ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



GONZOが贈る、期待の最新オリジナルテレビアニメーション! 『ドラゴノーツ -ザ レゾナンス-』  

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●他者と理解しあうことの大切さを描く宇宙冒険活劇
 

ドラゴノーツ

 

 劇場映画『ブレイブストーリー』やテレビアニメ『ウィッチブレイド』など、数々の作品を生み出しているGONZOが世界に発信する完全オリジナルテレビアニメーション作品が登場する! それがこの『ドラゴノーツ -ザ レゾナンス-』だ。


 本作は、いまよりも少しだけ未来の世界を舞台にした作品である。外宇宙に到達する宇宙船を開発できずにいる人類の前に、宇宙の果てより襲来した”タナトス(真竜)”。このタナトス(真竜)の襲来は、抗いがたい破滅と同義であると考えられていた。しかし、人類にはたったひとつだけ希望の翼が残されていた。国際宇宙開発機構ISDAが極秘裏に開発を進めていた生物兵器”ドラゴノーツ”である! 物語の始まる2年まえにロケット事故で家族を失った孤独な少年・ジンは、謎の少女・トアと出会ったことで、ドラゴノーツを巡って展開する、地球の命運を左右する動きに巻き込まれていく……。

 監督を務めるのは、『トラスンフォーマーギャラクシーフォース』などの小野学。ストーリーコンセプトに『Dr.リンにきいてみて』、『テニスの王子様』などでシリーズ構成を務める前川淳を起用しているほか、キャラクターデザインには『宇宙のステルヴィア』や『ウィッチブレイド』のうのまこと、ドラゴン&メカデザインには、『機動戦士Vガンダム』、『マクロス・ゼロ』の石垣純哉、総作画監督には『ウィッチブレイド』などの坂崎忠が参加している。

 

 同作の放送は、2007年10月スタート予定。骨太な世界設定や、竜が宇宙で戦いをくり広げるという壮大なバトルシーン、そして人と竜との交流など、見どころは満載。何より国内外で高い評価を得ているGONZOが、どんな映像で魅せてくれるのか、というところに期待したいところだね。

ストーリー

2年まえ、父がパイロットを務める月行きシャトルの墜落事故から、たったひとり奇跡的に生還したカミシナ・ジン。彼に注がれたのは、世間からの非難と、好奇の眼差しのみであった。そんなある日、ジンは連続殺人事件の現場を目撃してしまう。追われるジンを救ったのはトアと名乗る謎の少女。しかしトアは、ジンの前からすぐに姿を消してしまう。そして呆然とするジンのもとに、ジークリンデと名乗る少女が現れる。ジークリンデはジンを、国際宇宙開発機構ISDAに連れて行く。そこで彼を待ち受けていたのは、数年まえに深海で発見された謎の生物”ドラゴン”を利用した生物兵器部隊”ドラゴノーツ”のパイロットへの誘いだった。つぎつぎと明らかになる衝撃の事実。そして宿命的なトアとの邂逅。ジンの運命の歯車が動き出したとき、物語の幕が開かれる!!


先行場面カットを公開!

ドラゴノーツ

ドラゴノーツ

ドラゴノーツ

ドラゴノーツ

ドラゴノーツ

ドラゴノーツ

ドラゴノーツ

 

スタッフ

原作:NAS
監督:
小野 学
ストーリーコンセプト:前川 淳
キャラクターデザイン:うのまこと
ドラゴン&メカデザイン:石垣純哉
総作画監督:坂崎 忠
ドラゴンデザイン協力:D.K
メカ・プロップデザイン:大河広行
セットデザイン:青木智由紀
音響監督:鶴岡陽太
音楽:山下康介
アニメーション制作:GONZO 


キャスト(一部)

キャラクター名

キャスト名

カミシナ・ジン

小野大輔

トア

茅原実里

ギオ

諏訪部順一

ジークリンデ・バウムガルド

水樹奈々

タチバナ・カズキ

柿原徹也

ソウヤ・アキラ

沢城みゆき

マキナ

後藤邑子


ドラゴノーツ -ザ レゾナンス-

2007年10月放送スタート予定/放送局未定


※『ドラゴノーツ -ザ レゾナンス-』公式サイトはこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

アニメ関連最新ニュース

ファミ通.com アニメトップページへ