« テイルズ オブ ヴェスペリア特集 第十四回 | 360サイコーッ!BLOGのホーム | 【告知】8/29 LIVEパークの模様を・・・ »

テイルズ オブ ヴェスペリア特集 第十五回

2008年08月22日

こんばんわ、19時配信出来なくて
ちょっと凹んでいるジャム爺です。

待ってた方々にすみません。
御飯でも先に喰って来ちゃって下さいw

さて、皆さん。
どこまで進んでますかー?

僕はですね、コゴール砂漠を終えましたがキツかった。
何がって、PTメンバー全員に「1ダメージ」のスキルを
バッチコイ付けていた状態でギガント、ボスと戦闘したからです。
倒すのに1匹40分かかりましたよw
フェイタルストライクとバーストアーッ!の連打です。

ダメージを喰らうと獲得できるグレードが減るのですが
見た事もない数値でした・・・-80.00。
や、やろう・・・喰らいすぎだ。
でもね、最終的に獲得したグレードは+120.00!!(バカw
昨日は船をアレしてアレされた所で終了です。

さて、第15回の今夜は
制作プロデューサーの樋口さんにまたご登場いただきますです。
お話下さった内容は、昨日8月20日に配信された
有料ダウンロードコンテンツの紹介です。
樋口さんがどういう意図でこのコンテンツを配信したのか
そんな所を読み取って貰えればと思います。

後半部分については、
この有料追加DLCが物議を醸し出している中で
僕の所に「オマエの了見言ってみろ」というメッセージが
じゃんじゃか来ました。
なので、僕の思うところを書き殴っています。
だもんで、横のスクロールバーが大変なことになっています。

では早速行きましょうか。



本連載はeb!ファミ通.com、ファミ通Xbox 360
並びにバンダイナムコゲームスさんによる
全面協力の元、書き殴っていきます。
長期連載になりますがどうぞ長い目で
たくさん宜しくお願いします。


第二幕のサブタイトルは、
BNGのファイン清野さんと相談して、
【魔核・製造人】というギルド風の名前にしてみました。
『コア・クリエーター』と読んで下さい。

意味や由来は・・・
TOVの核(コア)を作り出した製造人(クリエーター)達と
TOVのランキングシステムで、記録製造人(クリエーター)として
作品を支えて下さっているなファンの皆さん(コア)が集う場所にしたい
という願いを込めてみました。

-------------------------------------------------------------
テイルズ オブ ヴェスペリア特集
【魔核製造人】
第十五回 〜お役立ちアイテム配信してます〜
【コメント頂戴っ!】
制作プロデューサー 樋口氏
-------------------------------------------------------------

こんにちは。
バンダイナムコゲームスの樋口です。

テイルズ オブ ヴェスペリア
お楽しみ頂けてますでしょうか?
どこまで進みましたか?
もうクリアなさった方々も大分いらっしゃるようです。
ありがとうございます!

ご存知の方も肌で感じている方も多いと思いますが
サブイベントが膨大に散りばめられています。
本当の闘いは二周目からだったりするんです!(゜○゜)
なので一杯グレードを稼いでおいて下さいね?

さて、僕のほうは、ちょっとだけお休みを頂いて、
リフレッシュさせて頂きました。
おかげで体力も気力も情熱もバッチリです!

でもその代わり、あまりゲーム出来てません。
あーやばい、ゲームしたい・・・。
ジャムさん、早く誘って下さい。
遊んじゃう、遊べちゃう理由が欲しいんです。
だからとっとと、僕をXbox LIVEの世界に拉致って下さい(笑


というわけで、これからも
ちょくちょくここに登場して
好き勝手言いながら去って行こうと思います。
どうぞよろしくお願いします!

はい、今日の本題に参りたいと思います。
TOV発売日に、無料のダウンロードコンテンツが配信されましたが、
このたび、有料のコンテンツを配信する事となりました。

再三、雑誌などでお伝えしてきたように、
このコンテンツ内容は主に冒険の手助けとなるような
『お役立ち』なものになってます。

でも逆に言うと、あれ言ってイイのかな?(笑
既にやり込んで下さってる方や
自分なりのプレイ方法を持ってプレイされている方にとっては
必要のないコンテンツかもしれません。
必要かどうかは皆さん自身でご判断下さいね。

ちょっとした「新しい試み」なので、
LIVEに接続出来る方は、ぜひ覗いてみてください〜。
以下にその詳細について書いていきます。



・LVアップ+5 (1) 200MSP
・LVアップ+5 (2) 200MSP
・LVアップ+10 (1) 300MSP
なんと敵と戦わずにレベルを上げる事が出来るアイテムです。
なるべく高いレベルにしておいてから
使った方が得なのは内緒です(当たり前だって? 笑)


・30万ガルド (1) 300MSP
ガルドが全然足りない!稼ぐ時間が勿体ない!
とお嘆きの方にぜひ使って頂きたいアイテムです。
レベルアップと同じく、普通に地道に貯めれば貯まるものです。
「防具、余剰素材を売り払ってもお金が足りない!」
そんな、ここぞという時にご利用ください。





・グミセット 100MSP
・合成素材セットLv1 100MSP
その名の通りです(笑
これ、パックの内容をどうするかでチーム内でも悩んで討論したんです、
結構便利なものになってますのでお試しください。
ところで気づきましたか?「LV1」と言う事は・・・!?


・カロルお用試しスキルセット 80MSP
・リタ用お試しスキルセット 80MSP
・レイヴン用お試しスキルセット 80MSP
・ジュディス用お試しスキルセット 80MSP
・ラピード用お試しスキルセット 80MSP
序盤に便利な各キャラクターのスキルセットです。
ユーリとエステルのは無料配信中なので、
ノリは分かってもらえますでしょうか。
これこそやり込んでる方には、もはや必要ないかも(汗)
自分で闘って覚えていった方が感情移入も出来ますし。
これから始める方やゲームに時間を費やせない方には便利だと思います。


・HP回復料理レシピセット 100MSP
・パラメータアップ料理レシピセット 100MSP
意外とレシピって見つからないんですよね。
ワンダーシェフの擬態ってあんなに分かりやすいのに(笑)
皆さんもっと背景を注意深く観て下さい〜。

というわけで。
見つからない、見つけるのが面倒、時間がないんだよ!
でも便利なレシピが欲しい〜、という方に向けたコンテンツです。

ちなみに、個人的には(みんなそうかも?)
TP回復料理が便利だと思っているので、
それもあった方がいいかなぁ、とか考えてます。


・キャンプセット 100MSP
テントやござなど、フィールド上で
宿屋っぽく回復するアイテムの詰め合わせです。

遠出して素材集めなんかをしている時、
「イチイチ街に帰るのめんどくせーぇ!」
という方には便利だと思います。


以上が、今回の配信内容です。

なにぶん、こういうコンテンツを配信すること自体、
あまり例がありません、僕の知りうる限りは。

好評だった場合、
それはそれで、ゲームバランスどうなのよ?
って事になると思うし、
評判が悪かった場合、
それはそれで間違ってた
という事になりますね。

作品の作り手としては微妙な気持ちだったりしますが、
新しい事をやっていく事には賛成な部分もあります、
皆さん、暖かく見守ってやってください。

そうそう、全てのコンテンツは同一周回(エンディングまで)
では一度しか使用出来なくなってます。
でも一回ダウンロードしたら、
次の周回ではまた使えるようになってますので、ご安心を!

それではまた〜。
----------------------------

樋口さん、ありがとうございました。
大好きな「新しい試み」ですね!?w

いいじゃないですか。
賛否両論出てくると思いますけど
それは「新しい試み」が故、だと思いますし。

はい。
ブログを観て下さっている多くの読者さんから
「僕の了見」を求められている状況だったりもします。
僕がここで何を言っても答えなんぞは出ない、のですが
この連載の末尾に書き殴らせて貰えれば、と思います。
まずは結論から言っちゃいます。


この追加コンテンツが必要だ、
と思った人だけ購入すればいい。


と思います。
この言葉だけでは語弊があるかもしれませんので
ちょっとだけ掘り下げますね。

------------------------------------------------
ファミ通各誌やネット上のインタビューでも。
樋口さんの言葉というか、信念は一貫していました。
(先程、公式ブログ でも樋口さんのコメントが載りましたね)

追加ダウンロードコンテンツはやります。
無料・有料サービスとして出しますが、
ゲームをプレイしていれば手に入るものしか、
ダウンロードコンテンツにはしません、

と言っていました。この発言は・・・
「有料課金しなければ入手できない、そういうモノは作らない。」
という事を示唆していると思うんですね。

ゲーム性が壊れてしまうモノ、それこそチートまがいのモノを
課金で入手できるようにするのはやりたくないから、やりません。
という事でもあるのではないでしょうか。

実際、配信されたアイテムは
ゲームをプレイしていれば入手出来るし、スキルも覚えられます。

では、それでもなぜ配信するか。
それは「ゲームをする時間を確保できない人達」が意外にも多くて、
その人達の痒いところに手が届くようなサービスをしたいが為
ではないのでしょうか。

僕や、TOVにハマっている人達のように「ゲームをする人達」は
一日24時間の中から「ゲームをする時間」を自分達で作って
その限られた時間をフル活用してゲームをプレイしています。
そういう人達にとって、この追加コンテンツは必要ないんです。

スキル上げも、レベル上げも
料理熟練度を鍛えるのも、お金稼ぎも、
僕にとっては「TOVをする面白さ」を構成する大事な要素だからです。

だから必要ないと感じれば、購入しなくてイイんです。
いつもの様に時間を作って、いつもの様に
TOVを遊んで満足すればいい、素敵な時間を過ごせばいい。

------------------------------------------------
でも一方で。
クソ忙しいんだけどゲームしたいんだよ!
でもRPGだろ?LV上げとか金稼ぎとか、術覚えるのとか
めんどくせぇんだ、どうしようかな止めようかな〜。

こういう風に思う人の方も多くいる事を
ゲーム時間を確保する人達も知っておかねばいけません。

残業ばっかりで、勉強する事も多くて
ゲームに時間を割けられない人達」が年々増えています。
「ゲームやりたいけどホント、時間ないんだよなぁ」
と周りで言ってる人多くないですか、数年前に比べて?

そこでTOV開発チームは考えました、いえ考えたんだと思います。
そういう人達にもこの全情熱を注ぎ込んだ「TOV」を遊んで欲しい。
そしてお話をクリアして何かを感じてもらいたい。

では「どうしたらいいか」と考えた末のサービス、そういう風に思います。


なぜ、カジュアル&ノンゲームが流行るか
という事ともリンクしますが話がそれるので割愛w

人それぞれ与えられたコンテンツに対して
色んな思う事があるのは当然です、
どちらの、誰の意見も間違っていない。
でも、片一方を否定することは良くない事だと思います。
自身の視野が狭くなるだけではなく、無作為に人を傷つけるからです。

今回配信になった有料追加ダウンロードコンテンツ、
これらを必要とする人はリアルマネーを出してまで
一体何を何を買ったか、という所が焦点になる
のではないかと思っています。


彼ら、彼女らは「時間」を買った、
のではないかと僕は思います。

------------------------------------------------
有料サービス。
僕らが「サービス」という言葉を耳にすると
脊髄反射的に思うのは「サービス=無料」ではないのでしょうか。

でも現実的には有料なので無料ではありません。
でも上記の様に・・・
「時間を短縮できるコンテンツに対価を支払う」
という考えがアリな人は、有料サービスという言葉を受け入れられるでしょう。


