携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 放送まえからカオス! 1月新番組『バカとテストと召喚獣』放送直前イベント

放送まえからカオス! 1月新番組『バカとテストと召喚獣』放送直前イベント

2009/12/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●全国のファンが見守る中、フリーダムなイベントに

 2010年1月より放送が開始されるテレビアニメ『バカとテストと召喚獣』の放送直前イベントが2009年12月20日(日)、東京千代田区のエンターブレイン2Fイベントスペース“WinPa”にて開催された。
 

baka22

▲イベントには、メインキャスト陣が参加。左から吉井明久役の下野 紘、姫路瑞希役の原田ひとみ、島田美波役の水橋かおり、坂本雄二役の鈴木達央、木下秀吉役の加藤英美里。


 ファミ通文庫の人気ライトノベルであり、2010年1月からテレビアニメが放送開始となる『バカとテストと召喚獣』(原作:井上堅二)。同アニメの第1話先行上映と、キャスト陣による討論会が行われるイベントが2009年12月20日に開催。同イベントは、エンターブレインのライブ放送局“eb!TV LIVE”で生中継されるなど、会場に詰めかけたファンだけでなく、多くの視聴者が参加できるイベントとして、各メディアからも注目を集める。
 
 イベントには、吉井明久役の下野 紘、姫路瑞希役の原田ひとみ、島田美波役の水橋かおり、坂本雄二役の鈴木達央、木下秀吉役の加藤英美里が参加。作品の魅力を存分に語る……と思いきや、イベント開始早々から珍回答続出の波乱のセミナーとなった。

 イベントが開始されると、突然下野が司会をすることが告げられる。困惑しながらもきっちり司会を務めようとする下野だったが、その姿はなぜか自身の演じる吉井明久のコスプレ姿。このことに誰もつっこまないままイベントが進行していく中、下野から、物語の舞台となる文月学園の制服を着ていることについて「イベント用の衣装を用意していたんですけど、楽屋でキャストの皆さんに“下野君が着ればいいじゃん”と言われてこうなりました」と釈明。しかし、髪型を明久と同じようにセットしてステージに立つなど、「半ば強引にこの恰好をさせられている」と口にしながらも、本人は何気にノリ気なようだった。
 また、姫路瑞希役の原田は、今回のイベントが生中継されているということを聞いて「放送事故にならないようにがんばります!」と意気込みを語る。そんな原田は、イベント後半で、限界ギリギリのところまで踏み込むこととなる……。
 

baka02

▲会場には多くのファンが集まる。女性ファンも非常に多いイベントだった。


 今回のイベントは、出題された議題に対してキャスト陣が討論していく形式で進行。ひとつめの議題は、“第1話本編を見て物申しましょう”というもの。この議題に対し原田は「色がたくさんついていました。表情がよくわかりました」とアフレコ時にはまだ絵が完成していなかったことを匂わす発言。これを下野が「そういう裏事情はいいから(笑)」と制するなど、最初の議題から波乱含みの幕開けに。
 さらに、水橋が「私、ずっとこの人(鈴木を指差して)が主役だと思ってたの!」と言うと、「スタッフの方、キャストの並び順チェンジ!」と鈴木が答えたり、“第1話をまだ観ていない人がワクワクするようなことを言って”という下野からの提案に対して「1話で主人公が死ぬと思わなかった」(水橋)、「まさか死に際に全裸になるとはねー」(鈴木)と答えるなど、下野イジりが白熱。
 そんな中、加藤は「(木工用)ボンドが最高でしたね。秀吉の変身シーンはお尻がセクシーでした」と優等生的なコメントで場を締めた。
 

baka04
baka05
baka06


 続くふたつめの議題は、“気になるキャラクターについて語り合いましょう”というもの。ここで印象的だったのが、女性陣が皆口々にムッツリーニ(土屋康太)が好きとコメントしたことだ。加えて水橋は「福原先生がすごい好き。津田さんもいい芝居してるんですよー! こんな気持ちはムスカ以来(笑)」と独特の言い回しで福原先生を絶賛。この発言には会場のファンも大盛り上がりで、もしかしたらアニメ放送後、福原先生人気が急上昇するかもしれない。

