裂弾とかに
変更するといいでしょう。
クロウラーなどが相手のときはガイストウォールに。
ジェットストリームは追い込み専用で、
敵にトドメを刺すときに使います。

では、また次回。


Trom/Leviathan ('Д')<ヴァナ通の入稿が山場です!

2006年11月13日

【ヴァナ通】Vol.3 進行状況

長らく沈黙を守っていたVol.3ですが、
じっくり進んでおります。

タイトルは、

ファミ通DVD MOOK
ヴァナ・ディール通信Vol.3
〜マイチョコボ特集GO!〜

これ。

Vol.2は全員集"号"でしたが、今回は"Go!"です。
また"号"と"Go"をかけちゃいました。
なんとも業の深い本ですね。

今回は、あらゆる意味で挑戦的な内容になっています。
その詳細は、少しずつご紹介していこうと思います。


2006_1113_01.jpg

DVDの撮影も無事終了しました。
この箱に入っているものは……!?

当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
(C)2002-2010 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.