オトナファミBLOG

2012/11/30 (金曜日)

祝!50周年! 明治アーモンドチョコ

こんばんは。Qoohです。

ミニくま子02.jpg

時が経つのって早いデスね。今日は11月最終日。
そして今年も残すところあと1ヵ月。

話は変わるけど、遠足のお供と言えば、皆さんは何を思い浮かべます?
みんなでつまむ”ポッキー”とか、バスの酔い止めで”梅しば”とか、
色々あるけど、Qoohは高確率であのチョコレート菓子を選びます!
旅先でカリッと一粒。チョコとアーモンドの美味しさが
広がる定番お菓子といえば、そう!”明治アーモンドチョコ”

カリっと広がる香ばしさ
明治アーモンドチョコ 粒揃い半世紀

OF51_工場アーモンドblog01.jpg


実はこちら、今年で生誕50周年の超ロングセラー商品なんです!
発売当初は、大人の男性向けに発売されていたらしく、
なかなか苦労した時期もあったみたい。
オトナファミでは、そんな"明治アーモンド"の誕生秘話からパッケージの変遷、
知られざる限定フレーバーまで、製造工程と共に紹介しています。


赤いパッケージの定番はよく見かけるけど、
“クリスピー”とか”ビター”、”うすまき”なんてフレーバーは知らなかったわ。
しかも50周年記念商品は、もはや丸型アーモンドチョコですらないケド……?
どんな商品かは、ぜひ本誌で確かめてみてね!

投稿者 defront_otona : 21:02

2012/11/30 (金曜日)

キャラメルハニーパンケーキ最高! デニーズ特集、やってます

(ペコッ)

charactor_fami_180.jpg

ワンワン! ワン! ワンワン!

ん、なんて言ったかって? そりゃあ決まってるじゃないか、「いらっしゃいませ! デニーズへようこそ!」さ。今月発売したオトナファミで“デニーズ特集”をやってるからね。ファミ公も一緒になって吠えてみたくなるんだワンさ。ちなみにタイトルはこちらだよ!

デニーズ
けっこうやるじゃん伝説

OF51_デニーズ.jpg


みんな、デニーズといえば何を思い浮かべるかな? オイラの場合、“ティラミス””ナタ・デ・ココ”“パンナコッタ”。あ、“ジャンバラヤ”もあったな。他にも江口寿史先生が描いたメニューブックスペシャルなクリスマスメニューも記憶に残ってる。そうそう、『けいおん!』や『バクマン。』などのコラボ企画も忘れちゃいけないな。そういや今も映画『ONE PIECE FILM Z』のコラボメニューで注目集めてるよね〜。

こうやってちょっと振り返っただけでいっぱい出てくるデニーズのこと。調べてみると、24時間営業コーヒーお替り自由など色んな“ファミレス初”があったり、チャレンジメニューがあったりと、エポックなネタがワンさか。そんなデニーズの“けっこうやるじゃん伝説”集めてみたんだ。

ファミ公ってば〜天然だし〜、血統書もないし〜〜。ドジっ子だからみるにゃんによくダメ出しされるんだよね……。オイラも「けっこうやるじゃん」って言われたいんだけどなァ。

投稿者 defront_otona : 19:21

2012/11/28 (水曜日)

あの人も出てた! 実写取り込みゲームの歴史、100本で辿ろうぜ!

シャイ、シャイ、シャーイ! 

忠犬ファミ公、推参!
忠犬ファミ公

『とびだせ どうぶつの森』では、とにかく金稼ぎの毎日。
公共事業って、お金かかるんだねえ。

金策は基本的には魚釣り! で、この前、雨天でシーラカンス逃がしたわー。
あれ、ぜったいシーラさんだったわー。超でかかったし。

んじゃ今日は、現在絶賛発売中のオトナファミ最新号に載ってるレトロゲーム特集の話でも。

今回は、ことさらスゴイよ! 「年末レトロゲームSPECIAL」
銘打ち、10ページの大ボリューム!!

今回の特集は……

あの人も出てた!
実写取り込みゲームHISTORY 100

ななな、なんだってー!



あの人も出てた!

▲その歴史を辿るため、集めに集めた珠玉の100本!



今でこそゲームで超高精細な実写ムービーとか普通だけど、昔はバーチャルの中のリアルの代名詞といえば、"実写取り込み"だったよね。

「うおおい、人間が動いてる!」
「すげー! あの人が語りかけてくる!」
って、ビックリしたもんだよ……。

今回は、古くは『みつばち学園』『No・.Ri・.Ko』から、『相棒DS』『428〜封鎖された渋谷で〜』といった近年作まで、歴史的に重要なJTG(実写取り込みゲーム)たちを一挙に振り返る超スペシャル企画!

個人的には、X JAPANメンバーを激撮できる『X JAPAN Virtual Shock 001』とか、香川照之が主人公よりバリバリ登場する『RAMPO』、テレビ番組のようなノリの『松方弘樹のワールドフィッシング』、ナゾ外国人俳優の熱演が光る『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』&『バイオハザード』、小室哲哉全面プロデュースの『ガボール スクリーン』、布袋寅泰がさらわれる『ストールンソング』とかおススメかな……ああ、言い足りねえ!

「あの人も出てたんだ……って、なんだこの内容は!?」ってなること間違いなしの年末特別特集。渾身の実写ゲーム100本、ぜひぜひご覧あれぃ!

投稿者 defront_otona : 17:24

2012/11/26 (月曜日)

『ホビット』から『ワンピ』まで年末年始のガチムービーにツッコミ!

mubistar.jpg


“自分をツッコミだと思ってるヤツは、大体ボケ”というのが鼠の持論だっちゅーす。
むびすたーだぜ。

今年も大作と言われた映画は色々とあったけど、そのトリを飾るかのように年末公開の作品たちがガチすぎるぜ。そこで、オトナファミでは


『年末年始 ガチムービー ツッコミ35連発』

と題し、師走の注目作たちの気になるアレコレに、ボケ無しでフルツッコミ! 

OF51_2toku_TOBIAR.jpg

で、気になるタイトルとツッコミの一部を紹介! さらにキーマンへのインタビューもありますぜ。

ガチNo.1
『ホビット 思いがけない冒険』
(ツッコミ:また三部作ってホント? 一部はどこまで描かれるの?)
[キーマン:ダニエル・クレイグ、ピーター・ジャクソン監督]

ガチNo.2
『007 スカイフォール』
(ツッコミ:今回のボンドは何ヵ国で暴れてくれるの?)
[キーマン:サム・メンデス監督]

ガチNo.3
『フランケンウィニー』
(ツッコミ:何で今時モノクロ しかもわざわざ3Dなわけ?)
[キーマン:ティム・バートン監督]

ガチNo.4
『映画 妖怪人間ベム』
(ツッコミ:人間になるのやめたんじゃなかったのかい?)
[キーマン:亀梨和也、杏、鈴木福、西田征史(脚本)]

ガチNo.5
『カラスの親指』
(ツッコミ:石原さとみと●●●が撮影現場でアツアツ!?)
[キーマン:道尾秀介、阿部寛]

ガチNo.6
『映画 仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム』
(ツッコミ:毎日が私のバースデー! ってポワトリンどんなだよ?)
[キーマン:坂本浩一監督]

ガチNo.7
『ONE PIECE FILM Z』
(ツッコミ:元海軍大将が敵だと麦わらの一味やばくない?)
[キーマン:鈴木おさむ(脚本)]

という7作品になってますぜ。ツッコミも大に小にとめいっぱい掘り下げとりますし、観る前にチェックしてくれ! ああ、映画館のフリーパスが欲しくなるな。

投稿者 defront_otona : 17:54

2012/11/22 (木曜日)

史上初!のドラクエ漫画特集があらわれた!

miniyagi.jpg

ほっほっほ。全国のドラクエファンのみなさん、こんばんは。好きなモンスターはベロニャーゴのヤギ子ヤギ雄でございます。

先月、ようやく『ドラゴンクエスト]』でラスボス倒してアストルティアを救ったヤギ雄(旅芸人)。まあ、もっぱらコマンド→バイシオンしかやってませんでしたが。ひさしぶりのドラクエクリアー、なかなか感慨深かったですよ。

というわけで今週発売したオトナファミ最新号では、なつかしさライデイン級の特集をお送りしております。

作家たちが振り返る
ドラゴンクエスト漫画メモリアル

OF51_ドラクエ漫画.jpg


ドラクエ漫画だけを集めた特集って、雑誌の歴史を振り返ってみてもオトナファミが初ではないでしょうか。昨年誕生から25周年を迎えたRPGの代名詞『ドラゴンクエスト』をテーマにした様々な漫画を、それらを代表する作家たちと一緒に振りかえってみた本企画、トータル12ページの大特集! 主なラインナップと作家陣はこちらでございます!


『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』 三条 陸

『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』 藤原カムイ

『ドラゴンクエスト モンスターズ+』 吉崎観音

『ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場』 柴田亜美

どうですか? 皆さん各ジャンルでご活躍中の早々たる顔ぶれ。本当に作品の思い出をたっくさん語っていただきましたぞ。ヤギ雄的には『ダイ大』で三条先生が教えてくださった"アバンストラッシュ"のストラッシュの由来や、クロコダイン率いる百獣魔団の誕生秘話が面白かったですな。あと藤原カムイ先生が悩んだル○ーダの酒場にまつわる思い出も最高でしたよ。

ひさしぶりにまたドラクエ漫画読みたくなってきましたので、この3連休は部屋で漫画漬けとなります。それではまた。

投稿者 defront_otona : 22:09

2012/11/21 (水曜日)

本田翼ちゃんにピンと来たらオトナファミ!

みるにゃんよ♪おつかれ。
ファミ公だワン@
dog_cat.jpg
ファミ公:「おつかれ」っていきなり何?
みるにゃん:いまアタシ『とびだせ どうぶつの森』に夢中なのよ。アタシの村にフリルって黒い羊がいてさ、その子の口癖が「おつかれ」なのよね。ちょっとぶっきらぼうで、なんかアタシと気が合うからおきになんだけどねー。
ファミ公:どうぶつが『どうぶつの森』やってるって、う〜ん・・・。
みるにゃん:うるっさい! そして11月20日に出たわよ、オトナファミ最新号。1月号のカバーガールは、いま人気急上昇中の本田翼ちゃんよ〜!

121121_01.jpg

みるにゃん:翼ちゃんは、ばっさーって愛称で呼ばれてるモデルさんなんだけど、最近は女優業とかTBS系トークバラエティ『A-STUDIO』でアシスタント役として活躍する姿が見られるわよ。
ファミ公:あ、『GTO』のIQ200の神崎麗美ちゃんだね〜。見てた見てた。
みるにゃん:彼女、ちょー漫画とゲームが大好きなんだって。だからアタシたちと話もめっちゃ合うのよ。インタビューも読んでみてね。そんな今月号の巻頭特集は、年に一度の名物企画”掘り出しエンタRANKING”の発表よ! アタシも張り切って今年一番面白かった、これはみんなにオススメしたいわって作品に一票入れたわ。

121121_02.jpg

ファミ公:ここ掘れワンワン! というわけでココはドッグなオイラが説明したい! 大ヒット作の影に隠れちゃったけど、本当に面白かった見るべき作品を、洋画・邦画、日本のドラマに海外ドラマ、アニメにゲームっていう6つの部門から選んだんだよね。選考には、その業界で働く専門家1000人からアンケートを募って、オトナファミ編集部と一緒に厳選したってわけ。
みるにゃん:はい、よくできました! 今日は特別に各部門のベスト3をここで発表しちゃう! 第一位になった作品には監督やプロデューサー、脚本家といった関係者の受賞インタビューも載ってるのよ。
【洋画部門】
★1位『ラブ・アゲイン』2位『ミッション:8ミニッツ』 3位『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
【邦画部門】
★1位『苦役列車』2位『桐島、部活やめるってよ』 3位『外事警察 その男に騙されるな』
【TVドラマ(国内)】
★1位『ドラゴン青年団』2位『家族八景Nanase,Telepathy Girl's Ballad』 3位『贖罪』
【海外ドラマ】 ★1位『SHERLOCK/シャーロック』2位『New Girl/ダサかわ女子と三銃士』 3位『ウォーキング・デッド』
【アニメ(国内)】 ★1位『つり球』2位『坂道のアポロン』 3位『gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ)』
【ゲーム(携帯機)】 ★1位『GRAVITY DAZE』2位『シアトリズム ファイナルファンタジー』 3位『サムライ&ドラゴンズ』
【ゲーム(据え置き機)】 ★1位『マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス』2位『アスラズ ラース』 3位『ネバーデッド』
ファミ公:あ〜、なるほどね〜。かなり納得だわん。
みるにゃん:つか、これ知らなーい、っていうタイトルがあったり、「あれ? あれは?」ってのも、もしかしたら4位以下に登場してるかも! とにかく観たら遊んだらどれも絶対ハズさないランキングよ。チェックしてみてね。
ファミ公:ほかはどんな特集やってるの?
みるにゃん:もちろんスゴイことになってるわよ〜。ザザっと駆け足で行くから、しっかり付いてくんのよ。

●作家たちが振り返るドラゴンクエスト漫画メモリアル
『ダイの大冒険』の三条陸先生や『ロトの紋章』の藤原カムイ先生、『ドラゴンクエスト モンスターズ+』の吉崎観音先生に『ドラクエ4コマ』の柴田亜美先生のインタビューもガッツリ!