 3つめの議題は、“パセラとのコラボ企画 バカテスイーツについてアイデアをください”という内容。現在公式サイトでパセラオリジナルのバカテス・タイアップメニューのアイデアをファンから募集しており、これをキャスト陣にもやってもらおうというものだ。ここでもやはり下野イジりが始まる。水橋が「溶かしたチョコレートを(下野の)頭からかける」というスイーツを提案すると、原田は「いいですねー。女体盛りみたいで」と賛同。さらに加藤が“明久の顔を模したハニトー”を提案したり、鈴木が“下野が突き刺さったハニトー”(下野の時給は650円)を提案するなど、つぎつぎにアイデアが出される。この流れのままさらに場が盛り上がっていくかと思われたが、下野が考えたスイーツ“しおと水”で会場は一気に凍りついてしまうことに。しかし、そんな下野のピンチを救うかのように、原田がとんでもないスイーツを提案。こちらはイラストの掲載は控えさせていただくが、文章のみでお伝えするとトーストの上に黒いソフトクリーム(原田本人のイメージはピンク)が乗っかっているというものであった。
 

baka07
baka08
baka09

▲真剣な表情でアイデアを考えているように見せかけて、下野をどうイジるかだけを考えているキャスト陣。

 

baka10
baka14
baka11

▲とにかく下野をイジりまくり。当の本人の回答は、原田に見向きもされないようなもの。

 

baka101
baka13

▲とんでもないイラストが出てきたので、思わずモザイクをかけてしまいました。すかさず下野もイラストを隠す。原田さん、イラストを隠されて意外そうな顔をしないでください。

 

baka01

▲下野や原田の発言を聞いていた鈴木は、キャスト陣の分かれかたに関して、あることに気づく。水橋、鈴木、加藤側はふつうの人、下野、原田側は……。


 最後となる4つめの議題は、インターネットラジオステーション<音泉>で放送中のラジオ番組“バカとテストと召喚獣 文月学園放送部”の1コーナーの出張版。今回のイベントでは、各キャラクターに言わせたいセリフを考えて、実際にそのキャラクターを演じるキャストが発言するというものに。水橋の考えた雄二に言わせたいセリフ「明久、俺と伝説になろう」(CV:鈴木)を筆頭に、秀逸なセリフが続々と飛び出す中、原田の考えた秀吉に言わせたいセリフ「わしの初めての人になってほしいのじゃ」(CV:加藤)に鈴木が反応。「今日のイベント全体を通して感じたんですが、原田さんはすっごい下ネタが好きですよね?」と鈴木に言われると原田は大きく否定。これを助けようとすべての出来事を「下野君に言わされてるんだよね」(水橋)ということにし、会場から下野に対し、「ヒ・ド・イ!」コールが沸き上がる。終始タジタジの下野だったが、このあと下野は会場の(おもに男性)ファンから称賛されることとなる。
 最後の議題で下野が姫路に言わせたいセリフは、「おっぱ……お!」。このセリフを原田がかわいらしく言うと、「サイテー!」という声が上がるとともに、会場の(おもに男性)ファンから、「グッジョブ!」という声が上がる。これで汚名を返上できたのかはわからないが、とにかく会場の(おもに男性)ファンを喜ばせたのはたしかだ。
 

baka17
baka18
baka19

▲突然始まった下野によるファッションショー。鈴木の提案で側転までするハメに。



 すべての議題を終えると、会場のファンにサイン入りポスターをプレゼントをする抽選会へ。その後、今後の『バカとテストと召喚獣』の情報を紹介していくと、最後に“2009.12.24 X”という文字が。この日は、前述したラジオの放送がある日だが、それとは別に何かが起こるらしい。この情報に「下野君まさかー!?」(水橋)、「さっき死んじゃうって……」(加藤)、「逝っちゃ、逝っちゃダメですって!」(原田)と総ツッコミを食らうなど、下野の愛されっぷりの非常によくわかるイベントとなった。
 

baka03


 最後にキャスト陣からひと言ずつファンへメッセージが告げられた。

加藤英美里 本当にとてもテンポとノリがよく、おもしろい作品に仕上がっております。これから第2話、第3話と続いていくわけですけれども、どんな展開になっていくのか? ぜひ原作を読まれている方はあのシーンがどんな風になるのかなど、オリジナルもちょくちょく挟まれて行きますけど、楽しみにしていただければな、と思っています。

鈴木達央 ホントに楽しい時間を過ごさせていただいたな、と思います。キャストの知らなかった一面が垣間見られて不思議な気持ちもあります(笑)。『バカとテストと召喚獣』2010年1月から始まります。会場に来られたお客さんは本編を観たということですが、まだオープニングとエンディングを観ていないということだそうで。エンディングのコーラスに我々も参加していますので、ぜひ楽しみにしていただければ。個人的にはエンディングがすごく意味深でどういうことなのかなぁ、と思っています。

