オトナファミBLOG

2009/02/27 (金曜日)

試写会総計560組1120名&グッズのプレゼント15種類!

WBC&オープン戦が間もなく開幕で、いてもたってもいられないロボ美です。
野球名鑑も買っちゃった! 自宅用と会社用で2冊買うのは当然よね〜。

ところで野球なら球場、映画なら劇場で観るのが何といっても最高よ。
現在発売中の、オトナファミ2009April号では、総計560組1120名を試写会にご招待しているわ。
そのラインナップの一端を、ここでちょこっとご紹介。

まずは、前作『I』が興業収入50億円を突破した『レッドクリフ Part II』。

トニー・レオン&金城武

▲『II』では遂に"赤壁の戦い"が本格開幕。
大迫力の艦隊戦が描かれ、10万本の矢が吹き荒れるわ。
東京・大阪あわせて225組450名をご招待。




さらに、ジェット・リー、金城武、アンディ・ラウといったアジアのスターが共演を果たした、任侠時代劇『ウォーロード/男たちの誓い』には、75組150名をご招待。


アジアスターのトリオが揃い踏み

▲舞台は19世紀の中国。太平天国の乱での実話を基にした歴史アクション。
ジェットがこれまでの役柄と一味違った、冷徹な男を熱演!



ほかにもまだまだ、ブラッド・ピット&ジョージ・クルーニー出演の『バーンアフター・リーディング』、江口洋介主演のアクション時代劇『GOEMON』など、話題作映画の試写会プレゼントが目白押しよ。


そして、ここからはグッズのプレゼントを紹介するわ! まずは大迫力の……
コレ!

意外とデカいであります!

▲等身大サイズのケロロフィギュア
"1/1スケール でっかいケロロ軍曹"。全長約55センチとのこと。



さらにみんなで遊べるこんなのも。

食べれませんよ!

▲チロルチョコをモチーフにしたバランスゲーム
"チロルアンバランス"。3種類のブロックを抜いて、上に積み上げていく。
ドキドキハラハラのスリルを味わえるわ



「and more!」って感じで、ゲームや書籍、食品、飲料などをた〜んとラインナップ。しかも、今回からはがきに第2希望の賞品まで書き込めるんですよ。
ぜひぜひ、ご応募あれ〜☆

(C) 2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.
(C) 2008 Talentaid International Ltd. All Rights Reserved.
(C) 2009 吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS
(C)チロルチョコ

投稿者 defront_otona : 19:15

2009/02/26 (木曜日)

プッチン・パ・ポ・ペでEVERYBODYプリンプリン

スキャットマン・ジョンのCM、相当衝撃でしたよねー。何の? ってプッチンプリンですよー! どうもロボ美です。
どうせプッチンプリンの特集の紹介の前振りですよー。皆さんお見通しだろうし指摘される前にカミングアウト。

えー、話をプッチンプリンに戻して。
はじめて母にプッチンしてもらったときの衝撃もスキャットマン同様忘れられません。「これってアニメに出てくるプリンだー」と感動しました。そしてどのプリンでもできるものだと思いこみ、プリン破壊神と化していくのであった……(要は無理やり出そうとしてぐしゃっとしてしまう)。
きっと私以外にも、プッチンプリンをぷるる〜んと出した時の驚き、忘れられない人がいるんじゃないでしょうか?


ぷるーん

▲この画像、見るとプッチンしたくなりませんか?
ホームページのムービーも相当ヤバいですよ。


オトナファミ掲載の特集「プッチンプリンとプルルンフレンズ」では、プッチンプリンをはじめ、Dororichiや朝食りんごヨーグルト、カフェオーレなど、グリコ乳業さんの人気者の魅力に迫っています。

●なぜプッチンと出せる商品にしようと思ったのか?
●どうして容器が波型なのか?
●400gの大容量、Happyプッチンプリンが出たときのお客さんの反応は?

などなど気になるアレコレ聞いています。


給食を思い出したりも

▲大人になったロボ美は、現在Dororichiに激ハマり中ですよ。
小腹が減った時に「ナイス・スイーツ!」と思いながらチュー。


はぁ、こんなことを書いていたら無性におなかが減ってきました。私の小腹どころか大腹……イヤ、三段腹が悲鳴を上げています。
今ならHappyプッチンプリン200個は食べられそう。

投稿者 defront_otona : 20:36

2009/02/25 (水曜日)

振って振ってひと口ドーナツ★

給料日だ!(喜) こんばんは、ロボ美です。これでお財布に134円しか入ってない生活とはおさらばだぜ! とルンルンで仕事をしていたら、いつもお世話になっているミスドさんから、記者発表&試食会のお知らせが。今日はいい日だ。いただきました! じゃない、行ってきました!

デコロゴ

ミスタードーナツは、20代の女の子たち向けプロジェクト"GIRLS MISDO PROJECT"をスタート。その第1弾として、3月7日より"東京ガールズコレクション"とのコラボ企画を実施します。東京ガールズコレクション公認ドーナツの発売や、オリジナルTシャツなどが当たる"ポイントdeスクラッチ"、モバイルサイトの開設など、企画が盛りだくさん。リニューアルした"ミスドプレミアムコーヒー"とドーナツのお得なセット"ガールズコーヒーセット"(4種)も楽しみ。

で、で、その東京ガールズコレクション公認ドーナツ、"シェイキーポップ"を試食してきました!

シェイキーポップ

シェイキーポップとは、カップに入ったひと口サイズのオールドファッションに、フレーバーパウダーをふりかけてシャカシャカとシェイクして食べるドーナツ。味は、いちごミルク、カフェオレ、カレーの3種類(各126円[税込])。シャカシャカポテトのドーナツ版ですね。ってか……カレー? カレーって言った? 言ったよ? えー、大丈夫なのー? とか思いながらパクリ。 「うめぇ!」 ミスドさん、侮っていてすみませんでした。いちごミルクとカフェオレは予想通りの味でしたが、カレーはいい意味で裏切られました。オールドファッションの甘みと、カレーの辛しょっぱさが絶妙です。辛いって言っても、子供カレーのような優しいカレー味なので、お子様も安心。男性も満足なハズ。ロボ美一番のおススメです! ハマって4個ほどパクついてしまいました。

"ガールズコーヒーセット"は、コーヒーとドーナツ(オールドファッション、エンゼルフレンチ、ハニーディップ、フロッキーシューチョコのいずれか1つ)で300円[税込]というお得セット。コーヒー単品は262円[税込]です。

"GIRLS MISDO PROJECT"のイメージキャラクター・西山茉希ちゃんも登場して、新製品のアピールをしていましたよ。

ほせぇのなんの

彼女の足の細さに、シェイキーポップを食べる手が一瞬止まりましたが、一瞬でした。明日から、明日からね!

投稿者 defront_otona : 17:54

2009/02/24 (火曜日)

オッス、オラ『釣りキチ三平」!?

野沢雅子さんの声を聞くと孫悟空を連想します。あ、でも鬼太郎も鉄郎も捨てがたい……。

話題飛ぶけど、映画『おくりびと』。第81回米国アカデミー賞外国語映画賞受賞おめでとうございます。邦画で初の受賞だそうで、滝田洋二郎監督も感無量でしょうね〜。


と。
一見脈絡のないお2人を前フリにして、どうつなげるのかロボ美。


……もうブログタイトルに出てますねえ。そうです、釣りキチ三平です。


滝田洋二郎監督がメガホンをとった映画『釣りキチ三平』が、3月20日から丸の内TOEI@ほか全国公開されます。漫画やアニメではお馴染ですが、実写映画化は初めて! そこでオトナファミでは、原作者の矢口高雄先生にインタビューを敢行し、映画化への感想や原作への想いを語っていただきました。



おーれはつりきちさんぺいだっ


▲映画は原作初期のエピソード"夜泣谷の怪物"をベースにしたストーリーです。
VFXを手掛けるのは、『ALWAYS』シリーズの白組。



これまでにも実写映画化の話はあった!? 主演の須賀健太君への先生の評価は!? 映画の内容は!? 環境保護について!?……etc. 先生の本音トークが炸裂。率直すぎます!


釣りキチ三平の連載1回目ってご存知です、ある意味トリッキーなんですよ〜。

▲矢口高雄先生 近影

また、同じく人気のコーナー"原作者に聞きました"では、『佐賀のがばいばあちゃん』の筆者、島田洋七師匠にもお話を伺っております。マシンガントークが止められません! こちらは、ニンテンドーDS用ソフトとしても発売中(トライファースト/5040円[税込])。そして、4月11日に実写映画が九州地区ほか全国順次公開ですよ。


……今更ですが、ご存じでない方のために念のため。
野沢雅子さんは、アニメで主人公・三平を演じていた声優さんです。


(C)2009「釣りキチ三平」製作委員会

投稿者 defront_otona : 19:29

2009/02/24 (火曜日)

ヤッターヤッターヤッターマーーン

「全国の女子高生のみなさん」、「アラホラサッサー」などのセリフから、ビックリドッキリメカのファンファーレ、勝利のポーズ、お仕置き自転車での爆走といったシーン。
何よりドロンジョ様のお色気!! 超重要!!! 
子供たちの心に大きな影響を与えた『ヤッターマン』が実写映画になりますよー。


ドクロ雲.jpg

▲3月7日全国公開だべー。
……ついつい語尾に「だべー」をつけてしまう。


オトナファミでは表紙からババーンと『ヤッターマン』特集を組んでします。
映画とアニメの徹底比較などの企画のほか、深田恭子さん(ドロンジョ様)、生瀬勝久さん(ボヤッキー)、ケンドーコバヤシさん(トンズラー)の対談、とってもジェントルマンな三池崇史監督のインタビューも掲載。
どの人からも『ヤッターマン』に対する思い入れの強さがダイレクトに伝わってきました。三池監督には、あのハリウッドの大女優にドロンジョ様での出演オファーしたってホント? などの質問をぶつけてきましたよ。


見慣れた光景.jpg

▲こういうドロンボーが見たかった。
どうしてもこっち方面を期待してしまうー。


『ヤッターマン』への愛と敬意にあふれた実写版。是非是非多くの人に観ていただきたいです。
もちろん、オトナファミの記事もよろしくお願いしますー!

(C)2008 タツノコプロ/ヤッターマン製作委員会

投稿者 defront_otona : 18:09

2009/02/20 (金曜日)

いよいよお目見え〜

2ヵ月、お待たせしちゃいましたが、
ついに「オトナファミ」最新号が発売されましたよっ!
「いまさら聞けない! 大ヒットエンタの基礎知識」
「『IX』まで待てない!『ドラゴンクエスト』シリーズ完全HISTORY」
「春のアウトロー祭り」
「ドラえもん大百科」

などなど、今回もロボ美が自信を持っておすすめするコンテンツばかり。

今をときめく矢口真理ちゃんとか岡田将生くんとか香椎由宇ちゃんとか、
内藤チャンプにも初恋エンタを聞いてきたんだから。
みなさん、早めに手に入れてちょうだいね。


20090220152837.jpg
▲ロボ美のところにたくさん届いたオトナファミ。
これが届くとなんか、感動しちゃうのよねぇ、アタシ。

これで、春休みのエンタ予定もバッチリだわよ。
わたくし、ロボ美は、まずはプッチンプリンとよっちゃんいかで、
幼少期を懐かしく思い出した後は、チョーヤの梅酒で乾杯するんだからっ!
ま、これはアタシの今日の予定だけどね☆

投稿者 defront_otona : 15:30

2009/02/19 (木曜日)

へへっ どいつもこいつもイイ背中見せらぁ!

ちわっすゥ!
諸行無常! 天地無用! 奇々怪界!
知ってる四字熟語を連呼して地元の恐いオニーサンのマネをしてみたロボ美です。いや、露・暴・美です。そこんとこひとつ夜路死苦ゥ!

と全く板についてない見得を切っても、100%草食の匂いを隠せないワケですが。言いたいことも言えないこんな世の中じゃ、ときに「サラリーマンをなめんじゃねえええ!!!」と思いっ切り叫びたくなる時もありますよね。え? ない? いやーあンた、そりゃあ幸せモンだ。

でももちろん、普通の人は机を蹴り上げたりバイクで大暴走したりはできないわけで(いや足痛いし、免許持ってないし)、そんな時はやっぱり映画観たりドラマ観たりしてストレス解消するのがイイですよね。それも破天荒でヤンチャ大爆発のアウトローが出てる作品なら、スッキリスカーンとストレス逆転大勝利だよ!

というワケで明日発売のオトナファミ最新号では、そんな縮こまった世の中にガスガスッ! ドコッ! オラーッ! と風穴をブチ開けてくれるアウトロームービーズ&ゲームを大特集。『2009年春のアウトロー祭』と題しまして、春なのに熱すぎるフェスタを開催中なんだぜ!

さてさてその出し物は、こんな感じ!

『クローズZEROU』
『少年メリケンサック』
『ドロップ』
『激情版 エリートヤンキー三郎』
『ランボー 最後の戦場』
『龍が如く3』

思いっ切りケンカ!

思いっ切りバンド!



ほーら、武丸くんばりの闘争心みなぎるアウトローエンタに、私の真ん中に俺が帰ってきちゃったでしょ! 『クローズZEROU』からは小栗旬さん、三浦春馬さん、RIZEの金子ノブアキさんが、『エリートヤンキー三郎』からは石黒英雄さんがインタビューで参戦! 『少年メリケンサック』では宮藤官九郎さん×田口トモロヲさんのパンク対談が、『ドロップ』では品川ヒロシさん×成宮寛貴さんの不良(って憧れちゃうよね)対談が実現しちゃって、祭にふさわしい大荒れっぷりでございます。

ぶっちゃけ、言いたいことがない人もアドレナリン全開で楽しめちゃうサイコーの作品ばっかりなんで、四の五の言わず特集読んで映画館&ゲームショップに走れオラー!


あ、いや、もし宜しければお手に取っていただいて、ご足労いただければ幸いです。テンションが戻ってきたロボ美でした。




(c)2009 橋ヒロシ/「クローズZEROU」製作委員会
(c)2009「少年メリケンサック」製作委員会


投稿者 defront_otona : 20:17

2009/02/18 (水曜日)

映画ドラえもん、振り返ってみない?

突然ですが『映画ドラえもん』の中でどの作品が一番好きですか?
私は『魔界』ですかねー。石ころぼうしをかぶったのび太たちが散り散りになるシーンとか怖くてしかたなかったです。セイレーンやメジューサも。
あと、突如出てくる「おわり」に衝撃を受けました。
恐怖好きだったので、『パラレル西遊記』の妖怪社会とか『宇宙漂流記』の幻とか大好物。
2000年以降なら『太陽王伝説』と『ふしぎ風使い』が……と長編の話だったら延々できそうな気がします。
武田鉄矢の曲はやっぱ偉大。


そんないつまでもドラキッズに贈りたい特集がこちら。
『最新作公開記念 映画ドラえもん大百科〜』……なんとなくドラえもん風に読んでしまいたくなる。
タイトルの最後のほうがややキテレツですが、まぁあまり気にしない方向でひとつ。

'80年公開の『のび太の恐竜』から今年3月7日に公開される『新・のび太の宇宙開拓史』まで、劇場版全作品をコンプリートした永久保存して欲しい特集です。


パオパオ懐かしー

▲『恐竜』から『新・のび太の宇宙開拓史』という事実に、
一回りしたなぁと感慨深い気持ちに。
何が一回りしているのかはわからんけど


モリーナかなーりいい女です

▲『新・のび太の宇宙開拓史』に新たに登場するキャラ、モリーナ。
声優に挑戦した香里奈さんのインタビューも! 『ラブシャー』観てます


ストーリーにキャラクター、活躍したひみつ道具、トリビア、そして主題歌ヒストリーもつけちゃいました。
「あーこの作品観たなぁ」、「バギーちゃん、リルルーー!」、「ニムゲって何気にイケメンだったよねぇ」と思い出に浸っていただくも良し。
「矢沢永吉が主題歌を歌ってたなんて!」、「白ネコしずかちゃん萌え〜!」など発見をしていただくも良し。
誰もが楽しめる間口の広い特集になったのではないかと勝手に思っています。

というわけで最新号は20日発売……明後日かーい! リアルにビックリしてしまいました。
帰って録画した『緑の巨人伝』観ようっと。


(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2009

投稿者 defront_otona : 23:19

2009/02/17 (火曜日)

『ドラゴンクエストIX』発売まで待てない〜!

発売日が7月11日と、延期が発表された『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』。
それまで待てな〜い! いう人のために、オトナファミでは、全作品を振り返る特別企画を敢行しちゃいますよ! 

