ファミ通コネクト!オンブログ

コネクト!オン編集日記●11月28日(火)


2006/11/30 (木曜日)

1$が、まだ180円ぐらいだったころの話だ。
ジャイアンツのホームランキングが、
本塁打記録を積み重ね、アメリカをカマし始めていたころ、
と言えばわかるだろうか。

ホンキィトンクレディオのノイズ。
紫煙に霞む原稿用紙。
ゲリラに占拠されたどこかの大学のニュース映像が、
ヒゲのイタリア人のゲーム映像に熱っぽく切り替えられる。
浜村通信に拾われた俺は、そんなファミ通編集部にいた。

足を洗った俺に、原稿を頼んでくる出版社はもうなかった。
目的を見つけた俺の本分も意識も、すでにファミ通のバイトだった。
「TACO-Xさぁ〜ん、電話でぇ〜す」
「あぁん?」
「あの〜電話でぇ〜す」
「あぁーん!?」
「だからぁ、電話でぇ〜す」
「あぁぁーーん!?」
「まことに申し訳ありませんが、
TACO-Xはただいま外出しておりまして、私が代わりに伝言を……」
そんなファミ通編集部。そんな時代。

その日、編集部に届いた仕事……ヤマ。
「火遊ぶにのめり込む人妻の破廉恥さを告白形式で……
ペラ60枚……説得力が出るよう実名をどこかに適当に……」
S出版のT。
会社の前にある薬局の赤電話。
Tはそこから俺を呼び出し、近所の喫茶店に誘った。
煙草を吸うときの左手が、たまにギィと鳴った。

依頼を断れない理由があった。
預かり、預けちまった。
心と呼ぶべきもので言うなら、
俺たちみたいな人間でも、信頼関係みたいなものがあった。
それでも、俺はもう組織の人間だ。

「ヒゲのイタリア人の弟はパワーに欠けるがスピードに優れているぞ」
と書き、しばらくして消して、
「……優れているのだ。ってなわけで、今週はイタリア人がキノコを振り回して大暴れする3章を……」
と書き直す。

「私、●●なんです。年下の彼の●●●を●●ると、とても●い。
夫では決して●●できない●。私、どうにかなりそう。
夫婦のベッドに他人の汗。心地いい。それが午後の寝室の……」
いつも殴り書きで女を著した。
少し前、それが俺のリアルだった。

Tが数日寝ていないのは見て取れた。
「まだ書けるさ」
ギィと音がして、安い煙草の煙が流れてきた。
仕立てのよいシャツに綿パン。
ファミ通に入るとき、誂えたものだ。
俺の体には合っていても、心がはみ出しているのは明らかだった。
「いつまでだ?」
「今日の午後5時。それを過ぎると、市ヶ谷が黙っちゃいない」
煙を通して、Tが見つめてくる。
値踏みとは違う目の光。
おそらく、引き受けた奴が逃げたんだろう。
無理な注文。
だが、無理を知りつつ、Tは俺に預けている。
「わかった」
Tは俺の返事を聞く前に、レジに向かっていた。
もとより、礼をいう奴じゃないことは知っている。

時間がない。
再び、編集部の電話が鳴る。
「私、ごきげんソフトの●●ですが、TACO-Xさんは……」
目の端に彼がいる。
「いません」 ガチャ。
俺はイタリア人の弟とTACO-Xに別れを告げるとトイレに向かった。
編集部を出るとき、壁の時計を確認する。
午後3時27分。

トイレの個室にこもると、
俺は便器蓋の上に原稿用紙を広げ、
火遊び妻の告白を殴り書きしていった。
誰かがトイレに入ってくる。
「ウーン、ウーン」
そのたびに俺は、ふんばるフリを装った。
「出ねぇなぁ」
とも言った。
「私は彼にまたがり、ウーン、ウーンと……」

ペラ60枚。やっと書きあがった。
トイレから出て、会社を飛び出し、電信電話局に向かった。
FAXで一気に送るつもりだった。
筋として、ファミ通編集部のFAXは死んでも使えない。
電信電話局は会社から少し離れた、246沿いにある。
見当だが、おそらく今は午後4時30分ぐらい。
走った。
S出版に戻ったTが、FAXの前で俺の原稿を待つ姿が浮んだ。
悲しそうな顔なのはなぜだろうか。

電信電話局着。
受付を済ませ、原稿の束をセットする。
1枚1枚の読み込みが長い。
最後の1枚が送られるまで、
俺は目を閉じていた。
感情は何も沸いてこない。

送信完了。
午後4時56分。
また、踏み出しちまった。
自分を入れていた檻を、結局は自分で開くことになった。
ただ、やはり後悔も、あるいははみ出した心の快哉も、
何も沸いてこなかった。

編集部に戻ってしばらく経った頃、
Tからの電話が入った。
「間に合った」
「そうか」
それだけで、俺たちは電話を切った。
空耳のはずだが、
ギィ
とどこかで鳴った気がした。

      *******

その当時、1$が180円というのはウソだ。
ホームランキングの話は、もっと古い時代だと思う。
でも、トイレで原稿を書いたことは本当。
電信電話局に走ったことも本当。
原稿を書くというのは、そういうことですヨ、
ライターの皆さん(> <)

やけに説教臭く始まる、コネクト!オンブログ!
もっと陽気にいこうぜ!
コネクト!オンVol.03は12月21日発売です!
現在、公募中のアンケートは絶好調!
みなさんもどうか回答を寄せてください!

★ファイナルファンタジーXI
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/ffxi.cgi

★信長の野望 Online
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/nobunaga.cgi


求人サイトの取材を受ける。
本誌Vol.02で行っていた、編集スタッフ募集をここでも。
人材募集のために本誌を説明していて、
改めて、自分の作っているコネクト!オンがどういうものか再認識。
ああ、そうだったのかぁ!
なんて書いたら、責任者がそれでええんか!?
って感じではあるけど、言葉にまとめると認識が強くなるよ。

忙しくて、大事な会議出られず。
さらに昨日のS社の返事待ちもあり。

S社より、OKの返事。
ご迷惑をおかけしました。

FFXI関係者の合同会議。

デザイン&見せ方調整。

さらに、沈黙のライターに
「なんとかお願いしますよ〜」(〜 〜)
の催促。

まだ形にならないものの調整。
この時期、いちばん焦れる作業。

teamAより再デザイン案。
オッケー。これでいきましょう。

そんな感じで進んでいます。

残り10日。で、いったい何のカウントダウンなのよ?
     答えは後日。
     
     
▼あなたがオンラインゲームでちょっと困った話があれば、
 どうか教えてください!

