ARCADIAブログ アーケード魂

WCG『VF5LA』部門優勝、「ふ〜ど」インタビュー

気が付けば新潟の大会リポート(自演気味)以来となるイタキョ〜です。お久しぶり。
さて、今回は少々時期を逸した感もありますが、WCG(World Cyber Games 2009)というゲーム大会で見事優勝した、「ふ〜ど」氏にインタビューを敢行してみました。つか学園(※)で酒飲みながらダベっただけ、とも言います。
ここで、WCGとはどんなイベントなのか!? を解説しようと思ったんですが、堅苦しいテキストを書くのが非常に苦手なので、過去にファミ通.comで吟ちゃん(マグナマ吟)が書いたテキストをコピペすることに(笑)。ミンナニハ ナイショダヨ!

vf5r_01.jpg
すごく整頓されていてキレイな学園にて(笑)。左で酒を飲みながらカイジを読みつつインタビューに応じる「ふ〜ど」君。しかしキレイな部屋だ……。

※学園:「渋J」氏が創立したVFジャンキー養成所というか溜まり場、人間学園のこと。元ネタはもちろん「素直になーれ!」のアレ。現在筆者、マスク、矢永、東京勤務のふ〜どなどが一時的に在住。あと、しょーもないラウ使いが一人居た気がするけど割愛

「WCGは、“Beyond the Game(ゲームを超えて)”のスローガンのもと、言語・文化・人種の壁を超えて全世界のプレイヤーが一堂に会し、友情、平和、感動、興奮の共有を目的としたデジタル競技の祭典。世界80ヵ所の国や地域から年間150万人以上ものプレイヤーが参加し、その規模の大きさから、2008年にはギネスブックにも登録された、世界最大級のeスポーツイベントだ。今年のWCGでは、PC9種目、携帯ゲーム2種目、家庭用ゲーム2種目を使って競い合いが行われ、日本からはオンラインRPG『レッドストーン』と『バーチャファイター5 Live Arena』(以下『VF5LA』)の2種目に参加している」

……とのこと。吟やるなぁ、なかなか簡素かつ分かりやすい説明だぜ。まぁ要するに世界規模のゲーム大会ってことですな。
それでは、「ふ〜ど」氏インタビュー、スタート!
(※以降は敬称略&かなり失礼な物言いが含まれておりますが、普段通りのリラックスした雰囲気を重視し、そのまま掲載しております。ご了承ください。あ、あと海外のサイトとかで「ふ〜ど」の綴りが「FOOD」だったり「FUUDO」だったりしていますが、名前の由来がフード付きパーカーのアレなので「HOOD」が正しいんじゃないかと思ったり思わなかったり。本当にどうでもいいですが)

