オトナファミBLOG

2006/10/17 (火曜日)

『007/カジノ・ロワイヤル』記者会見

一生編集部にいるから、たまには外気に触れたい。と思ってたら、12月1日公開『007/カジノ・ロワイヤル』の監督・プロデューサーズ・ヒロインのエヴァ・グリーンが来日! いそいそと新宿パークタワーホールまで向かったよ。
エヴァ・グリーンはかの巨匠ベルナルド・ベルトリッチ監督をして「常軌を逸するほどに美しい」といわしめたフランス人女優。今回は新ボンドのダイエル・クレイグ来日はかなわなかったけど、ビュリホーなエヴァさんに取材できてドキドキのロボ美でした。

後ろの人、比較になっちゃってゴメンナサイ…

▲足ながーっ、細ーっ

ご一行さま

▲左からマーティン・キャンベル監督、エヴァ・グリーン。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ&マイケル・G・ウィルソン。


マーティン・キャンベルは『ゴールデンアイ』の監督。古都プラハでの撮影がとってもタイヘンだったみたい。今作は脚本が『クラッシュ』でアカデミー賞を受賞したポール・ハギス。『007』シリーズのファンだったハギスに、脚本を依頼するまでのエピソードを語ってくれました。

『007/カジノ・ロワイヤル』は、ジェームズ・ボンドが007になるまでの秘められし過去の物語。若いボンドは、ちょっと無茶だったわけよ。仕事(もちろん殺し)はできるんだけど。で、そんな時出会った運命の女が、エヴァ・グリーンの役どころ。アクション&LOVE増量みたいで、公開が待ち遠しいです!
インタビューは週刊ファミ通誌上でも掲載予定なので、お楽しみに!


前の記事:プッチンプリンでお腹いっぱい
次の記事:こ……校了完了
投稿者 defront_otona : 2006年10月17日 21:47
このエントリーのトラックバックURL: