携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 釘宮理恵:向上心を忘れずに、いい意味でファンの方を裏切っていきたい

釘宮理恵:向上心を忘れずに、いい意味でファンの方を裏切っていきたい
エンジェル・ボイス アゲイン

2009/7/15

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

エンジェル・ボイス アゲイン


ファミ通Xbox 360(毎月30日発売)の人気連載“エンジェル・ボイス アゲイン”とファミ通.comがコラボレート。誌面の都合などから、本誌では泣く泣くカットせざるを得なかった声優さんの貴重なお話の数々を完全収録。声優さんが“声のお仕事”に対するこだわりぶりを語る! 本日のゲストは、釘宮理恵さん(不定期連載第24回)。

 

 

【本日のゲスト・釘宮理恵さん】

第3回声優アワードで主演女優賞を受賞するなど、いまもっとも脂の乗った声優のひとり。4月30日に発売したユービーアイソフトのプレイステーション3、Xbox 360『Xブレード』ではヒロインのアユミを担当している。


●ファンの声援が力になり……

ava01.jpg――まずは、釘宮さんが声優を目指すきっかけを教えてください。

釘宮 高校生のころ、放送部に入っていてとにかく“しゃべる”ということが楽しくて。それで、“しゃべる”というお仕事に関わりたいと思っていました。両親は「アナウンサーにでもなれば?」と勧めてくれたのですが、アナウンサーは現実に起こったことを話すのに対して、声優は物語の世界のことを話すので、同じ“しゃべる”でも夢みたいなほうがいいな、というのが決め手になって声優を目指すことにしました。

――物語がお好きだった?
釘宮
 幼いころから物語やファンタジーが好きでした。小学生のころから表彰されるくらいの読書少女で、年間何100冊も図書館で本を借りて読んでいました。

――初めてのお仕事は?
釘宮
 最初のお仕事はゲームのアフレコでした。

――収録はどうでした?
釘宮
 いまは恥ずかしくて聴けないのですが、そのときは精一杯やっていました。

本当にぽっと田舎から出てきた状態だったので、ほとんどレッスンをする間もなく収録に臨んだんです。お芝居のことはまったくわからなかったので、とりあえず書いてある文字を読んでいるみたいな感じでした。本当に手探り状態で……。

――収録で手応えなどは?
釘宮
 まったくなかったです。本当に緊張していて、手応えがなくて不安になるばかりでした。「声優に向いていないのかも」って落ち込んでいました。ただ、その作品では、イベントがあって、いろんな会場でファンの方にお会いする機会があり、いつも「応援しています!」って言ってくださったんですね。それで、「私はこんなにダメなのに、応援してくださる方がたくさんいるんだ!」ということで、とてもうれしかったんです。その方たちの期待に応えるためにも、「いまはダメだけど、もっともっと上手になりたい」って思いました。

●今後はさらに人間性を高めていきたい

――役作りはどのような感じで?
釘宮
 原作がある場合は、ただただ原作を読みます。読んで、セリフをその場で口にしながらっていう感じです。「これは重要なセリフだな」って思ったら、納得するまでしっくりくるしゃべりかたを捜します。ぴったりくる場所を捜す感じです。

――自分に近いと演じやすくて、遠いと演じにくいものですか?
釘宮
 そうですね。私の中の理解を超える考えかたを持っているキャラに出会うことも増えてきました(笑)。でも最近では、逆にそういう考えかたを私がもらってしまえばいいんだと思うようにしています。

――釘宮さんにとって演じることの醍醐味って何でしょう?
釘宮
 現実の限界をさらに超えて、いろいろな経験ができることですね。例えば

役を演じることによって現実ではありえない感情をぶつけ合ったりとかしますしね。

――演技しながら感情をぶつけあっているのですね?
釘宮
 演じているキャラが限界を超えている精神状態に置かれていたら、私自身も超えていたいと思うし、私がセーブしてしまうのではなく、そのキャラも“熱”を持っているので、テレビの前で見てくださっているファンの方に向かって、「このキャラはこれだけ感情が高ぶっている!」というエネルギーを伝えたいんです。

――今後どんな役柄を演じてみたいですか?
釘宮
 どんな役柄であれ、ファンの方がのめり込めるような役柄だったり作品だったりと出会っていきたいですね。毎週の放送を見て「1週間それでがんばれる!」と言ってもらえたらとてもうれしいです。

――最後にファミ通.comの読者に向けてのメッセージをお願いします。
釘宮
 これからは、ファンの方が抱いてくださっている期待に応えるのはもちろん、それ以上のサプライズをお届けしたいです。ファンの方も目や耳が肥えてきていますし、私も向上心を忘れないように「釘宮はこんな役もやるのか!?」と驚かれるよう、いい意味でファンの方の期待を裏切っていけたらいいなって思っています。これからも応援よろしくお願いします。


※釘宮理恵さんの情報はこちら

photograh:Daisuke Komori

エンジェル・ボイス アゲインの関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

映画『きんいろモザイク Thank you!!』2021年夏劇場公開決定&キービジュアル公開! ゆるふわ学園コメディー最後の高校生活

ゆるふわ学園コメディーとして人気を博す『きんいろモザイク』が、2021年夏に劇場公開されることが明かされた。また、合わせてキービジュアルが公開されている。

『ラグナロクオンライン』4次職とレベルキャップ開放が待つ2021年は波乱の予感。運営チームインタビュー「そのつぎは成人式なんてどうですか」

PC用オンラインRPG『ラグナロクオンライン』は2020年12月に正式サービス18周年を迎えた。2021年は何を目指すのか、話を伺った。

アニメ映画『劇場版 花咲くいろは』1月24日(日)19時より放送決定。北陸の温泉旅館で働く少女の物語

2021年1月24日、全国無料放送のBS12 トゥエルビで放送中の『日曜アニメ劇場』にて、映画『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME』が放送される。

工具不要でカスタマイズ可能のマウス“Ergo”シリーズが国内で販売開始。マウスカバーのカラーバリエーションは11色

フェルマーは、アメリカのマウスメーカー・Pwnage(ポウネイジ)の商品をECサイト・ふもっふのおみせで販売開始した。

『機動警察パトレイバー2 the Movie 4DX』が2月11日より公開。東京に“戦争”を再現したテロリストを追う、第2小隊最後の出撃を劇場で観よう

1993年初公開の劇場アニメ映画『機動警察パトレイバー2 the Movie』が体感型シアター4DXで2021年2月11日から公開されることが明らかになった。

『キングダム ハーツIII』王様のぬいぐるみが予約開始。パーカーのフードは耳もピッタリで着脱可能

2021年1月18日、リアライズは、『キングダム ハーツIII』の王様ぬいぐるみ(製造メーカー:スクウェア・エニックス)をアニメ・漫画専門ECサイトであるキャラクターデパートで予約開始した。価格は5400円[税抜]。

『エーペックス レジェンズ』新トレーラー“Good as Gold”が1月19日1時00分に公開。グレネードのようなものを持った片腕は新レジェンドのもの!?

バトルロイヤル型FPS『Apex Legends』について、新トレーラー“Good as Gold”が2021年1月19日1時00分に公開される。

映画『銀魂 THE FINAL』1/22よりキャスト陣によるコメンタリー上映が決定。『銀魂』らしさ全開の特別映像も公開!

2021年1月8日より公開されている映画『銀魂 THE FINAL』について、2021年1月22日(金)より、全国の上映劇場にて副音声上映が実施されることが発表された。また、上映中のマナーや楽しみ方についてまとめた“正しい楽しみ方講座”映像も公開された。

『エースコンバット7』2周年無料アップデートが1月19日に配信。歴代主人公機などのスキン、新規エンブレム各10種が追加

バンダイナムコエンターテインメントは、『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』が2021年1月17日に発売2周年を迎えたことを記念した無料アップデートを1月19日に配信する。

Switch『モンスターハンターライズ』体験版でのフレンドが多すぎると処理落ちが出る問題は製品版では発生しない

2021年1月18日、カプコンは、Nintendo Switch用ソフト『モンスターハンターライズ』の体験版『モンスターハンターライズDEMO』で発生していた処理落ち問題について、製品版では発生しないことを確認したと発表した。