DQtiltemarawi.jpg

▲こちらが見出しのページです。ボカしてるのはワザとですよ〜。

つまり、『I』〜『VIII』までのナンバリングタイトルはもちろん、『ドラゴンクエストモンスターズ』、『不思議のダンジョン』、『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』などの関連作、さらにアニメや小説やらグッズまで、一挙に網羅しちゃいます。

suraimu.jpg


▲ロトとか天空とか、たまりません。ボカしてるのは、わざとですってば〜。



「やっぱロトだよな」、「嗚呼、パパスの気持ちがわかる歳になった」、「クリフト、ちょwwwまwww」などなど、『ドラクエ』を遊んだ当時の悲喜こもごもを思い出して、このネタは捨てられぬ、でもこっちのシーンも掲載しなければ、、、と迷うことすら楽しく、作っていて時間があっというまに過ぎてしまいました。

ええ、ほんとあっちゅー間だったので、他のページの締切、ぶっちぎりましたから。オホホホホー。

ご、、、ごめんんさぁい。

20ページの大ボリュームですもの。『ドラクエ』だもの〜。
いろいろ盛り込みましたので、みなさんに読んで楽しんでいただければ幸いです。

投稿者 defront_otona : 20:09

2009/02/16 (月曜日)

【速報!】 次号"オトナファミ2009April号"の巻頭特集!

好きなアーティストの"作業用BGM"を聞いていると、口ずさんでしまい、
作業ができないロボ美です。誰でも、そうかもしれませんケド。

さてさて、いよいよ今週末、金曜日に発売が迫ったオトナファミ最新号!
今日は、その"オトナファミ2009April号"の巻頭特集の内容を速報でお伝えしちゃうわ。

早速いってみよー!


次号の巻頭特集は"いまさら聞けない! メガヒットエンタの基礎知識"! 
大ヒットまちがいなしのエンタメコンテンツを、基礎知識から最新情報まで、
まとめて見やすくご紹介。

「コレ気になってるんだよな〜、でも乗り遅れたかな〜」なんていう
アナタの思いに、バッチリ応えちゃう内容になってます! 

「この作品って、誰が作ったの?」とか、「そういえばあの単語ってよく聞くけど、どういう意味なの?」といったことが、詳しくわかっちゃう内容よ。


どんなエンタメコンテンツを特集しているのかと問われれば、答えはこちら!
      ↓        ↓        ↓        ↓


そうさ、いまこそアドベンチャー

▲その1、『ドラゴンボール』。数々の伝説を作り上げた
大人気コミックのすべてを丸裸にするわ。
3月13日に公開される実写版映画
『DRAGONBALL EVOLUTION』の情報も満載よ。



DSでゲームにもなってます

▲その2、『相棒』。7シーズンにも渡って愛され続け、昨年ついに
映画化もしちゃった人気ドラマ。その人気の秘密に迫ります!



今度の舞台はアフリカだ!

▲その3、ゲームのジャンルから『バイオハザード』。
シリーズの全歴史を振り返りつつも、3月5日に発売される最新作
『5』の新情報もカバー。


まだまだほかにも、『鋼の錬金術師』、『レッドクリフ』、『三国志』、『キングダム ハーツ』、『モンスターハンター』などなど、気になるトピックを大特集して、見所満載&読みごたえ抜群の内容よ。

発売まであと4日! お楽しみにね〜★





DRAGONBALL:EVOLUTION(c) 2008 Fox,Based on DRAGONBALL series by Akira.Toriyama.DRAGONBALL TM&(c)Bird Studio/Shueisha, Inc.
(C)2008「相棒−劇場版−」パートナーズ
(C)CAPCOM CO.,LTD. 2009 ALL RIGHTS RESERVED. ※画面は開発中のものです。

投稿者 defront_otona : 11:02

2009/02/14 (土曜日)

次号の表紙は……ド、ドロンボー!?

ボヤッキーは25歳だったと知り若干落ち込んでいるロボ美です。ボヤやん年下だったかー。
ドロンジョ様にいたっては……に、24!!!!! 24歳なのにあのセクシーさ。ヘコむなぁ。
ヘコむ一方で、ドロンジョ様の声優・小原乃梨子さんの77年と変わらぬコケティッシュさに驚愕です(だいぶ脱線しますが、小原乃梨子さんのボイスサンプルの後半部分、聴いてて泣きそうになりました〜。ウワーン、のび太くーーーん!)


さてさて本題。急にドロンボーの話から始まったのにはこんなワケが。

次号の表紙を飾っていただいたのは3月7日公開の映画『ヤッターマン』でドロンボーを演じる深田恭子さん、生瀬勝久さん、ケンドーコバヤシさんなんです!


おしおきだべぇ


▲ボヤッキーは生瀬さん、トンズラーはケンコバさん、
ドロンジョ様はもちろん深田恭子さんです。


オトナファミ初の3人組表紙です。

映画の中では歌に踊り、アクションにギャグ、抜群のチームワークを披露されていた御三方。セクハラばかりのボヤッキーに怒りの鉄拳をくらわせるドロンジョ様とか、口から飯噴くトンズラーに大爆笑。
インタビューにも、映画のノリがそのまんま表れていて大いに笑わさせていただきました。
3人揃ったときのポージングも、もうかっこいいの一言です。

深田さんには単独のインタビューにもご登場いただいています。
『未来講師めぐる』のこととかも聞けてうれしかったなぁ〜。


そんなオトナファミ最新号は2月20日に発売です。お楽しみにー!

投稿者 defront_otona : 04:55

2009/02/12 (木曜日)

YOMEちゃんのごはんが食べた〜い!

料理は作りませんがレシピ本は大好きなロボ美です。
最近はお料理ブログなんかもたくさんあって、どれもこれもおいしそうで困る。

特にYOMEちゃんこと大井純子さんの「よめ膳@YOMEカフェ」は、はんぺんで作るロールキャベツとか、フライパンで作る肉まんとか、アイデアがおもしろくマメにチェックしてしまう。
真四角のパンとかかわいいなぁ……とうっとりするけど、作るのはちょっと面倒。誰かここに載っているゴハン作ってくれないかなぁ。

と思っていたら、コンビニエンスストアのam/pmさんから届いたリリースに「YONEちゃんレシピメニュー登場」との文字が!!
ついにYOMEちゃんのごはんが食べられる日がキターーー!!

混ぜて食すべし

▲"まぜ旨っ!カレー醤油焼きそば"(330円[税込])
カレー味の野菜炒めと醤油味の焼きそばを混ぜて食べるそうです。じゅる

フレンチトーストがカレー味?

▲"カレーフレンチトーストサンド"(270円[税込])
カレー風味のフレンチトーストで、ひき肉とひよこ豆のカレーをサンドしたそう。
どんな味か気になります。じゅるるる


よだれが止まらないので今すぐ買いに行こう! と思ったら、発売は2月17日(火)だそうです。
絶対食べたいので、カレンダーにYOMEちゃんと書いておこう。ううー待ち遠しいよう!

投稿者 defront_otona : 21:15

2009/02/06 (金曜日)

カラフルでステキ

梅の花が咲きましたね。
お元気してますか?
アタイです。
季節の挨拶も欠かさないロボ美がお届けします。

こないだサクラクレパスさんにお邪魔して、700色のクレパス(非売品)があることにビックリしたのもつかの間、またまたこんな商品がアタイの類まれなる芸術的感性を華麗に刺激!


500色の色えんぴつ

ロボ美ピンクはどこかしら?
▲グラデーションが美しいわ。
ちゃんとすべてに色名があるんだって。


この500色の色えんぴつは、フェリシモって会社から発売されるみたいで、現在先行予約受付中なんだって。でもこの商品、元々は’92年にコロンブスのアメリカ大陸発見500周年を記念して、限定発売されていた商品の復刻モデルだとか。知らなかった。コロンブス! アメリカ大陸発見! フェリシモさん、なんかスケールデカイっス。アタイ的には’92年っていったら、『姫ちゃんのリボン』のアニメが放映開始した年だから、奇しくもキュート&ポップ繋がりね、と得意ジャンルにムリヤリ話を持っていったり。

そうそう、どうやらこの色えんぴつ、500本ドドン! と購入するわけじゃなく、1ヵ月25本ずつ、計20ヵ月間かけて配達されるごとに購入していくみたい。少しずつコレクションして、インテリアとしても描画材としても幅が広がっていくってコトね。ワァオ、それってなんて日常のファンタジー。

ていうか500色あったら描けないものないよね。
ケツァール(世界一美しい鳥)とかヘレナモルフォ(世界一美しい蝶)とかニジイロクワガタ(世界一美しい昆虫)とか描いてみたいな。てか旅行してえなあチクショー。


締め切りのバカヤロー バカヤロー バカヤロー(コダマ)

投稿者 defront_otona : 23:17

2009/02/05 (木曜日)

猫を抱いて象と泳いだら、とっぴんぱらりのぷぅ?

