ARCADIAブログ アーケード魂

『VF5R』大会・P-CUPリポート

 ブログでは初めまして。アルカディアのイタキョ〜です。今回は、さる10月11日に新潟はAmusement Stage POPY(新潟ポピー)で開催された『バーチャファイター5 R』の大会(5on5)のリポートをお届けしたいと思います(松浦のパクリ)。
 一部に失礼な発言があるかもしれませんが、大抵は身内に対してのギャグなので、軽くスルーしていただければと思います(笑)。

 この大会は「P-CUP」という名で、既に12回目となる伝統のバーチャイベント。地元近隣はもとより、関東や東海、関西など遠方からも参加者が多数集結する非常に大規模な大会です。今回も、何と62チーム(5オンなので300人オーバー!)が大会に参加。ここに、自分も取材がてら参加してきましたよ。

 それでは我々のチームメンバーなんぞを紹介。
【Nine States】
灘琉豪(アキラ):頼れるスーパー大将、ホームステイアキラ。今回、往復の運転を全部担当(スンマセン)。
ムームーダンス(アキラ):九州出身のさわやかアキラ使い。今回、二徹のまま大会に突入。元気だね。
マグナム(ジェフリー):九州出身のラオタ野郎。ジェフリー業界の重鎮。
こえど(ジャン):ご存じ、業界最高峰のスキルと知識、そして“厨”っぷりも最強のパーフェクトソルジャー。すぐたかる。
編集神(ジェフリー):俺っす(笑)。極力リングネームを短くしようとした結果、この名前に……。

 という、何とも強そうな4名との参加。このメンバーだとワタクシめの仕事は「コンパネ選択権を持ってくる」&「先鋒で負けてステージ選択権を持ってくる」です。つまり、基本的に空気(笑)。
 ぶっちゃけ優勝候補ともいえるメンツなわけですが、これで安心できないのがバーチャファイター。実は昨年、富山で開催された大会に出た際には俺、「マスク」、「磁石」、そして関東ツートップの「こえど」&「ふ〜ど」で出場したのですが、このときは決勝トーナメント1回戦負け。去年の二の轍を踏まぬよう、今回は気合いを入れての参加です。ま、俺は何の役にも立ちませんが(笑)。

01meshi.jpg
↑行きのサービスエリアでの食事。左から使い捨てコンタクトを半年着ける傾奇者「空調」、「こえど」、俺、最近めっきりふくよかになった「ラ〜ド」もとい「ふ〜ど」、「灘琉豪」、「ムームー」。この時点では和気あいあいの「こえど」チーム(我々)と「ふ〜ど」チームですが、この後あんなことになろうとは……。

02popy_gaikan.jpg
↑着きました新潟! 自分も約1年ぶりとなる新潟ポピーです。到着した瞬間、「空調」カーにお邪魔して飲酒飲酒! 6杯飲めば挑腕が出ます。

03nojiai.jpg
↑開店から大会開始までの待ち時間、みんな野試合でウオーミングアップ。俺は触っても触らなくても結果は同じなので、車内で爆睡していました(笑)。

04yosen.jpg
↑ついに大会開始! 灘琉豪から「イタキョ〜さんが引いたクジなら、だれも文句いいませんから!」と説得されて引いた俺のクジは、ごらんの通り。順調に行くと予選2回戦で「ふ〜ど」のチーム(「矢永」(パイ)、「空調」(カゲ)、「エマール」(ウルフ)、「虎龍」(ラウ)、「ふ〜ど」(リオン))と当たるんだけど(笑)。勘弁してくれ……。

nakamichi.jpg
↑で、1回戦は東北のレジェンド級アキラ使い「バゴーン」氏率いるチームと当たるも、ここは先鋒の灘琉豪が5タテ! 予選2回戦は、問題の【土佐犬VS虎龍】。先鋒のワタクシめが「矢永」にクシャクシャにされ2mmまで圧縮、次鋒「ムームー」が惜しくも敗れると、慌てて中堅に「こえど」投入! ここで「こえど」が期待に応え、ドトウの5人抜き! さすが「こえど」さんや〜。yasuそっくりだわ〜(棒読み)。写真は1回戦5タテの灘琉豪“さん”(左)と2回戦5タテのこえど“さん”(右)。強いよ〜。

 さて、これで予選突破と思いきや、何と参加チームが多過ぎて「二次予選」なるものを勝たなければ決勝トーナメントには行けないとか……。二次予選では「ブリマム」氏率いるチームと当たり、副将「こえど」まで回ってしまうものの、何とか勝利。決勝トーナメントへと進めて一安心つー感じです。

05mogi.jpg
↑試合の合間に「磁石」の腹を触って癒されるVFプレイヤーの図。左から“バーチャ神”こと「ちび太」、VFジャーナリスト「磁石」、ダイエット中の「虎龍」、「こえど」、「板橋ザンギエフ」。

06monkichi.jpg
↑店の前にある側溝でザリガニ釣りに興じるスタープレイヤー「悶吉」。つかテメー、バーチャしなくていいんかい? といいつつ俺も道具を借りて2匹ほど釣らせてもらいました(笑)。ザリガニ釣りもできる総合アミューズメント施設・ポピーに皆さんもどうぞ!