●定番HISTORYデニーズ けっこうやるじゃん伝説
今月はファミレスのデニーズを日本上陸当時の74年から現在までフルコースでバババーンとご紹介。96年まで続いてた鈴木英人、江口寿史先生らによるイラストメニューも懐かしいわ〜。

年末年始ガチムービー ツッコミ35連発
『ホビット 思いがけない冒険』『007 スカイフォール』『フランケンウィニー』『』映画 妖怪人間ベム』『カラスの親指』『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』『ONE PIECE FILM Z』 この年末年始大注目の映画のあれやこれにツッコみながら、見どころを探っちゃいました。亀梨和也さん、杏さん、鈴木福くんの妖怪人間トリオを始め、インタビューも超盛りだくさんでお届けよ。

●工場見学明治アーモンドチョコ
なんだかつい買っちゃうチョコレートの定番、明治アーモンドチョコが大集合! 結構数ある期間限定フレーバーや、歴代CMギャラリーを眺めてるだけでも「へぇ」連発。初代CMタレントは石坂浩二さんだったんだって!

●買っていいよね?Wii U 50の疑問解消し隊
そもそもWiiと何がどう違うのか? タッチパネルコントローラーって、あれ単体でも遊べるの? とか基本のきがわかっちゃうお役立ち特集。12月8日の発売日に備えて読んで納得!

●レトロゲーム特集 あの人も出てた!!実写取込みゲームHISTORY
わー、出た〜3DOの『山村美紗サスペンス』!! と、思う人続出であってほしい、実写パートが意外と楽しいゲームじゃじゃ〜んと集めました! 眩しかった頃の、ゆうゆやのりピーに久しぶりに逢いに行こうよ。なんと100本掲載してるんだって。

みるにゃん:そのほか、『レイトン教授VS逆転裁判』の遊び方ガイドや、沖縄で大人気のヒロインアクション番組『ハルサーエイカー2』のご紹介(主演のAKINAさんインタビューも)、”初恋エンタ”インタビューには山田涼介さん、木村カエラさんに川野直輝さんなどなど、今月も盛りだくさんよ!
ファミ公:どのおかずもウマい幕の内弁当みたいだよね。
みるにゃん:ウマイこと言うわね。じゃ、各コーナーの細かいことはほかのメンバーに任せて、アタシは物拾いと魚釣りに励みつつ良い村作りに勤しむわ。おつかれ!
ファミ公:おつかれ……(やっぱなんか違和感)。

投稿者 defront_otona : 00:03

2012/11/01 (木曜日)

ジェームズ・キャメロンにツヨポンも! ここだけのインタビューが大豊作です

むびすたー

ちゅーっす、むびすたーだぜい。
今日からもう11月って早! 時間経つの早!

あいかわらず映画ばっかり観てるおいらだけど、
この季節になると、映画欲はもちろん
食欲が増しちゃって増しちゃって、もうメタボ一直線だよね。
とくにコンビニの”おでん”がおいしいんだよねー。
むびすたー的推しダネは、”ちくわぶ”がダントツ1位!
しかも、煮込まれ過ぎてくったくたになっちゃってるくらいのやつに
カラシをたっぷりつけて食べるのさ。うまいのさー!
あー。お腹すいてきちゃったよ。

そうそう、推しダネといえば
現在発売中のオトナファミ最新号でも
どどんと突撃インタビューを敢行した"推し企画"が盛りだくさん!

その中から一部をちょこっとご紹介♪

その1:
なんでそんなに3Dが好きなの?ジェームズ・キャメロン

キャメロン2.jpg

11月9日(金)全国公開の映画
『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』
の製作総指揮を務めたのが、ご存知ジェームズ・キャメロン監督。
“3Dブーム”も一段落してきた最近だけど、
キャメロンの3Dにかける情熱は留まることを知らない
どころか、3D技術を使った新たな野望まであるんだとさ!
そのあたりのことを、キャメロンが毒舌も交えて
たっぷり語ってくれているよ。

その2:
観る前に読む:任侠ヘルパー
(草g剛さん&西谷弘監督)

11月17日(土)全国公開の映画『任侠ヘルパー』から、
主演の草g剛さんと、西谷弘監督に直撃!
‘09年に放送されたドラマ『任侠ヘルパー』が、
満を持して映画化! ということで、
おふたりの貴重な撮影秘話とともに、その魅力をたっぷりご紹介。
かなりキケンな撮影現場での思い出から
草gさん的キャラ分析まで、貴重な話がてんこ盛り!

他にも、
「表紙の人」では、"まゆゆ"こと渡辺麻友さん(映画『ねらわれた学園』)
「主題歌さんいらっしゃい!」では、
ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さん(『仮面ライダーウィザード』)
レギュラーコーナー「初恋エンタ」では、
井上真央さん(映画『綱引いちゃった!』)
などなど、豪華な方が続々登場!

こんな秋の夜長は、オトナファミのインタビューでも読みながら
のんびり過ごしてみてはどうかな?

まあ、むびすたーはまだまだここ(映画館)でやることがいっぱいあるから
帰れないけどね! んじゃ、バイナラッキョ☆

投稿者 defront_otona : 21:40