ハーイ、アタシ、ロボ美。
オトナファミの編集者であり、週刊ファミ通のエンターテイメント情報ページ"D.E-FRONT"も担当している女の子(自称)よ。


その中で本を紹介するコーナーがあるんだけど、みんなっ、読んでくれてるかなぁーっ?

シーン


わたしが栗頭先生だったら、愛の頭突きをくらわせるわよ♪

芥川賞直木賞といった文学賞をはじめ、タレント本やマンガまで、硬軟とりそろえたラインナップ。つい最近の号では、『猫を抱いて象を泳ぐ』(著:小川洋子/文藝春秋/1780円[税込])や、『男道』(著:清原和博/幻冬舎/1470円[税込])を紹介したり。


この『猫を抱いて象を泳ぐ』が、良い本なんです。
この『男道』が楽しい本なんです。

面白い本、ためになる本、ひまつぶしの本、趣味の本、驚きの本。いろいろ紹介してます。2月13日発売号では『とっぴんぱらりのぷぅ』(著:田中芳樹/光文社/1680円[税込])を掲載しますよ〜。どんな本かって? それは……。

あらっ、勘違いしないで〜!!! 
忙しくって現実逃避したくて読んでるわけじゃないのよぉぉぉぉ。このマンガだって、あの文庫本だって、紹介原稿を書くため読んでるのよぉ。

nekozou.jpg



▲↑廃バスに住む優しき巨漢・マスターからチェスの手ほ
どきを受けたひとりの少年。チェス盤の下で猫を抱きなが
ら次の手を指すという、独特のスタイルでゲームにのめり
込む少年に才能を見出したマスターは、彼をチェスの大海
原へと導いていく。やがて、狭い暗闇の中で自動チェス人
形"リトル・アリョーヒン"を操るプレイヤーになった少年の
姿を、その後見た者は数少なく……。            
 『博士の愛した数式』の小川洋子が、チェスの世界を通
して描く崇高な人間ドラマ。対局シーンの詩的な美しさと、
孤独なリトル・アリョーヒンの生涯を彩る密やかな奇跡の数
々。そして切なく感動的なラストにただただ涙。       


otokomiti.jpg


▲↑「僕はあの時、桑田を憎んでいた」……
"球界の番長"清原が、盟友とのわだかまり
や友情など、誰も知らない素顔を見せた自伝。
大阪・岸和田の少年野球団時代から、引退し
た2008年10月1日までの激動の人生を振り
返る。運命のドラフト当日、ジャイアンツへの
憧れと失望、肉体改造の真実、地獄のリハビ
リの日々などをモノローグ調で激白する。



投稿者 defront_otona : 01:27

2009/02/02 (月曜日)

ムックリジェネジャ(きぐるみ士・消費MP40)

ムックの真っ赤な腕からのびる白い手が生々しくて苦手です。こんばんは、ロボ美です。手もフワフワモコモコだったらいいのに、あの手を見るたびに現実に引き戻される気分になります……。

そんなムックと同名のバンド、ムックさんのブログ『MUCC THE RIPPER〜切り裂きムック〜』にオトナファミが載ってます! 嬉しい! 2月13日発売の週刊ファミ通の特集で、ボーカルの達瑯さんに取材させていただきました。というか、週刊ファミ通の取材なのになんでオトナファミも載ってるかっつーと

ロボ美が持っていったから。

そもそも、週刊ファミ通のD.E-FRONT(エンタメページ)の記事ではないのに、なんでロボ美も取材に行ったかっつーと

ロボ美がムックファンだから。

いや別に無理やりついていったわけじゃなくて、オファーをしたのがロボ美だか(略)

そんなわけでゲームファンの達瑯さんにお話を伺ってきたのですが、がっつりゲーマーっぷりに感服でした。海外ツアーやらレコーディングやらでお忙しいのに、なんでそんなに数やってるんすか。"キューソネコカミ"って単語が達瑯さんから出た時はビビりました。ゆ、ユリパ! 個人的には『キングダムハーツ』のエンディングの曲の素晴らしさについてお話できたのが楽しかったです。詳細は2月13日発売の週刊ファミ通を読んでくださいね。

1月28日にシングル『空と糸』、3月4日にアルバム『球体』が発売、3月15日には日本武道館ライブとお忙しいムックさん。今度は是非オトナファミに出てくださいー!

投稿者 defront_otona : 21:22