『GTAV』デモリポート システム編
『GTAV』デモリポート システム編
『GTAV』デモリポート “Blitz Play”編
『GTAV』デモリポート “Blitz Play”編
『GTAV』カバーアートが公開
『GTAV』カバーアートが公開
『グランド・セフト・オートV』初のゲームプレイ映像が公開!
『グランド・セフト・オートV』初のゲームプレイ映像が公開!
Grand Theft Auto
マックスペイン3
『グランド・セフト・オート:バイスシティ』10周年記念盤トレーラー
ROCKSTAR HISTORIA Vol.10『The Italian Job』&『WILD METAL』〜知られざる日本未発売レアタイトル
wildmetal
▲現在『Wild Metal』は無料で配布されている。絶対にやるべきゲームかと言われるとそうでもないのだが、物理モデルの導入や広大な荒野を描く3Dエンジン、プレイヤーに与えられた自由度の大きさといった点で、のちのR★タイトルとの繋がりを考える上では重要だ。

Text by Mask de UH
 日本市場では初期のR★タイトルがほとんどローカライズされなかったこともあり、創設期のラインナップに関しては『GTA』以外は無名に等しく、現在のクライムアクション路線確立の以前となる1990年代末期、Nintendo64やゲームボーイ・カラー向け限定タイトルもプロデュースしていた歴史は、日本においては全く知られていない。
 そんな歴史を掘り起こすべく、今回は日本未発売に終わった初期R★の珍しいタイトルを2本紹介したい。

 まずは正真正銘のレアタイトルにして、『ONi』と並んで数少ないSFアクションをテーマとした作品『WILD METAL』に関して語ろう。
 「殺るか殺られるか!人類の未来を取り戻せ!」というキャッチコピーも威勢が良い本作は、戦車型のマシンに乗る賞金稼ぎとなって、未知の惑星に存在する幻のパワーコアを発見して回収するのが目的となるシューティング・アクション。支援ヘリや誘導ミサイルなどの様々な未来兵器を召還して苦境を脱出するゲームデザインが面白く、シングルプレイとマルチプレイが楽しめるというシステムも、対戦スタイルが少ない初期R★作品の中では珍しいだろう。


 開発はDMA Design、後のROCKSTAR NORTHが担当し、'99年にドリームキャストとPCでリリースされ、見た目が『GTA』シリーズとは全然違う印象のため、R★のタイトルと当時から認識するには難易度が高かったし、今から中古ソフトを探すのも難しい……なんて心配は無用! なんと太っ腹なことに『WILD METAL』はR★公式サイトのアーカイブよりフリーダウンロードが可能。その歴史の礎を味わいたい読者諸兄にオススメしておきたい。



ss7
▲アメリカに先駆けて発売されたEUではSCiが販売している。R★はアメリカでのPS版発売を担当。PS1末期ということもあり、10ドル程度の価格だったという。

 そして2本目は『The Italian Job』。2001年にPS1専用タイトルとしてリリース(後にPC版も発売)された本作は、1969年に公開された英国映画『ミニミニ大作戦』のゲーム化であり、映画の設定やアクション性を忠実に再現したという意味では、シネマゲームのカテゴリにも属するタイトル。まずは原作となった映画の解説をするのが筋なので、少々お付き合い願いたい。

 『ミニミニ大作戦』は、刑務所を出所したばかりの強盗団が主人公となったカーアクション映画。ジャンルとしてはカルト映画の部類に入るが、イギリスとイタリアを舞台にヨーロッパの美しい街並を全速力のカースタントで走り抜けるシーンは伝説となっており、2003年にはマーク・ウォールバーグ主演でリメイク版も制作されるほど。
 ちなみにこのリメイク版もEIDOSからゲーム化されており、R★版と混同されがちなので注意。また、マーク・ウォールバーグといえば実写版『マックスペイン』でマックスを演じており、本人の意思はともかく何かとR★に縁のある俳優であることも頭の片隅に入れておきたい(蛇足ながら筆者のお気に入りのマーク・ウォールバーグ作品は『ブギーナイツ』と『ビッグヒット』。白人ラップグループ「マッキー・マーク&ザ・ファンキーパンチ』なんて活動をしていた過去も含めてコクのある男だと思う)。

ss1
ss6
ss8

PHNA101395-happythebest_SD_J

 話をオリジナル版に戻すと、主人公のチャーリー・クローカーを演じるのは名優マイケル・ケイン(日本語吹き替え版は広川太一郎)。出所した途端にボスからの新たな標的を指示されたチャーリー。依頼の内容はイタリアの警察が保管している400万ドル相当の金塊を、地元のマフィアと共に盗み出すという無謀な感じの内容だが、キャーリーはムショ仲間を通じて集めた強盗の手練たちと共にイタリアのトリノに集合。大英帝国の象徴的カラーリングを施した赤、白、青の3台のミニMK-1(いわゆるクーパー)に乗り込み作戦開始! 事態はイタリア警察を巻き込んだ大捕り物となり、小回りを効かせてトリノの市街地を暴走するミニを巡って大チェイスを展開することになる。
 ランボルギーニ・ミウラ、アルファ・ロメオのパトカー、アストンマーチン、フィアット500、そしてジャガーといった英国とイタリアを代表する名車たちが惜しげも無くド派手にクラッシュする様は圧巻の一言であり、ヨーロッパ製アクション映画の中では突出した出来映え。後の70年代に訪れるスーパーカーブームにも一役買っているのは間違いないだろう。


 そして、英国出身でクルマ愛に溢れ、なおかつ映画好きなR★が『ミニミニ大作戦』のゲームに手を出さない方が不自然である。ゲームは映画の設定を忠実に再現したレースゲームで、PS1でありながらオープンワールドスタイルのマップを採用。ロンドンおよびトリノの舞台に、道なき道を走り回るカーチェイスアクションとなっている。もちろん、単なるチェックポイント通過型のレースではなく、基本的に警察車両からの逃走を目的としている。そう、ここでもまた「チェイス=逃げるゲーム性」が採用されているのだ。

 これまで何度も書いていることを繰り返すようで恐縮だが、逃げることを目的としたレースゲームにオープンワールドの要素をプラスしたのは、R★が最初である。本作の発売は2001年10月5日であり、同月の22日には『GTAIII』が発売されていた時系列を見ても、R★が蓄積していた理想的なゲームデザインが、まさに一気に噴出する瞬間だったことが伺いしれるのだった。

TIJ_XBOX_4
▲これがEidos版。海外のR★ファンも素で間違えていたりするので要注意。画面上のインターフェースの違いで見分けよう。
PHNA101395-happythebest_SD_S1
▲これが1969年版『ミニミニ大作戦』。パラマウントから『ミニミニ大作戦 スペシャル・コレクターズ・エディション』が発売中。価格は1500円[税込]。
TM & COPYRIGHT © 2004BY PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.
メインページ