オトナファミBLOG

2006/10/31 (火曜日)

SNSでゲームを作っちゃう?しまにてぃ「かつらの挑戦状」

流行ってますね〜SNS。
ロボ美も某SNSでこっそりポエム日記書いてるよ。あ、ロボ美って名前じゃないけど。一個もコメントつかないとちょっと凹むけど、翌日その恨みの気持ちをまたポエムにできるから、いいかなーって思ってる♪

ロボ美がポエムを書いてるSNSじゃないけど、<遊べるSNS>しまにてぃで日記公開してる放送作家の北本かつらさんの連載「かつらの挑戦状」第二回が、『オトナファミ AUTUMN』に載ってます。この記事はwebとの連動がチャームポイントなの。
今回はウルトラマンダイナのアスカ隊員こと、つるの剛士さんと、かつらさんの対談を元にしてます。
その時の記事はこちら。
こちらが<かつらの挑戦状Web>

「ファミコンソフトを作りたい!」このご時世にそんな無茶を言い出してみた、かつらさんの挑戦を、どうやっても止められないよ!
Webではオトナファミ掲載インタビューの裏側をご紹介しつつ、みなさまからゲームのアイデアを募集してます。
レトロゲームを愛するみなさま、ぜひチェックチェック!

風に吹かれるようなかつらさん

▲お会いするといかにソックリかわかる似顔絵

投稿者 defront_otona : 22:45 | トラックバック (0)

2006/10/30 (月曜日)

アンケートハガキが届き始めたよ

こんばんは、ロボ美です。
25日の発売から5日が経って(一部地域では発売が遅れたところもあったようです、ごめんなさい! もう店頭に並んでいるかと思います…)、編集部にアンケートハガキが到着し始めました!
1枚1枚ちゃんと読まさせていただいてます。
「初めて買いましたが面白かったです」という方も多くて、本当にうれしいです。
50円切手のいらないハガキなので、これからもじゃんじゃんご意見お寄せください!

アンケートハガキ

▲マークシートを見ると、当たらないロトのことを考えてしまうロボ美です

投稿者 defront_otona : 20:32 | トラックバック (0)

2006/10/27 (金曜日)

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』は明日公開

木更津ーっ、キャッツニャー! どうも、ロボ美です。ニャー。

10月28日(土)つまり明日
『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』
が公開されます。

猫祭.jpg

▲てなわけでロボ美のストラップもキャッツ祭。

『木更津キャッツアイ』は明日公開の映画をもってして完・結。
『ワールドシリーズ』はキャッツたちが青春時代にばいばいする、切なくも前向きな作品です。
キャッツファンとして、ロボ美ひとりでも多くの人に観て欲しいので、ドラマも『日本シリーズ』も見てないぞ。って人のために、記事作っちゃいました。

誌面.jpg

▲うおおぉぉぉ! それがこのページだ。

発売中のオトナファミ2006 AUTUMNの特集"いまさら聞けニャい『木更津キャッツアイ』"では、キャッツってどんなお話? って人には基本情報を。大ファン! というアナタには宮藤官九郎さん&磯山プロデューサーインタビューを掲載。
とーっても守備範囲の広いページです、OH!ユーティリティー!

まさに現在、田口荘選手のカージナルスが世界一を賭けてワールドシリーズで戦っているけど、『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』も盛り上がると嬉しいです。
誠に僭越ながら、ロボ美も編集部でやっさいもっさい踊って応援します。

たぬきs.jpg

▲誌面で使わなかったタヌキ写真も蔵出し。

投稿者 defront_otona : 20:03 | トラックバック (0)

2006/10/26 (木曜日)

オトナファミを紹介してもらえたよ

こんばんは、ロボ美です。

とうとう発売になったオトナファミ!
みんな買ってくれたかしら? ドキドキ

もしかしたらまだ発売を知らない人もいるかも!
と不安でフリーズしそうなロボ美のもとに朗報が。
毎日新聞さんとまんたんウェブさんが
ネットで取り上げてくださいました!

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/game/gamenews/news/20061025org00m300073000c.html


http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2006/10/post_424.html

ロボ美感激★
これでより多くの人が買ってくれたらいいな〜
日ハムのように怒涛の連勝を決めたいっす。
そして優勝(完売)したい!
そしてそして、日本一の雑誌になりたい!
ロボ美の野望はつきません。

投稿者 defront_otona : 19:53 | トラックバック (0)

2006/10/25 (水曜日)

本日発売!みんな買うて〜!!

本日『オトナファミ』2006 AUTUMNが発売しました! どんどんどんぱふー

ご家庭に1冊あれば「PS3とWii、どっちを買おう」とか「今度のデートで何の映画観ようかな?」とか「友だちにプレゼントするなら、どのDVDがいい?」などの悩みが一挙に解消しますよ。

ちなみにオトナファミは、書店、一部コンビニで絶賛発売中でございます。あ、弊社サイトアマゾンさんなどでも取り扱ってます。

とにかく、一度お手にとっていただければロボ美カ・ン・ゲ・キ。皆さんオトナファミ最新号をよろしくね!


見本誌.jpg

▲関係者様に見本誌発送後、減ったー!


投稿者 defront_otona : 19:23 | トラックバック (1)

2006/10/24 (火曜日)

ブルボン小林さんと『妖怪写真館』で遊ぼう!

週刊ファミ通で好評連載中の『ブルボン小林のゲームソムリエ』。連載50回の節目を祝し、23日にイベント「水木しげるの妖怪写真館・写真交換会」が開催されました。
場所はエンターブレインの会議室。誌面で参加者を募集し、当日いらしてくださったのは10余名。だけど、アナタこれ1999年発売、つまりもう7年も前のタイトルなんですよ。水木先生ファンのロボ美は即日買いだったけど、あとはチップス小沢しか持ってないし、けっこう寂しかったの……けど、まさか時を越えて、勇者たちとこんな集いが持てるとは! いやぁ〜夢にも思わなかったー。

ポスターとネオポケ

▲「仲間に会えたのは久しぶりさ…」ネオポケ談


ゲームの内容を簡単に紹介すると、日本各地を回っていろんな妖怪を激写、アルバムをこさえる。って感じ。
何が素晴らしいかって、撮れる写真が腕前次第で全然変わること。ブルボン小林さんも本誌連載で熱く語ってくださってますが、ナイスタイミングだと真ん中にバッチリ、そうでないと端っこに小さく(時には後ろ向き)、最高に下手だと写ってもいない。この辺とってもリアルです。そして、ガッツリ真ん中に取れてる写真もいいけど、小さく「あ、ここに写ってる」的に撮れちゃった画像がまた、何とも可愛いんです。

語り始めると止まらないから当日の模様に戻るけど、巨大モニターを囲んでマイ妖怪アルバムを公開しあいました。改めて、そのドット絵の精密さ、完成度の高さに感服するばかりだったよ。


腹からゾロゾロ

▲ブルボンさんとお化けダルマを囲む人々


小ダルマをどこまでフレームに入れるかに美意識が問われる

▲お化けダルマ、アップ

そして写真交換会、もとい、写真でカードバトル大会に突入。熾烈な戦いの末、初代『水木しげるの妖怪写真館』チャンプの座に輝いたのはチップス小沢! つ、つまらんー!
心優しいブルボンさん&読者様たち、本当にすんません。よく言っておきます。

そうこうするうちに会は閉幕。参加者の中には、ブルボンさんが連載をされる11月8日発売の新雑誌『Beth』の編集者さんの姿も。ブログも書いていただいて、ロボ美感激です。今度メシでもご一緒しましょうね☆

追記:こ、これ書かなきゃ!
ブルボンさんは別名義(長嶋有)で、『オトナファミ』に小説「エロマンガ島の三人」を書き下ろしてくださってます。ぜひチェックを!

投稿者 defront_otona : 22:00 | トラックバック (2)

2006/10/24 (火曜日)

いよいよ明日、『オトナファミ』発売!

明日25日、全国書店(一部コンビニ)にて『オトナファミ』2006 AUTUMNが発売になります! わー!
お買い求めはぜひお早めに……そして、ご意見ご感想お待ちしてます。巻末のハガキにて、どしどしお送りくださいね〜。

オトナファミ

▲編集部に届きました


投稿者 defront_otona : 21:38 | トラックバック (0)

2006/10/22 (日曜日)

生瀬勝久さんに突撃★

オトナファミの発売が迫ってきました!
ひとりでの多くの方に手に取っていただけるよう、ロボ美は日曜だって仕事するよ!

さてさて、今回の特集のひとつに、DVD『サラリーマンNEO』があります。
『サラリーマンNEO』とは、NHKで放映された、サラリーマンを題材にしたコントバラエティー。この番組、NHKとは思えないシュールさ、パロディーパロディーっぷり、勢いがもう最高。9月に終了したシーズン1の前半がDVDになって発売中です。

特集を組むに当たって、出演者の生瀬勝久さんにお話を伺ったよ。ロボ美、『TRICK』で初めて観たときから生瀬さんの大ファン! ドキドキしながらNHKまで行ってきました。

――どのような経緯で出演を?
生瀬 僕と最初のプロデューサーが昔劇団で一緒だったんです。その縁で前身の『ワンダフルライフ』という番組に出させていただいたのが最初ですね。カルロス・ゴーンさんの人生を全然似てないモノマネでコントにした番組でした(笑)。そこから、単発SPとして『サラリーマンNEO』企画に発展しました。
――この番組に出てくる女性って、オヤジに冷たいですよねー(笑)
生瀬 あそこまでやられると痛快ですよね(笑)。オヤジって、スケベさとか、いい加減さを叱ってほしいところがあると思うんです。演じてても楽しいですよ。

はにかんだ笑顔がとっても素敵でした!

などなど。ほかにもいろんなお話をしていただけました!  生瀬さんありがとうございました!

特集内では、生瀬さんのインタビューのほか、DVDに収録されている全シリーズコント紹介やプロデューサーインタビュー、注目のNHKバラエティなどを紹介しています。

詳しくは25日発売のオトナファミをチェックしてね!

投稿者 defront_otona : 19:22 | トラックバック (0)

2006/10/22 (日曜日)

ティム・バートン監督『ナイトメーア・ビフォア・クリスマス』公開講義

昨日21日から公開中の映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニー デジタル 3-D』。ロボ美の大好きな作品が3-Dになってました! で、監督のティム・バートンが、デジタルハリウッド(マルチメディアスクール)で特別講義。もちろん取材してきましたよ。

デジタルハリウッド最寄は御茶ノ水

▲『チャーリーとチョコレート工場』には登場しなかった神田川


と、ジャックと通訳さん

▲ティム・バートン監督


受講生とマスコミでいっぱいのなか(同作の大ファンだという矢口真里さんも特別聴講生として参加!)、たくさんの質疑応答に応えてくれた監督。
「最初期に『ナイトメアー』の主人公ジャックをディズニーに見せたら、<目玉のないキャラで、どうやって感情を表現するんだ!?>って言われた。でも、僕はどうしてもこのキャラクターで物語を作りたかったんだ」と語ってくれました。ジャックの旺盛な好奇心や情熱は、自分の性格の反映でもあるんですって。「僕の作品はよくダークだって評されるけど、自分じゃそう思ってはいないんだ…」とも言ってました。

投稿者 defront_otona : 18:56 | トラックバック (0)

2006/10/20 (金曜日)

オトナファミ4号発売前にPS3特集の中身をチラ見

オトナファミ発売まであと5日! でもホントに出るの!? ロボ美、ちょっと不安……。

だったら先にブログアップ! ということで教えちゃいます。PS3特集の中身!