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 02:04 | トラックバック (0)


コネクト!オン編集日記●11月27日(月)


コネクト!オンVol.03は12月21日(木)発売。
現在、アンケートをお願いしています。

★ファイナルファンタジーXI
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/ffxi.cgi

★信長の野望 Online
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/nobunaga.cgi

「あーやっちゃったTT」
本日、失敗をひとつ。
S社の方にご迷惑をかける。

すみません。

後処理で各部署を回る。
修正。
再度S社の方に投げる。
返事は明日。
ここから、学び取らないと。

打ち合わせラッシュ。
デザインの検討各種。
見せ方の再構築。
会議室をふたつ押さえ、
掛け持ちで回る。

teamAを会議室に軟禁。
かなり疲れ気味。
延々とラフを引いてもらう。
そして、全ボツに近い返事。
大変でしょうが、
どうかがんばってください。

いろんな人に会った。
午前2時終了。

残り11日。覚悟を決める。


▼オンラインゲームで何かいい出会いがありました?
 ゲームタイトルから、書き始めてください!

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 01:48 | トラックバック (0)


コネクト!オン編集日記●11月26日(日)


2006/11/28 (火曜日)

コネクト!オンVol.03は12月21日(木)発売に向けて、
なんかやばいぐらい遅い進行で作業が進められています。

そんな日曜日。

ボーーーーーーー。

なんか、頭が働かない。
いかんなぁ。

月曜から、動き出す準備の連絡を各所と取る。
ライターHから、
『ファイナルファンタジーXI』ラフティマニア2006取材記事のデザイン案が届く。
「明日返事します」
ライターKから、
『モンスターハンター2』俺スタンダード(新企画)のデザイン案が届く。
「明日ご来社ください」
ライターAから進捗メール。
月曜の『ファンタシースターユニバース』打ち合わせの件。
「明日よろしく」
えーと、記事はこんだけじゃないんだが。
もしもし、関連ライターの皆さん?
まるで地球上からライターがいなくなったように、
連絡が途絶える。

ボーーーーーーー。
ああ、地球上に編集者がたったひとり。

何人かのプレイヤーから応援メール。
ああ、ありがたいなぁ。
うれしいなぁ。
返事を返させていただく。

ボーーーーーーー。

あまりにも周囲が静かで、
じつはやることが何もない。
いやいや、ある。
自分で原稿を書いたり、デザイン案も立てなきゃいかんのだが、
どうもスイッチが入らない。
そして、魔の刻。
『サザエさん』の時間。
ああ、いかんいかん。
『サザエさん』の時間になると、
なんだか無性に淋しくなってくる。
小学校以来、これは変わらない。
なんなんだろうね、これ。

ってことで、しんみりと帰宅。
途中、ちょっと高級なスーパーへ。
それは見事なレタスを1玉買う。
俺がレタス♀だったら、
一目でほれちゃいそうなほど、
ふんわりと丸くて大きいレタス。
レタスを丸ごと鍋で煮た、レタス鍋(まんまやんw)で一杯。
レタスの芯が甘くてビックリする。
これが高級スーパーの実力なのか?
野菜が大好きなのだが、
それがとても美味しいだけで、
ちょっと嬉しくなる。ウキウキしてくる。
地球上で、俺だけが『サザエさん』を克服。

明日からがんばろう。
いや、がんばれよ、俺。
本当に。

もしもし、ライターの皆さんもね^^


残り12日。こりゃ、ちょっとやばい。
『もやしもん』再読して寝る。
かもすぞ→●●ターw


▼興味のあるオンラインゲームはありますか?
 理由も教えてくださいね。

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 08:09 | トラックバック (0)


コネクト!オン編集日記●11月25日(土)


2006/11/26 (日曜日)

コネクト!オンVol.03は、
12月21日(木)発売に向け、ただいま準備中。
今回は、以下のアンケートを展開しています。
皆さん、どうか回答を寄せてください!

★ファイナルファンタジーXI
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/ffxi.cgi

★信長の野望 Online
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/nobunaga.cgi


ども、グレーゲーマーのカエル大宮です。
中高年のゲーマーが欧米で増えており、
彼らを呼ぶ言葉が、グレーゲーマーらしいです。
オンラインゲームの世界では、
それとはわかりづらいですが、
プレイヤーの年齢層は幅広く、
じつは、かなり高齢の方もいらっしゃることは確認済みです。
意外と皆さん、巧みにプレイをこなしてらっしゃる。
『ファイナルファンタジーXI』で、
「〜タル」とか、「〜でガル」など、
語尾をプリティにしてる方の中にもきっといらっしゃるでしょう。
オフ会でビックリって感じですよ^^

前夜のドンチャン騒ぎのあと、
7時半に会社に戻ってくる。
仕事の進展に関するメールなし。
なので、寝る。

グゥグゥ。

15時起床。
メールチェック。
ん?
マンガ家・やまさきわたる氏より、
ネームが届いている。
第1稿、酔っ払った打ち合わせのせいで、
デンジャラスなネームになりました。
やまさきさん、申し訳なかった。
で、第2稿。
お、いいじゃん。
よくぞ奇跡のやり直しを遂げられましたな TT
これでいきましょう。
微調整の赤を入れて、返送。

おんた2.jpg
▲以前より近づいて撮影。なにやら、ブラック・オン太なるキャラがいる!?
 連載3回目にして、やっと風雲急を告げる展開なのか?

