『GTAV』デモリポート システム編
『GTAV』デモリポート システム編
『GTAV』デモリポート “Blitz Play”編
『GTAV』デモリポート “Blitz Play”編
『GTAV』カバーアートが公開
『GTAV』カバーアートが公開
『グランド・セフト・オートV』初のゲームプレイ映像が公開!
『グランド・セフト・オートV』初のゲームプレイ映像が公開!
Grand Theft Auto
マックスペイン3
『グランド・セフト・オート:バイスシティ』10周年記念盤トレーラー

ロックスター・ゲームスがふたたび伝説的TPSに挑む

 本作は、妻子を失った元刑事マックス・ペインを主人公としたTPS(三人称視点シューティング)シリーズ最新作。舞台をブラジルに移し、マックスの新たな戦いが幕を開ける。『マックス・ペイン』シリーズと言えば、香港アクション映画などで使われていたスローモーション技法を“バレットタイム”としてテレビゲームに持ち込んだことが有名。そのほかにも、ボイスによるナレーション、そして劇画調のカットシーンも盛り込まれており、没入感の高いガンアクションとして名高い。

 本作ではそういった、これまでRemedy Entertainmentが手掛けてきたシリーズのエッセンスを継承し、ロックスター・ゲームスの各スタジオが協力して、物理エンジン“NaturalMotion(ナチュラル・モーション)”や、ロックスター・ゲームスが誇る“RAGE”エンジンの最新版などの技術を注ぎ込み、現代にふさわしい、シームレスで映画のようなアクションシーンによる新たな『マックス・ペイン』を実現すべく開発を行なっている。

 武器の種類は豊富に、描写もリアルになり、自動カバーリングシステムや、シリーズでおなじみのバレットタイム(スローモーションで発砲する)も用意されている。ローディングの完全排除や、数百種類にも及ぶシチュエーションに対応したアニメーションを実現しており、ロックスター・ゲームスがあらためてTPSに挑戦するにふさわしい、新たな次元のリアリティによるアクションとドラマが楽しめる。

サンパウロで新たに始まるマックスの死闘

 初代『マックス・ペイン』で妻子を失い、『マックス・ペイン2』でも愛と戦いの果てに残酷な現実と直面することになったマックス。過去の記憶のトラウマに悩まされるマックスは、ふたたびニューヨーク市警の職を辞し、ブラジル・サンパウロで裕福な実業家一家のボディーガードとなる。しかし、運命は無情にも、ふたたびマックスを襲う。程なくしてブラジリアンギャングが一家を襲撃したのだ。マックスは彼らを護るべく、ふたたび終わりなき戦いへと身を投じることになる。

マルチプレイではギャングの抗争勃発

 本作では、マルチプレイでも新たな挑戦が試みられている。それは、対戦にストーリー要素を持たせるということ。“ギャング・ウォーズ”というモードでは、プレイヤーがギャングと警官のチームに分かれて対戦し、各ラウンドの勝敗や各プレイヤーの成績に応じて、次のラウンドの目標が変化していく。これによって、単調なラウンドのくり返しに変化を与え、プレイヤーに対して物語の登場人物としてつねに刺激を与える、新たなマルチプレイ体験を提供しているのだ。

 そして、その対戦自体をさらに奥深いものとしているのが、経験値を貯めて特殊能力をアンロックできるシステム“バースト”だ。特殊能力には敵チームに潜入するものや、シリーズを象徴するバレットタイムまであり、各バーストは強化も可能。いかにしてキャラクターを成長させ、いかにして変化し続ける戦いの局面に対応するか。プレイヤーの手腕が問われるのは言うまでもないだろう。

      
『マックス・ペイン3』本日配信のDLC“痛ましい記憶”マップパックを紹介
2012.12.18
dlc-painfulmemories-head

 『マックス・ペイン3』で本日12月18日に配信予定のDLC(ダウンロードコンテンツ)“痛ましい記憶”マップパックを紹介する。価格はPSNが1200円[税込]、Xbox LIVEが800MSP。

 “痛ましい記憶”マップパックは、マックスが過去に体験した壮絶な銃撃戦をフィーチャーした、4つのマルチプレイマップを追加する。“ロスコー・ストリート駅”では初代『マックス・ペイン』の地下鉄での激戦が、“マーティのバー”では『マックス・ペイン3』で過去の話として明かされるホーボーケンでの場末の酒場での戦いが、“シュート・ファースト号”では、ブランコ一族の豪華クルーザーでの悪夢が蘇る。また“パナマ運河”ではギャング・ウォーズを体験できる。
 そのほか、IMG 5.56アサルトライフルとUAR-21アサルトライフル、2つの新たなアバターグループ、3種類のマルチプレイ用アイテム、そしてスタミナと体力を奪うバースト(特殊能力)“ハングオーバー”などを収録している。

・シュート・ファースト号(デスマッチ、チーム・デスマッチ、ペイン・キラー対応)
 船上パーティーが行われていた豪華クルーザーが舞台。船は3層のフロアで構成されているが、特に甲板などは身を隠せるものも意外と少ないのでご注意あれ。

dlc-painfulmemories-yacht-large
maxpayne3-2108-640

・マーティのバー(デスマッチ、チーム・デスマッチ、ペイン・キラー対応)
 ホーボーケンの薄汚れた酒場を中心にしたマップ。裏口や地下通路、非常口、そして屋外駐車場や教会など、位置関係を把握して戦おう。バーや教会の2階に陣取るのも手だ。

maxpayne3-2106-640
dlc-painfulmemories-bar-large

・ロスコー・ストリート駅(デスマッチ、チーム・デスマッチ、ペイン・キラー対応)
 プラットフォームでボヤボヤしていると蜂の巣にされてしまう。構内を知り尽くし、地下鉄車両の上や陸橋などを縦横無尽に駆け抜けて戦おう。

・パナマ運河(デスマッチ(大人数)、チーム・デスマッチ(大人数)、ギャング・ウォーズ・デスマッチ、ペイン・キラー対応)
 豪華クルーザー、積載ドック、コンテナヤード、それらをつなぐ陸上エリアもある広大なマップ。すべてのマルチプレイモードに対応しており、スナイパーライフルが活躍できるポイントも数多く用意されている。

dlc-painfulmemories-subway-large
dlc-painfulmemories-panama-large

・新規アバターグループ  コロンビアの残忍な民兵グループ“ユナイテッド・ソウル・オブ・ピープル”と、休暇中という設定のデマルコ・ファミリーの2種類のアバターグループが登場する。後者にはDLC用のキャスティングキャンペーンに当選したSocial Clubのメンバー4人がフィーチャーされている。

dlc-painfulmemories-faction2
maxpayne3-2107-640
maxpayne3-2105-640

・新武器、バースト、アイテム
 AK-47よりも優れた命中精度を誇る強力なアサルトライフル“IMG5.56”と、ロングレンジでも活躍するアサルトライフル“UAR-21”が追加される。
 バースト“ハングオーバー”は、倒した敵が復活時にカメラのぼやけ、体力やスタミナの減少を食らうというもの。この“二日酔い”は発動レベルに応じて深刻なものとなる。ただし、同じくDLCに収録されるアイテム“スキットル”はハングオーバーの全効果を無効にするのでご注意あれ。
 そのスキットルは、スナイパーの銃撃を1発だけ防ぐという効果を持つアイテム。本DLCにはそのほか、2回のアシストごとに1キルに変換する“計算機”、チームメイトがキルを達成するたびに獲得金額が増加する“賭け札”が収録される。


『マックス・ペイン3』DLC“人質交渉”マップパックが本日より配信
2012.11.15
actual_1349819985
“人質交渉”マップパック
配信日:11月15日
PSN: 1200円[税込]/Xbox LIVE: 800MSP

 すっかり『グランド・セフト・オートV』ウィークとなった今週だが、マックスのこともお忘れなく。本日より『マックス・ペイン3』のDLC(ダウンロードコンテンツ)“人質交渉”マップパックが配信。価格はプレイステーション3版が1200円[税込]で、Xbox 360版が800MSP。

 このパックを導入すると、4つのマルチプレイ用マップのほか、3種類のアイテム、2つの武器、そして新しいアバターグループ“フィーリョ・ヂ・オグン”などが追加される。


どグサレ野郎どもに清き一票を! R★が歴代政治家キャラクターの選挙を実施
actual_1351962735[1]

 全米、いや全世界が行方を見守る大統領選ウィークに合わせて、R★が“うさんくせぇヤロー”選挙を実施。候補は新旧作品から引っ張りだされた、どれもこれもひと癖ある政治屋ばかり。