題して"11.11発売 ファイナルアンサー! プレイステーション3は本当に面白いの?"

色んな意味で盛り上がってきたPS3だけど、一体ナニがあそべんだよ! というロボ美の素朴な疑問をまんま特集してみたら、
なんと大ボリュームの巻頭特集に!(後悔…)
おかげでロボ美、毎晩硬い机を枕にして、書類を濡らしたわ(ヨダ…)

200610210307000.jpg

さて。
特集は、ハード周りの詳細、価格検証やネットワークから
発売ソフトの情報までガッツリ!
『GRAN TURISMO HD』、『リッジレーサー7』、『機動戦士ガンダム ターゲット イン サイト』
『メタルギア・ソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』といった話題作について、
クリエイターさんみずから、"PS3ならでは"のスゴイ秘密を赤裸々に公開してくれちゃってます!
最後は、SCEのプロモーションを統括する佐伯雅司さんにお話を伺いしました。ありがたや。
特集に乗せられてロボ美PS3買っちゃいマス宣言(ていうか誰か買って宣言)!

投稿者 defront_otona : 22:25 | トラックバック (0)

2006/10/19 (木曜日)

DVD『北斗の拳 ラオウ伝』の試写会で昇天

うぬら! ロボ美です。10月27日に発売されるDVD『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズカット版』の試写会に遊び、、、じゃなくて取材に行ってきましたよ!   クリスタルキングの名曲『愛をとりもどせ!!』が鳴り響く中、マンガ家・原哲夫先生、原作者・武論尊先生、プロデューサー・堀江信彦さんに加え、スペシャルゲストに磯山さやかさんが登壇。みんな、存在感がすげえ……。

武論尊先生が、「『北斗』を書いたのは、10代の頃! 若い感性で描いたから今の若者にも支持されているんじゃないかな」と、20年前の作品が今も受け継がれている理由を分析すると、

原哲夫先生「僕はその時22歳で……」

武先生「え、5歳でしょ?」

原先生「いや、僕は正直に(笑)」

と、人柄がにじむ回答とツッコミで会場の笑いを誘ってました。

あーたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた、ほあたぁぁぁぁあ


▲左から武論尊先生、磯山さやかさん、原哲夫先生、堀江信彦プロデューサー。 磯山さやかさんは'83年生まれ。つまり『北斗の拳』と同い年! 

このDVDは、今年3月に公開された映画を収録したものなのですが、映画公開版からなんと500カットも新しく追加&修正されているそうですよ。さらに、ラオウ役の宇梶剛士さんは、自ら望んで声を全部とり直ししたんだって! すっげえ気合の入りようですねえ。マジでラオウの迫力が激増してましたよ! ロボ美は拳王様の配下になったら、黒王号に踏み潰されるタイプ。それもちょっとオイシイと思う最近です。


投稿者 defront_otona : 21:44 | トラックバック (0)

2006/10/18 (水曜日)

オトナファミ 2006AUTUMN 表紙を大公開

うわーん、プリンのプルプル動画をアップするくらいなら、オトナファミを布教せよ って怒られたよーん。
やるがな、やるがな! つーことで世界初公開、『オトナファミ 2006AUTUMN』表紙です、どぎゃぁぁぁん!!

2006autumn.jpg

▲ハイセンスなパープルでまとめてみました


今回表紙を飾ってくれたのは田中麗奈さん。
板尾創路さん、加藤茶さん、内村光良さんと続いて、ついにオトナファミ史上初の女性カバーです。あまりの華やかさに、違う本かと思っちゃうくらいです。本屋さん、ぜひ平積み女性誌の横にも置いてやってくださいペコリ。
撮影の舞台裏は、後日ご紹介しますね。

投稿者 defront_otona : 23:29 | トラックバック (0)

2006/10/18 (水曜日)

こ……校了完了

持ってけ印刷所

▲この紙束が俺たちの勲章

「マルロクサンハチ……撤収!!」
『砂の薔薇』(新谷かおる先生のマンガですな)が懐かしいロボ美です。
ロボでもディヴィジョンMに入れますか?


えーと、ちょっと左に目を向けると、「オトナファミ」発売まであと7日!って書いてあるのですが、まぁ、今さっき最後のページを校了したわけですよ。

出 る の か 25 日 に

とロボ美だって思うけど、まぁ割といつものことだ(以下自主規制)

KAT-TUNもデビュー曲『Real Face』で歌ってた、「ギリギリでいつも生きていたい」と。あれ、ロボ美も同じ気持ち。詞を提供したスガシカオさんとシンクロ率100%。

でもギリギリすぎて壊れかけちゃったときは、10月16日のブログにアップしたプリンのぷるぷるする動画を見て、精神の均衡を保ってました。
みなさんにもこの癒し効果(?)をおすそ分け。


手乗りプリン

▲クリックしたらプリンが動いた!


投稿者 defront_otona : 21:44 | トラックバック (0)

2006/10/17 (火曜日)

『007/カジノ・ロワイヤル』記者会見

一生編集部にいるから、たまには外気に触れたい。と思ってたら、12月1日公開『007/カジノ・ロワイヤル』の監督・プロデューサーズ・ヒロインのエヴァ・グリーンが来日! いそいそと新宿パークタワーホールまで向かったよ。
エヴァ・グリーンはかの巨匠ベルナルド・ベルトリッチ監督をして「常軌を逸するほどに美しい」といわしめたフランス人女優。今回は新ボンドのダイエル・クレイグ来日はかなわなかったけど、ビュリホーなエヴァさんに取材できてドキドキのロボ美でした。

後ろの人、比較になっちゃってゴメンナサイ…

▲足ながーっ、細ーっ

ご一行さま

▲左からマーティン・キャンベル監督、エヴァ・グリーン。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ&マイケル・G・ウィルソン。


マーティン・キャンベルは『ゴールデンアイ』の監督。古都プラハでの撮影がとってもタイヘンだったみたい。今作は脚本が『クラッシュ』でアカデミー賞を受賞したポール・ハギス。『007』シリーズのファンだったハギスに、脚本を依頼するまでのエピソードを語ってくれました。

『007/カジノ・ロワイヤル』は、ジェームズ・ボンドが007になるまでの秘められし過去の物語。若いボンドは、ちょっと無茶だったわけよ。仕事(もちろん殺し)はできるんだけど。で、そんな時出会った運命の女が、エヴァ・グリーンの役どころ。アクション&LOVE増量みたいで、公開が待ち遠しいです!
インタビューは週刊ファミ通誌上でも掲載予定なので、お楽しみに!

投稿者 defront_otona : 21:47 | トラックバック (0)

2006/10/16 (月曜日)

プッチンプリンでお腹いっぱい

ぎょぇわー、発売までのカウントダウンもスタートした『オトナファミ』2006年秋号。ロボ美の愛らしく黄色い悲鳴を聞いてもらえばお分かりになるかと思うのですが、まさにいま、編集部は修羅。シュラシュシュシュー。ですわ。泣いても本は出ないんだ! って、編集長が言うんです。だから涙はガマンして、差し入れをいただくことにしました。
今日は他部署のお兄さんにプリンをもらったよ。これなんだけど……

比較

▲DSlite、カップヌードル<スポーツヌードル回復系>と比較。カップヌードルサイズってことね

手乗りプリン

▲プリンを重いと思ったのは初めてです

また比較

▲1個開けちゃった


グリコ プッチンプリン の400gバージョン、その名も「happyプッチンプリン」。話題になったので、ご存知の方も多いかしら。とにかく物凄い存在感です。100g当たり142kcal、400gだから568kcal。うそ〜、ロボ美がお昼殿堂で食べた鯖竜田揚げ定食が510kcalだから、それ以上ってことよ! HAPPY、パーティ!
スキャットマン・ジョンを思い出しながらプッチン。みんなで分けていただきました♪

