アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス 最新情報まとめサイト
ゲームスペッ

ク
タイトル:アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり
ハード:PlayStation Vita
メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン
発売日:12月17日発売予定
価格:5980円[税込]
プレイ人数:1人
CERO区分:審査予定
テイスト:冒険
ジャンル:アクション・アドベンチャー
最新エントリ

ー
バックナンバ

ー

このブロ グのRSS(XML)
Powered by
Movable Type 3.21-ja
『アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-』インプレッション 〜ババダイチ〜
2011/12/21 (水曜日)16:10

『アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-』のインプレをお届け。今回は、フリーライターのババダイチが語る。


 

 ●視点誘導のゲーム

グラフィックや演出など、評価すべき点はたくさんあるゲームですが、個人的には『アンチャーテッド』シリーズのいちばんすごいところは、プレイヤーの視点誘導の巧みさにあると思っています。

美しい背景や数多くの敵など、情報量の多い画面の中で、プレイヤーがつぎに何をすべきか、どこに行くべきかをわからせるのは、じつはすごく職人的な、ゲーム作りの経験に支えられた技術が必要になります。

それを本作ではカメラアングルも含めた演出や、グラフィックでさりげなく色を浮き立たせることで、プレイヤーを誘導しています。

これらはあまり露骨すぎると、"やらされてる感"が出てしまいますが、そこを絶妙なさじ加減で配置することで、プレイヤーが自分の意志で進んでいるという気持ちを維持させることができます。そこが本作はとてもよくできている。

自分のようにスレたおっさんゲーマーになると、制作者の手のひらの上で遊んでいることに、悔しさを感じてしまったりすることもあるのですが、本作はそれに気がついたとしても、あまりの見事さに悔しさでなく感心してしまったりします。

要するに、遊んでいて“俺ってスゲー!”って思えてしまうゲームなのです。


■プロフィール
ババダイチ
週刊ファミ通でクロスレビューも務めるフリーライター。ゲームは全般的に遊ぶが、うまいというわけでもない。