ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



« テイルズ オブ ヴェスペリア特集 第一回 | 360サイコーッ!BLOGのホーム

テイルズ オブ ヴェスペリア特集 第二回

2008年06月20日

ジャム爺です。

テイルズ オブ ヴェスペリア (以降 TOV)特集
2連投目です。
なぜだか徹夜です、しかし眠りません更新するまでは。

さて、前回 は体験版のさわり部分として
メニュー画面まわりを紹介しました。
まだまだ掘り下げること一杯あるんですが
そこはね、ほら。余り書き殴ると体験版での楽しみがw

と、言うことで早くも第二回ですって。
今回のネタは、バトルについて書き殴ろうと思います。

どんな技・術があるんだろう。
どんなモーションなんだろう。
新システムってどんなんスか。

そこら辺にまつわる皆さんの好奇心を
ツンツクツン出来れば、これ幸いです。

では、さっそk・・・おっと!
また忘れるところでした。
操作説明書貼付けて・・・っと。

では改めまして。TOV 特集第二回、どうぞ!



本連載はeb!ファミ通.com、ファミ通Xbox 360
並びにバンダイナムコゲームスさんによる
全面協力の元書いていきます。
どうぞ一つ二つ宜しくお願いします。

--------------------------------------------------------------
テイルズ オブ ヴェスペリア特集
【もうひとつのプラスティア】
第二回 体験版でさらに妄想する。

--------------------------------------------------------------



体験版で触れる部分だけでも結構なボリュームがあります。
前回のラストで戦闘に突入するシーンをお見せしましたが
ほぼストレス無しで戦闘に入り、勝利後もそのままフィールドに戻る、と
次世代機のパワーをバックグラウンド的な要素に注ぎ込むのは
ある種の英断だとも思いますし、ユーザーには嬉しい配慮です。


戦闘終了後のリザルト画面のスキップ機能はお馴染みですが
良いテンポでサクサクっと消すことが出来ました。
キャラクターの動きはしつこいようですが60フレームで出来てます。
PS2時代は30フレームってよく言われています。
単純計算ですが、動きの表現力が倍出来るようになってる感じです。
だもんで勝利ポーズの動きもなんだか自然です、気持ち悪いくらいw


獲得したグレードの詳細をジックリみたい場合は
上の画面写真の様に一覧をワンボタンで出せます。
0.0の世界でグレードが計算されてる事が分かります。
細かい!細かいよ!
新要素のフェイタルストライクで
得られるグレードはダンチガイ
ですね。
僕はこの獲得したグレードの詳細を見るのが好きです。
なんか数字が出て指標となるものがあるので
どうやったら巧く立ち回れるかなぁ、とか考えちゃいます。
皆さんはどうですかね。

--------------------------------------------------------------

さて、60フレームでヌルヌル動く術・技の一部をお見せします。

カメラワークも従来作品と同じく中心点となる対象物を指定できます。
(エネミー、ターゲット、パーティー、オールだったかな。)
上の画面写真はフィールドを元気よく駆けるラピードですが
次世代テイルズ オブはカメラワークもスムーズでした。
巧く説明が出来ないので口惜しいのですが
カメラがグルングルン廻るのではなくスーッと
操作キャラの動きにあわせて動いている感じです。
では、術・技のモーションを見ていきましょう。

●技名:流影牙   主演:ラピード
普段はキセル咥えてますが、戦闘だと短刀を持つ愛犬ラピード。

短刀を左右にブン回して攻撃します。
首を左右に振るだけではなく予備動作、振り切る所まで
モーションが入ってます。

キメのジャンプしながら攻撃します。
巧く技が入れば、軽い敵ならばダウンします。
この後ちゃんと着地して一瞬踏ん張る動作もします。


●技名:風塵狼破  主演:ユーリ
口悪く、皮肉屋でも兄貴的存在ってどんだけ?な主人公ユーリ。

右拳に力を溜めて、「はじめの○歩」の
ドラゴンフィッシュブローが如く打ち下ろしチョッピングライトですw

シリーズお馴染み「獅子戦吼」のユーリ版っぽいですね。
獅子がすっ飛んでいく変わりに狼がガブッと行きます。
従来のは隙だらけでしたが、ユーリ版は意外と動作が速かったですね。
(だもんで、撮るのも相当大変でした0コンマの世界ですよ、もうw)


●術名:ナイチンゲール  主演:エステル
所謂お嬢様、城の外に初めて出てビックリのお嬢エステル。

辺りが急に暗くなり、発動箇所から天使が浮き出ます。
何気にお手々のシワとシワをあわせてなんちゃら、ってやってます。

ある程度上昇すると目映い光を発します。
これがですね、もの凄く綺麗です。
光に包まれるとHPががっつり回復します。

オシゴトが終わると天使さんはちゃっちゃ帰ります。
なんて尽くす子なんだ、と。(癒し魔術だからそりゃねw)
今回の体験版で一番好きな術技はナイチンゲールですw


戦闘部分の番外編としまして
「オーバーリミッツ」のモーションも見てみましょう。


■私のオーバーリミッツ  主演:リタ
上では出番がなかったのでここで登場、ツンデレ助演女優リタです。

発動させると、ピンカメラで映されます、オンステージですね。
リタの場合は、妖しく構えたあと発光。

武器を振り回しながら華麗に一回転。
片腕をクロスして、キメポーズ!
バレエみたいでしたよ、ヌルヌル踊ってます。

キメるとトンでもなく眩しい光が衝撃波の様に出ます。
これ、一瞬過ぎて見逃しちゃいそうな位早いんです。
衝撃波が広がって、そのまま元の画面に戻るんですが
お客さんね、ちょっとカッコイイですよ、やりますよこのコはw

この衝撃波はぶっ飛ばし判定が付いてます。
オーバーリミッツを接近戦で当てると花火みたいに撃ち上がります。

自分でやるのはいいですけど、ボスにコレをやられると・・・泣けます。
ちなみに操作キャラではなくてもこの演出は入ります。
と、いうことはボスのオーバーリミッツも観る事が出来るって話ですね。

--------------------------------------------------------------

おっと、忘れちゃイケマセン。
今作はですね、シンフォニア、アビスと同じ様に
戦闘フィールドを動き回ることが出来ます。
えっとね、なんて言いましたかな・・・そう!
フレックスレンジリニアモーションバトルシステム
といいまして。(略してFR-LMBS、軍事兵器みたいね。)

ヴェスペリアではFR-LMBSを改善したバージョン
エヴォルブドフレックスレンジリニアモーションバトルシステム
を採用しているそうです。(略してEFR-LMBS、書いてて舌噛んだね。)


一例ですけども相手の後ろを取るのに使用する
フリーラン」についても少し触れときます。

操作は簡単、左トリガー( LT )を引きながら左スティック。
これで自由に、ウネウネとフィールドを動けます。
ちょっと背後に回ってみましょう。

敵正面から側面に、であっという間にお尻に到達。
この後はもう好きにタコ殴りにして下さい。
フリーラン時のモーションもなかなかカッコイイですよ。

そして・・・

今作から加わった新しいシステムの一つが
フェイタルストライク(以下 FS )。
ザコ敵なら一撃、ボス級の敵には大ダメージ!
HPも回復しちゃうし経験値、落とすアイテムにボーナス効果!
当てればイイ事しか起きないシステムです。
発動の仕方は、これから画面写真使って説明しますね。
一言で言うと、タイミングが難しい〜、慣れが必要〜♪です。


戦闘中に「 RB ボタン」を押しっぱなしにすると
画面がちょっと暗転して、ターゲットを選択する事が出来ます。
画面中央にいる敵の頭上をよく見て下さい。
何やら、上矢印で蒼、右矢印で緑、そして下矢印で赤
合計3本のゲージが見えると思います。
これが「FS 耐久値」ってやつです。


各術技にはこの三色のどれかが割り当てられていて
FS 特性」とか言います。
戦闘で各技(各色)をテンポ良く(コレ大事)当てていくと
画面写真のようにゲージが減っていきます。
同じ技ばかり繰り返してるとこのゲージは効率よく減りません。
なのでテンポ良く!(しつこいw)当てて下さいましよ。


敵のFS 耐久値がガクッと減ると
減ったゲージの色をしたエフェクトがバシンッ!と光ります。
はい、『アッタクチャーンス!』で御座いますよ、お客さん。
実際やってみました、へたくそですけどねw


緑の方陣が出ている間に(瞬間かもしれません)
右トリガー(RT)をドウリャッ!と引きます。
するとカメラが切り替わって・・・


なんかユーリが溜めてますね。
その次の瞬間、敵に向かって突貫っ!
左の写真、下部を見てみて下さい。
FSを当てた時にHPが回復しているでしょ。
こりゃあお得です。


で相手を突き抜けて、ちょっとしたキメポーズです。
居合い斬りみたいでカッコイイですね。

尚、緑で発動させると居合い斬りですが蒼だと・・・
真上に切り上げます、赤は・・・ごめんまだ見てないw
妄想ですけど、FSはキャラ毎にモーションが用意されてるのでは?と。

ちょっと慣れが必要です、戦闘が派手ですし
気付かずにごり押しでガチャガチャやってると発動しませんぜ。

光った!?と思ったら動作を止めて右トリガーを引くクセを
この体験版で特訓して下さい。
好きなキメモーションのFS耐久値を削ってバチコイッ!ってな事も
慣れれば出来るんじゃないかと、むしろそう遊べ、と?w

--------------------------------------------------------------

はい、大分イイ感じの長さになって来ました。
大丈夫ですか、読み疲れてませんか?
ここまで読んでくれたお返し、かどうかわかんないけど
この体験版で間違いなく多くの人が苦戦するであろうボス。
こいつを攻略するコツ的なのをお届けします。
見たくない人も居ると思うので文字色を変えておきますね。


