携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 【マチアソビリポート2】今井麻美&喜多村英梨が歌って踊ってしゃべる! マチアソビ“ボードウォーク”編

【マチアソビリポート2】今井麻美&喜多村英梨が歌って踊ってしゃべる! マチアソビ“ボードウォーク”編
【マチアソビリポート】

2009/10/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●川べりのステージでお客さんとの身近な触れ合い

 

 徳島県で行われたアニメやゲームにまつわるイベント“眉山山頂秋フェスタ×マチアソビ”。イベント全体の概要はこちらの記事でお伝えしたとおり。ここでは、20091011日の“しんまちボードウォーク”(新町川の川沿いにあるストリート)で行われた、ライブイベント“つきねこキャラソンライブ!” と、ラジオ“眉山山頂秋フェスタ2009 つきねこラジオ”の公開収録をピックアップしてリポートする。

 

 しんまちボードウォークのステージで行われたのは“つきねこキャラソンライブ!”。“つきねこ”とは、声優の今井麻美、喜多村英梨、阿久津加菜、五十嵐裕美が演じる、キャラクターコンテンツで、現在はキャラクターソングとミニドラマを収録したCDのみだが、4コママンガなど、今後いろいろなメディア展開をしていくという。“つきねこキャラソンライブ!”で歌われたのは、前述のCDに入っている4人のユニットソング『Refrain -call your dream-』。

 

 しんまちボードウォークの川べりに作られたステージに登場した4人は、“つきねこ”や、曲専用のフリについて説明。いざライブが始まると、階段に座ったお客さんたちは大いに盛り上がり、教えられたばかりのフリをこなしていた。出演者の4人は、お客さんからの声援に応えるようにパワフルなパフォーマンスを展開。屋外で日の光を浴びながら、非常に気持ちよさそうに、そして楽しそうに1曲を歌い上げていた。

 

b01
b02
b03
b04
b05
b06

▲川べりのステージで歌う4人。ステージの特異性もさることながら、お客さんとの距離も、通常のライブでは信じられない近さ。

 

b07
b08
b09
b10
b11
b12

 

 ライブ終了後、4人はしんまちボードウォークに立ち並ぶパラソルショップへ。続いて行われたのは、今井麻美と喜多村英梨がパラソルショップの一角を借りて行う“眉山山頂秋フェスタ2009 つきねこラジオ”の公開収録。阿久津加菜と五十嵐裕美は、同じ声優の坂巻学、森谷里美とともに“眉山山頂秋フェスタ×マチアソビ”の中で行われているスタンプラリーへと移り、大勢のお客さんを引き連れて徳島駅のほうへと向かっていった。

 

 “つきねこラジオ”とは、先に紹介した“つきねこ”メンバー、今井麻美、喜多村英梨、阿久津加菜、五十嵐裕美の4人がパーソナリティーを務めるラジオ。“眉山山頂秋フェスタ×マチアソビ”に先立って配信されたWebラジオ“GoGo! FESラジオ”、そしてDJCDとして発売されている“恋スルスペシャルラジオ!”の流れを汲むものとなっている。今回は、公開収録の特別版としてパーソナリティーは今井麻美と喜多村英梨のふたりになっているが、番組の中でスタンプラリーへ向かった阿久津加菜と五十嵐裕美に電話をするという、イベントらしい内容も見られた。

 

 今後Webでの配信、もしくはCDとして発売されるため、番組の詳細な内容は伏せるが、番組中で行われたのは“ふつおた”(ふつうのおたより)コーナー、“○○とは!?”というリスナーから送られてきたお便りに対し“○○!”と答える“名言誕生!”のコーナー。また、その合間に行われた阿久津加菜、五十嵐裕美へ電話する中継では、側にいたお客さんを巻き込んだ回答に奇跡とも思える展開が! その内容は、今後の配信または発売を楽しみにしていてほしい。ちなみに“つきねこラジオ”は20091010日に阿久津加菜と五十嵐裕美で公開録音されたほか、このあとに眉山山頂などでも行われており、その中で坂巻学と森谷里美、そしてカレイドスコープの越田直樹、桑門そらが新メンバーとして“つきねこ”に入ることが発表されている。

 

b13
b15
b16
b17

▲スタンプラリーへ出かけるまえに、ちょっとだけラジオに出演した4人(後列左から森谷里美、坂巻学、阿久津加菜、五十嵐裕美)。阿久津は、「どのゲームとは言わないけど、すれ違い通信がしたいの!」と、とあるゲームでのすれ違い通信をアピールしながらスタンプラリーへ向かっていった。

 

b18
b20
b14
b21
b22

 

 なお、ラジオの公開収録終了後、急遽キングレコードのブースにて、今井麻美、喜多村英梨のCDお渡し会が行われることになった。キングレコードの売り子として店頭に立ったふたりだが、とくに今井がアニメ『とらドラ!』のエンディング曲であり、喜多村が歌い手として参加している『オレンジ』を勧めると、並んでいたお客さんはいっせいに『オレンジ』を買い求め、真っ先に売り切れる状況になっていた。

 

b23
b24

▲お客さんひとりひとりに丁寧にCDの受け渡しを行うふたり。短い時間ながらふたりと触れ合える貴重な時間とあって、キングレコードには長蛇の列ができあがっていた。

 

(取材・文章・写真:T.M

 

※“マチ★アソビ”公式サイトはこちら

 

【マチアソビリポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『ヒロアカ』一番くじ“Begin the HERO!”が本日(5/20)発売。緑谷出久、爆豪勝己、轟焦凍、オールマイトのフィギュアやサコッシュなどのグッズが登場

2022年5月20日(金)より、“一番くじ 僕のヒーローアカデミア Begin the HERO!”が、書店、ホビーショップ、一番くじ公式ショップなどの店舗にて順次発売される。価格は1回680円[税込]。

『鬼滅の刃』×極楽湯のコラボ第2弾が本日(5/20)より開催。コラボ風呂、限定メニューなどを展開。オリジナルグッズはオンラインショップでも販売

2022年5月18日(水)、極楽湯は『鬼滅の刃』と“「極楽湯・RAKU SPAグループ”のコラボを開催することを発表した。期間は2022年5月20日(金)〜6月30日(木)。

『ウィッチャー3』PS5、XSX|S版は2022年10〜12月(第4四半期)に発売決定。先月発売延期が発表されていた

2022年5月20日、CD PROJEKT REDは、『ウィッチャー3 ワイルドハント』の新世代機(PS5、XSX|S)版について、2022年の第4四半期(10〜12月)に発売すると発表した。

『ドルメン』プレイレビュー。ハイテンポの戦闘や装備作成の自由度が魅力のSF×コズミックホラーの高難度アクションRPG

Koch Mediaから、プレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC向けに2022年5月20日に発売された『Dolmen(ドルメン)』のプレイレビューをお届け。

『ドラクエ』これからの季節にピッタリなスライムのクリアボトルが登場。スライム、メタルスライム、魔王、スラミチの4種が展開

2022年5月19日(木)、スクウェア・エニックスは、ドラゴンクエスト新作グッズ“スライムクリアボトル 4種類”の発売が決定したことを発表した。

PS4/PS5/Switch『リサーチアンドデストロイ』無料体験版が配信開始。チュートリアルとひとつのミッション、画面分割での協力プレイが楽しめる

スパイク・チュンソフトは、本日2022年5月19日(木)、Nintendo Switch、プレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC(Steam / Windows 10)向けゲーム」『リサーチアンドデストロイ』の無料体験版を、PS Store、ニンテンドーe ショップにて配信開始した。

科学ADVシリーズ最新作『アノニマス・コード』OPムービーが公開。主題歌の作詞作曲は志倉千代丸氏、歌唱はいとうかなこさんが担当

MAGES.より、2022年7月28日発売予定のプレイステーション4(PS4)、Nintendo Switch(スイッチ)用ソフト『ANONYMOUS;CODE(アノニマス・コード)』のオープニング(OP)ムービーが公開された。主題歌は科学アドベンチャーシリーズではおなじみのいとうかなこさんが担当する。

『エースコンバット7』×『トップガン マーヴェリック』コラボDLC機体が公開! 配信日は2022年5月26日(木)

2022年5月19日、バンダイナムコエンターテインメントは、『エースコンバット』公式Twitterにて映画『トップガン マーヴェリック』とのコラボDLC機体を2022年5月26日に発売することを公開した。

『ヴァンパイア:ザ・マスカレード スワンソング』が8月18日に発売。プレイヤーの行動によってストーリーが分岐するダークなアドベンチャーゲーム

2022年8月18日(木)、EXNOAは『ヴァンパイア:ザ・マスカレード スワンソング』を発売する。プレイヤーの選択によってストーリーが分岐するオープンシナリオ・アドベンチャーゲームとなっている。