ライターH来社。
さすがに持ち帰れなかった、
ヴァナ芸人の取材データから文字起こし。
4時間強のイベント、1時間強の楽屋裏、1時間の主催者インタビュー。
改めて、その量に驚く。
ご苦労様なので、ピザを取ってあげる。
というか、ピザを食わせて働かせるw

書籍編集部のOから、
新ライダーの情報が届く。

桃!?
あまりのショックに1時間呆ける。
いいいいいいいいや、カブトも最初は衝撃を受けた。
慣れるでしょ、きっと。

アンケートの集まりがいい。
協力してくれた、
コーエー、サイトを運営してらっしゃる皆さんに感謝。
自主的に集めようと思ったら、無理ですよ。
そして、回答してくれたプレイヤーの皆さんにも感謝。

今日まで集まったデータをまとめ、
喫煙室にこもって拝見。
ああ、おもしろい。
自分では考えもつかないアプローチが刺激になる。
つい読み込んでしまった。
タバコは空。1時間半もこもってしまった。

ライターHはやっと作業終了。
ごくろうさま。

いろいろと作業をこなして、夜明け前。
ベッドに寝転がると、
FAX着信の音が。
ああ、なんだろ……ムニャムニャ。
な、なにが、届い……。

寝た。


残り13日。2週間を切っちまったー!


▼あなたの思い出に残る、オンラインゲームのエピソードを教えて!

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 17:09 | トラックバック (0)


コネクト!オン編集日記●11月24日(金)


2006/11/25 (土曜日)

コネクト!オンVol.03は、
12月21日(木)発売に向け、ただいま準備中。
今回は、以下のアンケートを展開しています。
皆さん、どうか回答を寄せてください!

★ファイナルファンタジーXI
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/ffxi.cgi

★信長の野望 Online
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/nobunaga.cgi

回答は、順調に集まりつつあります。
毎日、目を通させてもらってますが、
すごいおもしろい!
自分と違うプレイヤーが、
何を考えてプレイをしているか、
それだけでも興味深いのですが、
挙げられた実例が自分では考えもつかない、
遊び方だったり、攻略法だったり。
自分のプレイにも刺激を受けます。
「今度は自分も試してみよう」
と思っちゃいます。
オンラインゲームの楽しみ方が、
広がっていく気がします。

今回のコネクト!オンは、
いつもよりも大勢の声を集めようとしています。
年末スペシャルっていう意識。
それだけの声が集まれば、
いつもより大勢の読者が、
自分がプレイしているオンラインゲームを、
より楽しめると思うんですよね。

漠然とイメージしていましたが、
コネクト!オンVol.03のコンセプトを明確に宣言しましょう。
「大勢の声を聞いて、ゲームをもっと楽しんじゃおう!」
まんまやないか! と突っ込みも入りそうですが、
わかりやすいでしょ?
今回は、これでいきましょう!

午後、本の街・神保町で、ライターT&Kと打ち合わせ。
彼らは、『ファイナルファンタジーXI』担当。
ちょいお役立ちページの作りを相談しました。
そのコーナーは6ページ相当。
普通の攻略に傾きそうな展開を避けながら、
どうやって読者の声を載せていくかを相談。
考えていくうちに、
そのページでは、失敗している人の体験談も参考になるはず、
との結論に至りました。
スキルの高いプレイヤーの声だけでなく、
「自分はヘタだ」と思っているプレイヤーの声も大事。
プレイヤー個人個人の経験は、
結果がどうあれ、
誰かに影響を与えると思います。
記事が豊かになっていくイメージが持てました。
なんつーか、編集部の壁のアインシュタインも、
ベロを出しながら、
「編集は既成概念だけでできる仕事やおまへんで〜」
と言ってるような気がします。

アインシュイタイン.jpg
▲「アイ〜ン」はしませんが、机の横で、柔軟ではない僕の考え方を
 いつも笑っている気がします。

今日まで、
ページの打ち合わせや作業を経てきましたが、
コネクト!オンがどういう雑誌なのか、
今号で見えてきたような気がします。
とはいえ、次号がまるで見えない。
????
作り手の僕がそんなことを述べるのは無責任なのかもしれませんが、
協力してくれる人が増えるほど、
成長していく雑誌のような気がします。
また、その人たちのパーソナリティーで、
核となるコンセプトは変わりませんが、
雑誌の個性が変わるような。
作る段階でまだ、途中ですが、
アンケート、メールそのほか、声を寄せてくれた皆さん、
本当にありがとうございます。
皆さんのおかげで、
コネクト!オンは生きている雑誌だと実感ができました。

その後、
ライターHと打ち合わせ。
ライターBと段取り検討。
天気がいいので、
本日も皇居周辺を流し、いい汗をかく。
社内のシャワールームでさっぱりし、
ライターMからの展開案を検討、返事。
その協力者、編集Oの進捗を確認。
おたより整理、分類。
使用イラストキャプチャー、整理。
前号よりイラスト増。うれしいなぁ。
しかし、みんなきれいに描きますね。
描法もさまざま。器用だよね。
ただし、1点、なんというか、
プリミティブなイラストあり。
『オン太とスライムくん』のスライムを描いたもの。
しかし、いい味。
これも載せちゃおう^^

仕事を切り上げ、
夜半、友人のバースデーパーティに行く。
マンガ『フルーツバスケット』で、
医者をやってる人に似てる彼。
『のだめカンタービレ』の千秋にも似てなくもない。
なので、ちょっと張り込んで、
バイオリンをプレゼント。
もちろん、彼は弾けないw
でも、バイオリンを持つ姿が似合うと思った。
プレゼントはイメージだ。
これから、バイオリンを練習してください。

バイオリン.jpg
▲写真を撮り忘れていたんですが、彼が送ってくれました。

シャンパンで乾杯し、
朝までチャンポンで飲んで大騒ぎ。
6時間酒を飲み続けたが、
仕事をする元気をゲット。
明日もがんばろう。


残り14日。これははたして何のカウントダウンなのくわぁ!?