投稿者 defront_otona : 19:31 | トラックバック (0)

2006/10/16 (月曜日)

いよいよ大詰め、オトナファミ秋号カウントダウン開始

えーと、25日発売なのに、まだ会社に泊まり込んで絶賛作業中です。
凸版印刷さんに、あとは任せた!ってなページをお見せしますね。

まだまだ!

▲「校了紙」といいます。それは甘美な響き。


もうちょっとしたら、もう少し中身のほうお知らせします。図らずもまた、濃ゅい誌面になっちゃった。おかしいなあ、担当編集は割とみんな、さらっとしたタイプの人ばかりなのに。誰か『オトナファミ』で、性格分析してください☆

投稿者 defront_otona : 05:03 | トラックバック (0)

2006/10/13 (金曜日)

おれの名をいってみろ!!

ほあたぁ! ロボ美です。『北斗の拳』と聞いて連想するのはパチスロですか? アニメですか? 総発行部数1億冊突破した史上最大の兄弟喧嘩マンガ、じゃなくて、世紀末救世主伝説の原作者・武論尊先生に、ロボ美、インタビューしてきました。あばぱっ(感動の悲鳴)。

アリの反逆も許さぬ怖いお方ではと思いきや、「言い訳させたら日本で3本指に入るぞ」と言って憚らない、豪放にして気さくなお人柄。

ロボ美 「登場人物の中で、いちばん先生ご自身に似てるのは誰ですか?」 

先生 「ジャギだよ! アミバとかな。わはは!」

せ、先生、それネタっすか!?

『北斗の拳』の裏話はもちろん、幼年時代から自衛隊時代、本宮ひろ志先生の元での居候時代、そしてマンガ原作者デビュー、もうひとつの名前・史村翔のこと、さらに、『ドーベルマン刑事』、『ファントム無頼』、『右向け左』、『Dr.クマひげ』、『サンクチュアリ』、『HEAT-灼熱-』、『覇-LORD-』に至るまで、プライベートを含めて激動の半生を語っていただいちゃいましたよ。

<しぶいっす!

▲武論尊先生

退かない媚びない省みない先生が語る言葉は、口ずさみたい名言だらけ。ラオウもびっくりの剛・掌・派ー!の連発も(?)。オトナファミ秋号「ヒストリー・オブ・武論尊」お楽しみに! (ぱっびっぶっぺっ ぽおっ)

投稿者 defront_otona : 04:17 | トラックバック (0)

2006/10/12 (木曜日)

自分自身でモーニングサービス、FREEDOM

おはようございます! 社内イチの早起き、ってか寝てないだけだろってなロボ美です。
ま、相変わらずな調子で編集作業に追いまくられてまして、頭部アンテナも燃え尽きそうだよー。 でもとりあえず元気をアピールしたいので、恥ずかしいけど朝ごはんを紹介します。

流動食

▲炭水化物バンザイ


オトナファミで日清食品のカップヌードル大特集をしているの。だからディスカバリー・カップヌードルな最近です。
このコープヌードル、ちょっと珍しいでしょ?

投稿者 defront_otona : 08:23 | トラックバック (0)

2006/10/11 (水曜日)

グルメマンガの開祖がやってきた!

みなさん、こんばんみ!!壊れかけのRobomiです。

”10月25日発売”と左にばばーんと書かれているオトナファミ最新号で「グルメマンガ完食(コンプリート)」という企画やります。

『美味しんぼ』や『クッキングパパ』などのご長寿連載から、『喰いタン』、『鉄板少女アカネ!』などの新興勢力まで、今やすっかり市民権を得たグルメマンガ。

そんなグルメマンガという一大ジャンルを『包丁人味平』で確立した牛次郎先生とビッグ錠先生の対談を掲載します。
なんと20ウン年ぶりの再会だったんですって!

