大塚角満の ゲームを“読む!”

« 【モンハン2】第28回 このクエ考えたのどなたデスカ……? | 大塚角満の ゲームを“読む!”のホーム | ファミ通コネクト!オン »

【モンハン2】第29回 武器を作るために狩りをするのか、狩りをするために武器を作るのか

 いつものメンバーと街で談笑していると、友だちのKちゃんがふいにこんなことを言った。

 「ミドさんは武器を作るためにモンスターを倒すの? それともモンスターを倒すために武器を作るの?」

 聞いた瞬間は「ああ、えっと俺の場合は……」と簡単に説明できるような気がしたのだが、よくよく考えてみるとこれはなかなかの難問である。いわゆる"卵が先かニワトリが先か"と同じでお互いが答えを補完しあっており、真理が見えてこないのだ。(武器を作ろうと思ってモンスターを狩っているんだろうけど、武器を作るのはモンスターを狩るためであって……)と考えていくとメビウスの輪にでも絡め取られた気分になり、ますます思考がこんがらがる。ハンターの皆さんは、いったいどちらの思いを強く抱いて狩りをしているのだろうか。

 じっくり考えてみると、俺はどちらかと言えば"武器を作るためにモンスターを狩る"派になると思う。生産リストを眺めて「あの武器かっこいい」、「これ強そうだから欲しいな」という非常に単純明快な思いに背中を押され、その武器を作るためにはどのモンスターを倒せばいいのかを調べたうえで狩りに出向いている。これは言ってみれば"コレクター"というスタンスになろうか。モンスターを倒すことよりも、いろいろな武器が欲しい、というほうに比重が置かれている。そしてコレクターゆえに防具にまで思考とお金がまわらず、まがまがしい武器を装備しているわりには、意外なほど弱々しいヨロイを装備しているのもこのためだ。いっぽうの"モンスターを倒すために武器を作る"派は、純粋に「このモンスターを鮮やかに倒してのけるには、あの武器が必要だ」という、生きるための術として強い武器を欲するわけだ。武器を集めることよりも戦闘に比重が置かれている。このスタンスはコレクターに対して"狩人"とでも言えばいいだろうか。彼らは狩人なので防具もしっかりとしており、スキルももちろん戦闘向きだし、防御力も問題ない。根っからの戦闘民族。クエストも非常に効率的にこなすことができる。

 まあだからどうしたという話ではないし、すべてのハンターが必ずどちらかに分類されるというものでもないのだが、今回のKちゃんの問いは俺にとっては非常に新鮮なものだった。

 あなたはコレクタータイプですか? それとも、狩人タイプですか?

投稿者 大塚角満 : 17:45
| トラックバック (0)

大塚角満

プロフィール画像

週刊ファミ通副編集長にして、ファミ通グループのニュース担当責任者。群馬県出身。現在、週刊ファミ通誌上で“大塚角満のモンハン研究所”というコラムを連載中。そこら中に書き散らした『モンハン』がらみのエッセイをまとめた単行本『本日も逆鱗日和』シリーズ(4巻)が発売中。また、そこからのスピンオフとして別の視点から『モンハン』の魅力に迫る書き下ろし作品『別冊『逆鱗日和』 角満式モンハン学』シリーズも。このブログではさまざまなゲーム関連の話題を扱うつもり。一応、そのつもり。


ファンタジーライフ公式サイト