07kessyou_T.jpg
 さて、ついに決勝トーナメントが始まりました。組み合わせを決定する際には「K-1方式」と呼ばれる抽選が待っています。これは、まず代表者がクジを引き(ここには1〜16の数字が書いてある)、このクジの番号が若い順から、トーナメント表のどこに自分のチームを入れるか決められるという形式です。
 つまり、序盤過ぎても強豪チームが後からぶつかってくる可能性があり、後半過ぎると残っているのが優勝候補の相手のみ、といった微妙なクジ運が試される場面でもあります。ここでも灘琉豪から「ここまで来たんだからクジはイタキョ〜さんで!」と指名されたとあっては、気合いを入れるしかありません。
 そして実況の「ちくりん」氏に「インド人を右に」Tシャツをいじられつつもクジ引き。俺のクジは……何と16番(笑)! マジこのクジ運の悪さは何なんでしょうか!? ゴルゴムの仕業か!?(古い)
 ということで、予選でウチのチームに敗れたものの、その後のプレイオフを勝ち上がって決勝トーナメントまで上がっていた「ふ〜ど」が何番を引いたのかチラ見すると、こちらは15番! 学園(※)にはヒキ弱しか居ね〜のか(笑)。
 まぁ、こんな番号を引いてしまったら、もう当たる相手は決まったも同然。やはり前年度の同大会覇者【27-TWENTY SEVEN-】です。全員同い年の黄金世代VFプレイヤー5人のチーム。メンバーは“歩く黒ひげ危機一髪”「ささき」(アイリーン)、す〜ぐベネ出す「ジン」(カゲ)、“ブラッド神”「イトシュン」、今年の闘劇覇者「祐天寺」(ラウ)、そしてスタープレイヤー「ゴージャス」(アイリーン)。おい〜、俺の目標2回戦進出だったのに、イキナリこれかよ〜!
 とはいうものの、まがりなりにもウチのチームも優勝候補の一角に挙げられる強豪(俺を除く)、勝算はアリ。作戦としては、まず俺がジャンケンに勝っても負けてもコンパネを選ぶ(笑)。これは、灘琉豪に快適なコンパネで試合してもらうため。しかも、俺は先鋒で負けるのでステージまで選べます。これはかなり有利だろ〜(笑)。さらに俺の体から発せられる「編集神オーラ」(ドラゴニックオーラの約3倍、魔闘気の約2倍のパワー)により、ライター(イトシュンとゴージャス)は戦闘力が普段よりも低下します(原稿料を下げられる、仕事が回ってこなくなる、といった幻覚を見せられるため)。
 後は困ったら「灘琉豪さんお願いします」&「こえどさんお願いします」という古典的な神頼みにより、かなり勝てそうな気がしてしまう不思議。

 まずは先鋒のワタクシめが、幸先良く「ささき」にタイムアタック並の早さでボロ雑巾にされます。よしっ! この黒ひげ危機一髪を次鋒の「ムームー」が倒すと、次鋒「イトシュン」という他のチームがうらやむような豪華リレーが発動。マジ勘弁。しかし、ウチも負けてはいません。「ムームー」の後を継いだ「こえど」さんが大爆発! 華麗な4タテ劇を披露してくれました。いや〜やっぱyasu……じゃなくて「こえど」さんさすがや〜。欧文の綴り2回間違えたのも帳消しなほどの大活躍や〜(笑)。

 続いて決勝トーナメント2回戦。相手は予選でも当たった【土佐犬VS虎龍】。おいまたかよ〜……。ここも先ほどと同じ作戦。まずは俺がステージを持ってきます(笑)。この後は両者一歩も引かない総力戦(俺以外)、決着はついに「灘琉豪」対「ふ〜ど」の大将戦に……。
 舞い上がっていたので詳しい内容は失念しましたが(笑)、お互い死力を尽くした大激戦は、頼れる大将「灘琉豪」に軍配が上がる!! いや〜俺も死力を尽くしてラストテンツクに徹した甲斐があったわ〜。

