エオルゼア通信Blog

『ファイナルファンタジーXIV』のブログです

かっこいいぜ、鎧【β隊員】

 もうすぐ『FFXIV』の正式サービスが始まる。先日、『FFXIV コレクターズエディション』を購入し、キャラだけ作っておいて仕事を終わらせてからじっくりプレイしようと思っていたのだが、いろいろあってあまり遊べないまま今に至っている。どういうことだ? そんなβ(ブラボー)隊員。

 9月14日のこの記事で”詳細は後日。”と締めたはいいが、僕が詳細を書く前に、その日のイベントの様子はファミ通.comに掲載されていた(これこれ)。やはりファミ通.comの記者は超優秀だ。原稿書きを延び延びにする僕とは違う。

 このまま何も書かないのもあれなので、その日、僕がいちばん気になったものについて書く。

 僕のハートを見事に射止めたのは、

beta_008_001.jpg

 会場に展示してあったこれ。『FFXIV』のテレビCMでタレントの生田斗真さん(超男前)が装備していた鎧と剣だ。コスプレ好きの僕、大興奮である。「あれ、すごい!」とはしゃいで写真を撮りまくり、後でデジカメのメモリーをチェックしたら似たようなカットが80枚以上あった。

 それはいいのだが、テレビの実験番組などでよくある超スロームービーも撮影していたのはさすがにびっくりした。それは動きがあるものをドラマチックに撮影するための機能だ。「落ち着け。その鎧は動かないぞ」とあのときの僕に言ってやりたい。僕はあまりテンションが上がらないタイプなので、上がったテンションをどう処理していいかわからなかったのだろう。

 鎧の細部を見てみると、

beta_008_002.jpg
↑左肩。肩パッドに刻まれた傷がかっこいい。歴戦の証。


beta_008_003.jpg
↑胸部。革ベルトで複数のパーツが留められている。


beta_008_004.jpg
↑左肩を違う角度から。革パーツには擦り切れたような加工が施されていて、これが深みを生み出している。


beta_008_005.jpg
↑左足。足の甲を守る金属パーツも新品ではない感じ。鈍い光を放っている。


 こんな感じである。これらのかっこいい写真を見てもらえば、僕の興奮も伝わるのではないかと思う。よく分からないという人は、ヒーローショーで興奮する子どもに接するような、優しい気持ちでこの記事を読んでほしい。人間、歩み寄りが大切である。

 写真を撮りながら、「僕が生田斗真さんだったらこの鎧を装備できたのに……」と当たり前のことを考えていた。あれほど自分が生田斗真さんじゃないことを後悔した日はないだろう。だけど、エオルゼアの中なら僕でもかっこいい鎧を装備できるのだ。こんなに嬉しいことはない。

 と、思ったが、僕のキャラはミコッテ。最終的にはかっこよさより肌色の面積優先で鎧を選ぶ可能性もある。リアルでそういう鎧を着るのもやぶさかではない。いや、いまのやっぱなし。

---

 デジカメを接写モードにして鎧を撮影している間、スタッフの人がずっと僕の近くに張り付いていた。僕が少しでも鎧に触ろうもんなら注意するつもりだったのだろう。余計な心配をかけて申し訳ないです。

---

 大手の秋葉原情報サイトに、コレクターズエディションを買った僕の写真がモザイク付きで載っていた。僕のプライバシーを尊重してくれたからであって、決していやらしかったわけではない。

プロフィール


『新生FFXIV』とは?

現在βテストが行われている、『ファイナルファンタジー』シリーズ最新作のMMORPG。エオルゼアと呼ばれる世界を舞台に、冒険者たちの活躍を描く。『旧FFXIV』の物語を受け継ぎながらも、ゲームシステム、マップ、音楽、描画システムなどあらゆるものを一新。過去のシリーズに登場したさまざまな要素も盛り込まれている。2013年中にPC、プレイステーション3でサービス開始予定。

〜 執筆担当者紹介 〜

●Tuna

ファミ通コネクト!オンで『新生FFXIV』の記事を取りまとめる、コネオン小隊のリーダー。『旧FFXIV』では、弓術士や吟遊詩人をメインに楽しんでいたが、記事作成が立て込むと触れられる時間が削られるのが悩みだったとか。プレイはハートで勝負する(腕前は心許ない)。


●おぽね

週刊ファミ通の『新生FFXIV』担当。後方支援が好きで、『FFXI』ではもっぱら後衛職だったが、『旧FFXIV』でナイトを経験し、隠れていた自我が覚醒しそうな、しなさそうな。第七霊災を体験したレガシー。


最近のエントリー

『FFXIV』関連ニュース