●本日の買い物
本2.jpg
▲僕は『ファイナルファンタジーXI』で、錬金術合成メイン。
 なので、読むでしょ、これ。
 ゲームでも合成のスキルが攻撃に役立てたら、面白いんだけどね。

▼あなたのオンラインゲームプレイで、影響を受けた人はいますか?
 その人とのエピソードを教えて!

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 22:55 | トラックバック (0)


コネクト!オン編集日記●11月23日(木)


2006/11/24 (金曜日)

コネクト!オンVol.03は、
12月21日(木)発売に向け、広範囲で作業準備中。
いわゆる、取材、素材集めの段階です。
で、今回は、以下のアンケートを展開しています。
皆さんもどうか回答を寄せてください!

★ファイナルファンタジーXI
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/ffxi.cgi

★信長の野望 Online
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/nobunaga.cgi


本日は、Cerberusワールド・ウィンダスにて行われる、
ラフターマニア2006というイベント取材で、ライターHと待機。
各ワールドで活躍するヴァナ芸人さんが大集結する、一大イベントです。
開始時刻前から、
会場は大勢のオーディエンスが集う盛況ぶり。
ライターHの肩越しに画面を覗くだけで、
ワクワクしてきます。
編集部で用意した取材班のタルタルも、
お約束どおり裸になってベストポジションを探す。
「邪魔になるから早く座りなさい」
「あう、も、もうちょい近寄ります」
まぁ、無事に芸人さんを確認できる位置を取れました。

今回はただのイベントレポートではなく、
『ファイナルファンタジーXI』を楽しむアプローチとして、
芸人活動を選んだ人たちの姿を取材。
イベント撮影&一次取材だけで、8メガ超のデータになりました。
取材終了がなんと、夜中の1時半!
これで終わらず、明日は二次取材!
相当な取材量になります。
ヴァナ芸人さんの楽しそうな姿と情熱を、
コネクト!オンVol.03にて紹介しますので、
どうか楽しみにしていてください。

さらに、昼前に嬉しいことがありました。
コネクト!オンVol.02にて、
『ファイナルファンタジーXI』のコンクェストに
情熱を傾けた、赤獅子騎士団のドキュメンタリーを
お届けしましたが、その記事を読んだ、
Caitsithワールド・赤獅子騎士団団長、Benio(紅男)さんから、
メールが届いたのです。
なかなか、熱いメッセージです。
これも、次号のコネクト!オンで紹介いたします。

『信長の野望 Online』のアンケートは、
続々と集まってきています。
まだ、開始してから3日ですが、
すげー数です。
ありがとう。
これらを次回の記事で反映させますね。

ということで、今日はここまで。

残り15日。大変だー大変だー。


▼オンラインゲームのいい話が聞きたいです。
 体験談のある方は、どうか教えて!

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 23:11 | トラックバック (0)


コネクト!オン編集日記●11月22日(水)


2006/11/23 (木曜日)

今日は朝から大事な会議。
社長にコネクト!オンVol.03の企画を通すのです。
ここで認められないと、本誌は地球上のどの国に行っても醗酵できません。
かもすぞ。
いや、発行できません。

「プレイヤーの声をムニャムニャ……」
「年末ということでムニャムニャ……」
「とにかくムニャムニャ……」

気づいたら企画が通ってました!
ビバ! ダ・ボム!

これで、12月21日に無事に出すことが出来ます。
ただし、もうひとつ大事な会議が来週にあります。
何の会議かはまだ秘密ですが、
これも腹をくくっていかねばならない。
また、「ムニャムニャ……」で通しちゃいましょう。

会議終了後、
近くにある皇居のお堀を流す。

おほり.jpg
▲気持ちのいい景色です。

編集者は体力が基本ですからね。
寒いけど、いい天気。
心身ともにリフレッシュします。

白鳥.jpg
▲白鳥を発見。携帯電話のズームでは、ボケボケです。残念。

ライターH来社。
23日に行われる、『ファイナルファンタジーXI』のイベント取材の打ち合わせ。
ただのレポートではなくて、
彼らが何を楽しんでいるかの取材。
プレイヤーのゲームへのアプローチはさまざま。
他の人が何を目標にしているのか、
取材をするほど興味がわいてくるんだよね。
詳細はコネクト!オンVol.03で!
それ以外の特集内容も随時、
お知らせしていきますから!

ということで、
『ファイナルファンタジーXI』のアンケートサーバーを設定しました。
URLは、
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/ffxi.cgi
になります。
どうか、ご協力ください!

この段階でも、記事の準備作業。
まだ形に見えていない事を、
僕を含め、ライターが進めています。
音信不通のライターも数人いて不安ですが、
みんな、それぞれ担当のゲームの世界で、
いろいろなプレイヤーにアクセスしていると思います。
と信じたい(つ_ヽ)

残り16日。あわわわわわ。

●●『信長の野望 Online』アンケート実施中!
プレイヤーの方は意見をお寄せください!

https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/nobunaga.cgi


▼オンラインゲームで忘れられないエピソードを教えてください!

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 19:39 | トラックバック (0)


コネクト!オン編集日記●11月21日(火)


2006/11/22 (水曜日)

結局、そのまま眠れず、徹夜で仕事。
合間に、残りの協力者=★印の人に謝礼を送る作業。
これで、現時点で連絡先がわかってる人はコンプ。
ありがとうございました。
お礼に代えて、薄謝を届けます。
文字は薄いと書くけど、気持ちは厚いですから!
併せて、プレゼント当選者への発送業務も。

休む間もなくライター打ち合わせラッシュ。
この、1〜2時間おきに訪れる訪問が、
『あしたのジョー』に出てきた金龍飛が放つ、
チョムチョムのように効いてくる。

12時。ライターO訪問。
彼は『モンスターハンター2』担当。
軽やかなフットワークが、
いつも嬉しいサプライズをもたらしてくる。
はたして今回も、
取材者の周辺にある、
ほかの面白いものを掘り当てていた。
狩人の履歴書は、
少し記事の膨らみを見せると思う。
14時05分、彼を玄関で見送る。
深々と頭を下げた。