イタキョ〜(以下:イタ) まずは日本での予選から聞きたいんだけど、どうだった?
ふ〜ど 日本での予選なんですが、6人しか参加していなかった。理由として考えられるのが、まずベイ(ゲームニュートン大山店で開催されている『VF5R』の大会、ベイエリアカップのこと)と日程がカブっていたことと、参加費がかかるんですよ。それで参加人数が少なかったんじゃないかなと。で、シードだったんで2回戦からだったんですが、最初の相手が「調布」さん(「調布K・K」氏)。で、2セット先取の最初の試合を負けたんですよ。最初負けて……。
イタ 社長(「調布」氏)のキャラは?
ふ〜ど カゲです。「調布」さんの1回戦の相手が「吟」さん(「マグナマ吟」)だったんですけど、そのときはパイとカゲを使ってたんです。で、リオン対カゲでいきなり負けて「こりゃヤベーな」と思いました。その後は結構全部いい試合で、危なかったんですがギリギリ勝ちました。
イタ ということは次がもう決勝?
ふ〜ど そうです。で、相手が「ザンギ」さん(「板橋ザンギエフ」氏)。
イタ 前回の世界チャンプだ(前回の同大会『VF5LA』部門の優勝が「板橋ザンギエフ」だった)。
ふ〜ど 前回は予選をカゲで出て「ザンギ」さんに負けて。というのは、やり込んでなかったんでカゲにしたんですが、結局負けたんで、今回はどうせ(『VF5LA』は)やり込んでないから、メインキャラのリオンで出ようと。「ザンギ」さんの方も、どうせ俺が(キャラの強さ的な問題から)カゲで出るだろうとカゲ対策していたらしくて。で、俺の方はジジイ(「板橋ザンギエフ」氏のメインキャラ、シュンのこと)対策しかしていなかったんで。内容は……確か2-0で勝ったと思うんですけど。
イタ 苦戦した記憶は無いの?
ふ〜ど 確か、1試合目は結構余裕で勝って、2試合目がいきなり2ラウンド取られたんですよ。しかも18杯(シュンというキャラは、酔拳を使うため、酒を飲むと強くなる。18杯というのは相当強くなっている)くらい飲まれて(笑)。で、そこから酔い覚まし当てまくって、そこから勝ったみたいな感じだったと。前回はすごい逆転のされ方をして負けていたんで、そのお返しをしました。
イタ で、見事勝ったと。もう予選で「ザンギ」に勝ったら、本選ももらったと思った?
ふ〜ど いや、むしろ本選で負けたときの寒さがヤバそうだったんで、中国(決勝大会の開催地)に行ってからは死ぬほど野試合しました。大会はAとB二つのブロックに分かれて、1日目がA、2日目がBブロックの試合、みたいな感じで、俺はBブロックで1日目がヒマだったんで、外国のプレイヤーと野試合しまくって、身内読みも作りまくって。携帯に身内読みをメモしましたもん。
マスク・ド・ヒジテツ 本当にそこまでやったの!?
こえど もう、そういうウソはいいよ。
ふ〜ど 本当ですよ(笑)。携帯メモ見ますか!?
マスク・ド・ヒジテツ すごい! 本当だ。
ふ〜ど あと、野試合のときはわざと投げを少なめに闘ったりとか。それで大会では投げを使いまくったり。
イタ で? AとBブロックはどうなると抜けられるの?
ふ〜ど 両ブロックの1位と2位が抜けられるんですよ。で、1位になると逆のブロックの2位の人と対戦する。しかも、俺の居るBブロックの方が強い人が多かったんですよ。まず「シン」君(韓国の伝説級プレイヤーで、過去日本でも「AkiraKid」の名で活躍した「ShinZ」氏。ちなみにお兄さんも強豪VFプレイヤーだった)、「Tetra」(シンガポール代表)って人が結構強くて。アメリカの人も強かったです。
イタ 「ライアン」とか居なかったの(笑)?
ふ〜ど 居なかったです。イギリスはリオンの人が代表でした。その人も結構強くて。逆にAブロックは二人パッドで一人が辞退という。だからBブロックに入った人たちは「Bは日本と韓国が居るからキツいよ。Aなら2位にいけたかも」みたいなことを言っていましたから。
イタ そりゃ「ふ〜ど」と「シン」君が居たら2位もキチーな。
ふ〜ど で、Bブロックの試合では2試合先取で1試合も落とさないで抜けました。「Tetra」がベネッサを使っていて、苦手キャラっていうこともありワンチャンやべーなと思っていたんですけど。
こえど え? 負けたの?
ふ〜ど いや、投げまくって勝った。あと、危ないところで下段投げを抜けたのがデカかった。下段投げで死ぬところを、気合いで抜けた(笑)。さらに最初の試合だったんで、超気合い入れてました。もしここで負けて、さらに「シン」君にも負けたりしたら、俺3位になっちゃう可能性あったんで。
イタ で、結局全勝で1位抜けして……。
ふ〜ど ですね。決勝トーナメントの最初の相手は、Aブロック2位で抜けてきたドイツのレイ・フェイだったんですけど。
マスク・ド・ヒジテツ そのぐらいの大会で、世界のプレイヤーのレベルってどのくらいなの!? バーチャは普通にできてるの?
ふ〜ど ちゃんとしていますよ。割り切った行動とか、危ないこととかもしてこないですし、かなりキレイなバーチャをしますね。
イタ そのドイツのレイ・フェイ戦はどうだった?
ふ〜ど あんまり覚えていないんですけど、危なげなく勝ったと思いますよ。
イタ 次の相手は?
ふ〜ど いや、A・Bブロックの1位2位で4人なんで、次がもう決勝戦なんですよ。逆側は「Riko」(韓国代表の「Rikojjang」氏)と「シン」君の韓国対決になって。「Riko」って人は全部のキャラが使えて、前評判でも韓国で一番強いんじゃないか、みたいな感じでした。ベネッサ使って普通に負けていましたけど。
イタ 「シン」君はジャッキーだっけ?
ふ〜ど アキラかジャッキーで、「Riko」戦ではアキラでしたね。相手のキャラを見て変えている感じでした。だから俺も、もし全キャラ使える「Riko」と当たることになったら、キャラをカブせられないように(キャラセレ画面で)0秒ギリギリまで粘ってから決めてやろうと思っていました。
イタ そして迎えた決勝戦……。
ふ〜ど まず思ったのは「韓国プレイヤーは緊張のしなさがヤベえな」と。めちゃめちゃ冷静で、本来『VF5』なら俺の方が知識とかも上だし、楽なはずなんですけど、俺が緊張していましたね。
イタ 海外はアーケード版が無いだろうから、やり込むには家庭用になると思うんだけど、野試合とかで見ていて、「シン」君……というか韓国プレイヤーのやり込み具合とかはどんな感じだった?
ふ〜ど 最低限のキャラ対策はできていましたし、結構やってるっぽかったですよ。実際、俺はジャッキーの肘をガードしたら二陰陽(リオンの4PP。上段をスカすので、派生が上段の技をガードした後に有効)しか打たないんですが、普通にパクサオ(ジャッキーの対パンチ当て身)で取られましたもん。
こえど 昔のパクサオ強かったもんな。
マスク・ド・ヒジテツ そこでパクサオ狙うのは渋いね〜。
ふ〜ど それをいきなり決勝でやってきましたからね。
イタ とはいえ、ストレートで勝ち……。
ふ〜ど いや、結果はそうですけど、2-2になったりで結構危なかったですよ。確か決勝戦だけ3試合先取だったと思うんですけど、1試合目が2-2までいって、すげー危なくて。緊張してて屈伸ができていなくて、相手の投げが通りまくっちゃったんですよ。で、やべーやべーってなって、1PPとか強い技を使いまくって勝ったとか、そんな感じで(笑)。
イタ その後は? 割と盤石?
ふ〜ど そうですね。2〜3試合目は1ラウンド取られたとか、そんな感じだったかなど。
こえど (カイジを読みながら唐突に)クゥクゥ……コココ……キキキ……(兵藤会長のマネ)

vf5r_02.jpg
遊びに来ていた「こえど」。カメラを向けられると変顔(へんがお)してしまうのは、バーチャファイターの哀しい性(さが)。

イタ で、優勝してどんな感じだった?
ふ〜ど あのー、予選で勝ったときに「ウォー!」みたいな感じで立ち上がってガッツポーズとかしようと思ったんですよ。そうしたら、横から外人の審判みたいな人に「立たないでください」みたいなことを言われたんで(笑)。なので、決勝で勝ったときもそれを思い出してずっと座っていたんですよ。外人のプレッシャーのせいで(笑)。で、その後ほかのタイトルで勝った人とかは、勝った瞬間に抱き合って泣いたりしていたんで、「あぁ、俺もやればよかったな」と。
イタ なるほどね。じゃあ、もし次回もこんな感じの大会があったら出る?
ふ〜ど あー、出たいですね。というか、海外のプレイヤーのバーチャ好きっぷりがヤバかったんですよ。今回もサインねだられたりしたんですけど、どこに書くのかな、と思ったら10周年本だったり『VF2』のソフトだったりとか(笑)。
イタ 外人が10周年本の真ん中分け五郎(いにしえのパイ使い「五郎弐千歳」)の映像見て楽しいのかな(笑)!?
ふ〜ど いや、楽しいんですよ。金閣寺とか。
こえど あったね〜(笑)。
ふ〜ど まぁ、バーチャに限らず世界中の人が集まるっていう大会がすごく楽しかったんで、もう一度あの雰囲気を味わってみたいとは思っています。
イタ どうも今日はお疲れさまでした。

2009年12月某日・人間学園にて収録

投稿者 アルカディア編集部 : 17:06
前の記事:定期更新 第14回目
次の記事:定期更新 第15回目