携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> ブラジルの地で開催! 影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、いとうかなこ、ヒカルド・クルーズが夢のスペシャルライブ!!

ブラジルの地で開催! 影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、いとうかなこ、ヒカルド・クルーズが夢のスペシャルライブ!!

2009/8/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

世界中に広がるアニソンの輪! 地球の裏側でも超アツイぜっ!


 日本国内はもとより、アジア、アメリカ、ヨーロッパなどでも絶大な人気を誇り、世界各地で開催されるイベントから引っ張りだこの日本のアニソンシンガーたち。最近では、あの
JAM Projectがワールドツアーを成功させたことも記憶に新しいが、そのパワーは驚くことに地球の裏側の国、ブラジルでも不動の人気とのことで、今回は、ブラジルのセアラ州にあるフォルタレーザという街で2009717日から719日まで3日間に渡って開催されたアニメイベント“sana”に密着取材を敢行した。 

 

ph01

▲ブラジルのイベント”sana”に参加した豪華メンバー。左から影山ヒロノブ、きただにひろし、いとうかなこ、遠藤正明、ヒカルド・クルーズの5人。

 

 これまでも、日本を代表する数々のアニソンシンガーがこの国を訪れているが、今回“sana”に参加したのは、影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、いとうかなこ、そしてブラジル人でありながらJAM Projectの準レギュラーメンバーとしての地位を不動のものとしているヒカルド・クルーズの5人!

 

ph02

▲会場となったコンベンションセンター入り口に掲げられた“sana”の看板。シンボルイラストはブラジルの女性イラストレーターが担当している。

 

 じつはブラジルは、昨年日本人移民100周年を迎えたほど、日本との国交の古い国。そんな事情もあって、日系人が比較的多い土地柄であるとともに、日本のアニメを子供のころからふつうに見て育った若者たちの多い国でもあり、サン・パウロで行われているブラジル最大級のイベント“Anime Friends”を始め、リオやフォルタレーザなど、南米の広い国土の各地で毎年、数々のジャパニメーションイベントが開催されていることでも知られている。

 

 ちなみに、今回取材した“sana”は、日本のシンガーを招いてのライブを行うようになったのは今年で3年目。しかし、イベント自体はなんと9年目を迎えるというかなり歴史のあるイベント。開催地となっているセアラ州の首都フォルタレーザは、サン・パウロから国内線で約3〜4時間という土地柄もあって、ブラジル国内では比較的日系人の少ない街のうちのひとつ。だが、そんな街に、なぜかジャパニメーションファンが深く根づき、地元ファンの有志で結成された実行委員会の主催によって、すでに9年もイベントを続けている“sana”は、ブラジルの中でもかなり特殊な成り立ちのイベントであるとも言える。

 

 たしかに会場を訪れるファンの人たちを見回しても、一見して日系人とわかる人を見つけるのが難しいほどで、気になって地元の日本領事館の担当者に聞いてみたところ、「広いブラジルの北東部でも、なぜかいちばん日本語への興味の深い街なんです」とのこと。日系人が多い国だからというだけではなく、純粋に日本のアニメや漫画が好きでこれだけのイベントを続け、毎年約4万人のお客さんを集めていると聞くと、やはりちょっと胸にグッとくるものがあります。

 

ph03

▲会場のあるフォルタレーザは赤道直下の海岸沿いの街という事もあって、年中夏のような気候で美しい海がどこまでも広がる、いつまでもいたくなるような場所でした。ちなみにひとりだけ小さく写ってるのはいとうかなこ。

 

 3日間のイベントではライブはもちろん、サイン会やトークショー、ファンミーティング的なイベントも数々開催され、地元ファンとの交流のためにかなりの時間をとっている。さらに海外からのゲストということで、地元のテレビや新聞などのメディアの注目も高く、取材も数多く行われた。
 

ph04
ph05

イベント1日目と2日目に分けて、ふたりずつで行われたサイン会。すごいコスプレの人やかわいらしい女の子などなど、若者を中心にほんとにいろんな人が本当にうれしそうにサインを求めていました。

 

ph06
ph07
ph08

地元テレビや新聞の取材もたくさん受けました。さらに、なんと急遽ライブ前にもインタビューが入ったりと、けっこうパタパタしたりもしました。

  

ph09

ファンミーティングでは、いっしょに写真を撮ったり、サインしたり、通訳を介して直接お話しをしたりと、各々でコミュニケーションを楽しんでいた。

ph10

▲最終日には大きなホールでファンからの質問に直接答える形式のトークショーも開催された。

 

 そしてメインのライブは、1日目と2日目はカラオケでのライブ、そして盛り上がりがピークを迎える最終日は、地元ブラジルのミュージシャンとのコラボレーションによる生バンドでのスペシャルライブ!

 

ph11

熱狂のライブがスタート! 肩車をする人やコスプレの巨大な武器を振り回す人など、盛り上がりかたもラテン系!

 

 世界中で知られる名曲、影山ヒロノブの歌う『ドラゴンボールZ』主題歌『CHA-LA HEAD CHA-LA、遠藤正明の歌う『爆竜戦隊アバレンジャー主題歌『爆竜戦隊アバレンジャー』、きただにひろしの歌う『ワンピース』主題歌『ウィーアー!そしていとうかなこは自身の代表曲となるテレビアニメ『カオスヘッド』主題歌『F.D.D.』の熱唱はもちろん、影山ヒロノブ&遠藤正明&きただにひろし&ヒカルド・クルーズによるJAM Projectパートやアコースティックパート、さらに出演者それぞれが名曲をカバーするアニソンカバーパート、さらに最終日のアンコールでは出演者全員で『CHA-LA HEAD CHA-LAを歌うなど、3日間で約50曲を披露!

 日本ではめったに見れないパートを含め、海外のライブならではのバラエティーに富んだ超豪華なパフォーマンスで会場に集まったファンたちを魅了した。

 

ph12
ph13

初日トップバッターとして『CHA-LA HEAD CHA-LA』でライブに勢いをつけた影山ヒロノブ。

 

ph14
ph15

▲『アバレンジャーでの回りまくりなど、力強いパフォーマンスが印象的だった遠藤正明。

 

ph16
ph17

▲いまにも会場にダイブしそうなほど、飛びまくりだった、きただにひろし。

 

ph18
ph19

アニソン界を代表するシンガーたちとの共演にも臆することなく自分流で魅せた、いとうかなこ。

 

ph20
ph21

ヒカルド・クルーズは、みんなのコーラスやトークで登場! 風貌に似合わぬかわいらしい日本語でメンバーに親しまれていました。

 

ph22
ph23

言葉は通じなくてもバンドとの息もピッタリ!

 

ph24
ph25

影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろしの3人によるアコースティックパート、ヒカルドが加わってのJAM Projectパートなど、ファンも納得の趣向も用意。ラストは全員で『CHA-LA HEAD CHA-LAを合唱!

 

ph26

ライブ終了後は、もちろん控え室でみんなでカンパイ!

 

ph27
ph28

すべてのイベント行程を終えて、すっかりプライベートモードの“sana”のスタッフたちとの集合写真。さらに“sana”出演記念のプレートも授与されました。

 

ph29

最後に、帰りのサン・パウロで“Anime Friends”に出演していた串田アキラ、山形ユキオ、石原慎一のお三方と記念写真。地球の裏側で奇跡の光景に遭遇してしまった気分でした。

 

 (取材・文・写真:itsuki fujii



 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

1月26日、27日開催の“eSPORTS国際チャレンジカップ 〜日本選抜vsアジア選抜〜”の各タイトル競技のルールと出場選手の一部が判明、人気プロプレイヤーが続々参戦

2019年1月26日、27日に幕張メッセにて開催される“eSPORTS国際チャレンジカップ 〜日本選抜vsアジア選抜〜”。その開催直前情報として、各タイトル競技のルールが発表。また、アジア選抜プレイヤーと日本選抜の一部のプレイヤーが明らかにされている。

『エースコンバット7』初心者向けプレイガイド! エースパイロットを目指す新兵に贈る3つの重要テクニック【動画あり】

人気フライトシューティングのシリーズ最新作『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』が、2019年1月17日についに発売された。新米パイロットはもちろん、ベテランパイロットも必見のプレイガイドを、記事担当ライターが伝授!

『エースコンバット』シリーズが好きすぎる世界的モデルが『ACE7』発売記念に来日! 河野BDと奇跡の対談

『エースコンバット7』の発売に合わせて、ヨーロッパ中心のモデルであり、大の『エースコンバット』ファンであるOmbeline Le-Mire Cahnさんが来日。『ACE』シリーズのブランドディレクター・河野一聡氏との対談が実現した。発売日イベントリポートと併せて、その模様をお届け。

『スマブラSP』誰でも参加可能な公認大会“niconicoチャンピオンシップ2019”が闘会議2019で開催。世界トップクラスのESAM選手、Ally選手も参戦!

Nintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の、誰でも参加できる参加費無料のオープン大会“大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL niconicoチャンピオンシップ2019”。応募締切迫る!

続編の可能性は? 革新的AIゲーム『アストロノーカ』20周年を記念して齊藤陽介氏、森川幸人氏らスタッフが再結集したトークイベントをリポート

2019年1月15日、1998年に発売されたプレイステーション用ソフト『アストロノーカ』の20周年イベント“アストロパーティー2019”が開催された。その模様をリポートする。

『キングダム ハーツIII』発売まであと1週間! ストーリーやシステムなどをおさらい!

スクウェア・エニックスより、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4およびXbox One用ソフト『キングダム ハーツIII』。今回は、発売まで残り1週間ということで、ストーリーや登場ワールド、システムなどについておさらいしよう。

人気インディーアクション『Celeste』のピアノカバーアルバム“Celeste Piano Collections”が1月25日より配信。あの山の思い出が美しい旋律で蘇る

人気インディーアクションゲーム『Celeste』のピアノカバーアルバム“Celeste Piano Collections”が1月25日より配信される。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 新コインボス、ゴレオン将軍に挑戦してきました!(第214回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第214回(通算314回)。

池袋STORIA『CoD:BO4』対戦会イベントに『FF14』祖堅正慶氏が急遽参加! Libalent Vertexのsitimentyooo氏、Japanese小池氏も

東京・池袋の“STORIA(ストーリア)”で『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』のイベントが開催。そこに、なんと『FFXIV』の祖堅正慶氏が参加!