豊泉三兄弟
アーケードーゲーム好きの週刊ファミ通編集者。本誌では、はいぱあ新着通信や対戦格闘ゲームの攻略記事を担当。『スパIV』では、ガイ、ブランカを使用中。おもにPS3版で通信対戦やってます。タグは【toyo_3kyoudai】です。マッチングした方はお手柔らかに!

スーパーストリートファイターIV 攻略ブログ

キャラクター別攻略“サガット”編


●サガットの変更点をチェック

 

 前作から多くの変更を受けているサガット。弱体化した面が多いが、強化されている点もあるぞ。まずは、ほとんどの技の攻撃力が減少。通常技のおもな変更点は、弱キックが2段技となり、必殺技でキャンセルできるポイントが1段目のみに。近距離中キックも1段目にキャンセルが可能に。この変更により、前作で猛威を振るった弱キックの2段目をキャンセルしてタイガーニークラッシュをくり出す連繋が使えなくなっているので、弱キックの代わりにしゃがみ中キックを使おう。斜めジャンプ中パンチが技の出ている時間が短くなったほか、攻撃判定が弱くなっているので、本作での飛び込みはジャンプ強パンチや強キックを使っていこう。

 

01
02

弱キックの先端部分をガードさせ、キャンセルタイガーニークラッシュで攻め込む戦法は使えなくなっている。

 

03
04

弱キックの代わりにしゃがみ中キックなどを使おう。

 

005
020

近距離中キックが必殺技でキャンセルできるように。

 

 つぎに特殊技の変更では、ステップハイキックとセービングアタックが変更されている。ステップハイキックは、攻撃判定が減少したものの、飛び込みの迎撃やコンボとしてはこれまでどおりに使えるぞ。セービングアタックは、レベル3の発生が遅くなっているが、すべてのレベルで攻撃判定が拡大されているので、相手に当てやすくなっている。

 

07

ステップハイキックは、飛び込みの迎撃やコンボにまだまだ使えるぞ。

 

08

ステップハイキックは、飛び込みの迎撃やコンボにまだまだ使えるぞ。

 

 サガットは必殺技にも多数の変更が見られる。タイガーショットは、くり出した際のスーパーコンボゲージ増加量が減少。グランドタイガーショットにいたっては、空中の相手への追撃ができなくなった(EXは追撃判定アリ)うえ、硬直時間がわずかに増加している。タイガークラッシュはわずかに硬直時間が増えたが、戦法が変わるほどではない。タイガーアッパーカットは、空中に浮き上がるのが速くなり、相手のジャンプ攻撃と相討ちした際に追撃を入れにくくなっている。その代わり、腕が伸びきってからの攻撃判定が拡大されており、真上の飛び込みに対して当てやすく変更。新必殺技のアングリーチャージは、発動後、初回のタイガーアッパーカットを強化する技。攻撃力アップに加え、空中に吹き飛んだ相手への追撃が行える効果が付加されるのだ。

 

09
010
011

タイガーアッパーカット相打ちからの追撃は難しくなっているが、状況次第では十分に狙える。

 

<アングリーチャージを使ったコンボ>

近距離強キック→(キャンセル)アングリーチャージ→しゃがみ弱パンチ→(キャンセル)タイガーニークラッシュ→EXセービング→(キャンセル)前方ダッシュ→タイガーアッパーカット

012
013
014
015
016
017
018

アングリーチャージを使えば、コンボのバリエーションが広がるぞ。

 

 

●サガットの基本戦法をチェック

 

 変更点の多いサガットだが、強力な飛び道具で相手の飛び込みを誘い、迎撃するスタイルは相変わらず強力。前作と同様にグランドタイガーショットとタイガーショットを強弱を撃ち分けて牽制。飛び込みは十分に引きつけてからタイガーアッパーカットで迎撃しよう。注意したいのが、弱キックの先端部分がギリギリ届く間合い。前作では、弱キックをキャンセルしてタイガーニークラッシュをくり出すのが有効だったが、前述したとおり弱キックの先端部分にキャンセルがかからないため、この連繋ができなくなっている。そこで今回は、しゃがみ中キックを先端部分がギリギリ届くように当てて、そこからキャンセルしてタイガーニークラッシュを出していこう。もしくは、弱キックの先端がギリギリ届く間合いから通常技にキャンセルをかけずに弱タイガーニークラッシュを出すのもアリ。タイガーニークラッシュは、技の後半部分が相手に当たるように、前作以上に間合いやタイミングを考えながら出していく必要があるぞ。

 

前作の「キャラクター別攻略“サガット”編」はこちら

 

019
06

弱キックにキャンセルをかけられないので、しゃがみ中キックに代用したり、弱攻撃を数発ガードさせて距離を調整してからキャンセルせずに出してもいい。

 

●ウルトラコンボはどっち?

 

 タイガーディストラクションは、威力が減ったもののコンボに組み込めんだ際の破壊力はまだまだ高い。タイガーキャノンは、タイガーディストラクションより威力が低いが、相手の飛び道具に合わせて使ったり、コンボに組み込んだりと、リュウの滅・波動拳のように使い勝手がいい技だ。どちらも優秀な技だが、やはりタイガーディストラクションを使ったコンボは強力なので、こちらをオススメしたい。ただ、画面端に追い込んだ際に、タイガーディストラクションがフルヒットしないのが嫌な人は、堅実なタイガーキャノンがいいかも?

 

021
022
023

タイガーキャノンは、相手の飛び道具に相打ち覚悟で狙うこともできる。

 

024
025
026

タイガーディストラクションは、画面端に追い込んだ相手にはフルヒットせずにダメージが落ちる。しかし、タイガーキャノンなら問題なくフルヒットするので安定してダメージを取れる。

 

前作の「キャラクター別攻略“サガット”編」はこちら


 ご意見・ご感想をお寄せください!
 (※ご投稿いただいた内容はブログなどでご紹介させていただく場合があります。)
 
 ペンネーム
 
 


【サガット】の関連記事 一覧