牛「錠さんとやってた『釘師サブやん』ってマンガ。アレ、連載を重ねるにつれサブやんが若返ってたよなぁ」

錠「今だから言っちゃうけど、自分の嫌いな食べ物は上手に描けないんだよな」

など、出るわ出るわのぶっちゃけトーク。そんなに喋ってええんかい! とロボ美アセアセしちゃった。

「●●●●●はパクリだった」とか「●●●●ラーメンは美味しくなかった」など、今だから語れた『味平』裏話の続きはオトナファミで!


gyubig.jpg
▲久しぶりに会ったとは思えない打ち解けっぷりですヨ

また各先生の情報、近況はこちらでチェック!

カラーパレット 牛次郎総合サイト
http://www.daxhouse.co.jp/
(なんと先生自ら作っています。音楽は全曲視聴すべし!)

ビッグ錠:Ryupro. Inc.
http://www.ryupro.com/jp/
(先生のご趣味であるミュージカル情報もここで確認)

投稿者 defront_otona : 00:46 | トラックバック (0)

2006/10/07 (土曜日)

秋号は豪華インタビュー列伝

おはようございます、ロボ美です。

現在絶賛製作中のオトナファミ秋号ですが、ふと気づくとかなりの人数のインタビューが載ることになってました。しかも、かなりのビッグネームばかり。下にお名前だけ並べてみますね。

・木村拓哉さん
・宮藤官九郎さん
・寺島進さん
・生瀬勝久さん
・武論尊先生
・松山ケンイチさん
・戸田恵理香さん
・片瀬那奈さん
・佐々木蔵之介さん
・塚地武雅さん
・牛次郎先生
・ビッグ錠先生
etc...

キムタクからビッグ錠先生まで! これだけ見ると、何の本だかさっぱりですね。ご協力くださった方々に、心からお礼申し上げます。

インタビューのこぼれ話はブログに随時アップしていきますので、是非ちょくちょくチェックしてみてください。


目が、目がぁあぁあ
▲うっかり朝日を見てしまい、目がヤラれました。

投稿者 defront_otona : 10:09 | トラックバック (0)

2006/10/07 (土曜日)

極細ポッキーがやって来た

毎日徹夜で、午前中の日に当たると目と心が潰れそうなロボ美です。
昨日、ポッキー食べたい! って念じてブログに書いたら、机に極細ポッキーが置いてあったの。
信じれば夢は叶うんだ Dreams Come True

早く開けなきゃ、早く

▲魂の叫び、聞いてくれてありがとー

バランス感覚もアップ

▲ちなみにいま、机周りはこんな感じデス


ほかにもいろいろ差し入れてもらって、感激してます。いやーんまた肥えちゃう★
来週からは、秋号の誌面を彩る記事をいろいろご紹介していくので、お楽しみに〜。

投稿者 defront_otona : 07:32 | トラックバック (0)

2006/10/06 (金曜日)

極細ポッキー食べたい!

真夜中は別の顔、って感じのロボ美です。
いよいよオトナファミ秋号の編集も切羽詰ってきて、こんな時間なのに編集部には煌々と灯りがともり、みんな資料と原稿の山に埋もれてアップアップしてます★
煮詰まった時はもちろん迷わずハバブレイク! 今日は特別に、引き出しの中を公開しちゃうよ。

鉛筆はどこ? ▲さっきはチュッパチャプスを消費。30分おまかせ

社員食堂=殿堂は22時に閉まっちゃうの。だからあとは貯め込んだお菓子をモグモグバリバリ食してエナジー補給しています。コンビニで新商品チェックするのもお仕事のうち、と思って、今日もお菓子を買いに行くわよー。

投稿者 defront_otona : 03:18 | トラックバック (0)