ARCADIAブログ アーケード魂

Duelling the KOFリポートとKOF2002UM ARCADIA CUP

足の先から頭のてっぺんまで『KOF』にどっぷり浸かっているライターの極限堂です。


去る11月21、22日、京都のneo amusement space a-choで実施された、『KOF』シリーズの全国大会であるDuelling the KOFに参加してきました。今回で12回目となる歴史のあるイベントで、複数の『KOF』シリーズ作品が種目になっているのが特徴です。今回は『KOF'98』『KOF2002』『KOF'98UM』『KOF2002UM』の4種目が3on3で争われました。

kof_duel_02.jpg


中でも最新作の『KOF2002UM』は初の全国大会だけあって、全国各地の猛者たち、そして毎回優勝争いに絡んでいる台湾勢のプレイに期待が集まりました。しかも、優勝チームは12月5日に実施されるKOF2002UM ARCADIA CUPにシード選手として招待されるとあっては、盛り上がらないワケが無い!


今回はその『KOF2002UM』に注目してリポートを書いていきたいと思います。

僕のチームメイトは、対戦仲間でもあり麻雀仲間でもある「デ様」「ゆう」です。「ゆう」は猫が好き過ぎて今回は「ゆうにゃん」という名前で出場していましたが、痛さでいえばギリギリアウトのような気がします(笑)


初日は1〜2回戦が実施され、それを勝ち抜けば2日目のベスト8に残れます。初日で最も熱かった試合は1回戦でぶつかった、闘劇'09『ストリートファイターIV』覇者を擁する【覇者(笑)とJAPAN勢】(ごしょ、キャベツ、OZ)vs.台湾勢の【晃來晃去】(ウエコショウ、カメヒメ、トラ)ですね。


先鋒は雛子に定評のある「OZ」が登場しましたが、「トラ」のケンスウの前に雛子がうまく機能せずに敗退。キャベツが「トラ」を倒すものの、続く「カメヒメ」が「キャベツ」「ごしょ」の覇者コンビを倒し、台湾勢がその勢いのまま2日目に残りました。その裏で僕のチームも無事に勝ち残り2日目に進出です。


2日目の組み合わせはK-1方式で決められます。K-1方式とはくじ引きでまず順番を決めて、1番から順にトーナメントで入りたい位置を指定していくといったものです。1番を引いても対戦相手が選べないので意味が無いし、8番を引くと位置を選ぶ権利が無いので、3〜6番ぐらいが当たりといわれています。


僕はこの決め方がとても好きです。せっかく各地からプレイヤーが集まっているのに、クジ引きで同じ地域のプレイヤーと戦うことになったら少し残念ですよね。やっぱり違う地域のプレイヤーと闘ってみたいものです。


そして開始されたK-1方式でしたが、1番を引いた関東勢の【こ〜いち!】(主犯、ひろと、ぱぱす)に、2番を引いた同じく関東勢の【サイコロプレイ】(M'、むねじ、ゆきの)がいきなり突撃! 京都の地で関東勢が関東勢を狙って挑む光景を目の当たりにし、勝ちに徹した立ち回りにしびれました(笑)


2日目のベスト8からはシードの台湾チーム、【動來動去】(ET、人蔘、包子)が参戦。「ET」が台湾の全国大会の優勝者であり、使用キャラが(セス、シャンフェイ、ネームレス)というレアキャラだったのでそのプレイに注目が集まりましたが、対戦相手の【格というもの】の「キャップ」(K'、ネームレス、クリス)が持ち前の勝負強さを発揮し、「ET」を倒して勝ち上がりました。


kof_duel_00.jpg

左は『KOF2002UM』台湾全国大会優勝者のET、右は筆者。


僕のチームはベスト8で関西勢の【魔王軍】(タツヤ、バター、RF)を倒した後に、準決勝で【格というもの】(キャップ、矢口、あき)を倒して、何と決勝戦へ進出します。


トーナメントの逆側からは台湾勢の【晃來晃去】(ウエコショウ、カメヒメ、トラ)が、【アレックステップ】(777、明智、フクチン)と【サイコロプレイ】を倒して決勝戦へ進出しました。


決勝戦は先鋒「ゆうにゃん」(K'、キング、紅丸)vs.「トラ」(ケンスウ、クーラ、裏シェルミー)となり、まずは「トラ」が勝利を収めます。「トラ」の使用キャラがレアキャラ構成だったので、僕と「デ様」のどちらが戦うべきか悩んだのですが、中堅に出ると思われる「カメヒメ」(フォクシー、裏シェルミー、クーラ)を倒す役目は僕だろうということで2番手で登場しました。


そしてまずは「トラ」を倒し、作戦通りに「カメヒメ」と僕が戦うことになります。僕は(香澄、K'、アンディ)というチーム構成だったのですが、初手の香澄が猛威を振るって「カメヒメ」の大将クーラを引き釣り出すことに成功。しかし台湾のクーラといえば完成度が高いことで有名で、そのクーラに挽回されて大将戦までもつれ込み、勝負の行方は完全に分からなくなります。


お互いに残り体力わずかという状況になったのですが、この接戦を制したのは「カメヒメ」。僕は大将の「デ様」に託すしかないと応援したのですが、「カメヒメ」が「デ様」も倒して優勝を決めました。台湾勢はやはり強かった!


kof_duel_01.jpg

『KOF2002UM』で優勝した、台湾の【晃來晃去】チーム。左からカメヒメ、ウエコショウ、トラ。


これにより、12月5日に実施されるKOF2002UM ARCADIA CUPへの招待枠を獲得。何と優勝した台湾プレイヤーが再び来日(予定)です!


日本のプレイヤーたちは、台湾勢へのリベンジに向けて盛り上がり最高潮。まずは11月29日(日)に西日暮里のGAME SPOT VERSUSで実施される、『KOF2002UM ARCADIA CUP』の予選に参加予定です。こちらの予選も盛り上がること間違い無しなので、気軽に多くのプレイヤーに参加してもらえたらと思います。観戦ついでに記念参加しても面白いですよ。

投稿者 アルカディア編集部 : 22:45
前の記事:プライズワンダーランドランド 12月登場アイテム Part2
次の記事:WCCFプレイ日記 その3