僕?
僕はそうですね、アリな考え人です。
時間というのは有限じゃないですか、
いっつも言ってますもん。
「誰だ、1日が24時間とか決めたヤツ、ぶん殴ってやる!」
ってww

なので自分のかけれる時間を短縮してくれる有料サービスはアリです。
ある種、漫喫やネットカフェと同じ気がするんですね。
漫画読みたい、でも全巻買う余裕ないし、時間もちょっとしかない。
それを満たしてくれるコンテンツ、漫喫がありますよね。
だからお金を支払って時間を買って、欲求満たして満足するわけです。


TOVの様にハマっているゲームについては
自分の費やした時間と労力で出来る限り解いていきたい。
でも、どうしても、必要に迫られてしまった時、
(防具、素材全部売ったけどお金が全然足りない!キーッ!)
そんな時は30万ガルドのコンテンツを買うかもしれませんw

ここで重要だと思う点があります。
マーケットプレースを運営しているマイクロソフト社や
このコンテンツを制作し販売しているバンダイナムコゲームス社が
僕に「買え、買わないとダメ」と強制的に購入させてるワケじゃない事。
購入するのを決めるのは僕です、僕自身が欲しいと思えば買う。

隣の人が買ったから買う、なんか買わないとダメな気がする。
そんな事では絶対にないコンテンツじゃないですかこのTOVのって。

だって、買っても買わなくてもオンライン要素に影響はないんですもの。
これらを全て買ったからと言ってランキングの上位に入るワケじゃない。
あくまで自分が遊んでいる範疇で『役に立つ』ってだけです。


更にここでもう一つ重要な点があります。
バンダイナムコゲームスさんは
有料のダウンロードコンテンツという
「新しい試み」を広めて行こうとしているのは
皆さんもご存じかと思います。

ACE6やアイマス、キャリバー4、そしてTOVと
同社の作品には必ず有料コンテンツが配信されています。
冒頭でも述べましたが「新しい試み」というのは
必ず賛否両論になります、どの業態の施策でもそうです。

配信されたコンテンツをそのままを鵜呑みにせず
皆さん自身でちゃんと見極めてから購入の是非を判断して欲しい
そう、思うのは僕の傲慢でしょうか。

時間をかけても購入しなければゲーム中で手に入らないモノ。
時間をかければ購入しなくてもゲーム中で手に入るモノ。

TOVの追加ダウンロードコンテンツは後者です。
なぜ樋口さん始めとする開発チームが後者の道を選んだのか。

繰り返し言っているみたいで申し訳ないですが
『時間を短縮するアイテムを購入する事で顧客満足度は上がるのか』
というテストであるようにも見えます。

ですが根底に一つ流るるは・・・
『より多くの人にTOVという情熱に最後まで触れて欲しい』
ということなのではないかと思います。

極端に言います。
「○○○マイクロソフトポイントでエンディング観れる」
とかそういうコンテンツを作ってよ!と、
もし言った、言われたとしても
樋口さんや郷田さん、開発チームは断固NO、と答えると思います。

なぜなら・・・・それは


ゲーム性を壊す=プレイする情熱を奪う
という事と同じだからです。


自分達の情熱を具現化した作品を楽しんでくれている人達がいる。
その人達がTOVにぶつけてくれている情熱は絶対に奪いたくない。
だから追加コンテンツ、やるとしても「役立つ」レベルにしかしない。

そうハッキリ答えると思います。
長文、そしてまたもやひっどく暑苦しい文を
最後まで読んで下さったアナタに、ありがとう。


さぁ、またいつものようにTOVを楽しもうじゃないですか。


One For All, All For One, All For 360.
--------------------------------------------------------------
(C)藤島康介
(C)2008 NBGI


ご意見・ご感想はこちら!

投稿者 ジャム爺 : 2008年08月22日 21:02

ソーシャルブックマーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: