『メッセサンオー稲越のテレビゲームの売りかた』

第32回:じつはPSP goも見てたりして。

こんにちは。
秋葉原のゲームショップ“メッセサンオー”の中の人、稲越です。

いよいよ8月最終週ということで、朝からピュアな紳士の皆様が大勢いらっしゃってます。っていうか『ドリームクラブ』しか売ってねぇ。。。。。

さて、前回は新型プレイステーション3についてのみ書きましたが、じつはソニーさんの発表会では新型プレイステーション3の横にPSP goと専用周辺機器も展示されていました。

PSP go自体はちょっとまえに実機を触らせてもらう機会があったのですが、専用周辺機器は初披露。詳細はまだ公開しちゃいけないらしいので伏せさせていただきますが、映像出力ケーブルやポーチの類の定番品からこんなものまでソニーが出すのか? というもので多種多様でしたね。ちょっと残念なのが既存のワンセグチューナーやGPSレシーバーなどを接続することができるようになる接続ケーブルが展示されていなかったことと、手持ちのUMDソフトをPSP goにインストールできるドライブなどの発表がやっぱりなかったこと。

前者は冷静に考えれば実使用にはかなり無理があると思うんだよね。コネクタが本体下部なんで、どうあがいてもしっくりと装着できるわけがない。なんで“出ます”とか言っちゃったんだろう? 言ってないんだっけ? とにかくいまの時点で展示してないので少なくとも本体と同時発売はないな。
 

後者はユーザーが1番望んでいるもので、PSP goが売れるためには必須だと思うんだが、コピー対策? 理想はわからないでもないが、もうちょっと現実を見て考えてほしいです。簡単に考えれば、いまのPSP‐3000は本体とソフトをいっしょに買ってしまえば電車で遊びながら帰ることができるけど、PSP goはそんなこともできない訳で……。まさかいきなりPlayStation Spotを目指せと? せめて『みんなのスッキリ』あたりをプリインストールしておいてほしいものです。

こちらも発表会が終わってから入荷台数の提示がありました。黒のほうがちょっとだけ多くて、逆算すると白黒合わせて初回は15万欠けるくらい? 海外のほうが1ヵ月も先行発売されているので、妥当(?)な数ですかね。予約開始が9月3日厳守って言われてるんだけど、ソニーさんとしては新型プレイステーション3を買ってついでにPSP goも予約してほしいっていうイメージなんでしょうか? ソコマデオカネニヨユウナイトオモウヨ。

肝心のPSP go本体の印象については、以前触らせてもらったときに思った以上に軽い&小さい感じでした。残念ながらソフトはインストールされていなかったので、プレイした感想はお伝えできないが、ソフトが空の状態でも内蔵メモリの残容量が16ギガバイトよりだいぶ少なかったのは内緒の話だ。製品版では変わるのかな?

正直思っていたよりいいマシンだとは思うけど「売れるか?」と聞かれると「分からない」っていうのが正直な感想。発売日は「売れる」と思うけどその後というと「売れない」ほうに“こころは、動いて”ます。前回も書いたけど新型プレイステーション3と比べると割高に感じるし、ゲームソフトがダウンロード限定っていう仕組みで利益を出すのはいまの日本市場では無理だろうからね。とりあえずはこれでソニー陣営の年末は見えてきたので、つぎはマイクロソフトですね。大方の予想通り海外では値下げを発表したようですが……これについては次回以降のお話とさせていただきます。

最後に店頭イベント情報です。 
 

★メッセサンオー体験会スケジュール★


■プレイステーション3用ソフト『機動戦士ガンダム戦記』店頭体験会
日時:9月3日(木)時間未定
※新型プレイステーション3実機を使用しての体験会となります。

■ プレイステーション3&PSP『428  〜封鎖された渋谷で〜』店頭体験会
日時:9月5日(土)午後1時〜午後5時予定
※プレイステーション3版は新型プレイステーション3実機を使用しての体験会となります。 



※メッセサンオーの公式サイトはこちら

プロフィール

秋葉原の老舗ゲームショップ、メッセサンオーにて家庭用TVゲーム売り場を取りまとめる。趣味はアジア旅行とTVゲーム収集。とうとうピンク色の仮面ライダーになじめなかったが結末は劇場版でって……。最後まで商魂たくましいライダーだな。観に行かなきゃ!