15時。ライターK訪問。
モスラを呼ばない小美人系ライター。
特技が人見知り。
それを乗り越えると、
とたんに饒舌になるそうだ。
今日は饒舌。
ふむ、乗り越えた模様。
よしよし^^
ただ、この先つらいぞ。
オンライン取材、目標20人。
人見知りゆえに、コミュニケーションが少ない、
FPS系のオンラインゲームが好きな彼女に、
MMORPGのPCゲームの取材を命じる。
くすくす。

たっぷり2時間、打ち合わせ。
デザインイメージも書いて伝える。
よし、この2ページは大丈夫だ。
人と話せれば。
成功を祈って、編集部枠としてもらった、
貴重な『真・三國無双BB』の体験版を進呈する。
そんなに人と話さなくても楽しめるぞ。
すでに販売してるから、原稿料が入ったら買いたまえ。

ロム.jpg
▲当選者には、すでに送りました。

コーエーから連絡。
プレイヤーアンケートの告知を、
公式サイトに置いてくれた件。
『信長の野望 Online』を楽しんでるユーザーの
声をたくさん集めようと思ってる。
そのセッションが本日実現。
↓ここにあります。本誌ブログにもリンクを張ってくれてます^^
http://www.gamecity.ne.jp/nobuonpress/

↓そして、実際のアンケートはこちら。
https://www.enterbrain.co.jp/cgi-bin/connecton/nobunaga.cgi

『信長の野望 Online』をプレイしている読者は、
さっそく書き込んでください。
よろちくび^^

18時。ライターT訪問。
『ファイナルファンタジーXI』方面のエース。
Vol.02で、赤獅子のドキュメントを書いた人だ。
厚く話し込む。
取材方法で、少し変更が出たため、話し込んでもなかなか決着を見ない。
会議は踊る、されど進まず。
あの手この手と考えて、
いちおうの形を作り、お互い宿題とする。
とはいえ、こちらもアンケート次第。
その応募フォームのあるサイトのURLは、
明日明記するので、こちらもどうかよろしく。

『オン太とスライムくん』のネーム到着。
(− −)
やはり...........

おんた.jpg
▲とても遠くから『オン太とスライムくん』のネームを撮影。

マンガ家に、
「いやーぼぼぼぼぼぼぼ僕は嫌いじゃないけれど、というか好きなほうと言えなくもないけれど、ほら急いでもなんだしゆっくりしててもそれはそれでなんだけど、明日とかまで待ってみると、きっとなんとかなったりならなかったり、まぁなんだそのいやーとにかくうんうんやっぱり明日まで待ってそれから考えてみるといいかもしれないので明日まで返事待って」
と返事を返す。


もう寝よう。

残り17日。
何のカウントダウンかは、いずれわかるでしょう(つ_ヽ)


▼期待しているオンラインゲームは?

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 00:30 | トラックバック (0)


コネクト!オン編集日記●11月20日(月)


2006/11/21 (火曜日)

締切が少し近づいてきたー(@_@)

もちろん、僕ひとりで作っているわけではなくて、
大勢のライターが各ゲーム、各コーナーを担当して、
ほとんど分業で作っているわけです。
それを統一イメージに整えていくのが、まぁ、僕の仕事なわけですね。

締切が少しずつ近づいてくると、
遠く離れているライターさんから、
メールなどで連絡などが頻繁に入ってきます。
ああ、少しずつ前に進んでいるな、と安心するわけですが、
じつは、まるで動きの見えないライターさんもいるわけです。

集中して仕事をしているかもしれない。
没頭しているからかもしれない。
それで、連絡がないのかもしれない。
と、編集者は自分に言い聞かせて、
安心しようとするわけですが、
「●●さんの担当箇所は、独自の進行だけで進められるわけはない」
という不安要素が結構あったりします。
記事によっては、2週間以上も没頭できるはずはないのです。
そこで、編集者はそれなりに探りを入れるわけです。

「どうですかー、うまくいってますかー」
語尾をオンビキという線で伸ばして、
やわらかい印象のメールをまずは、送るわけですね。
最初は、こんな感じで様子を見ます。
先方がすぐにメールを見るとは限らないし、
1日ぐらい待つのが普通ですが、
たまに、
「大丈夫です。なんとか進めています」
なんて、本当か嘘かわからないリメールでも、すぐに返ってくると、
ちょっと安心するわけですね。
ただ、すぐに返事が返ってくるほど怪しい場合もありますが(つ_ヽ)

というわけで、今日から、
「どうですかー」メールを乱発し始めました。
返事がない場合は、明後日ぐらいから、
「あのー、ちょっと困ってるんですがー」
と不満をあらわにしていきます。
ただ、まだオンビキにする配慮は忘れません。
これが3回目、4回目になると……。
このへんはご想像にお任せしますが、
前号の最後の連絡の際には、
もはやメールではなくなり、携帯電話で、
「ボケ! コラ! カス!」という、
パンキッシュな言葉を頻繁に使ったのを覚えています。
まぁ、そんなときの編集者はトランス状態っぽい感じで、
何をしゃべったか覚えてませんが。
って、覚えてるじゃんw

さて。
本日は、『ファイナルファンタジーXI』の記事内の
マンガのネームが届きました。
ネームというのは、マンガのコマが割ってあって、
人物などがラフスケッチで描かれ、
どんなセリフをしゃべっているかがわかるものです。

ラフ.jpg
▲これがネームです。

マンガ編集は、
10年ほどまえに、1年間経験したぐらいの素人な僕ですが、
コンセプトがあるので、フィニッシュまで進めていけます。
ただ、プロフェッショナルの編集者になると、
これだけで完成の絵が見えるそうで、
ものすごい注意や書き直しの指示が飛ぶそうです。

参考までに申し上げると、
本誌のマンガ家さんは、
かなーり責任感が強く、しっかりと締切を守ってくれます。
本社で、マンガ家さんの担当になって、
地獄を見ている人も知っているので、
西ゆうりさん、やまさきわたるさんには感謝ですねー。

ちょっと預かり、何度か見る。
コンセプトどおり。指定どおり。
で、数時間経って、もう一度見直すことに。
時間を置くほうが、いろいろと気づくことが多いのです。

夕方、オトナファミ編集部と合同の打ち合わせ。
一緒の時期に立ち上がった、エンターブレインの新雑誌です。
こちらと共同で、なにやら宣伝の話。
僕と、オトナファミの小沢とで、
わがままに勝手な提案をしました。
担当者はかなり困惑の様子。
ヒヒヒヒヒヒヒ。

カエル.jpg
▲僕の行き先掲示板を持つカエル。盗んだわけじゃありませんよ(つ_ヽ)

そのまま、読者のおたよりコーナーを任せているライターと打ち合わせで、
地下の社員食堂、その名も殿堂へ。
読者のおたよりページをライターに任せているのは、
すでに1号目から述べているので、ご存知かと思いますが、
かなり珍しいケースですね。
普通は、内部編集者が書いたりするもの。
ただ、このライターはうちのOBで、
この手の原稿が得意だった人。
内部出身者ですから、コンセプトと返事とはどういうものかを、
ちゃんと熟知しているので、任せている次第。
かつては、『ファイナルファンタジーXI』で、
サブリガを穿いて、騒いでいた人ですから、
オンラインゲームもちゃんと理解しているので安心しています。

いやーしかし、今日は寒い。
こんな日は、暖かい鍋で、
うちのスタッフをねぎらいましょう。
って言っても、僕しかいないけどw

というわけで、湯豆腐を作ることにしました。
さっそく、最寄の駅のスーパーまで行き、
ネギと豆腐を買ってきました。
編集部で自炊です。
左にXbox360編集部、右にDS編集部。
気づかれないように、こっそりと作らねばなりません。
まずは鍋をコンビニの袋に入れ、
エレベーターホール横の台所へ。
水を満たしたら、またコンビニの袋に入れて戻ってきます。
あぁ、不便だ。
コネクト!オンがもし10万部を超えたら、
ご褒美として編集部に流しを作ってもらおう。

電気コンロに鍋をかけ、煮立つのを待ちながら、ひと仕事。
ほどよく煮立ってきたら、昆布出汁を入れ、豆腐を入れ、ネギを刻んで入れます。
ここからは慎重に。匂いが漂わないように注意しなければいけません。
しかし、数時間前に左のXbox360編集部は、大勢でピザを食べてましたが、
それよりは控えめな匂いです。フフフフフ。

ネギが柔らかくなったのを確認。
コンロから下ろし、ポン酢の用意。
ついでに蔵元直送の焼酎も。
あー美味しい美味しい。
今度、左右の編集部に人がいなかったら、
すき焼きを作ってみよう。
くすくす^^

ナベ.jpg
▲大雑把なのは仕方ないっすね。男の料理。ネギもカッターで切りましたよw

さきほどのマンガのネームをもう一度見ます。
うん、これでいいでしょう。
ファクスで戻して、マンガ終了。
続いて、届いていた占いのチェック。
ご存知かと思いますが、
オンラインゲーム内での運勢を占っている、アレです。

占い師のAYAさんは、
まだ若いのに修行をしながら、街頭占いも続けて腕を磨き、
いまではラジオ出演などもする、実力を認められた方です。
最初、新宿の居酒屋で初めて会い、
「オンラインゲーム内での〜」というコンセプトを説明し、お願いしたとき、
僕はAYAさんが困惑するだろうと思っていました。
ところが、AYAさんは快諾。
彼女の経験上、人の運勢は、どの時間どの場所にあろうとも、
その人から出でて、現在の状況に反映されるとのこと。
それがゲームキャラでも同じ。
その胸の張り方に感動し、今の占いをお願いしている次第。

AYAさんは、今回も自作のイラストを添えてくれました。
まったりした、意外と味のある作風。
それは2点ありましたが、時期的に合う1点を僕は選択。
今回も誌面で紹介します。お楽しみに。

湯豆腐のおかげで、今日も徹夜の作業をこなせそうです。
ライターの返事もいくつか返ってきて、
明日の打ち合わせもいくつか入りました。
まだまだ、待つ作業ですが、
それは弓を引き絞り始めてるような状態。
あと1週間後には、それを射るような、
動きの激しい作業に変わっていくでしょう。
パンキッシュな言葉を発するような、ね。

今日は、まったりと朝まで仕事をします。


●本日の借り物
らいだ.jpg
▲制作部の友人が貸してくれました。


▼オンラインゲームでおもしろいエピソードがあれば、教えてください!

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 02:54 | トラックバック (0)


コネクト!オン編集日記●11月19日(日)


2006/11/19 (日曜日)

あ! こりゃ大変だ!
オロオロオロ。
こここここんにちは!
コココココネクト!オン編集部のカエル大宮っす。

突然ですが、今日から、
ブログを通して、この雑誌を作っていく日々を、
まったりと伝えていこうかと思います。
プレイヤーが毎日、
ゲームの中で歯を食いしばって前に進んでいます。
自分も毎日、どのように歯を食いしばって、
プレイヤーの声を預かっているのか、
書き記していこうかな、と思います。
速報性も大事ですし、
写真はすべて携帯電話のカメラで撮っちゃいます。
お見苦しい点はご容赦ください。

さて。
冒頭から何を慌てているかというと、
先週まで、トンボライダーのトゥルーラヴが、
メインストーリーだったのに、いきなり今日は、
マスクドライダー計画とゼクトとネイティヴの関係がつながって!
しかも!
あのブラザーがサソードに接触して!
次号予告じゃなんか仲良くしてて!
さらに!
あの人がネイティヴ!