Cast Your Ballot: Rockstar's Sleaziest Politicians

 『L.A ノワール』のフレッチャー・ボーロン(ロサンゼルス市長を務めた実在の人物でもあるが、ゲーム中では郊外の開発に絡んだ疑惑が……)、『GTA: リバティシティストーリーズ』の食人社長ドナルド・ラブ、『レッド・デッド・リデンプション』の反乱軍リーダーのアブラハム・レジェス、『GTA: バイスシティ』の極右議員アレックス・シュラブ、『GTA4: ザ・ロスト・アンド・ダムド』の全裸議員トーマス・スタブス三世、『マックスペイン』のクソ上院議員アルフレッド・ウォーデンと、アレ具合はどいつもこいつも……。R★が政治家をいかに描いてきたか、この機会に彼らの言動を思い起こすのもいいかも。
 なお、現在のトップはアレックス・シュラブで、僅差でレジェスが追っております。


『マックス・ペイン3』本日配信のDLC“ローカル・ジャスティス”と“無秩序犯罪”を紹介
2012.11.01
Picture1
“ローカル・ジャスティス”マップパック
配信日:11月1日
価格:800円(PS3)、640MSP(360)

 『マックス・ペイン3』では、本日11月1日よりプレイステーション3とXbox 360の日本語版を対象に、DLC(ダウンロードコンテンツ)、“ローカル・ジャスティス”マップパックと、無料の“無秩序犯罪”マップパックの配信を開始する。今回はこのふたつのDLCについて内容をご紹介するとしよう。

 “ローカル・ジャスティス”マップパックには、3つの新しいマルチプレイ用マップと、新たな武器、アバター、マルチプレイ用アイテム、そして実績などを収録している。

マルチプレイ用マップ
・インペリアルパレス
・第55部隊の本部
・出発ラウンジ

新武器
・M4 アサルトライフル

新規アバターグループ
・サンパウロ市警

マルチプレイ用アイテム
・ライト・フィンガー

実績・トロフィー
死の離陸/法の長い腕/M4の使い手/悪ガキ更正プログラム/エクスプレス


『マックス・ペイン3』日本語版のDLC配信スケジュールが発表
2012.10.25
1
▲本日配信される“サイレント・セメタリー・パック”には、マルチプレイ用の武器“対戦車軽砲”、銃撃戦からすばやく離脱できるバースト“シノビ”、接近する敵の音を聞き分ける“盗聴器”のほか、マックスの妻と娘が眠る墓地を舞台にしたマルチプレイ用のマップ“墓地”を収録。一方の“デッドリー・ペイン・パック”には、マルチプレイで所持可能なペインキラーが増える“薬瓶”、銃弾の威力を高めるバースト“デッドリー・フォース”を収録。“マックス・ペイン1アバター・パック”では、初代マックス・ペインのマルチプレイ用アバターが使えるようになる。

 『マックス・ペイン3』の日本語版のDLC(ダウンロードコンテンツ)配信スケジュールが公開された。これに合わせて、本日より予約特典となっていた“サイレント・セメタリー・パック”などの販売なども開始している。

<DLC配信スケジュール>
10月25日
■サイレント・セメタリー・パック: PSN 400円(税込) / Xbox LIVE 320MSP
■デッドリー・ペイン・パック: PSN 200円(税込) / Xbox LIVE 160MSP
■『マックス・ペイン1』アバター・パック: PSN 100円(税込) / Xbox LIVE 80MSP
■オールド・スクール・パック: PSN 200円(税込) / Xbox LIVE 160MSP

2012年11月1日(木)
■「ローカル・ジャスティス」マップパック: PSN 800円(税込) / Xbox LIVE 640MSP
■「無秩序犯罪」マップパック: 無料

2012年11月15日(木)
■「人質交渉」マップパック: PSN 1200円(税込) / Xbox LIVE 800MSP

近日詳細公開予定
■「痛ましい記憶」マップパック
■「天国のデスマッチ」モードパック


メインページ
公式サイト
トレーラー
『マックス・ペイン3』発表トレーラー
『マックス・ペイン3』:「デザイン&テクノロジー」シリーズ(1)
Essay
Essay
Max Payne 3
プラットフォーム:プレイステーション3、Xbox 360
発売日:2012年春発売予定
価格:未定
ジャンル:シネマチック・アクション
プレイ人数:1人
CERO:未定
通信機能:プレイステーション3版はPlayStation Network対応、Xbox 360版はXbox LIVE対応予定
備考:開発 ロックスタースタジオズ