ARCADIAブログ アーケード魂

祝!サイキックフォース2012[NESiCAxLive版]稼働記念トークライブ開催決定!!

サイキッカー集団ノア緊急集会2013

pf2012.jpg

 対戦格闘ゲーム界に衝撃を与えた『サイキックフォース』とは一体何だったのか。当時の対戦格闘ゲームの常識を覆す斬新なシステムとグラフィック。
2D格ゲーと3D格ゲーがせめぎ合う対戦格闘ゲームシーンに、第三の可能性を提示した傑作が2012年に突如復活。
 当時の対戦格闘ゲームシーンを振り返り、今だからこそ語れる開発秘話を交えながら、『サイキックフォース』を徹底検証するトークライブ。

“サイキッカー集団ノア緊急集会2013”
■日時:2013年2月9日(土)
 開場 18:00 / 開演 19:00~
■会場:新宿ロフトプラスワン
■入場券:ローソンチケットにて販売 前売りチケット 2,000円 当日チケット 2,300円
●司会:DJ急行

◆第一部
対戦格闘ゲーム業界における『サイキックフォース』とは?
対戦格闘ゲームブーム当時の歴史を振り返り、「サイキックフォース」がどのような位置づけのゲーム なのかを分析。1991年に登場した「ストリートファイターII」が、後に出てくる対戦格闘ゲームにどのような影響を与えて行ったのか。それによる2D格闘の進化、そして3D格闘の登場。システムの多様化と、各メーカーが差別化の模索とチャレンジの中、1996年に登場した「サイキックフォース」は一 体何者なのか。当時の対戦格闘ブームを掘り起こしながら「サイキックフォース」に迫る!
<ゲストコメンテーター>
石井ぜんじ(元ゲーメスト編集長)/猿渡雅史(元アルカディア編集長)/他、元開発スタッフの参加も調整中

◆第二部
『サイキックフォース』の開発に秘められたもの
初代からDC版の2012まで、当時の開発スタッフをゲストに迎えた制作エピソード。原案であった「サイキックファイアー」に始まり、「カイザーナックル」の反省を踏まえたゲーム作り。3D空間をステージとすることによるコマンド入力やコンボの考え方、サドンデスなど、枚挙に暇がない独創性の数々。
AOUショーでのデビューからロケテスト、そして稼働。その後のユーザームーブメントの捉え方、その後『EX』の制作、『2012』では初のウルフ基板の採用など、様々な秘話が明らかに!

<ゲストコメンテーター>
神村武(タイトー)/石井ぜんじ(元ゲーメスト編集長)/猿渡雅史(元アルカディア編集長)/他、元開発スタッフの参加も調整中

◆第三部
深淵なる『サイキックフォース』の世界観
対戦ツールが持て囃される時代において、世界観設定にこだわった本作。アニメ作品に引けを取らない 卓越したキャラクターメイキング。
当時ではまだ珍しい、アーケードゲームのドラマCD化やノベライズにまで広がった世界観を、設定面、サウンド面、そしてボイスアクターなどの切り口から検証。ゲス トには、同タイトルのサウンドを担当したタイトー石川氏を始め、キャラクターボイスを担当した声優の方々を迎え、『サイキックフォース』の魅力の語り尽くす!

<ゲストコメンテーター>
石川勝久(タイトー)/津久井教生(声優:キース&ゲイツ役)/福島央俐音(声優:レジーナ役)/きみやしげる(アニメ演出家、ドラマCD脚本)/他、声優・元開発スタッフの参加も調整中


(C)TAITO CORPORATION 1995 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)TAITO CORPORATION 1996 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)TAITO CORPORATION 1995, 2012 ALL RIGHTS RESERVED.
※上記は予定であり、予告無く変更する可能性があることをご了承下さい。

NESiCAxLive公式ページ

サイキックフォース2012公式ページ

新宿ロフトプラスワン

投稿者 アルカディア編集部 : 19:17
前の記事:【ダライアスさん】あけましておめでとうプレゼント!