アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス 最新情報まとめサイト
ゲームスペッ

ク
タイトル:アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり
ハード:PlayStation Vita
メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン
発売日:12月17日発売予定
価格:5980円[税込]
プレイ人数:1人
CERO区分:審査予定
テイスト:冒険
ジャンル:アクション・アドベンチャー
最新エントリ

ー
バックナンバ

ー

このブロ グのRSS(XML)
Powered by
Movable Type 3.21-ja
『アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-』インプレッション 〜ででお〜
2011/12/16 (金曜日)15:57

『アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-』のインプレをお届け。今回は週刊ファミ通編集部の編集者ででおが語る。


 

●ハリソン・フォード氏の「スゲェ。」は本物だった

週刊ファミ通の編集部では、かなりのハリウッド映画好き&アクションゲーム好きを自称している編集者、ででおです。恥ずかしながら、つい先日まで『アンチャーテッド』シリーズをプレイしたことがなかったりする。だって、もう3作目でしょ? いまさら始めるのは恥ずかしいし……。そもそも“映画みたいた体験ができる”というが魅力らしいけど、それなら映画を観に行けばいいんじゃないか? ゲームはゲーム、映画は映画だろう。そう、最初は『アンチャーテッド』に対してこんな印象しか持っていなかった。
そして11月某日。俺は新宿の映画館で『カウボーイ & エイリアン』を観た。映画が終わった後、「やっぱりハリソン・フォードはスゲェなあ……」と余韻に浸りながら新宿の駅構内を歩いていると、この看板に遭遇。ハリソン・フォード氏がバリバリ活躍する映画を観たばかりで、この広告効果はヤバィ! 翌日、編集部で『アンチャーテッド』担当編集者、ヘイ昇平の席へ歩み寄る俺の姿があった。

俺 「よう、昇平ちゃん。ちょっと聞きたいんだが、先日発売された『アンチャ』のことなんだが……アレってシリーズ初心者でも楽しめるモンなのか? いやいや、俺がやりたいっていうわけじゃない。ただちょっと気になってな……(声:サリー)。」
昇平 「急にどうしたんですか? だいたい“声:サリー”って、千葉繁さんの物マネっすか? ぜんぜん似てないし。結論から言いますと、本作からプレイしても問題なく楽しめますよ。ででおさんの好きな映画で例えると、『スパイ大作戦』のテレビシリーズを観ていない人が『ミッション:インポッシブル』を観るのと同じです。ででおさんは本放送で全話観ているかもしれませんが」
俺 「なるほど〜……って、さすがにアラフォーの俺も『スパイ大作戦』は再放送世代だよ! ところで話は変わるが、もうすぐ俺の誕生日なんだよね……いや、何が欲しいというわけじゃなくてな(チラッチラッ)」
昇平 「いい歳して大人気ないなあ……。それじゃあプレゼントに『アンチャーテッド』買ってあげますから、しっかりプレイしてくださいよ」
俺「ヒュウッ! 待ってました!(声:サリー)」
昇平 「だから似ていませんって!」

●そこのキミも、怖がらずにプレイしてごらん

というわけでさっそくプレイしてみた。感想から書いてしまうと、“マジでスゲェ”! 序盤から激しいアクションあり、銃撃戦あり。スリル満点の大冒険が……って、このあたりは昇平のプレイインプレッション(http://www.famitsu.com/blog/uncharted/2011/11/post_23.html#more)を読めばおわかりいただけると思うので割愛する。とくに「スゲェ!」と思ったのは、単に映画的なシチュエーションを楽しめるというだけでなく、つねにクライマックスなテンションでプレイできて、なかだるみする場面がほぼ皆無というところ。“寝る前に30分だけプレイしよう”と思って、気づいたら2〜3時間経っているよいうこともザラ。どこで切ろうとしても、続きが気になってしまう。ストーリーを重視した作品って、肝心のゲーム部分がおろそかになることが多いけど、本作に関してはそんなことがない。自分で手帳を開いて、謎解きの手掛かりを探したりするシステムも、プレイヤーが主人公のネイトに感情移入しやすい要因のひとつだと思う。また、フィールド上に隠されたお宝を探すというやり込み要素もしっかり用意されているのもステキだ。とにかく隙がなさすぎる! そして、こんなにすばらしいゲームを敬遠していた昔の俺を叱ってやりたい。いや、本当にゴメンナサイ。
これを読んでいる皆さんの中に、「洋ゲーっぽいのはチョット……」とか、「TPS(三人称視点シューティング)は苦手なんだよね」と、その程度の理由でプレイを敬遠している人がいるとしたら、ダマされたと思ってぜひプレイしてほしい。俺がここまでハマれたんだから、皆さんもきっと満足できるはずだ。
さて、PlayStation Vita版『-地図なき冒険の始まり-』の発売も迫ってきたことだし、1〜2作目もプレイしておこうかね。


■プロフィール
ででお
週刊ファミ通編集部の編集者。『アンチャーテッド』シリーズをプレイするのは本作が初めて。好きな映画は『ブレードランナー』。あっ、これもハリソン・フォード氏が主演だった! スゲェ。