オトナファミBLOG

2007/10/31 (水曜日)

とにかく見るのよ、笹野高史さん

ロボ美です。今週末、いよいよコタツを出しますよー。

やっぱりコタツでミカンなんか食べながら観るテレビは最高ですよね。
テレビと言えば、最近あの人をよく見るんです笹野高史さん。

もうね、テレビでも映画でもとにかく観たら出ていらっしゃる。
名バイプレイヤーとしてご活躍されているのは勿論、最近ではバラエティー番組でもよくお見かけする。
これはブームだ! と盛り上がったところで、ご本人に直撃してみました。


笹野さん.jpg

▲写真撮影時、ファンの方と会話される一幕も。

木村拓哉さんが表紙を飾る前号を渡すなり「ああ、旦那様ですねー」(『武士の一分』のときに、木村さん演じる三村新之丞の家の中間役で出演)。
そうそう! 『武士の一分』、私も観ました!!

オトナファミの誌面には、笹野さんが役者を志したきっかけや、よく出演する三木聡監督作品について、コアなバラエティー番組ファンのあいだで人気を博した『環境野郎Dチーム』のことなどを伺っています。

※特集内容についてはこちら

が、じつはロボ美が気になっていたのは、役者としてご活躍されている4人の息子さんのこと。
笹野さんご自身はどんな心境なのかを聞いてみると……


「本当は俳優の道に進ませたくないんですよ。自分が役者を目指しているときは、やっぱりお金の苦労をしたんです。食べられるようになったのは30半ば。そこまで4人も援助するのはタイヘンですよ。だからね、家でそういうことがいえないような雰囲気をがんばって作っているの(笑)。
"本当は何になりたいんだ?"って言って"俳優だよ"と言われても、"パン屋なんていいかもしれないぞ。ゲーム好きだろ? ゲームを作るのもいいかもな。海洋学者なんかもいいぞー、オーストラリアに住んで研究なんてな"と誘導したり。
でも今の時代は俳優一本! じゃなくて、マルチに活躍する人だっていますよ。何かをやりながら俳優を目指すという道もあるのかなぁ……うーん困っちゃうよねぇ」

とすっかり父親の顔に。
ロボ美、笹野さんの面白いトークにすっかり魅了されてしまいました!

今後も映画出演作目白押しの笹野さんのインタビュー。
これはなかなか貴重ですよ、ぜひご一読くださいね。

投稿者 defront_otona : 21:22 | トラックバック (0)

2007/10/30 (火曜日)

ねるねるねるねの次はこれ!?サイバー菓子最前線

以前、ねるねるねるねをピックアップしたのに続き、今日はクラシエ(旧カネボウフーズ)さんから発売中の"ポッピンクッキンシリーズ ねりきゃんランド"をご紹介!

ねりきゃんランドパッケージ


4色のソフトキャンディと2種のトッピング、のばし棒のセット。粘土細工の感覚でキャンディを練って、好きな形のアメを作れるという、創作意欲刺激されまくりのお菓子なのです。白、青、黄色、ピンクのキャンディはそれぞれ混色可能で、たとえば黄色と青を混ぜれば緑色ができあがり。って寸法らしいわ。味はグレープ味+ソーダ味 って、混ぜるとグレープソーダ味ってことかしら。

さあさっそくチャレンジすんぜ。
開封!


銀紙が目に眩しい


さて何を作るのかと言えば、毎度のように自分の姿よ。おほほほ。

手にひっついた

できたー(30分)



おでこの雑誌ロゴは初めから諦めてたわ

いや〜、楽しかったけどけっこう難しかった! 一部、爪楊枝もパーツに使っちゃった。
アメだけあってベタベタしているところに相当手こずったよ。パイを作るときみたいに、部屋を冷たくして取りかかったほうがいいと思ったわ。とくに混色するときは、手でグルグル丸めながら混ぜたんだけど、そうしているうち体温で温まってペトペトーンってなってくるの。

でも、とにかく楽しいわ。子供向けの商品ではあるけど、オトナも遊んだほうがいいよ。最後に食べれるし。

公式サイトに作り方の例がたくさん載ってるので、気になる方はどうぞ。

ポッピンクッキンシリーズ ねりきゃんランド


※オトナファミで取り上げて欲しいフードネタがある方、巻末のアンケケートはがきに書いて送ってね! あ、官製はがきでももちろんいいのよ。

投稿者 defront_otona : 23:14 | トラックバック (0)

2007/10/29 (月曜日)

オトナファミで、トレンドチェック!