ライダー.jpg
▲画面撮り(つ_ヽ) しかし、大人も楽しめるデキっす。

『仮面ライダーカブト』は、
安部さんとブッシュさんの会談より、
僕にとってはヤベーのでした。
なんか、いきなり核心だし。
@2ヶ月ぐらい?
『仮面ライダーカブト』は、
長い物語を、劇的に終わろうとしてるようです。

コネクト!オンVol.03は、
12月21日発売です。
少し差し迫ってきて、
僕はそれに向けて、
集中して作業に当たっています。
作業中にテレビかよ?
と思うかもしれませんが、
まぁまぁ、今日は日曜日ですし(〜 〜)

で、本日は、
Vol.02を盛り上げてくれた、
本誌登場プレイヤー、
Vol.02の次号予告のページで、
★印がついていたプレイヤーに、
謝礼の発送作業をしていた次第です。

封筒.jpg
▲これが薄謝の山です。

薄謝です薄謝です。
薄い謝礼と書いて、薄謝です。
ああ、日本文化の謙虚な姿勢は、
お礼の品を薄謝としてしまうのです。
感謝の気持ちは熱くて、そして厚くても、
薄謝なのです。
ですので、
汚い字ですが、
せめてお礼の言葉を、と思い、
メッセージを書かせていただいています。
それでも薄謝に変わりはありませんが(つ_ヽ)

Vol.02で★印がついた方、
まもなく届きますので、
どうぞお受けとりくださいね。
ただ、メールだけを送られてきた方など、
送り先とお名前がわからない方もいます。
そういう方には、僕からリメールさせていただいて、
住所を確認させてもらってますが、
オンライン取材の中ではお尋ねするけれど、
答えてくれないプレイヤーもいます。
本誌で★印がついていたけど、
そういえば、住所とか教えてないや、
と思い当たった方は、
どうかはがきを編集部まで送ってください。
待ってます!

明日ぐらいから、
数タイトルのゲームのアンケートを実施していこうと思っています。
URLがペトッと貼られて、
アンケートフォームにブッ飛ぶようになってます。
よければ、ご協力ください。

窓.jpg
▲編集部の窓からは、皇居のお堀が見えます。窓際の部署! 悪い意味じゃありませんヨ^^

さて、これから、
ライターと個別に記事の相談をしていきます。
みなさん、意外と腰が重いので、
ボコッと尻を蹴っ飛ばしたりもしなきゃいけません。
がんばって働いてもらわないと^^

●本日の買い物
本.jpg
▲『はじめの一歩』78巻、『バキ外伝 疵面(スカーフェイス)』3巻。
 侠客(おとこ)立ちバスタオル応募者全員サービスに心が揺れましたw


▼みなさんがプレイしているオンラインゲームは何?

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 18:42 | トラックバック (0)


みなさん、本当にありがとう!


2006/11/14 (火曜日)

コネクト!オンVol.02が発売されて、2週間ちょっと。
編集長代理(誰の代理だ?)としては、やきもきするような毎日ですが、
おかげさまで、好調に売れています。

Vol.01ではなかった現象として、
ネットでの売れ行きがいいみたいです。
どうしてなのか、とネットをウロウロしたところ、
いろいろなサイト、ブログで、
取り上げていただいているからでした。

辛口の意見もありますが、
多くは、取り上げてくださった方たちが、
いろいろな角度からコネクト!オンの面白さを見つけてくださり、
応援、紹介をしてくれているのでした。
あぁ、ありがたい。
本当にありがたいです。
深夜から明け方の作業をしつつ、
そのようなサイト、ブログを目にすると、
ちょっと涙が出てきそうです。
もちろん、元気もいただいています。

作り手の僕としては、
毎号クリアーしていかなければいけない、
いろいろなクォリティーがあります。
Vol.02で、やっと最初の目標は達成しました。
とはいえ、コンプリートはしきれていない。
次の目標を設定し、もっと面白くするために、
がんばらねばいけない、と思っています。

現在、Vol.03の作業に入りました。
プレイヤーの楽しみ方、読者の声を取り上げるため、
アタフタと活動しています。
僕と、一緒に雑誌を手伝ってくれているライターが、
取材協力のお願いをすることもあると思います。
その際、差し支えなければ、どうかご協力ください。
よろしくお願いします!

最後にもう一度。
応援してくれている方々、本当にありがとうございます。
あと、辛口のコメントを下さった方もありがとうございます。
応援の声も、辛口の声も、どちらもコネクト!オン編集部で、
大事に預からせていただきました。

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 06:49 | トラックバック (0)


『ときめきメモリアルONLINE』どないなっとんのですか?


2006/11/07 (火曜日)

コネクト!オンVol.02は好評発売中です。
どうか、買ってくださいね。

本誌では初となる、クリエーターインタビュー。
記念すべきインタビュイーは、メタルユーキさん。
『ときめき』シリーズをプロデュースし続け、
現在は、『ときめきメモリアルONLINE』のサービスを展開しています。

f.JPG

コネクト!オンはプレイヤーのための雑誌。
ゲーム製作者の哲学よりは、プレイヤーの声を拾わせていただくのが最優先、
と考えてきましたが、今回は別です。
『ときめきメモリアルONLINE』のミニゲーム実装延期、サーバーの統合を
心配するプレイヤーの声が届いたため、
同作の熱心なプレイヤーであるライター・midiによる、
プレイヤーの言いたいこと、聞きたいことを代弁するインタビューを、
急遽、企画したのでした。

プレイヤーが納得する回答を得るまでは帰さない、
ならば監禁しちゃおう、とメタルユーキさんには、
失礼なコンセプトだったのかもしれませんが、
快く了解してくださり、自主的な監禁状態(正確には軟禁でしょうかw)の中、
4時間も語ってくださいました。

インタビュアーのmidiは遠慮なく、
プレイヤーの不安、不満をメタルユーキさんに届ける。
はっきり言って、最近見かけないほどの、
切り込んだインタビューです。
メタルユーキさんも、とても丁寧に、
誠意ある回答を返してくれる。
とても実のあるインタビューでした。

サービス精神もたっぷり(編集部の依頼でもあるのですが)で、
ギターモードの衣装に着替えてくれる。
これは記事には書きませんでしたが、
メタルユーキさんは、
衣装一式を大きな紙袋に入れて、
わざわざ持って来てくれたのでした。
インタビュー終了後、
紙袋を提げてお帰りになる姿に、
頭を下げずにはいられませんでした。

メタルユーキさんのやわらかで、かつはっきりとした声質までは、
再現できませんでしたが、プレイヤーのために言わんとしていることは、
忠実に記事にできたはずです。
『ときめきメモリアルONLINE』のプレイヤーは必読の内容
安心と期待を覚えるはず。
ぜひ、読んで下さい。

インタビューの最後は、
メタルユーキさんが作った歌を、
ご本人とmidiでデュエット。
記事では軽く触れていますが、
真剣にフルコーラスで歌いました。
どの歌かは、本誌の記事で確認してみてください。

n.JPG


●アンケートにご協力ください!
同作をプレイしている方にお聞きします。
このゲームの魅力と追加して欲しいサービスを教えてください!

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 20:16 | トラックバック (0)


●『モンスターハンター2』ハンターランク999のプレイヤーの話A


2006/11/02 (木曜日)

ハンターランク999の彼。
外に送り出し、タクシーを呼ぼうとすると、
「おじぃが迎えに来るから大丈夫」
とのこと。
まるで、未来少年コナンのようw
山口県では、みんな「おじぃ」と言うのだろうか。

さすがに、高校生の彼を相手に飲みに行くわけにもいかず、
そのまま別れる。
同行のスタッフは、郷土料理で一杯やれないのが、ちょい不満。
いや、キミは萌え装備完成に向けて、『モンスターハンター2』をプレイせんと。
コンビニで夜食を買い、それぞれの部屋に別れる。

部屋でベッドに寝転がって、
HR999の彼のプレイを思い出す。
行動にムダのないのがすごい。
ギャラリーもテンションが上がるプレイは、
山口県まで来ても見る価値はあった。
本来なら、パーティープレイも見たかったのだけど、
夜も遅いのと、
彼のいつもの環境でプレイさせたかったのがある。
明日が楽しみだ。
           *
翌日。
約束の時間に彼は到着。
聞くと、おじぃの車で来ているとのこと。
申し訳ないと思いつつ、
「おじぃ、お世話になります」
と車に乗り込み、彼の自宅へ。

彼のいつもの環境は、自宅の居間。
ハイビジョンテレビを前に、
小さなテーブルにキーボード、
幼児が座るような小さなイス。
小さなスペースでくつろぐ姿がおもしろい。

MH2-翔太君.jpg

彼のお母さんが、
いろいろともてなしてくれる。
僕と同行スタッフは断りきれないまま、
ビールをいただく。
スポーツカフェの観客の気分。
最高のプレイは十分、ビールのつまみになる。

さっそく、オンラインでテオ・テスカトルを狙うパーティーに飛び込む。
先着のメンバーが、
「HR999! すごいですね」
と声をかけてくる。
声をかけてきたプレイヤーも高みを目指しているはず。
999の重みを僕らと違って受け止めているんだろう。

偶然に入ったパーティーのメンバー全員、
何をなすべきか熟知しており、
すぐに狩場に向かう。
キビキビとした動きがパーティーの力量を表してるよう。
クーラードリンクを飲むメンバー。
と、HR999の彼だけ飲まない。
「どうしたの?」
と聞くと、
「忘れました」
との返事。

あははははは。
愛嬌愛嬌。
人間臭くて、いい。
「HR999なのに飲まないキミを、メンバーはどう思ってるだろう?」
と聞くと、困ったような、すまなそうな顔をしてる。
いいねぇw

初戦。
ガンナーが的確にテオを麻痺させる。
残りのメンバーは頭部を集中的に攻撃。
途中、仲間を回復しあい、
タイミングを見て武器を砥ぎ、
数分であっけなくテオを討伐。

都合4回、テオを狩る。
2回目からは、彼もクーラードリンクを忘れないw
ポイントに来ると、彼はプレイの解説をしてくれる。
「あそこの端のテオを追いかけていくと、こちらは回避無効でダメージを食らう」とか。
1000体以上も倒しているテオ。
動きのパターン認識だけでなく、有利不利の位置取りさえ熟知している。
仲間への必要な言葉も忘れない。
お礼の言葉を出しながら、攻撃し、回避する彼の指先は、
コントローラーを目まぐるしく動く。

同じシーンを何度も見ているかのような安定感で、
パーティーはスキルの高さを見せつけて、完全勝利。
いやぁ、すごいすごい。
ビールも美味しい^^

最後に取材だったことをメンバーに明かし、
掲載の了解をもらうと、全員から快くオッケーの返事。
ありがたい。
彼は自分のことのようにお礼を述べている。

取材も終わり、家を出ようとすると、
おじぃが空港まで送ろう、と言う。
それを辞し、タクシーを呼ぶ。
彼はタクシーの待つ場所まで送ってくれた。
いいプレイを見させてもらった。
彼だけでなく、たまたまパーティーを組んだメンバーも含め、
オンラインゲームの出会いの楽しさみたいなものを再確認できた。
さらにオンラインゲームでの縁が、僕らを山口県まで足を運ばせたと思う。
なんというか、そういうことすべてを記事にしたいな、と唐突に思った。
感傷からかもしれないけど。

ファミ通CONNECT!ON -コネクト!オン- Vol.02の立ち読みはこちらをクリック


●あなたがオンラインゲームで目指している高みはなんでしょうか?
 ゲームタイトルとともに、内容を教えてください!

投稿を大募集!!みんなが主人公の雑誌です!
※投稿のテーマは上記、あるいはこちら
ペンネーム
メールアドレス
投稿本文
弊社プライバシーポリシー(別窓)に同意の上、投稿下さい。
● この投稿は、SSLにより暗号化され、サーバーへ送信されます。
●投稿本文の著作権は、投稿者に帰属しますが、投稿本文及びペンネームは、弊社の発行する雑誌・書籍及び弊社の主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)に掲載されることがあります。投稿者は予め、これを弊社に対し無償で許諾するものとさせていただきます。また、掲載に当たり必要最小限の変更があることも、予め承諾するものとさせていただきます。以上、ご了承ください。


投稿者 コネクト!オン編集部 : 04:07 | トラックバック (0)