豊泉三兄弟
アーケードーゲーム好きの週刊ファミ通編集者。本誌では、はいぱあ新着通信や対戦格闘ゲームの攻略記事を担当。『スパIV』では、ガイ、ブランカを使用中。おもにPS3版で通信対戦やってます。タグは【toyo_3kyoudai】です。マッチングした方はお手柔らかに!

スーパーストリートファイターIV 攻略ブログ

キャラクター別攻略“エル・フォルテ”編


●エル・フォルテの変更点をチェック

 

 エル・フォルテは、戦法の変更を余儀なくされるほどの変更はないが、多数の技が微調整されている。まず、ダメージ調整を受けている技は、ワカモーレレッグスルー(弱、中、強、EX)、プロペラトルティーヤ、エル・フォルテフライングギガバスターの3つ。ワカモーレレッグスルーのみダメージが上昇しており、それ以外は若干ダメージが減少。技の判定面では、しゃがみ弱キックの攻撃判定が強化されている。そのほかには、近距離強パンチの気絶値が減少と、ターゲットコンボが連続ヒットするように変更。また、ファヒータバスターは、ヒット後の相手との距離が以前よりも離れるように調整された。

 

01

ワカモーレレッグスルーはダメージが増している。決められるチャンスは逃さないようにしよう。

 

02
03

連続ヒットするようになったターゲットコンボ。咄嗟のコンボに使える!?

 

 

●エル・フォルテの基本戦法をチェック

 

 アバネロダッシュからの派生攻撃を使って画面内を走り回り、相手を翻弄するのがエル・フォルテの闘いかた。派生攻撃は、しゃがみガードできないトスターダプレスと、立ちガードできないファヒータバスター、地上にいる相手を投げるプロペラトルティーヤの3つを使おう。アバネロダッシュ以外では、リーチの長いセービングアタックや三角飛びからの前方ジャンプ強パンチも強い。相手に近づいたら近距離立ち弱パンチを攻めの起点として、投げやしゃがみ中キックに連繋させるのがオススメ。しゃがみ中キックからはアバネロダッシュをキャンセルして出し、相手のガードを揺さぶろう。

 

04
05

トスターダプレスは、めくりを狙ってくり出そう。

06

トスターダプレスを警戒して立ちガードする相手には、ファヒータバスターを決めよう。


07
08

三角飛びは、通常のジャンプとは軌道が異なるため、迎撃されにくいぞ。

 

09

接近戦では、近距離立ち弱パンチを攻撃の起点にしよう。ここから投げやしゃがみ中キックに連繋させるといい。

011
013

しゃがみ中キックからは、キャンセルしてアバネロダッシュをくり出し、派生攻撃でガードを揺さぶろう。

 

010

隙の小さいレバー前入れ中キックも接近戦で役立つ。ダウンした相手の近くで出せば、相手の背後に回り込むこともできる。

 

014
015
016
017

プロペラトルティーヤを相手の起き上がりに重ねると、回避されにくく強力。

 

018
019

攻め込まれたらバックダッシュやEXアバネロダッシュで逃げよう。EXアバネロダッシュからはプロペラトルティーヤに派生して反撃に転じるといい。

 

 

ウルトラコンボはどっち?

 

 エル・フォルテフライングギガバスターとエル・フォルテウルトラスパークは、ともに相手の飛び込みの迎撃に使える投げ技だ。エル・フォルテフライングギガバスターは、相手の飛び道具に反撃しやすく、エル・フォルテウルトラスパークはバックダッシュに対して強いのが特徴。エル・フォルテのウルトラコンボはどちらも優秀なので、対戦相手によって変更したい。飛び道具を多用する相手ならエル・フォルテフライングギガバスターを選択し、そうでない相手にはエル・フォルテウルトラスパークがいいだろう。

 

020
021
022

エル・フォルテウルトラスパークのおもな使いどころは飛び込みの迎撃だ。

 

023
024

アバネロダッシュからの派生技を嫌って後方ダッシュする相手は、エル・フォルテウルトラスパークで投げてしまおう。

 

前作の「キャラクター別攻略“エル・フォルテ”編」はこちら


 ご意見・ご感想をお寄せください!
 (※ご投稿いただいた内容はブログなどでご紹介させていただく場合があります。)
 
 ペンネーム
 
 


【エル・フォルテ】の関連記事 一覧