外はもう紅葉一色。
あなた色に染まりたいロボ美です。

「ネオ時代劇」「逃げ出しマン」「俺ドキドキ暗殺」。これ何だか分かるかしら?実はこれらは年末に流行しそうなキーワードなの。詳細は現在発売中の『オトナファミ』にて確認できちゃうけど、今回はまだ購入してないあなたに向けて、ちょこっとだけ紹介しちゃうわね。

最初のご紹介が、「ネオ時代劇」。今何故か?時代劇ブームの兆しがキテいるらしいのよ。その中でも特に注目なのが『椿三十郎』。ご存知、黒澤明監督の作品を織田裕二さん主演でリメイクした意欲作。織田さんがバサッバサッと用心棒を斬り倒すシーンは必見よ。本作以外にもゲームソフト『龍が如く 見参!』や映画『アフロサムライ』なども紹介しているから、チェックしてみてね。



ベストガイ.jpg


▲こんなカッコいい侍になら、斬られてみたい。
(C)2007 「椿三十郎」製作委員会

織田さんのようなイケメンと甘いひとときを過ごしたい時に必要なのは、甘いスイーツ。ふたつめの紹介はそんなスイーツで、じわりとキテいる商品『カップケーキ』。これはアメリカでブームになっていた商品なんだけど、海外ドラマの影響もあってか日本にも専門店が続々と誕生しているのよ。


あま〜い.jpg
▲ロボ美の性格のように、控えめなサイズ。


これ以外にも、ゾンビ映画、一番くじ、らーめん缶などキテるようなキテないようなトレンドをいち早くキャッチ&リリースしてるから、あなたの目で見抜いてみてね。

投稿者 defront_otona : 23:11 | トラックバック (0)

2007/10/26 (金曜日)

チロルチョコ祭り

疲れがたまって無性に甘いものが欲しくなる。だけど気になる腹の肉。ロボ美です。
そんな時、ちょうど良いのがチロルチョコ。
昔、駄菓子屋の片隅に必ずあったあのチョコです。今でもコンビニのレジ横で買えるあのチョコです。
ひと粒お口に放り込めば、その美味しさに大満足。
朝起きて、電車の中で、昼食の後に、仕事の合間に、気がつきゃ結構食べてるあのチョコですって。


7Pで特集してます.jpg


▲7ページぜーんぶチロルチョコ。コンプリートした人がいたら、ハガキください


そんなチロルチョコを7Pで大特集。
定番のコーヒーヌガーやミルクから、大人気のきなこもち、塩バニラなど、'79年から'07年に発売された120種以上のチロルチョコのほか、ユニクロやタカラトミーなどとコラボしたチロルグッズ、豆知識満載のチロビア、チロル以外の個性豊かなお菓子たち、懐かしCMセレクションなど、など、など、チロル一色盛りだくさん!

箱買い.jpg


▲オトナになったらやっぱり箱買い。意外と減りは早いです

さらに、広報さんにチロルチョコ開発秘話もうかがっちゃいました。
●●味など、ボツチロルの話は必読ですよ! 
今からオトナファミとチロルチョコを買って、ダッシュでお家に帰りなさい!

投稿者 defront_otona : 13:34 | トラックバック (0)

2007/10/25 (木曜日)

『クローズ』。それは漢たちの熱い世界

10月27日(土)に公開される『クローズZERO』は、小栗旬さんや山田孝之さんをはじめ、今をときめくイケメンたちがバリバリの不良を熱演する”漢”ムービー。不良エリート校の鈴蘭男子高校を舞台に、己の気合いと腕力で番長の座へ駆け上る男たち。彼らの血と汗と怒号とドロップキックの青春ストーリーに、お嬢様育ちのロボ美はもうクラクラです。三池崇史監督作品なので、ケンカシーンはとにかくスピーディーで迫力十分。観終わったあとには、ストレスとか及び腰な私とか、いろいろなものが吹っ飛んでました。とにかくカッコよくて爽快な映画です。

目指すは鈴蘭制覇!.jpg

俺ならテッペン獲れる!.jpg

▲出演キャストの人たちも気合いが入りまくり!
イケメンたちの鋭い視線や男度全開の熱い演技にノックアウトよ。
(c)2007橋ヒロシ/「クローズZERO」製作委員会


そして現在発売中のオトナファミでは、そんな『クローズZERO』と原作漫画『クローズ』を大特集。小栗旬さんのインタビューや、原作の主人公・春道や、ライバル・リンダマンたち主要キャラクターの相関図など、盛りだくさんの内容でお届けしてます。そんな中でも最大のウリは、原作者橋ヒロシ先生のインタビュー! 春道誕生のエピソードから、続編の執筆宣言!? までを語り下ろしていただきました。


先生、『WORST』も面白すぎです!.jpg
▲漫画のキャラに劣らず
ダンディな橋先生。


――お気に入りのキャラクターは?
橋先生 鳳仙なんかは最初、敵役で出したんですけど、「コイツらカッコイイなあ」って、だんだん好きになっていっちゃいましたね。敵対するには理由があるって考え始めちゃって。どのキャラクターもみんな息子みたいなもんですよ。
――今後描いてみたい漫画ってありますか?
橋先生 クローズのキャラが”甲子園”を目指したら面白そうですね。もし、春道とブルと龍信と美藤がみんな同じ高校で、野球に目覚めたりしたら。すごいライバルが出てきたりして、「よーし俺らもやってやろうぜ」ってなったらどうなるんだろう? それは面白そうだなって思いますね。

ファン垂涎の貴重なコメント満載のインタビューをお見逃しなく。
さー、ロボ美も今日から腕立て・腹筋開始よ!

投稿者 defront_otona : 17:04 | トラックバック (0)

2007/10/23 (火曜日)

ファイナルファンタジー小冊子ついてます、その2

召喚したいのはシヴァ姉さん。
こんにちは、ロボ美です。

昨日のブログで、「発売中の2007年DECEMBER号で、小冊子"ファイナルファンタジー完全クロニクル"と題した24ページに及ぶ『FF』特集を組んでます、全関連作品網羅してます、シリーズ第1作目『ファイナルファンタジー』を制作した坂口博信さんの3ページのロングインタビューも掲載してるんですー!」 とお伝えしたのを覚えているかしら? ロボ美は覚えちゃいないので読みなおしたわよ。……3ページとは言ってなかったわね。えーと、3ページのロングインタビューですよ♪


ロボ美もヒゲを生やそうかしら

▲坂口博信さん近影。ミストウォーカーにて


2004年、ミストウォーカーというスタジオを立ち上げた坂口さん。Xbox 360用ソフトのRPG『ロストオデッセイ』(12月6日発売予定/7140円[税込])など、複数のゲーム開発に取り組んでいらっしゃるんですけど、『FF』シリーズがちょうど20周年を迎えたという記念に、特別出演していただいたんですよ〜。

ff4.jpg

▲『FF』の今後をどう思うかも聞いちゃいました

1987年の制作当時の心意気から、スタッフとのエピソード、開発秘話、さらにアラって感じのこぼれ話などなど、こんなぶっちゃけトークを掲載していいのかしらとドキドキしているのよ。でも、もう、全国書店に並んでしまったもんね。だから読んでくださいね!


24ページ小冊子の、実際の誌面構成はこんな感じになってます。絶妙なピンボケで細かい文字が読めないのはワザとですよー。ロボ美の写真のウデが悪いってわけではないのです、たぶん。

象徴はクリスタルよねー。出てない作品もあるんだけども

▲これが小冊子の扉です

クロニクル

▲1987年から2008年の『FF』に関わるタイトルを年代別に並べ、派生作、関連作、アニメ、映画などの相関を見開きでまとめてあります。いやー、こんなに出てるんですねぇ

中身だよ

▲タイトルの横には、主要キャラクターたちの顔写真が並んでます。バトルシステムや心に残るハイライトシーンも振り返ってますよー。ニンテンドーDSやプレイステーション・ポータブルで遊べる最新移植作もフォロー


写真の撮影が必死です。必ず死ぬと書いて必死。ほんとにもう

▲コラムには、歴代飛空艇、シド、クリスタル、チョコボ、ミニゲーム、ドラマを盛り上げた名脇役などなどを厳選ピックアップ。マニアな人は欄外のはみだしネタもどうぞ


「オレの『FF』は『III』のラスダン前で終わり」、「エンディングはやっぱり『V』でしょ」、「『VII』でゲームが変わると思った」、「イヴァリースが好き」、「ユーク族を選びます」、「『CCFFVII』2周目ですが?」といった『FF』を遊んだことがある人には、懐かしく楽しい小冊子に。逆に、遊んだことがない人には『FF』ってこういうゲームなのねと、興味を持ってもらえると嬉しいです。

投稿者 defront_otona : 12:28 | トラックバック (0)

2007/10/23 (火曜日)

ファイナルファンタジー小冊子ついてます、その1

欲しいアビリティは"絶対睡眠防御"。
そうすれば仕事のことが好きにな〜る好きにな〜る
おはようございます。ロボ美です。


日本を代表するRPGに成長した『FF』こと『ファイナルファンタジー』が、今年で生誕20周年なんです。いわゆるひとつの成人式。そんな『FF』を祝って、作っちゃいましたヨ。小冊子"ファイナルファンタジー完全クロニクル"


最初は16ページの予定だったんだけど、シリーズ作品から関連作50タイトル以上紹介していこうとしたら、あーら不思議。「編集長〜、ページ足りませんことよ〜」。ってわけでページを増やしてもらって、24ページの大ボリュームにしちゃったよ。自分の首を絞めることになるとは知らずにね♪ ロボットだから首はないんだけど。あ!それなら首が回らなくなる心配も、切られる恐れもないわ〜。


なつかしいわぁ

▲『I』の場面ですよ。どこだかわかるかな? (C)1987 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.

『I』、『II』、『III』、『IV』、『V』、『VI』、『VII』、『VIII』、『IX』、『X』、『XI』、『XII』、『XIII』までのいわゆるナンバリングタイトル、その続編、移植作をはじめ、『ファブラ ノヴァ クリスタリス ファイナルファンタジーXIII』、『コンピレーション オブ ファイナルファンタジーVII』、『クリスタルクロニクルシリーズ』、『イヴァリースアライアンス』といった関連作品群は当たり前、マスコットキャラクター的なチョコボをフィーチャーした『チョコボの不思議なダンジョン』などのスピンオフ作品も網羅しちゃってます。


さらに! 18機に及ぶ全飛空艇図鑑や、名キャラクター・シドの生き様、『I』の15パズルや『VII』のスノーボードなどの心のミニゲーム紹介、マトーヤ、ギルガメッシュ、シルドラなど記憶に残る名脇役一覧など、ファンにはたまらないコラムも充実!


さらに! シリーズを育ててきたクリエーターたちにもスポットをあて、知る人ぞ知る40名以上を一挙掲載。


さらに! 『I』の生みの親・坂口博信さんのインタビューも掲載してるのよぉ〜。
お祝いということで、率直に語っていただいたその気になる内容は……。ごめん、明日に続くわよ!

投稿者 defront_otona : 11:11 | トラックバック (0)

2007/10/22 (月曜日)

オトナファミ広め隊:活動報告no.2

羽毛布団を引っ張り出したロボ美です。
もう来年6月までこれでいくから。

さて、ロボ美の身近な人にオトナファミ最新号の感想を聞くシリーズ第2弾。

第1弾はこちら


みなさんお忙しいようで、じっとしていらっしゃるのが苦痛なのか、非常に写真が撮りにくかった前回。その反省をふまえ、ささやかながらおやつを用意し撮影に臨んだの。


好きなタイプは頼りがいのある人


▲佐藤さん(仮名) 女性


「オトナファミ、どうでしょう?」


漂う生活感はどうかスルーしてください


▲「ちょっと字が小さいかな。でもいいと思うよ」


なるほど。犬ビスケット1つ分って感じのご意見ありがとうございます。

投稿者 defront_otona : 18:20 | トラックバック (0)

2007/10/20 (土曜日)

本日発売!オトナファミDecember

大泉さんが表紙を飾る最新号、本日めでたく発売ざます! ふがー!(気合)

土曜だって休んでなんかいられないロボ美。渋谷と新宿、池袋の書店さんをチラホラと覗いてみたりしました。平積みになって、ちょっと目立ってたりしたら、もう心中で激しくステップを踏む興奮ですよ。


オトナファミの内容紹介のページはコチラです

というわけで、今号のデキはどう? と、周囲に聞いてみました。


好きなタイプは鰹節くさい娘

▲鈴木さん(仮名) 男性


「オトナファミ、どうでしょう?」


高速チェックでした

▲「なかなかいいんじゃない?」


と、いうことで、いちおうお褒めの言葉をいただきました。

ふー、よかった。

読者のみなさんは、ぜひ巻末のアンケートはがきで、ご意見・感想など送ってくださいね〜。

投稿者 defront_otona : 19:22 | トラックバック (0)

2007/10/18 (木曜日)

見本誌到着!

へっくしょい! ロボ美です。
なんか風邪っぽいんだか花粉症っぽいんだかでくしゃみがとまりません。ずずぅー(鼻水)

くしゃみしながら出社したら、机の上に20日発売のオトナファミが!


見本誌きたよ

ザン! 無事に出来上がったみたいです。凸版印刷さんありがとう!
今回の巻頭特集は "ヒットチャートじゃわからない 掘り出しエンタランキング2007"!
映像関係、ゲーム、ホビー会社などなど各メーカーをはじめとする業界関係者300人に大アンケートをとり、いろんなジャンルの掘り出しエンタ情報を掘り掘りしてきましたよ! どんな作品がランクインしたのか気になる人は、20日に本屋さんへGO。ちなみに洋画の1位に輝いた作品の写真を見るたびに、変態仮面を思い出してしまうロボ美です。(嫌なヒント……)

プレゼントコーナーは今回も充実。『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』のエンターブレイン連合試写会や、『MOTHER』のTシャツ、『仮面ライダー』のDVDなどなどがお待ちしております。欲しい人はぜひぜひアンケートハガキを送ってね。切手なしで送れます!

ちなみに『ナショナル・トレジャー』は、19日発売の週刊ファミ通や、ファミ通.comからも応募できます。
どしどし応募してねー!

投稿者 defront_otona : 21:42 | トラックバック (0)

2007/10/18 (木曜日)

オトナファミmeetsコロコロでド進撃!

こんにチワワ、ロボ美です。
子供の頃、好きでしたよーコロコロコミック。
スイマセン、本当は今も好きです。


へきゃーっしゅ.jpg


▲だってケータイストラップは茶魔だもん

特に『おぼっちゃまくん』、『かっとばせ!キヨハラくん』。ひょっとしたらコミック全巻持ってた。そして実家にあるかも。

あの時は熱かったですワ、ミニ四駆とか、バーコードバトラーとか。まさにド熱気
だった。
クラスの金持ち男子がビックリマンのチョコを食わずに捨てたことが学級会で問題になったりもしたもんだよ。

今週土曜日にいよいよ発売されるオトナファミ最新号では、そんなぼくらの思い出ぎっしりマガジン、コロコロコミックに熱血スーパー突撃!!

そんな特集

ド熱気30年「コロコロコミック」が教えてくれたコト
コロカルチャー解体新書

を21ページに渡りカラー大特集!(まぁぶっちゃけオールカラーの雑誌ですが)


コロドラゴン.jpg


▲ワタクシ、あまりの懐かしさに、
コロドラゴンTシャツ&スニーカーを大人買い(実話)

コロコロの歴史を振り返りつつ、人気漫画&そこから派生し当時の小学生たちを熱中させたカルチャーを熱烈掲載!!
当時、胸をときめかせたコロヒロインや、元祖ゲーセン漫画の必殺技選集もなどスペシャル大紹介だーーーー!!
これを読んで、男子だったあの頃を思い出せ!! 


ここからは余談ですが、コロコロの表紙には

「激走! 猛連載!」とか
「ダッシュ! 超元気!!」とか
「おもしろ総攻撃号!」とか
「やるぜ!! スーパー猛ダッシュ!!」とか

素敵なフレーズがたくさん踊っています。
音読すると心の奥底に闘志がみなぎりますね。

投稿者 defront_otona : 02:57 | トラックバック (0)

2007/10/17 (水曜日)

ゲゲゲの鬼太郎せんべいで大はしゃぎ

朝は寝床でグーグーグ〜〜〜 のロボ美です。
電車でも会社の机でも、そうだけどね☆

オトナファミ編集長のチップス小沢が、柴田亜美先生から鳥取旅行のお土産をいただいたとかで、ロボ美たちもご相伴に預かりました! その名も<ゲゲゲの鬼太郎せんべい>。

早く私にもチョーダイ

▲混じってる不気味な激辛はいまだ誰も手にせず


いわゆる瓦煎餅なんだけど、とってもおいしかった! 青のりが隠し味みたい。


オヤジ入浴中

▲いろんな絵柄があってかわいいの


柴田先生、どうもありがとうございます〜!

水木しげる先生の故郷の、鳥取県境港の名物なんですって。お茶を淹れて、DVDで映画版を観ながらいただこうと思います。

投稿者 defront_otona : 22:03 | トラックバック (0)

2007/10/15 (月曜日)

自販機釣り銭FIRE

出社したら、机にクリスピー・クリーム・ドーナツの差し入れが置いてあったの! わーいごちそうさまです。12日にオープンした有楽町イトシア店でゲットしたみたいで、おなじみの"オリジナル・グレーズド"と10月1日〜31日まで限定発売の"パンプキン モンブラン"が。ごくっ。うまそー!

おいドーナツ食わねえかぁ

▲パンプキン モンブランは1個170円だそうです


ドーナツにはコーヒーよね。オトナファミ最新号の表紙の、大泉さん一押しのキリン FIREを自販機で買おうっと。

ガチャ ゴットン ちょりーんちょりーんちょりーんちょりーんちょりーんちょりーんちょりーん……

何事? と思ったら、1000円札を入れて、社内割引価格80円の"挽きたて微糖"のおつりが、320円分10円玉で返って来た音だったわ……

ギザ十もなし

▲財布に入りきらねーだ

投稿者 defront_otona : 11:31 | トラックバック (0)

2007/10/12 (金曜日)

矢野顕子×くるり、一夜限りのスペシャルライブ

新しいiPodが欲しいロボ美です。買えば? って言わないでね。
電車通勤中も音漏れしないようマナーを守ってるよ。

そんなロボ美ですが、WOWOWの音楽番組「Music Bar 音の系譜」の公開収録に行ってきました。会場は横浜ブリッツ、出演アーティストは矢野顕子×くるり! 豪華だわあ。「Music Bar 音の系譜」のコンセプトは、長いキャリアを誇るアーティスト×いま旬アーティストのコラボレーションの妙。世代を超えて響く音の美しさ、なのだそうです。

まず矢野顕子さんはレイ・ハラカミさんとのユニット"yanokami"として登場。矢野さんのピアノと独特の声質、そしてレイ・ハラカミさんのサウンドが心地いい感じ〜。矢野さんは旅行時に必ず、自宅にたくさんあるぬいぐるみの中から"ひとり"連れていくことにしてるそうで、そのリアル系猫ぬいぐるみ君もステージにちょこんと座ってすごくかわいかったです。

そして矢野さん×レイ・ハラカミさん×くるりの岸田繁さんの3人で、くるりの『ばらの花』を演奏。もともと名曲なんだけど、とっても素晴らしいコラボレーションで、もうロボ美ウットリして、ジンジャーエール飲みたくてたまらなくなったわ。このユニットの名は"yanokamida"だって。結成したばかりなのに、その場で解散しちゃって、残念!


11月16日(金)午後7:00から放映予定とのことなので、気になる方はぜひチェックを〜。
※詳細はWOWOWのページを見てみてね。


ヤノカミダonステージ

▲美しくてほんわかしたライブでした。 写真提供:WOWOW


投稿者 defront_otona : 19:43 | トラックバック (0)

2007/10/12 (金曜日)

骨盤!骨盤!

チャオ、ロボ美です。生きてるよ。

10日に幕張メッセにて行われた任天堂カンファレンスに、ロボ美も行ってきました! なんか、さっき行った気がしてのんびりしてたんだけど、時計見たらもう一昨日の話なのね。ずーーーっと起きてるからもうよくわからないの……。

泣き言はおいといて。
今回のカンファレンスは2部構成。まず任天堂の岩田聡社長のお話があり、そのあと宮本茂専務による『Wii Fit』のプレゼンテーション。社長のお話にあった、ニンテンドーDSとWiiは女性ユーザーの方が男性より多いという統計にビックリ。ロボ美みたいな女の子ゲーマーって本当に増えたのね。男性より多いとはー。

岩田社長

さらにまさかの『モンスターハンター3』の制作発表。あれ、『3』はPS3で出すって(省略)

そういえばゲームキューブのときもなんか(略)


そ・し・て。待ちに待った『Wii Fit』のプレゼン! タレントの森末慎二さん、相沢紗世さんが重心チェックやバランスゲームにチャレンジしていたんだけど、ロボ美は見逃さなかったわ。フラフープをまわすゲーム"フープダンス"の選択画面がモニターに映ったとき、『骨盤矯正』の文字があったのを! 宮本さんはスルーしていたけれども、ロボ美にとっては大事よ! だって通信販売のテレビ番組で、骨盤矯正しただけでウエストが3センチ細くなった人がいたんだもの。(あの椅子、やっぱり買っとけばよかったかしら) ってことは、収録されているゲームによっていろんな効果があるのかしら? スキージャンプやヘディングも楽しそうだったし、しかもボディに素敵な効果が期待できるなんてお得。発売は12月1日。価格はコントローラーであるバランスボードもついて8800円[税込]。ロボ美は買うわよ! ビリーは厳しすぎるのよ……。

相沢さんがすごく上手でした。あんな腰使いなんて、最近サッパリやってないわ……。

『Wii Fit』の詳細や、その他の新コンテンツなど、カンファレンスの詳細は次号のオトナファミでチェックしてね! NEWS PICK UPのページに載ってます★

投稿者 defront_otona : 00:34 | トラックバック (0)

2007/10/10 (水曜日)

次号はこの人の表紙が目印です

トローリー! オー! ロボ美です。

次号となるオトナファミ Decemberの発売は10月20日(土)……つまりあと10日、うげ。
そろそろ表紙を発表しないと、みんなが本屋で迷ってしまう(イヤ、店員さんに「オトナファミください!」と言っていただいてもいいんですよ。むしろ是非!)。

というわけで表紙はコチラ!


10月16日スタートのCX系ドラマ『暴れん坊ママ』(毎週火曜21時〜)に出演、11月29日に発売されるニンテンドーDS用ソフト『レイトン教授と悪魔の箱』で主人公レイトン教授役の声を演じている大泉洋さんです。

大泉さんが所属するTEAM NACSのホームページにもオトナファミの発売情報を掲載していただきました、ありがとうございます!


取材時に前号をお渡しすると、木村拓哉さんの表紙を見て
「かっこいいですねぇ。こんなかっこいい表紙の次が僕じゃ、めちゃめちゃグレードダウンじゃないですか!! 本当に私でいいんでしょうか? 何か場違いな気がするなぁ(笑)」
と心配されてましたが、何をおっしゃる大泉さん。『レイトン』の記者会見で実際に使われた帽子を手にバリっとポーズを決めてくださいました。ロボ美フェイバリットカラー・紫がよく似合う素敵な表紙になったのではないかと思います。

誌面では3ページに渡るロングインタビューを掲載。
『暴れん坊ママ』や『レイトン』、『水曜どうでしょう』や北海道のことはもちろん、子供のころの渋い趣味の話から、伝説のキャラ"元気君"のことなど多少マニアックなことまでうかがっています。

大泉さんのファンの方、ぜひ書店でチェックしてみてください!
個人的には目次の写真がお勧めですよー。

投稿者 defront_otona : 20:08 | トラックバック (0)

2007/10/09 (火曜日)

科学の力で美味なるプリン誕生

美味いもんを食べさせられると割と従順になるロボ美です。
つらい時も、苦しい時も、美味だけは私を裏切らない……と書くと人間不信みたいですね。


そんな私にとって、本日10月9日忘れてはならないある商品が発売されるんです。
その名も


黄金比率プリン


紅茶の準備もオッケーよ.jpg

▲137円[税込]。程良い内容量80グラム。


10月20日発売のオトナファミで、話題のフードを紹介する新コーナー"CORETTE TABETA?(これって食べた?)"がスタートするんですけど、その記念すべき第1回掲載商品が"黄金比率プリン"。

森永乳業とナムコ・ナンジャタウンが共同開発したこのプリン。
人気のプリン6種類の食感や原材料のバランスを分析して割り出した理想の比率(黄金比率)。このデータを用いて、卵黄と生クリームの絶妙な割合を見出して開発した商品なんですって。アカデミック!

隣でロボ美4号が記事を作っているのを見て、興味津々だったワタクシ。
絶対に発売日に食べようと思ってカレンダーにし印をつけた甲斐もあり、本日近所のコンビニで購入後出社しました。

「いろんなプリンの美味しいところをとって、より美味しくなるなんて……あるのかしらねぇ。ホホホ」
なんて思って一口食べたら美味いのなんのって! 口の中でふんわり溶けるんだけど、クリーミーな味わいは残るんですよ。


必殺、スプーン上げ.jpg

▲とろーり感を伝えたくて箸上げ(スプーン上げ?)に挑戦。
とろけそうでしょ?


もう少し食べたい……と思わせる絶妙な内容量までも黄金比率かと思わせる、至福の一品でございました。

"CORETTE TABETA?"では、商品の開発に携わった"最強のプリン発掘隊"のインタビューや誕生秘話、美味しいプリンのデータなどを大公開。
黄金比率プリンを食べる前に読めば興味が湧いちゃうし、食べた後に読んだらなるほどと思える、そんな記事になってます!

ぜひぜひオトナファミを読んで、"黄金比率"の秘密に迫っちゃってください!

投稿者 defront_otona : 17:33 | トラックバック (0)

2007/10/08 (月曜日)

衣食足りて礼節を知るらしい

アブクたって煮え立ちそうなロボ美です、むしゃむしゃむしゃ。地獄の釜のオトナファミ編集部、毎度おなじみのドーピング的ディナーの登場よ〜! 宅配寿司よ〜!

いつも、最後の晩餐と思ってる


▲15分で完食

さあ、さっさと仕事に戻るわよ。ただいま総力あげて第1特集を校了中です。朝日が昇るより早く、すべてにけりをつけないといけないの。砂になる前に終わらせるわよ!

投稿者 defront_otona : 23:40 | トラックバック (0)

2007/10/06 (土曜日)

衝撃!オトナファミ編集部の過去

10月20日(土)発売の最新号の作業もいよいよ最終決戦。頭皮のアブラが気になるロボ美です。ふ、風呂にはちゃんと入ってますから! じゃあなんでアブラーなんだーうぉお! と、夜中の編集部で吠えても誰も相手にしてくれないの。

だからちょっと過去を振り返ってみたよ。過去から学ぶことで、明日という未来を創っていこうよ。

〜メモリー・オブ・ロボ美〜

2007/08/06 (月曜日)
さらにますます追い込まれ中

2007/06/06 (水曜日)
ビリーズブートキャンパー

2007/03/06 (火曜日)
これが編集部のユニフォーム(暫定)

2006/12/06 (水曜日)
オトナファミ冬号の表紙完成!?


……6日って日は、ロボ美にとって何か呪われた日なのかしら。そして10月6日の編集部はこんな感じです★


2007年10月6日の真夜中

▲今日もお菓子をたくさん消費した。


投稿者 defront_otona : 02:31 | トラックバック (0)

2007/10/05 (金曜日)

無果汁マジック! ファンタ 謎のフルーツ

ケプッ。あら失礼。
深夜労働に負けず目を覚まさそうと炭酸飲料ばかり飲んで、すっかりガス膨れのロボ美です。編集部に設置されている自販機に入ったドリンクはひととおり制覇したし、腹部膨満感解消も兼ねて、気分転換にコンビニに行ってこようっと。

20分経過

これこれ、飲んでみたかったのよ!
9月24日から期間限定発売中の"ファンタ 謎のフルーツ"。何味だか明かされていないって斬新だよねー。パッケージには「2つのフルーツがわかるかな??」って書いてあるんです。プリンに醤油で見事にウニだと思ったこともあるロボ美だから、ブレンドされた味を当てなきゃいけないなんて、こりゃかなりハードルが高いよ。 


遠くで潰れている隠しキャラは週刊ファミ通のADカワベさん

薄いオレンジ色


▲メーカー希望小売価格147円[税込]

さて、オトナファミ編集部にて回し飲みの結果は……

アンケート結果大発表

▲クリックすると大きくなるよ


みんなの迷いが伝わってくるわ。
ネットをちらりと検索してみたら、どうやらパッケージにヒントが隠されているみたいですよ。
それにしても、グルメ記事を担当しているロボ美2号の回答が「加糖ぶどう糖液糖」って、やる気ねーな!


キャンペーンサイト"ファンタ ミステリーチャレンジ 〜謎かけくんの挑戦状〜"

投稿者 defront_otona : 01:10 | トラックバック (0)

2007/10/03 (水曜日)

好き好きタブレット、ちょうだいちょうだいPinky

カバンにはタブレット菓子が欠かせないロボ美です。
けどタブレットケースカバーは持ってません。ギラギラしてるやつが気になるけど。

そんなロボ美のお気に入りのひとつ、フレンテ・インターナショナルのPinkyが、11月5日からリニューアルなんですって。サンプルが届いたのでご紹介しちゃうね。じゃ、いただきま〜す。

最新ピンキー勢ぞろい


上から順番に

ピーチミント(フレッシュな桃感)
グレープミント(甘酸っぱジュ→シー)
レモンライムミント(さっぱり★爽やか)
ライチスカッシュ(爽やかしゅわっと!!)

です。カッコ内はパッケージフィルムの左上に書いてある、かわいい手書き風文字のテキストよ。価格はオープン価格(実勢価格100円[税込]前後)で、容器が現行のスティック型から発売当時と同じ平ぺったい形に戻ったのが特徴的です。で、気になるお味なんだけど、明らかにフルーティ感が増してるよ! 爽やかな息になれそうだし。あとね、ホームページで、『新しいPinky 発売前にあげちゃい隊』っていう試食サンプルキャンペーンが始まったみたい。今日10月3日から16日(火)まで応募できるようなので、覗いてみてはいかが?

Pinkyオフィシャルサイト

投稿者 defront_otona : 18:00 | トラックバック (0)

2007/10/01 (月曜日)

いつの間にやら10月でした

衣替えの済んでないロボ美です。
Tシャツを重ね着しても、あんまり温かくはならないのよ。

さて今日は、昨日発表されたソニーの有機ELテレビに注目しちゃうわよ。
12月1日発売の世界初の有機ELテレビ"XEL-1"、ニュースでも流れてたけど、薄さ3mmですって! 気になるお値段は251×141×287mm(幅×高さ×対角)というこの11V型サイズでジャスト20万円。よくわかんないけど、ロボ美的にはお安く感じます。もちろん買えないけど……。

リリース

XEL-1 かっこいい

XEL-1 横顔

▲横から見るとあまりに薄くてテレビとは思えません

ロボ美フレンドの家のテレビは、画面サイズは初代ゲームボーイ4画面分くらいで、奥行が広辞苑2.5冊分くらいあるの。10数年前の製品だから当然地デジ未対応だし。こんな素敵な新製品の発売を教えてあげたいな。

投稿者 defront_otona : 20:54 | トラックバック (0)