エオルゼア通信Blog

『ファイナルファンタジーXIV』のブログです

より遊びやすくなった1.16パッチノート【まじん】

ララフェル好きのまじんです。
3月4日に1.16パッチノートが適用されました。
いつもと同じように気になる部分を抜粋して雑感をお伝えします。

詳しい変更内容は、こちらを参照してください。
<1.16パッチノートはこちら>


【イベント関連】
>サブクエストが追加されました。
>オファー条件がそろっている場合、NPCの頭に「!」が表示され、
>進行中も次に話しかけるべきNPCなどの頭に同様に「!」が
>表示されます。また、マップやコンパス・ウイジェットにも
>「!」が表示されます。
>※サブクエストでは討伐対象のモンスターを倒した際に、
>経験値/修錬値/アイテムは入手できません。
>※プロデューサーレターなどで「ミニクエスト」と呼んでいましたが、
>「サブクエスト」に名称が変更になりました。
------各国に数種類ずつ用意されていて、
------報酬として貴重な装備品がもらえるクエストも。

>ローカルリーヴの依頼品を製作した直後に、
>再度注文書を選ぶことなく
>そのまま同じ依頼品の製作を開始できる選択肢が
>表示されるようになりました。
------よりスピーディーに製作できるようになり、
------ローカルリーヴの達成が早い早い!
------個人的に今回いちばんうれしい仕様変更です。

>ローカルリーヴに関して、以下の変更が行われました。
>リーヴクエストを受注する際、推奨特技ランク1〜、ランク20〜、
>ランク40〜のカテゴリから選択できるようになりました。
>※適正なランクのローカルリーヴが出現しやすくなりました。
>※同じ名称のリーヴクエストが違うランク帯に出現している場合、
>どれかひとつしか受注することができません。
------試しにランク40からのローカルリーヴを受注したところ、
------適正ランクのリーヴが2種類ありました。
------以前は高ランクのリーヴは適正のものが
------受注できない場合が多く、
------すごくうれしい仕様変更ですね。

>ローカルリーヴによって得られる経験値/修錬値が
>引き下げられました。
------体感では、1割程度引き下げられた感じです。
------それでも適正ランクのリーヴが受けやすくなったので、
------以前よりランク上げは楽になってると思います。

>ローカルリーヴで作成したレシピが
>「レパートリー」に登録されなくなりました。
>※パッチ1.16前までにレパートリーに
>登録されていたものはそのまま登録されています。
------よく製作するレシピが上書きされてしまってたので、
------地味に【やったー!!】


【バトル関連】
>一部モンスターのサイズが調整されました。
>※モンスターの強さやステータスなどに変更はありません。
------かなり多くのモンスターがサイズアップしています。
------一部のモンスターの大きさはさほど変わらない気がしますが、
------マーモットやコブランなど小さいモンスターは
------かなりデカくなっていますよ!

majin_012_001.jpg

majin_012_002.jpg
ランク40のリージョナルリーヴで訪れるキャンプ・
ブロークンウォーターのクォーツ・ドブランの比較です。
ララフェルと比べるとかなり大きくなっているのがわかります。

majin_012_003.jpg
ペイストやアルドゴート・ナニーなどの大型モンスターは、
サイズに変更がないように感じました。

>アクティブなモンスターに
>専用のアイコンが表示されるようになりました。
------どれがアクティブモンスターだったか
------忘れやすい自分には【やったー!!】

>以下のモンスターのHPが引き上げられました。
>アイアンコブラン/カッパーコブラン/クォーツ・ドブラン/
>コブラン/スフェーン・ドブラン/ドブラン/
>ヘリオドール・ドブラン/レッドコブラン
------以前と比べてHPが倍くらい増えた気がします。
------まだまだHPが少なく、倒しやすいモンスターなので
------修練値は稼げるかと。

>パッシブモード時にMPが回復するようになりました。
------HPの回復速度と同じまではいかないものの、
------かなりのスピードで回復しましたよ。
------MPの回復手段が少ないファイター職には
------うれしいのではないでしょうか。

>以下のアクションのリキャスト時間が 60秒 → 30秒 に
>変更されました。
>プロスペクト/プロスペクトII/プロスペクトIII/
>プロスペクトIV/プロスペクトV/トライアングレート/
>トライアングレートII/トライアングレートIII/
>トライアングレートIV/トライアングレートV/ダウズ/
>ダウズII/ダウズIII/ダウズIV/ダウズV
------採集ポイントがより発見しやすくなりそうですね。


【アイテム関連】
>適正クラス/適正ランク以上で装備している装備品に関して、
>消耗速度が緩和されました。
------小型呪具でリージョナルリーヴをひとつ終わらせたところ、
------6%しか消耗していませんでした。
------たしか以前なら10%以上消耗していましたね。

>装備品が「古品」になる耐久度の数値が、
>50% → 35% に変更されました。
------35%までは、装備品の性能が劣化しなくなったのかな?


【システム関連】
>テキストコマンド「/clock」で、
>以下の項目が表示されるようになりました。
>神符が増加するまでの時間
------神符をどのタイミングで使えばいいか迷わずになりそうです。

>ステータスなどの効果を表示するエリアをマウスオーバーした際、
>その範囲が分かるように枠線の表示が追加されました。
------UI(ユーザーインターフェース)の
------位置を動かす人にとっては【やったー!!】?
majin_012_004.jpg


>以下の操作にて、対象をターゲットできるようになりました。
>キーボードの「←」「→」キー
>ネームプレートをクリック
------キーボードとマウスでの操作が
------ドンドン快適になっていきますね。

>ゲームパッドにおけるターゲット選択時に、
>選択できる対象を特定のグループのみに制限できる
>ターゲットサークル機能が追加されました。
>ターゲットサークルはキーボードの「↑」「↓」キー、
>またはゲームパッドで「ターゲット切り替え/
>メニュー操作(上、下)」に割り当てているボタンで
>選ぶことができます。
------テキストコマンドのを使えばターゲット選択を問わず
------どれでもターゲットできるので、
------パーティプレイ中の戦闘は基本的に敵グループのみの
------ターゲットにして、ケアルなどの回復魔法は
------を使うと便利そうです。

>「ジャーナル」に関して、以下の変更が行われました。
>現在進行中のクエスト、サブクエスト、リージョナルリーヴ、
>ローカルリーヴがすべて同じリストに表示されるようになりました。
>また、各クエスト/ギルドリーヴの項目に
>「現状受注数/最大受注数」が表示されるようになりました。
>終了したクエストの項目に「サブクエスト」が追加されました。
------見やすくなって【やったー!!】

>別の場所でリテイナーを呼び出していても、
>呼び出せるようになりました。
>※呼び出したリテイナーを元の位置に戻すことはできません。
>※スタンドを借りているリテイナーを呼び出した場合、
>スタンドは解除されます。
------リテイナーのひとりはバザー用、
------もうひとりは他国でも呼び出せるようにしていましたが、
------どちらのリテイナーにもバザーをさせて、
------必要なときだけ呼び出すようにするといいかも。

>エモーションのテキストコマンドが、
>エモートリストの各エモートの後ろに表示されるようになりました。
------辞書登録をしてテキストコマンドでエモーションを使うことが
------多かったので、対応したテキストコマンドが
------すぐわかるようになったのがうれしいですね。

>採集に関して、以下のアクションが高速化されました。
>採集開始時/終了時のアクション
>サブアームにおける採集時のアニメーションスピード
------効率アップでアイテムが集めやすくなり、
------修練値も稼ぎやすそうですね。

UIはさらに改善され、ストレスを感じずに遊べるようになりました。
今回追加されたサブクエストは
ランクが上がるごとに受注できる種類が増えていくみたいですね。
今後は個性的なNPCに関するサブストーリーも展開されるのかな?
豪華な報酬も含めてサブクエストが追加されていくのが
楽しみになりそうです。

※この情報は編集部調べによるものです。
 今後のアップデートなどによって変更となる可能性があります。

プロフィール


『新生FFXIV』とは?

現在βテストが行われている、『ファイナルファンタジー』シリーズ最新作のMMORPG。エオルゼアと呼ばれる世界を舞台に、冒険者たちの活躍を描く。『旧FFXIV』の物語を受け継ぎながらも、ゲームシステム、マップ、音楽、描画システムなどあらゆるものを一新。過去のシリーズに登場したさまざまな要素も盛り込まれている。2013年中にPC、プレイステーション3でサービス開始予定。

〜 執筆担当者紹介 〜

●Tuna

ファミ通コネクト!オンで『新生FFXIV』の記事を取りまとめる、コネオン小隊のリーダー。『旧FFXIV』では、弓術士や吟遊詩人をメインに楽しんでいたが、記事作成が立て込むと触れられる時間が削られるのが悩みだったとか。プレイはハートで勝負する(腕前は心許ない)。


●おぽね

週刊ファミ通の『新生FFXIV』担当。後方支援が好きで、『FFXI』ではもっぱら後衛職だったが、『旧FFXIV』でナイトを経験し、隠れていた自我が覚醒しそうな、しなさそうな。第七霊災を体験したレガシー。


最近のエントリー

『FFXIV』関連ニュース