« 【コメント頂戴っ!】ローカライズというオシゴト〜UBI編第四回〜 | 360サイコーッ!BLOGのホーム | 今日のLIVEパークはロスコロですよ。 »

ACfA特集シーズン2【NEXT Answer Is You】第二回

2008年05月30日

どうも、ジャム爺です。


ACfAの連載第二回でございます。
来たる6月中旬配信予定の新レギュレーション(Ver.1.20X)に
ついてはどこらへんが変わるのか、フロムさんに
別途聞いてこようと思ってます。
オンライン対戦プレイに特化したレギュレーション設定になっていると
また盛り上がっていいのですが。

さて。
ACfAを作った人達にとっての答えは何だったのか。
それを観て僕らなりの答えはどうなるのか。
開発者さんのACfA、あの機体の設定だったり、裏話をリレー形式で
綴って行こうと思います。

あ。
今回は末文に、フロムさんとの
合同企画の発表と募集を告知します。

内容?
えっと、どちらかと言うと初心者さん向けかもしれません。
そうそう、僕みたいな初心者向けw

で、では早速行ってみましょうか。


この連載の先に、答えを見つけた。

※前回も告知したんですが
このシーズン2連載開始を祝してフロムさんに
FLASHするバナーを造って頂きました。
別タイトルとローテションで廻っているので、更新とかF5とか押してみて下さい!
ここで登場する画像たち、実はこの連載用として新たに描いて貰っている作品も!

--------------------------------------------------------------
アーマード・コア フォーアンサー特集シーズン2
【NEXT Answer Is You】
第二回〜デザイナー・三木真宏氏〜

--------------------------------------------------------------


どうも、初めまして!
フロム・ソフトウェア 制作一部 デザインセクション 三木真宏です。
僕はプレイヤーとして初代ACからプレイし続けている
レイヴン、リンクスだったりします。
入社してからずっとACのイメージ部分を手掛けていて、
ACfAでも色々なデザインをさせていただいたのですが、
今回は物語の中でも重要な世界観を形作っている
”クレイドル”についてお話したいと思います。

このクレイドル、人類自らが汚染した地上と、
衛星軌道上にばら撒かれ放置されたアサルト・セルによって、
逃げ場を失った人類が見出した最後の生存可能領域、
「高度7000mの空」を飛び続ける為に生まれました。

平均全幅4km、標準で約1000万人、最大連結状態でなんと
約2000万人もの人口を収容できます!

どこにそんな沢山の人が居住しているのかと言うと、
お気付きの方は沢山いると思いますが、
ACで出撃してまず着地するであろうその足元、
クレイドルの”羽根の部分”が巨大な居住区となっています。

その羽根にある天窓から中を覗けば、
マンションの窓のような建造物があるのを確認できるので、
居住区であることを理解してもらえることでしょう。
この部分を再現するために、3Dモデル担当の方に
50cm単位でテクスチャをずらしてもらったりした記憶があったりします。

ACからの視点で一望できる範囲に2000万人も収容しているのを考えると、
「いくらなんでも小さ過ぎる!」
「中の人はスシ詰めで暮らしているのか?」

と思われるかもしれませんが、
全長約10mのACで実際に近くに寄って比較してみると、
居住区の厚み(高さ)は最大で40m以上もあるのです。

40mと言うと、10階建てのビルが納まる高さですね。
その内の全てが居住区と言うわけではないですが、
中は意外と広くなっていて、ショッピングモールや階層を吹き抜けにした
広々としたフロアも中にあるのかもしれません。
全幅4kmで収まっている居住区を1枚のフロアに直したなら、
とてつもない広さになることでしょう。

と言った感じですが、クレイドルの大きさを実感していただけたでしょうか?
この記事を機会にACfAの世界に浸っていただけると幸いです。

フロム・ソフトウェアの次なる作品も頑張りたいと思いますので、
ぜひぜひご期待ください。
ありがとうございました!


--------------------------------------------------------------

三木さんどうもありがとうございました。
前回のSoMWのお話もそうですが
プレイしていて感じている以上に細かい設定が、世界観が、
施されている作品ですね。

20,000,000人が暮らしている建造物をフィールドで
ドンパチしてる僕らは一体守ってるのか攻めているのか・・・ (・x・;)

はい、そんなわけで企画告知です。

--------------------------------------------------------------
題名:
【ハイ!オシエテ!鍋さん】


概要:
主にオンライン対戦でのアセンブルに悩んでいる貴方。
色んなサイトや文献調べてもしっくりこない貴方。
なんだったらこのブログを通じて
本作開発プロデューサーの鍋島さんに
アセンブルに関する悩みを聞いてみませんか?


要項:
ブログ最下段にある「ご意見・ご要望はこちら!」に
以下のテンプレートをコピー&ペーストして
貴方がアセンブルで悩んでいる事を明記して送ってください。
鍋島Pがチェックしたのち、採用されたお悩みは本ブログで
鍋島P本人から答えを伝えてもらいます。


注意:
・アームズフォートの攻略法などについてはお答えできません。
・募集させていただいている項目以外のことについてもお答えできかねます。
 予めご了承下さいね。あくまでアセンブルに関してのご相談を募集しています。
・PS3版、360版どちらをお持ちの方でもご応募ください、ハードの垣根はありません。
・本文中の「※」は注意事項ですので、ご応募頂く際は消して下さると嬉しいです。


<以下メールに記載頂く項目>
件名【ハイ!オシエテ!鍋さん】

○本文
1)お名前:
※ペンネーム、ハンドルネームとかをここに。

2)機体構成:
※機体図面を画像ファイル形式で添付頂くだけでは
撮影の状況・画質によって分かりづらい場合もありますので
下記のテンプレシートに構成パーツを書いてもらえると助かります。

→HEAD(頭部):

→CORE(コア):

→ARMS(腕部):

→LEGS(脚部):

→FCS:

→GENERATOR(ジェネレータ):

→MAIN BOOSTER(メインブースタ):

→BACK BOOSTER(バックブースタ):

→SIDE BOOSTER(サイドブースタ):

→OVERED BOOSTER(オーバードブースタ):

→ARM UNIT(腕部武器):

→ BACK UNIT(背中武器):

→SHOULDER UNIT(肩武器):


3)ゲームの進行状況
※この欄にまた貴方のゲーム進行状況もあわせて記載頂けると
より具体的なヒントも具体的になるかと思います。
(3週目クリア!、ハードモード○○までクリア!)


4)相談内容
※現状の機体構成からから、どういったコンセプトの機体を構築したいのか
を明確に教えてください。「オススメを教えて!」では採用も難しいと思います。

--------------------------------------------------------------
どういった相談が来るのか、やってみないとわかりません!w
なので皆さんも試しに応募してみてください!
お待ちしてます!!


(C)1997-2008 FromSoftware, Inc. All rights reserved. 


ご意見・ご感想はこちら!

投稿者 ジャム爺 : 2008年05月30日 00:40

ソーシャルブックマーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: