ARCADIAブログ アーケード魂

BBH2009覇者 WBC監督体験日誌 その1

BBHlogo.jpg


 野球ファンの皆さん、こんにちは。ベースボールヒーローズ担当の編集尾崎です。
 現在日本シリーズ真っ盛り。しかもファンチームである日本ハムファイターズが出場しているとあって、僕の野球熱は燃え上がるばかり。その熱に誘導されて、10月28日に稼働したばかりの新作「BASEBALL HEROES 2009 覇者」をプレイしてまいりました!

Ph01.jpg
俺ジャパンを率いてWBC優勝を目指すぞ!

 今回はBBH2009の目玉の一つである『'09 WORLD BASEBALL CLASSIC™モード』をプレイ!
 日本中が熱狂した(当然僕も仕事そっちのけで観戦してました!)あのWBCをプレイできるんだからこれはもうやるしかない!
 e-AMUSEMENT PASSを挿入すると『日本プロ野球モード』か『'09 WORLD BASEBALL CLASSIC™モード』かを選択できるのだ。
 率いるチームは当然日本。尾崎ジャパンを率いて世界一を目指すぞ!
「日本力を見せつけてやるぜ!」

 日本を率いた場合、Pool Aの中国・チャイニーズタイペイ・韓国と試合をし、勝ち抜かねばならない。気を引き締めねば……。
 注意しなければならない点として、『'09 WORLD BASEBALL CLASSIC™モード』では“ワールドベースボールクラシック選手カード”しか使えないぞ。
 オーダー設定で、我らが日本チームの選手を見る。これだけの名選手たちを率いて試合ができるなんて感動の一言。しかし同時に『'09 WORLD BASEBALL CLASSIC™』優勝チームなのだから“負けられない”という気持ちも。実際にこのチームを率いた原監督は、どんな気分だったんだろうな……と思いを馳せながらスタメンを決定。先発は当然WBC男の松坂。初戦の相手は中国だ。

 さっそく試合開始。と、ここでいくつか気付いた点が。WBCでは投手の球数が制限されていたのだが、それがしっかりと再現されているではないか! 投手の防御率などの情報が表示されている場所の横に制限数と現在の球数が表示されている。今までの『日本プロ野球モード』よりもさらに中継ぎ、抑え陣が重要になりそうだ。
 バッターカードの横には、そのバッターの能力をレーダーチャート化したものが表示されている。それを見れば、バッターの能力が把握できるので、対策を立てる上で非常に役に立つぞ。

 試合が開始され、いろいろとサインなどを試していたらいきなり失点してしまった。初回、二回と立て続けに失点。う〜む、これはヤバいと思い盗塁やエンドランを狙ってみるが、動きすぎて攻撃がちぐはぐになってしまった。ヒット数は相手を上回るも点が取れず……。二回以降は立ち直った松坂が70球を超えたので山口、田中将、杉内と継投をして中国攻撃陣を抑え込むが、2-0のまま最終回へ。
 このまま負けてしまうのか……。

 しかし9回に城島がヒットで出塁。バッター岩村のところで代打として「逆境」スキルを持つ稲葉を選択。これが見事に的中し、1点をもぎとるツーベースヒット。最高の場面でこの男に打順が回ってきた。もちろん、日本を代表するバッター「イチロー」である。この勝負がかかる場面で温存してきた“VS”を使用だ。

ichiro.jpg
頼んだぜ、イチロー!

 今回の“VS”に「タイミングゲージ」という新要素が追加された。簡単に言うと速い球か遅い球のどちらを狙う(投げる)かの指示である。相手とのタイミングが合っていた場合には打者が有利となり、バッティング/ピッチングカーソルが大きくなってしまうのだ。タイミングを外した場合はその逆である。従来の“VS”をさらに深くした要素である。

 この緊迫した場面でインコースのストレートしかない! と一点読み、タイミングを速く、内角低めを狙い打つ。
 カキーン
 イチローがはじき返した打球は見事にバックスクリーンへと吸い込まれていった。
 逆転サヨナラツーラン!! これが「神が降りてきました」というやつですかね。

 監督の見事な采配でサヨナラ勝ちを収めた尾崎ジャパン。
「ほぼ、イキかけました!」という心境です。
 WBC優勝を目指してがんばるぞ!

次回は11月21日(土)公開予定!
何かプレゼントがある!かも


(C)2009 Konami Digitale Entertainment
(社)日本野球機構承認 NPB BISプロ野球公式記録使用 フランチャイズ12球場+スカイマークスタジアム公認
(社)全国野球振興会公認 
ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2009年プロ野球ペナントシーズン中のデータを基に制作しています。
Trademarks and copyrights of the World Baseball Classic and the federations, territories and players participating in
the World Baseball Classic tournament are used with permission of World Baseball Classic, Inc.
(C) 2009 MLB Photos/ WBC Inc. (C) Getty Images Photo:AFLO

投稿者 アルカディア編集部 : 20:48
前の記事:月刊アルカディア1月号は11月30日、全国の書店で発売!!
次の記事:第18回 プライズフェア フォトリポート Part1