水橋かおり タイトルにバカってついてるけど、偉いね。このチームは。とても真面目だと思う。個人的にもすごく楽しんでやらさせていただいているので、きっと皆さんも楽しいと思います。

原田ひとみ オーディションに受かったときから、緊張して挑ませていただいています。キャストの皆さんがとても個性的な方々ばっかりで、収録現場もとても楽しいです。瑞希ちゃんもこれからどんどんがんばって恋のほうも一生懸命実るようにがんばっていきますので、その姿を皆さんにも観ていただいて、応援していただけたらうれしいなと思っております。ホントにテンポがよくって楽しい作品で、私たちも毎回毎回死ぬ気で、とくに下野さんが死ぬ気でがんばって演じさせていただいておりますので、全話見逃さずに観ていただきたいと思います!

下野 紘 さきほどスタッフから「『バカテス』ホントに力入れてるんですよねぇ」って急に言われて(笑)。スタッフもものすごく力を入れていますし、それに応えようとキャスト陣も一生懸命、必死に演じております。『バカテス』は皆さんとともに大盛り上がりできたらいいなと思っています。ただ、コスプレはしなくてもよかったかな、と(笑)。

水橋かおり えええ? いいよー、すごく似合ってる。
鈴木達央 今度は茶髪にして、1コーナー作ろうよ。“明久と遊ぼう!”っていうコーナー。

水橋かおり いいねー。“明久遊ぼう!”にしよう!
原田ひとみ おもに背骨を折られる役として……。
鈴木達央 本編に出てくるプロレス技をかけられるとかね。
下野 紘 なんだか自分で言って胃が痛くなってきた……。まぁ、こんな感じで盛り上げていければと思っています! 皆さんよろしくお願いします!!



バカとテストと召喚獣
2010年1月6日よりテレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、AT-X、各種ネット配信にて放送開始

※テレビアニメ『バカとテストと召喚獣』公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『ブロブ カラフルなきぼう リターンズ(de Blob 2)』が本日(2月21日)Switch向けに配信開始、ニンテンドーeショップにて33%オフの発売記念セールも

『ブロブ カラフルなきぼう リターンズ(de Blob 2)』が本日(2月21日)Switch向けに配信開始された。

『デレステ』3周年記念イベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪”のBlu-rayが4月24日に発売決定!

『デレステ』3周年記念イベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪”のBlu-rayの発売が決定。

生町内会動画アーカイブ更新!

2月12日放送分の生町内会動画をアップ。さらに“俺の恩返し”など、3つの投稿コーナーを更新。3月の投稿者ランキングもスタート。最近暖かいですが、油断は禁物。薄着で風邪をひくよりも、ヒートテックで汗だくになれ! 

原由実さん&三宅麻理恵さん&佳村はるかさんが関西弁での即興劇やゲーム対決など大盛り上がり! “『はらまる大盛』ニューイヤーイベント2019”リポート

2019年1月12日(土)、東京・赤羽会館にて開催された“『原由実の○○放送局 大盛』ニューイヤーイベント2019 -お友達と遊ぶよ-”のリポートをお届け。

『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』メルル、ケイナ、べノンの情報が公開! 新たなストーリーやルルアたちの人物像も明らかに

『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』メルル、ケイナ、べノンの情報が公開! ルルアに忍び寄る不穏な影やルルアと仲間たちの人物像や能力も紹介。

山下七海さんがパーソナリティーを務める『山下七海のななみんのねごと』2019年2月21日(木)21時30分よりスタート!

ファミ通チャンネルにて声優の山下七海さんをパーソナリティーにお迎えしたニコニコ生放送を配信!

『ギルティギア』シリーズ20周年記念パッケージ『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』がNintendo Switch向けに5月16日発売決定!

『ギルティギア』シリーズ20周年を記念した『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』が、Nintendo Switch向けに、2019年5月16日に発売決定。

『ポケットモンスター』“ゲンガー”をモチーフにしたブラックバージョンのネックレス&リングが2月22日より発売!

『ポケットモンスター』“ゲンガー”のネックレス&リングのブラックバージョンが2019年2月22日に発売!

『真・三國無双8』“重装備”をモチーフとした追加コスチュームDLC第5弾が本日(2月21日)より配信開始

コーエーテクモゲームスより発売中の『真・三國無双8』にて、追加コスチューム第5弾が本日(2019年2月21日)より配信開始。

巨大メカが街を破壊しながら戦う『オーバーライド 巨大メカ大乱闘』は協力・対戦・乱闘と豊富なバトルが魅力!

巨大メカ戦が楽しい3gooの『オーバーライド 巨大メカ大乱闘』。その魅力に迫る!