携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> MOSAIC.WAVのファーストライブツアーが赤坂BLITZでスタート!

MOSAIC.WAVのファーストライブツアーが赤坂BLITZでスタート!

2009/6/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●妄想爆発・衝撃情報満載のライブツアー初日をリポート!!

 テレビアニメ『すもももももも』、『狂乱家族日記』のオープニングテーマをはじめ、数々の“電波ソング”を発信するAKIBA-POPユニットMOSAIC.WAV。2007年以降、精力的にライブ活動を行ってきた彼らが、結成6年目にして初のライブツアー“Superluminal Ж MOSAIC.LIVE”を2009年5月30日、東京・赤坂BLIZにてスタートさせた。今後のツアー会場は、2009年6月6日に名古屋・ボトムライン、同20日に大阪・BIG CATでの開催が予定されている。
 

 今回のライブツアーのキャッチフレーズは“二次元だってイケル 超光速☆妄想ツアーへ!!”。ライブ冒頭の幕間劇では、MOSAIC.WAVのライブツアーメンバーが”次元を超えるロケット”に乗って、たどり着いた夢の二次元世界でライブをする……というおなじみの妄想ストーリーが展開。超満員の観客は、緩い笑いとともに、早くも期待を膨らませる。
 

 ライブの選曲は、2009年4月15日に発売されたインディーズ4thアルバム『Super luminalЖAKIBA-POP』を大々的にフィーチャリングした、ハイテンションなナンバーが中心。序盤は『Love Cheek?』から『Love Cheat!』へのメドレー。当初は「手拍子しながら聴ける曲」として制作していながらも、実際にライブ演奏するのは今回が初めてという、インディーズ2ndアルバム『SPACE AKIBA-POP』収録の『かおりのおくりもの』などで、観客の心を一気に掴んだ。
 

m26
m27
m28
m24
m25
m46
m04


 ライブ中盤では、MOSAIC.WAVのツアーメンバーが突如“8ビットキャラ化”し、モザイクブラザーズなる新ユニットを結成。メンバーが楽器をニンテンドーDSやiPodに持ち替え、チープなサウンドで、初期の代表曲『電気の恋人』、『君は何テラバイト?』を演奏した。メンバーが横一列になって肩を寄せ合うビジュアルと、ボーカル担当のみ〜こによる“ボコーダーボイス”によって醸し出される、何ともいえぬノスタルジーなムードが会場を包んだ。

 しかし、「メンバーが誰ひとりとしてまともな8ビットゲーム機を持っていない」という不条理な理由により、モザイクブラザーズはあっけなく解散宣言。今後の活動は未定ながら、「つぎのライブあたりには復活しているかも」と、キーボード担当兼リーダー(?)の柏森進は、曖昧にコメントした。

 

m48
m49
m09
m10
m06
m08
m22
m53


 ゲストミュージシャンに、MOSAIC.WAVに楽曲を提供しているikaこと鶴田加茂氏が、『初音ミク』の音声合成データがサンプリングされたシンセパッドとともに登場。ライブ出演は初となる鶴田氏だが、初音ミクのコスプレ&長ネギ持参で、観客どころかMOSAIC.WAVメンバーたちも圧倒。鶴田氏制作の『みくみくにしてあげる』のMOSAIC.WAVバージョン、同氏の提供曲『LOCAL JESUS』の演奏中、長ネギを振り回しながら、始終ハイテンションだった。

 
m42
m43
m54
m30

 

 演奏後には、初音ミクを使用したMOSAIC.WAVのセルフカバーCD『MOSAIC.WAV×鶴田加茂 feat.初音ミク(仮)』の制作が、み〜こより発表された。リリース予定はエンターブレインより2009年秋発売予定で、書き下ろしの新曲も収録されるとのこと。MOSAIC.WAVと初音ミクファンにとってはうれしいサプライズとなった。

 

 終盤は『洗脳・搾取・虎の巻』、『疑惑のツンデロイド』といった中毒性の高いナンバーで一気に盛り上がり、ラストは、本ライブツアーのテーマ曲ともいえる『妄想網ЖSuperluminal』で締めくくる。

 

m50
m52
m51
m01
m02
m03
m05

 

 アンコールでもサービス精神旺盛なのがMOSAIC.WAVのステージ。『最強○×計画』、『ガチャガチャきゅ〜と・ふぃぎゅ@メイト』といった人気ナンバーをきっちり演奏しつつ、メンバー紹介では、各自が懐かしのゲーム音楽をダイジェスト演奏。それぞれのチョイスのあまりの渋さ&再現度の高さに、おっさん世代は大ウケ、若年世代はポカーン……という空気に。

 

m19
m18
m20
m45
m21

 

 Wアンコールは『ぱんちゅありー』、『SPACE WAVE AKIBAPOP』の最凶(?)コンボで、場内は大盛り上がりのままフィナーレ。「セットを組んだときは“これで本当に大丈夫なのか?”と思った」という柏森氏の心配をよそに、メンバーも観客も最後までハイテンションな3時間となった。
 

m32
m33
m36
m44
m23
m38
m35
m31
m13
m40
m41
m39
m18
m34
m11
m15
m12
m17
m14
 

(text:戸塚伎一)


※MOSAIC.WAV公式サイトはこちら
※“Superluminal Ж MOSAIC.LIVE”特設サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

発売20周年の『マール王国の人形姫』。懐かしいイラストを使ったPS4用テーマ&アバターが配信、LINE絵文字も登場!

日本一ソフトウェアはゲーム作品『マール王国の人形姫』が発売20周年を迎えたことを記念し、『マール王国』シリーズのプレイステーション4用テーマとアバター、さらにLINE絵文字を本日2018年12月17日より配信する。

ゲーム業界のリアルな"いま"がわかるマンガ『チェイサーゲーム』の連載がファミ通.comでスタート! 原作はサイバーコネクトツー代表・松山洋氏

サイバーコネクトツーは、代表の松山洋氏が原作を務める、同社を舞台にしたゲーム業界お仕事マンガ『チェイサーゲーム』のWEB連載を、本日(2018年12月17日)よりファミ通.comにて開始したことを発表した。

『ゲーム ドラえもん のび太の月面探査記』が2019年2月28日に発売決定! 『映画ドラえもん のび太の月面探査記』を題材とした月面開拓アドベンチャー

フリューは、Nintendo Switch用ソフト『ゲーム ドラえもん のび太の月面探査記』を、2019年2月28日に発売することを発表した。

SIEが“次世代ワールドホビーフェア’19 Winter”にブース出展! 『キングダム ハーツIII』や『けだまのゴンじろー フィットエンドラン』の試遊も

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、2019年1月19日より名古屋、東京、大阪で順次開催される゛次世代ワールドホビーフェア’19 Winter”にて、ブース出展することを発表した。

PS4/Switch『ディスティニーコネクト』の発売日が3月14日に延期、さらなる品質向上を図るため

日本一ソフトウェアは、プレイステーションおよびNintendo Switch用ソフト『DESTINY CONNECT(ディスティニーコネクト)』について、さらなる品質向上を図るため、発売日を2019年3月14日に延期することを発表した。

PS4/PS Vita/Switch『ノラと皇女と野良猫ハート2』新規描き下ろしCGを公開。ヒロインたちの魅力的なシーンに刮目!

HARUKAZEは、2019年2月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション VitaおよびNintendo Switch用ソフト『ノラと皇女と野良猫ハート2』について、新規描き下ろしCGを公開した。

『スマブラSP』ディレクター桜井政博氏にインタビュー!「全員参戦は本当に奇跡だと思います」

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、『スマブラSP』)の発売に先立って2018年11月下旬に実施した、本作のディレクター桜井政博氏へのインタビューをお届けします。

『CONCEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!』新キャラクターのアーフィーについての新情報が公開! 13人目の“蛇遣(へびつかい)座”の巫女!?

スパイク・チュンソフトは、2019年1月31日発売予定のプレイステーション4用ソフト『CONCEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!』について、新キャラクターのアーフィーに関する新情報を公開した。

【チェイサーゲーム】第1話 クリエイターは嘘をつく

実在のゲーム制作会社サイバーコネクトツーを舞台にしたゲーム業界お仕事漫画、連載スタート! 物語は、主人公・新堂龍也がシニアに昇格したところから始まる。チームリーダーとしてチームのマネジメントを任された龍也だが、メンバーはひと癖もふた癖もある連中ばかり。そして、クリエイターは嘘をつく……!

中村悠一さんや小清水亜美さん、江口拓也さんら豪華キャスト陣がさまざまなゲームにチャレンジ! “グラブル生放送 クリスマス特別編”リポート

“グラブルフェス2018”のラストを飾るのは、“グラブル生放送 クリスマス特別編”。小野友樹さん、加藤英美里さん、東山奈央さん、中村悠一さん、白石稔さん、今井麻美さん、小清水亜美さん、逢坂良太さん、江口拓也さん、立花理香さん、M・A・Oさん、高森奈津美さん、プロデューサーの木村唯人氏、ディレクターの福原哲也氏が登壇した。