 さてさて、やってきました準決勝。ここまで来られるとは……やはりチームに一人マスコットが居ると、メンバーの緊張感も和らぐなど計り知れない効果がありますね。俺ここまで0勝ですが(笑)。相手チームはこれまたキツい“バーチャ神”率いる【鉄人28号】。これまた同年代チームで、メンツは「悶吉」のベネ、「磁石」の鷹嵐、ジャンにキャラ替えした「パンチ・ザ・センプー」、あまりの強さにサイボーグなんじゃないか? という疑惑を持たれている「ジョセフ」(アキラ)、そしてVF神という感じです。
 で、ここでやっとこさ試合前のジャンケンに勝った俺ですが、当たり前のようにコンパネ権を選択(笑)! 補足しますと、普通はキャラ相性などが重要なので、ジャンケンに勝ったらほぼ確実に「後出し」を選びます(笑)。それもこれも、灘琉豪に気持ちよく(以下略)。
 先鋒戦はやっぱり俺、対するはザリガニベネッサ。真の昆虫を決定する大事な一戦ですが、空気を読まない「悶吉」が、ミドルキックを512連発くらいして勝利。君ね、マジ原稿料下げるから。
 我らの次鋒は、ここまでいいトコ無し気味だった「マグナム」ジェフリー。と、ここで異変勃発。相手先鋒「悶吉」をねじくり倒すと、あれよあれよという間に驚異の5タテ達成! ミドルヘルスタッブをガードされてのプーヤンスプラ、コンボをミスって自分で大笑いするなど、とても決勝進出がかかっているとは思えない立ち回りにチームメイトである我々も少々困惑。いや〜しかしココで5タテ出すか〜。どんな秘密兵器だよ、って話ですが、見事に決勝進出!

 インターバルで準決勝第2試合を見学していると、ワイルドカードから執念の勝ち上がりを見せてきた【デビブル軍団】が、優勝候補の関西チーム【うめっちを追悼する会】と試合しています。抜群の距離戦と人強(ひとづよ)を誇る「デビブル」氏のウルフ率いるチームですが、さすがに“関西の至宝”「はうる」(このときはアキラ)に勝つのは難しいんじゃないかな〜なんて見ていたら、【デビブル軍団】の「まちゃあき」氏(ジャン)が「はうる」撃破に成功! 我々の決勝戦での相手が、【デビブル軍団】に決まりました。

 ついにここまできました、まさかまさかの決勝戦(ちなみに俺さえ含まれていなければ、ちっとも「まさか」ではありませんよ)、相手は全国大会出場組などを含む東海の強豪。しかし、こちらも(俺以外の)メンバーの豪華さでは負けていません。果たして、我らのチームは4人で5onを優勝できるのでしょうか……ッ!?
 まずはいつも通り、ジャンケンに勝って自信満々にコンパネ選択した俺が出場(灘琉豪さんにいいコンパネを提供すr以下略)、作戦通り「いのさわら」氏のジャッキーに粉塵爆破されてステージ選択権ゲットだぜ!
 続く我らの次鋒は、目がキラキラしていることで一部で有名なアキラ使いのヤングメン「ムームー」。諸事情により(主に俺の記憶が時空の彼方へ旅立った)詳細は割愛させていただきますが、なんとなんと! この大事な決勝戦で破竹の5タテ達成! これで一部のマスコットキャラ以外の全員が5タテしたことになります。マジすごい。つーか優勝ですよ! チームメイトの皆さんお疲れさまでした&貴重な経験をありがとうございました!
 ということで、少々自演気味となってしまいましたが(ちなみに予選で負けてもリポートはするつもりでしたよ!)、大会リポートを締めくくらせていただきます。参加者&ギャラリーの皆さん、そして店舗の皆さん、大会運営スタッフの方々、本当にお疲れ様でした!

08yuusyou.jpg
↑【Nine States】の面々。左からアキラ神こと灘琉豪(強い!)、ムームー(偉い!)、編集神こと俺(五郎くさい)、マグナム(痛風)、こえど(欧文の綴り以下略)。仲道さん運転お疲れ様でした(笑)。

※注:学園とは「人間学園」のこと。「渋J」氏が立ち上げたVFエリート養成所(たまり場とも言う)で、中野新橋→東池袋→西池袋と場所を変えつつも連綿と続く歴史ある施設。正確には東池袋時代が「旅館ふなむし」、現在が「旅館ふなむしアネックス」。筆者も在住。

投稿者 アルカディア編集部 : 21:33
前の記事:定期更新 第2回目
次の記事:アルカディア12月号 闘劇DVD収録試合 発表!!