携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 『Halo Legends』がついに完成!『Halo(ヘイロー)』ブランドの責任者がその魅力を語る

『Halo Legends』がついに完成!『Halo(ヘイロー)』ブランドの責任者がその魅力を語る
【Halo Legendsの世界】

2009/12/25

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●アニメスタジオ各社の個性が際立つ7つのストーリー

 日本の名だたるアニメスタジオが集い、オムニバス形式で『Halo(ヘイロー)』ワールドを描くアニメプロジェクト『Halo Legends(ヘイローレジェンズ)』。その7つのストーリーがすべて完成し、都内にて関係者を対象とした特別試写会が実施された。その試写会に合わせて、『Halo(ヘイロー)』ブランドのキーパーソンふたりが来日。マイクロソフトにて『Halo(ヘイロー)』ブランドの責任者を務めるHalo ビジネス ゼネラルマネージャのボニー・ロス氏とHalo フランチャイズチーム フランチャイズ開発ディレクターのフランク・オコナー氏だ。ファミ通.comでは、両氏に単独インタビューを敢行。完成したばかりの『Halo Legends』について制作秘話などを聞いた。『Halo Legends』において、ボニー・ロス氏はエグゼクティブ・プロデューサーを、フランク・オコナー氏は総監督を務めている。
 

halo02

▲マイクロソフトで『Halo(ヘイロー)』プロジェクトを取り仕切るおふたり。Halo ビジネス ゼネラルマネージャのボニー・ロス氏(右)とHalo フランチャイズチーム フランチャイズ開発ディレクター のフランク・オコナー氏(左)。


――ついに『Halo Legends』が完成しましたね。

フランク
 はい。先週マイクロソフト本社で試写があったのですが、『Halo(ヘイロー)』チームのみんなと初めて”作品”として観ました。もちろん制作中も映像は適宜観ていたのですが、「これはこうしなくっちゃ」という仕事モードに入っていて、冷静に観ることができなかった。先週初めて”いちファン”として観ることができたわけですが、おもしろかったです。よくできた、というホッとした気持ちもあります。

ボニー 日本のすばらしいクリエーターとコラボして、このようなすばらしい作品ができたことを誇りに思っています。アニメというスタイルを駆使して、いままで語ることができなかった『Halo(ヘイロー)』の世界をファンの方にお届けできたことは意義のあることです。できあがった作品は、まさにアートですね。

――日本の名だたるアニメスタジオが勢揃いしていますからね。

フランク
 はい。その点は『Halo Legends』の大きな魅力になっています。スタジオさんは、基本は好きな作品を作っている会社にお願いした感じです。『ジーニアス・パーティ』のスタジオ4℃さんとか。一方で、日本でアニメを作ろうと思うと、当然外せないスタジオはありますよね。プロダクションI.Gさんしかり、ボンズさんしかり。とはいえ、最重視していたのは、いかにそのスタジオのテイストに合ったエピソードを作ってもらうか、でした。それぞれのスタジオには得意な表現方法やジャンルがある。

ボニー 基本前提としてあったのは、クリエーターさんとエピソードとのマッチングでしたね。私たちとしては、何よりもクリエーターさんに『Halo Legends』の制作を楽しんでほしかったんです。

フランク プロジェクトがスタートしたときの私たちの最初の希望は、それぞれのスタジオさんの強みと実力を発揮してもらいたい……ということでした。たとえば、東映アニメーションさんにはコミカルなお話を期待していましたし、ボンズさんの迫力のある戦闘シーンを観たいと思っていました。『Halo Legends』では、私が抱いていた期待値を、それぞれのスタジオさんが遥かに超える仕事をしてくれました。試写を観て、本当に感動しましたね。

ボニー ひとつひとつのエピソードが違うスタイルだったし、それぞれのスタジオの強みを最大限に発揮していただいたのではないかと思っています。本当にすばらしいデキで、これ以上の満足はないですね。

――たしかに、各スタジオの特色が活かされたバラエティーに富んだエピソードが揃いましたね。

halo03

フランク プロジェクトがスタートしたときは、最初におおまかな10個くらいのアイデアがあって、これをオムニバスでやりたいというプランはありました。ただ、明確な形にはなっていなくて、各スタジオにアイデアをぶつけてキャッチボールをしていくうちに、徐々にストーリーが固まっていった形です。代表例が”The Duel”です。ちょうど押井守さんが原案・脚本を担当された『宮本武蔵‐双剣に馳せる夢‐』を観て、「巌流島を古代のコヴナントでやりたい!」とプロダクションI.Gさんに相談したところ、いいアイデアをいただいたので”The Duel”に結実したんです。

――実際のところ、制作はかなりクリエーターさんの自由裁量に任されていたようですね。

フランク
 基本は、クリエーターさんの希望する方向性に任せています。クリエーターに自由に発想してもらわないと意味がない、という思いはありました。こちらから指示して作るのではあれば、自分で作ればいいだけの話ですから。自由に作っていただくというのは、『Halo Legends』のもっとも大きなポイントでしたね。

ボニー ひとりひとりのアーティストに自由に仕事をしてもらわなければいいものは絶対にできない、というのはプロジェクトスタート時から考えていました。

――『Halo(ヘイロー)』ワールドの歴史を綴る”Origins”では、初めてフォアランナーが描かれますね。

フランク
 フォアランナーのデザインは二村監督にお願いしたのですが、二村さんとは長いミーティングを重ねました。3時間の予定が5〜6時間になって、また翌日再度……ということもざら(笑)。ふたりで新しいデザインを積み上げていく感覚でしたね。もちろん、彼のデザイン力には全幅の信頼を寄せていたし、挙げてもらったデザインは実際すばらしいものばかりでした。

――アニメで初登場したデザインは、今後ゲームが出たときに引き継がれる?

フランク
 個々のデザインに関しては、アーティストの解釈に任されている部分もあります。たとえば、『Halo Legends』ではロングヘアーのスパルタンが登場しますが、ゲームではスパルタンの髪型は短い。そういった意味では、ゲームとアニメは必ずしも直結しているわけではありません。ただひとつ言えるのは、『Halo Legends』では「これはなんだろう?」という観たことがない設定がたくさん出てきますが、それらの設定はけっして意味がないわけではないということです。”Origins”でとくに顕著なのですが……。これ以上の説明はできないのですが、すべてにおいてちゃんとした意味がある。

halo01

ボニー 私は個人的にはロングヘアーのスパルタンは気に入りましたよ(笑)。実際のところ『Halo(ヘイロー)』の開発チームも、『Halo Legends』を観てインスパイアを受けた部分が相当多いです。フォアランナーに関しては、人気SF作家のグレッグ・ベアさんがフォアランナーをテーマにした三部作の小説を書くことになっていますし、『Halo Legends』が基点となって『Halo(ヘイロー)』ワールドが広がることになる。いまは言えませんが、『Halo Legends』で描かれた謎は必ず将来につながっていきます。

フランク グレッグには、最初はマイクロソフトからアプローチしたんです。「フォアランナーの難しい物語を書ける作家はいないか?」とエージェントに聞いたところ、グレッグ・ベアの名前が挙がったんです。もともと私もグレッグ・ベアが好きだったので、「ぜひ!」とお願いしたのですが、「たぶん断られるんじゃないかな?」とのエージェントの返事でした。ところが息子さんが『Halo(ヘイロー)』シリーズの大ファンだったみたいで、執筆を快諾してもらったんです。彼自身も新しいエンターテインメントに興味があったみたいですね。グレッグがどのような『Halo(ヘイロー)』ワールドを紡いでくれるか、楽しみです。

――新しい才能を得て、『Halo(ヘイロー)』ワールドはどんどん広がるわけですね。

フランク
 『Halo(ヘイロー)』シリーズを展開するうえでのいちばんの醍醐味は、新しい世界や新しいストーリーを探っていくことだったりするわけですが、シリーズに新しい魅力を加えるという意味でも、『Halo(ヘイロー)』シリーズはいままでも才能のあるクリエーターと組んできたし、これからもそうあるべきだと思っています。新しいクリエーターが自分たちの解釈で『Halo(ヘイロー)』を表現するのが重要なんです。『Halo Legends』の個々の作品を比べてみると、スタイルも違うし、表現方法も違うわけですが、それでも『Halo(ヘイロー)』であり続けている。言葉ではうまく説明できないのですが、『Halo(ヘイロー)』特有の普遍性があるんです。

ボニー 1作目の『Halo(ヘイロー)』は、FPS(一人称視点シューティング)でありながらしっかりとした世界観を構築して、ストーリーを楽しめる最初のゲームだったと思います。世界観やストーリー、ゲームプレイまで『Halo(ヘイロー)』には独特のスタイルがある。そういった『Halo(ヘイロー)』の魅力を、今後も展開していきたいと思っています。

――今後『Halo(ヘイロー)』ワールドはどのような展開を見せますか?

フランク
 いまは2010年秋発売予定の『Halo(ヘイロー):Reach』に注力しています。今後は、Halo Waypointやこれから刊行予定の小説などで、シリーズの世界を広げていく予定でいます。これからどうなるかはまだまだ言えないのですが、今後の展開に期待していてください。

――最後に『Halo Legends』を楽しみにしている日本のファンにメッセージをお願いします。

ボニー
 『Halo(ヘイロー)』は、欧米ではそれこそある程度定着したブランドになっていますが、日本ではまだまだそこまでいってないという認識はあります。今回『Halo Legends』がリリースされることで、『Halo(ヘイロー)』ブランドは欧米のものではなくて、日本の方にも楽しめるものだ……というのを意識していくきっかけになってもらえればうれしいです。

フランク まずは、『Halo(ヘイロー)』をサポートしてくれている日本のゲームファンに”ありがとう!”と言いたいです。『Halo Legends』は、ファンの皆さんへの感謝の気持ちを込めて作りました。観て楽しんでいただければ、これ以上の喜びはないです。これからも、皆さんに喜んでいただけるような『Halo(ヘイロー)』ワールドの作品を紡いでいきたいと思っています。期待していてください。

halo04


bd
dvd

『Halo Legends』
発売日:2010年2月16日
発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

Blu-ray版(2枚組)※写真左
価格:5980円[税込]
品番:WBA-Y27242

DVD版(3枚組)※写真右
価格:4980円[税込]
品番:DLX-Y27243

収録エピソード
1.  Origins Part1(制作:スタジオ4℃)
2.  Origins Part2(制作:スタジオ4℃)
3.  The Duel(制作:プロダクションI.G)
4.  Homecoming(制作:プロダクションI.G)
5.  Odd One Out(制作:東映アニメーション)
6.  Prototype(制作:ボンズ)
7.  The Babysitter(制作:スタジオ4℃)
8.  The Package(制作:カシオエンターテイメント)
 

[関連記事]
※押井守、ボンズなど最強スタッフで『Halo』をアニメ化
※原作のファンが見たい映像が盛り込まれている! アニメビッグプロジェクト“Halo Legends(ヘイロー レジェンズ)”発表
※『Halo(ヘイロー)』と日本アニメのトップクリエーターが奇跡のコラボ、『Halo Legends』インタビュー
※アニメ『Halo Legends』がブルーレイとDVDで2010年2月16日に発売決定
 

【Halo Legendsの世界】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

マイナンバーカード×『スパイファミリー』キャンペーンのポスターが本日(2/1)より渋谷に登場。ノベルティグッズがもらえるスポット撮影イベントも開催

2023年2月1日、デジタル庁は、マイナンバーカード普及促進のキャンペーンとして、『SPY×FAMILY』の作中キャラクター達を起用した渋谷エリアでのポスター展示を実施した。

【Amazon予約数ランキング】『ホグワーツ・レガシー』が1位。『ハリーポッター』の世界を舞台にしたオープンワールドアクションRPG【1/22〜1/28】

Amazon.co.jp TVゲームストアの予約数ランキング(集計期間:2023年1月22日〜2023年1月28日)をお届け。

『シアトリズム ファイナルバーライン』インタビュー。今度こそシリーズの集大成!? 10年間遊んでもらえる作品になるようすべてを詰め込んだ

2023年2月16日にスクウェア・エニックスから発売されるNintendo Switch、プレイステーション4向けのリズムアクションゲーム『シアトリズム ファイナルバーライン』の開発者インタビューをお届け。

『フォートナイト』に伊藤潤二『首吊り気球』『富江・写真』『双一の愛玩動物』『墓標の町』『首のない彫刻』の5作品をモチーフにしたマップが登場!

ツナガルヒトは、バトルロイヤルゲーム『フォートナイト』にNetflixで独占配信中のアニメ伊藤潤二『マニアック』をモチーフにしたマップが登場することを発表した。

『スター・ウォーズ ジェダイ:サバイバー』が約1ヶ月の発売延期。ワールドワイドでの新たな発売日は4月28日に

来月発売予定だった 『スター・ウォーズ ジェダイ:サバイバー』が約1ヶ月の発売延期。

『Apex Legends Mobile』のサービス終了が発表。日本時間の5月2日午前8時をもってシャットダウンへ

モバイル向けバトロワゲーム『Apex Legends Mobile』のサービス終了が発表。

『ブルアカ』謎解きデジタルスタンプラリーが本日(2/1)から開催。対象店舗に設置されたスタンプを集めるとゲーム内アイテムや限定グッズがもらえる

Yostarは、スマートフォン向けゲーム『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』の2周年を記念した謎解きデジタルスタンプラリー“ブルーアーカイブ 〜暗号仕掛けの挑戦状〜”を2023年2月1日より開催する。

『バリアント ハート カミングホーム』レビュー。第一次世界大戦で活躍したハーレム・ヘルファイターズの軌跡を追うパズルアドベンチャー

第一次世界大戦中を舞台にした『バリアント ハート ザ グレイト ウォー』の続編となる『Valiant Hearts: Coming Home(バリアント ハート カミングホーム)』が、2023年2月1日より配信される。本作はモバイル向けにNetflixアプリ上にて配信を予定しており、Netflix会員限定でプレイできるタイトルだ。ここでは、同作のレビューをお届けしよう。