『GTAV』デモリポート システム編
『GTAV』デモリポート システム編
『GTAV』デモリポート “Blitz Play”編
『GTAV』デモリポート “Blitz Play”編
『GTAV』カバーアートが公開
『GTAV』カバーアートが公開
『グランド・セフト・オートV』初のゲームプレイ映像が公開!
『グランド・セフト・オートV』初のゲームプレイ映像が公開!
Grand Theft Auto
マックスペイン3
『グランド・セフト・オート:バイスシティ』10周年記念盤トレーラー
新世代版『GTAV』発売記念企画、第2弾はアメリカザリガニの平井善之が登場! PS4本体同梱版が当たるキャンペーンも!!
2014.12.20

 2014年12月11日に発売された、新世代版『グランド・セフト・オートV』。これを記念して、『GTA』を愛してやまないあんなヒトやこんなヒトがその愛を語る企画を実施中。第1弾のKenKenに続く第2弾は、お笑いコンビ“アメリカザリガニ”の平井善之さんが登場!
 無類のゲーム好きとも知られ、なかでも動画を配信し続けるほど『GTAオンライン』にハマっている平井さん。謎のクルー“裸ライダー”とは何か? PS4版で平井さんを驚かせた要素とは? さらに、ツイッターで気軽に応募できる「PlayStation 4 Grand Theft Auto V Pack」プレゼントキャンペーンも実施中! さらに広がる『GTA』の世界へ飛び込め!!


●謎の集団、『GTAオンライン』に現る

01

――今回、平井さんにお話を聞きたいと思ったのは、ネットで『GTAオンライン』の動画をたくさん配信されていたからです。
平井善之(以下、平井) なるほど。めっちゃ遊んでますからね。でも、ちょっとふつうの遊びかたとは違うかも(笑)。最初はXbox 360版でプレイしていたんですが、そのときに師匠のような“野口さん”という方にいろいろ教えていただいて、プレイステーション3版に移動しまして。そこからたくさんの人に会って、これはおもしろいぞ、とニコニコチャンネルで無料配信を始めました。

――配信しようと思ったきっかけは?
平井 最初、裸にランニングパンツ一丁でバイクに乗って街を走っていたんですよ。そうしたら、同じ格好をしたヤツが並走してきて。それが“ラライダー”の始まりで。

――“ラライダー”ですか?
平井 裸にライダーで“裸(ら)ライダー”です(笑)。そのうち仲間がどんどん増えてきたので、クルーを作って、いまや220人くらいのメンバーがいます。彼らと『GTAオンライン』でいろいろなレースやジョブを楽しんでいるさまを配信するようになりました。

――“裸ライダー”にはポリシーみたいなものはあるのですか?
平井 裸だけです(笑)。僕が着ていたパンツが黄色だったので、チームカラーを黄色にして、男性はランニングパンツ、女性はTシャツという姿が基本です。“裸”という漢字のクルーエンブレムも作りました。クルマやバイクをカスタマイズして、黄色のボンネットに“裸”とペイントしています。もはや“痛車”ですよね(笑)。しかも、メンバーが“裸ライダー”の歌も作ってくれたこともありまして。

――さすがリーダー、すごい求心力を持っていますね。
平井 いまはPS3とPS4で別アカウントを持っているので、両ハードでチームを運営しているんです。めっちゃたいへんですよ! 「ノーギャラでっせ!」と言いたいくらい。自分で勝手にやっているだけなので、しょうがないのですが(笑)。でも、徐々に主戦場はPS4に移りつつあります。

02

●暴走(?)するクルーたち

――PS4版でも“裸ライダー”は健在なのですか?
平井 発表されたとき、みんなで「PS4版が出るな」とざわつきまして。「この活動を、ここで終わらせるわけにはいかない。“裸ライダー”で遊べるなら、PS4版を買うか!」となって、実際にPS4版とPS4本体を購入してくれたメンバーが何名もいます。PS4版で遊んでいる仲間が「PS4版は楽しいぞ」と言ってくれて、PS3版にいるクルーたちもまたざわつき始めています。

――PS4版の普及活動になっているじゃないですか!
平井 PS4本体とソフトは決して安い買い物じゃないでしょ。それでも遊びたいと買う人がいるのは、それだけ『GTAV』がおもしろいという証拠ですよね。

――PS4本体ごと購入させる“裸ライダー”の魅力って何でしょうか?
平井 変わり者の集団、ですかね(笑)。いろいろと変なことをして楽しんでいるんですよ。日本テレビの『24時間テレビ』の時期に、「僕も街でマラソンします。沿道でみんな応援してくれ!」と頼んでみたんですね。そうしたら、メンバーが散り散りに移動しまして。僕が街を走っていたら、等間隔にメンバーが並んでいるんですよ。給水ポイントには消防車が待機していて、僕にすごい勢いで放水する(笑)。

――給水代わりに。いいアイデアですね。
平井 何も具体的な指示は出していないんですよ。マラソンするよと言っただけで。交差点ではパトカーがクルマを止めて、警察官のかっこうをしたヤツが拍手をしながら僕を通してくれる。ヘリコプターに乗ったメンバーが空撮していて、撮影した画像をアップロードしてくれる。もう中継ですよ(笑)。なんて秀逸なコントなんだ! と。『GTAオンライン』ではコントができちゃうんですよ。何やかんや言って、こんなことを1年もやっていますからね。

――『GTAV』とともに歩んだ1年(笑)。
平井 そうです。そして、PS4へと続く、と。リアルに“裸ライダー”のTシャツとパンツを作ってしまいましたので、止めるわけにも行かない。自費で、しかも手作業で作ったんですよ。これにロックスター・ゲームスさんのロゴを入れられたら、「山が動いたぞ!」とメンバーが歓喜するので、ぜひご検討ください、ロックスターさん(笑)。

――それはさておき、PS4版『GTAオンライン』での“裸ライダー”の野望は?
平井 地方で僕を見かけた若い子が、「僕、“裸ライダー”を見ています! 入りたいです!」とか言われて、「止めておけ!」とか答えたい(笑)。なので、PS4版の『GTAオンライン』で、黄色いスクーターに乗った裸にパンツ、赤いマフラーを着た男がいたら、それが僕です。気軽に接触してください。

――リーダーなのに、スクーターですか?
平井 なぜかPS4版ではスクーターに乗らされています。初回特典でGTAドルをたくさんもらえたのに、それを使わずに「イチからやりましょう」と言われて。いまは、とりあえずスクーターで街を走り回ってますよ。FPS視点でクルマにぶつかったら、もうたいへんです。視点がぐるぐるとなって、気がついたら地面に倒れて手だけが見える。「本当の事故もこんな感じなんだろうか……」と思っちゃいますよ。

03

●FPSモードはやっぱりすごい!

――FPSモードは次世代機版『GTAV』最大の特徴ですよね。臨場感が違う。
平井 一人称視点で『GTAV』を遊べるのは、衝撃的でした。主観視点になると自分が画面からいなくなるので、第三者視点で遊んだときとイメージするものがまったく違います。たとえるなら、『ドラえもん』の映画を見ていた自分が第三者視点だとしたら、、一人称視点だと映画の中にいるスネ夫の気分になれる(笑)。街で絡まれたとき、一人称視点のほうが痛さを感じるくらい没入できるんです。クルマの運転も慎重になって、交通ルールを守るようになりましたね。FPS視点だと、ぶつかるのがイヤになるという。

――すごいわかります。視点に慣れるまではぶつかりまくって、そのうち「交通ルールは守ったほうがいいんじゃないか」と思うようになりました。
平井 ね(笑)。ルールから外れるのも、ルールを守れるのも『GTAV』の懐の深さですよね。

――ちなみに、平井さんはFPSをよくプレイされていますが、『GTAV』のバトルをFPSモードで遊んでみたときの感想は?
平井 ちょっとクセはあるかなあ。照準が合わせやすいので、サクサクとアクションゲーム感覚で楽しめる気がします。ほかのFPSは「いかに効率よく的確にヘッドショットを狙うか」、「倒した敵の数は?」といった、スポーツを競う感覚になるんですね。でも、『GTAV』をFPSモードで遊ぶと、もっと「楽しめる」感覚が強い。倒されても“イラッ”としないんです。心穏やかに楽しめる(笑)。きっと、ゲームデザインがうまいんでしょうね。シリアスだけじゃなくてどこかコミカルだし、何より「この世界で楽しんでくれ!」という作り手のメッセージを強く感じます。

――平井さんがそこまで『GTAV』にハマった理由は何でしょうか?
平井 そこに“世界”が用意されているからですかね。描かれるテーマがしっかりしていて、この世界で“生きている”というイメージが湧いてくるんです。「この街で生まれたら、きっと楽しいだろうなぁ」と思ってしまうくらい、細部までとことん作り込まれているからだと思います。あと、次世代機版はスマホのカメラ(※編注:Snapmaticのこと)がスゴい! 自撮りするとき、自分の表情パターンが増えたじゃないですか。「めっちゃカッコつけてるな。でも、実際もこんな感じなんだろうな」と思わせる表情を付けられるのは、最高ですよね。『GTAオンライン』で撮る集合写真が、すごくおもしろいんですよ。

――最後に『GTAオンライン』に実装してほしいものや機能はありますか?
平井 うーん。中に入れる8階建てくらいの規模のビルを、ロスサントスに1ヵ所だけ作ってほしい。しかも、その時期も場所も明かさない。絶対に誰かが見つけると思うので。PS4版の超リアルなグラフィックで表現されていて、しかも中で遊べるビルがあるといいですね。いやあ、いまは『GTAオンライン』がいちばんおもしろいですね!

04

▼プロフィール
平井善之(ひらい・よしゆき)
松竹芸能所属のお笑いコンビ、アメリカザリガニのボケ担当(相方は柳原哲也)。平井さんによる『GTAV』配信は、ニコニコ生放送『スーパーピコピコクラブ』(link)で配信中。また、カプコン公式WEB番組『カプコンTV』(link)では番組MC(仮)を務めている。ちなみに写真にのポーズは“裸ライダー”クルーのモーションだそう。

[平井善之Twitter]@amezari_hirai
[松竹芸能]http://www.shochikugeino.co.jp/talents/01/post-0.htm


PS4版『グランド セフト オート V』発売記念プレゼントキャンペーンのお知らせ

ハッシュタグをつけてTwitterで応募しよう! 抽選で合計4名様に『PlayStation 4 Grand Theft Auto V Pack』をプレゼント!

■応募方法
応募期間中、Twitterの「Rockstar Games情報局公式」公式アカウント(@rockstarinfojp)をフォローしたうえで、ハッシュタグ「#gtafami」をつけて、PS4版『GTAV』をプレイした感想や公式サイトのPVをご覧になった感想など、PS4版『GTAV』に関するツイートを投稿してください。

例)PS4版のグラフィックがかなり精細で驚き! #gtafami

■応募期間
2014年12月31日(水)23:59まで

■応募条件
◎Twitterのアカウントをお持ちの18歳以上の方
◎「Rockstar Games情報局公式」公式アカウント(@rockstarinfojp)をフォローしている方
◎下記の注意事項に同意いただける方

■当選発表
当選者へのみ、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)機能で、2015年1月14日(水)までにお知らせします。
 ※賞品発送先情報の登録期限がありますので、かならず2015年1月14日までにDMをご確認ください。
 ※DMは「Rockstar Games 情報局公式Twitter(@rockstarinfojp)」からお送りします。それまではフォローを外さないでください。

■注意事項 ※あらかじめ以下に同意いただいたうえでご応募ください
◎ご応募はおひとりにつき1回までです。
◎必要事項の記入漏れや、当選発表前にフォローを外した場合は、応募を受け付けられません。
◎公序良俗に反するつぶやきは、抽選の対象外とさせていただきます。
◎Twitterの利用に伴い発生する通信料等は、お客様のご負担となります。
◎賞品の発送先は、日本国内に限らせていただきます。
◎当選賞品を譲渡(転売、オークション出品含む)しないことが応募・当選の条件です。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。
◎当キャンペーンは、株式会社KADOKAWA(以下、弊社と言います)が主催しています。TwitterおよびTwitter社とは関係ありません。
◎Twitterおよび関連ツールの動作等の不測の障害により、当キャンペーンを予告なく変更・中止させていただく場合もがありますので、あらかじめご了承ください。
◎ご応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシー(http://www.enterbrain.co.jp/information/privacy.html)の定めるところにより取り扱わせていただきます。
◎ご応募に際しお客様に生じた損害等につきましては、弊社に故意・重過失のある場合を除き、弊社は一切賠償の責を負わないものとします。

■応募に関するお問い合わせ
エンターブレイン カスタマーサポート
support@ml.enterbrain.co.jp(「GTAVプレゼントについて」とご明記ください)



メインページ