豊泉三兄弟
アーケードーゲーム好きの週刊ファミ通編集者。本誌では、はいぱあ新着通信や対戦格闘ゲームの攻略記事を担当。『スパIV』では、ガイ、ブランカを使用中。おもにPS3版で通信対戦やってます。タグは【toyo_3kyoudai】です。マッチングした方はお手柔らかに!

スーパーストリートファイターIV 攻略ブログ

キャラクター別攻略“リュウ”編


●リュウの変更点をチェック

 

 リュウの最大の変更点は昇龍拳にある。無敵時間が減ったうえ、空中に浮き上がるまでが速くなっているぞ。つまり、昇龍拳→EXセービングが若干つなぎにくくなったのだ。さらに、弱と強の昇龍拳は攻撃判定の発生と同時に無敵時間が切れるため、相手の攻撃と相討ちになりやすい。しかも昇龍拳(相討ち)→滅・波動拳のコンボが入らないので注意。中昇龍拳のみ攻撃判定発生後も無敵時間が続くので、相手の飛び込みの迎撃に使う場合は中昇龍拳を十分に引きつけてから出すか、完全無敵のEX昇龍拳を使おう。弱体化の目立つ昇龍拳だが、パワーアップしている点もある。中と強の昇龍拳は、2ヒットするようになっており、2発目は空中の相手への追撃技として使えるようになっている。これにより、画面端で竜巻旋風脚→強昇龍拳というコンボが可能に。

 

1
2
3

昇龍拳が相打ちしたあとに、滅・波動拳を撃っても届かないことが多い。


4
4

中昇龍拳であれば、攻撃判定発生後も無敵時間が続いているため、確実に飛び込みを迎撃できる。中昇龍拳を引きつけて出す自信がなければ、EX昇龍拳を使おう。


5

昇龍拳が相打ちになりやすいので、場合によっては遠距離強キックやしゃがみ強パンチなどの通常技を使って迎撃するのもアリ。

 

6

真空波動拳は発動条件が変更されている。前作では、波動拳を撃ったあとすぐに発動できたが、今回は画面内に波動拳が残っている場合は発動不可となっているのだ。

 

7

全体的に攻撃力が減少するなか、遠距離中キックは攻撃力アップしている。

 

8
9
10

竜巻旋風脚で吹き飛んだ相手を強昇龍拳で追撃。昇龍拳の性能変化で新たなコンボが可能に。

 

●リュウの基本戦法をチェック

 

 リュウは細部に調整を受けているものの、波動拳を撃って相手の飛び込みを誘い、昇龍拳で迎撃するといった基本戦法に変更はない。状況によっては、しゃがみ強パンチや遠距離強キックといった通常技による迎撃も使いわけるといいだろう。

 

前作の「キャラクター別攻略“リュウ”編」はこちら

 

11
4

遠距離では波動拳を使って牽制し、飛ばれたら昇龍拳で迎撃。基本スタイルに変更はない。

 

12
12

近づかれたら、しゃがみ中キックキャンセル波動拳で相手を追い払おう。基本かつもっとも重要な連繋だ。

 

●ウルトラコンボはどっち

 

 新ウルトラコンボの滅・昇龍拳は、全ウルトラコンボ中屈指の破壊力を持つ。昇龍拳→EXセービング→(キャンセル)滅・昇龍拳とつないでも威力が低いので、相手の飛び込みに対してじかに当てて対空技として使おう。一方、滅・波動拳は昇龍拳の相討ちからの追撃としては使いにくくなったものの、さまざまな技からコンボに組み込める使い勝手のよさは健在。この使い勝手のよさから、基本的には滅・波動拳を選ぶといいだろう。ただ、対空面に不安があるという人は、滅・昇龍拳を選んで相手の飛び込みを抑制するといい。

 

13
14
15
16

相手の飛び込みを迎撃しただけで、体力の半分以上を奪う。滅・昇龍拳が使える状態なら、相手は簡単に飛び込むことはできないぞ。

 

前作の「キャラクター別攻略“リュウ”編」はこちら


 ご意見・ご感想をお寄せください!
 (※ご投稿いただいた内容はブログなどでご紹介させていただく場合があります。)
 
 ペンネーム
 
 


【リュウ】の関連記事 一覧