森をある程度進んでいくと、いきなりコイツが出てきます。
その名も『ガットゥーゾ』・・・ん、ガットゥーゾ!?
え、え、ACミランの狂犬 !?
狂犬・・・このボスも見た目からして狂犬。
ああっ!そうかい、樋口さんそういう事ですか、そうですか!w


こいつ、普通に戦ってると滅茶苦茶強いんです。
突進してくるし、一撃がとにかく重い。
しかもオーバーリミッツしてきます。
接近した状態でやられると、ブワッ!て浮かされダウンし
一緒にいるプチ狂犬(ガットゥーゾ・ピコ)にフルボッコです。
ゲームオーバーになると仕様上、始めっからやり直しです。
ココまで来たんですから倒したいですよね、はい倒しましょう。







まず、ターゲット変更(RB ボタンと左スティック)で
周りを良く見渡してみて下さい。
戦闘フィールド数カ所に『ビリバリハの花』が咲いてます。
そう、勘の良い方は正解です。
(ボス出現ポイントに到達する前にイベントがあったでしょ?)

この花のある特性を使ってこの狂犬をブッ倒してやりましょう。
やり方は至ってシンプルです。
ターゲットをこのビリバリハの花にしておき
敵を引きつけて、引きつけて〜。
イイ感じのタイミングで攻撃っ!


すると花から花粉がバラまかれます。
この花粉、触ると・・・なんとピヨり(気絶し)ます!
画面写真はモロ失敗です、花に近すぎて
僕もプチ狂犬も一緒にピヨピヨしちゃいました。
この花粉をあのデッカイ狂犬にぶつけるんです。


気絶させて、フルボッコにし、ダウンを奪うと
こ〜んな画面が出てきます。
グ〜〜〜レィッットォォッ!言われてますね。
なんでしょうね、これね。
とりあえずなんか嬉しいので良しとします。


花を巧く利用して、削っていきます。






もちろん連携を考えて積極的にフェイタルストライクも
狙って下さい、っていうか狙わないとキツいと思います。


満身創痍になりながら戦っていると・・・?
ドッカーーーン!ズンガラガッシャーンパラリラパラリラ!
(分かってると思いますがこんなエフェクト音は絶対鳴りません。)
轟音と共に崩れる狂犬。


問一、さて、問題です。キメたのは誰でしょうーか。
画面をよく見れば分かっちゃいます。


答え、リタの水属性魔法『シャンパーニュ』で倒してます。
一見するとラピードが斬って倒した様に見えます。
んだが、画面下部のステータス見ると
ラピード君は超ノリノリで「アップルグミ」を自分で飲んでます。

ほら、かわいいでしょ、ラピード?ww
ねね、憎めないでしょ、ラピード!ww


戦闘のリザルト画面で不思議な文字が出ました。
〜シークレット ミッション コンプリート!〜

なんすかね、これ。
多分、花を使ってヤツをダウンさせた時に
「GREAT!」と出たのでそれの事でしょうか。

こういう感じで、ボス戦等で
戦闘フィールド上で何か特定のことをすると
イイ事が起きる予感がムンムンです。
そう、そうですよ実績解除ではないのですか!?

--------------------------------------------------------------


見事、狂犬『ガットゥーゾ』を倒した一行は
海が見渡せる場所に到達しました。
ここら辺、カメラのパン(カメラワーク)
今までの「テイルズ オブ」とは違い、イイ感じです。



初めて海をみるメンバーもいてですね・・・
こう色々とね、老若男女、それぞれ思う所があるわけですね。

海はまたいくらでも見られる。
旅なんていくらでもできるさ。

皮肉屋の兄貴がちょっと素敵な台詞でキメて
体験版はひとまず終わります。

--------------------------------------------------------------

はい、という感じで御座います。
前回時よりも大分文字数含め
長くなっちゃいましたが、正直書ききれてません。

でもあんまり書いちゃってもつまらんと思いますし
腹八分?くらいが丁度良いかもしれませんね。

して、体験版ですけども。
これをチンタラと書いている間に体験版が配信開始されてました!!w

一度、遊ぶだけでどうぞご判断なさらないよう。
キャラ変えてみたり、スキルや作戦を弄ってみたりと
二度、三度と毎度違う遊び方をしてみて下さい。

俯瞰で見ると半ば妄信的とも言えるこの記事の意味が
分かって貰えるんじゃないかと思います。

今日は一挙に2回更新させて頂きました!
いかがでしたでしょうかね。
体験版を遊んだ感想や、ブログを見た感想、お待ちしてます。


だば、また次回!
--------------------------------------------------------------
(C)藤島康介
(C)2008 NBGI


ご意見・ご感想はこちら!

(C)Microsoft Corporation. All Rights Reserved.

投稿者 jamzy : 2008年06月20日 19:10

ソーシャルブックマーク

はてなブックマークに追加 ライブドアクリップに追加 Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: