大塚角満の ゲームを“読む!”

« 【MH】グリーンランドでひと狩りを | 大塚角満の ゲームを“読む!”のホーム | 【MH】『ただいま! 逆鱗日和』発売記念イベント その5 »

【MHP 3rd】『モンスターハンターポータブル 3rd』!!

 すでに詳報がアップされているので遅きに失した感はあるが、やはり書かずにはいられない! だって、そりゃあそうでしょう。なんたって『モンスターハンターポータブル』シリーズの最新作、『モンスターハンターポータブル 3rd』がついに発表されちゃったのだから!

 このゲームの中身について、俺は毎度のことながら何も知らなかった。“モンハンのスポークスマン”を吹聴する分際でいったいどうなっとんねんという感じではあるが、ホントのホントに、具体的にどんな要素が盛り込まれているのかという詳細はもちろんのこと、ゲームのタイトルすら知りませんでした!! だって誰も、俺に教えてくれないんだもの。……って、知らなくて当たり前なんですけどネ。

 なので今日の発表で受けた衝撃は、俺は読者の皆さんと完全に等しい。辻本良三プロデューサーが発した数々の言葉に腰を抜かし、初お披露目されたプロモーションビデオを眺めて魂が行方不明となり、2010年年末発売予定という驚きの宣言でトドメを刺された。いやあ、こいつはエラいことになったぞ……。

 しかしいつまでも呆然としているわけにもいかないので、自分の頭の中を整理する意味も込めて、本日発表された内容をざっとまとめてみよう。

・ゲームタイトルは『モンスターハンターポータブル 3rd』
・対応ハードはPSP(プレイステーションポータブル)
・発売時期は2010年年末
・新モンスターがたくさん登場する
・新フィールドも登場する
・ハンターの拠点となる村の名前は“ユクモ村”
・シングルモードではオトモアイルーを2匹連れていける
・オトモアイルーの武器、防具をつけかえることが可能
・オトモアイルーのカスタマイズが新しい遊びのひとつ
・新たなコミュニケーション要素があり?
・狩りを楽しむ新しい要素があり?

 以上は、辻本プロデューサーが発表の場で語った言葉からの抜粋だ。このほか、会場では早くもプロモーションビデオが公開されて(って、すでにこちらでも流しているけど)、実機で動いている『3rd』を観ることができた。その映像からわかることをピックアップしてみる。ぜひ、映像と合わせて読んでみてちょうだいな。

・真っ赤な紅葉がヒラヒラと舞う、色鮮やかなユクモ村の風景。そこに2匹のオトモアイルーを連れたハンターが入ってくる。背中に背負っているのは太刀のようだ
・ユクモ村の風景が続く。村の中にはモンスターの卵のようなもの、アイルーを模したと思われるダルマ(?)のようなオブジェクトも見られる
・温泉のような施設につかるふたりのハンター。女性ハンターはストレッチのような仕草をしている
・小川と思われるキレイな水場に、クジャクのような鳥が3羽
・2匹のオトモアイルーを連れてベースキャンプを出るハンター。竹林のような場所を走っている
・新モンスター登場! 青い身体に、狼のような鋭い顔をしている
・ここからモンスターが惜しげもなく現れる。ブレスを吐くリオレイアがいるのは孤島フィールドか?
・泥つぶてを飛ばすボルボロス。フィールドは砂原のよう
・激しく動くロアルドロス。水没林のように見える
・ドスジャギィとクルペッコに襲われるハンター
・洞窟の天井に張りつくギギネブラ。凍土か
・オルタロス、デルクスが立て続けに登場。このあと、ハンターに吸いつくギィギの姿も確認できた
・火山を疾走するリノプロス。対抗するハンターはボウガンを持っている。サイドステップしているところから、『3(トライ)』のライトボウガンと同じ動きか
・カエル(?)といっしょに休んでいる風のオトモアイルー。ジャギィ装備らしき防具を身につけている
・木の枝が張り巡らされた、吊り橋風の通路を走るハンターたち
・大剣でベリオロスに立ち向かうハンター
・火山で激しく躍動するアグナコトル。続いて、同じく火山でワキャキャキックをするリオレウスも
・咆哮するティガレックス!
・水辺でハンターに尻尾攻撃をするナルガクルガ!
・ここからしばらく、オトモアイルーの映像。クルペッコ装備を着たオトモアイルーや、ブーメランを投げるオトモアイルーの姿が観られる
・ここから、立て続けに武器のプロモーション映像。まずは、タメ攻撃をくり出す大剣
・続くランスは、キャンセル突き、もしくはカウンター突きをしているよう
・太刀は気刃大回転斬り! 片手剣はシールド攻撃、ハンマーは逆回転スイング、ボウガンはサイドステップと、どれも『3(トライ)』で導入された新モーションを行っている
・スラッシュアックスの映像。『ポータブル』シリーズにスラッシュアックス初見参!
・そしてガンランス。落とし穴に落ちたボルボロスに攻撃を加えているが、『2nd G』までの動きとは明らかに違う。砲撃のあとに、すかさずリロードしてる? そして、銃身を振り回すような仕草も!? わからないことだらけ……

 ……とまあ、見た限りのことを書かせてもらったが、これだけでも『3rd』がとんでもないソフトになることがわかるというもの。『3(トライ)』で大暴れしているモンスターに加え、『ポータブル』シリーズの象徴とも言えるティガレックス、ナルガクルガが登場し、さらに未知なる新モンスターも現れる。そして武器も、前述のとおりスラッシュアックスが導入されることに加えて、大剣やランスなどのおなじみの武器は『3(トライ)』でのモーションをもとに作られているようだった。そして、ガンランス……! あの短い映像だけでも、『2nd G』までのそれにかなーり手が加わっているのがわかった。いったい、どんな武器になっているのだろうか……。

 現時点ではわからないことだらけだが、これから徐々に、情報が露出されていくことだろう。新モンスターの特徴は? 武器、防具の詳細は?? そしてさらなる新要素とは!? 今後も読者の皆さんといっしょに、驚いていきたいと思います。楽しみだーーーー!!


投稿者 大塚角満 : 19:42

大塚角満

プロフィール画像

週刊ファミ通副編集長にして、ファミ通グループのニュース担当責任者。群馬県出身。現在、週刊ファミ通誌上で“大塚角満のモンハン研究所”というコラムを連載中。そこら中に書き散らした『モンハン』がらみのエッセイをまとめた単行本『本日も逆鱗日和』シリーズ(4巻)が発売中。また、そこからのスピンオフとして別の視点から『モンハン』の魅力に迫る書き下ろし作品『別冊『逆鱗日和』 角満式モンハン学』シリーズも。このブログではさまざまなゲーム関連の話題を扱うつもり。一応、そのつもり。


ファンタジーライフ公式サイト