携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 伊藤静:自分の壁を突き抜けて、演技の幅を広げたい

伊藤静:自分の壁を突き抜けて、演技の幅を広げたい
エンジェル・ボイス アゲイン

2009/6/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

エンジェル・ボイス アゲイン


ファミ通Xbox 360(毎月30日発売)の人気連載“エンジェル・ボイス アゲイン”とファミ通.comがコラボレート。誌面の都合などから、本誌では泣く泣くカットせざるを得なかった声優さんの貴重なお話の数々を完全収録。声優さんの“声のお仕事”に対するこだわりぶりを明らかに! 本日のゲストは、伊藤静さんです(不定期連載第23回)。

 ito01

 

【本日のゲスト・伊藤静さん】

最近では『バスカッシュ!』のセラ・D・ミランダ役や『咲‐Saki‐』の竹井久などでおなじみ。『ハヤテのごとく!!』では、人気キャラの桂ヒナギク役を務める。もとゲームショップでバイトをしていたこともあり、もちろんゲームはお好き。ただいまは『モンスターハンターポータブル 2nd G』で狩りをする日々。生涯でもっともお気に入りのソフトはセガサターンの『組み立てバトル くっつけっと』とか。


●ファンレターを見ると、「これでがんばっていけるな」と思える

ito03――まずは、声優を目指すようになったきっかけを教えてください。
伊藤
 本当にぜんぜん大したことないんです(笑)。私は高校のころからゲームショップでアルバイトをしていたのですが、高校卒業後は「何かをやりたい」という明確な目標もなくて、そのゲームショップでずっと働いていたんですね。ゲームなどを遊びながら、毎日を何となく楽しく過ごしたりして……。もちろん週刊ファミ通も読んでいましたよ。

――ありがとうございます(笑)。
伊藤
 けっきょくそのお店には、声優をはじめてからもしばらくいて、7年くらいバイトしていました。で、そのバイト先のオーナーがアニメ好きで、いっしょにアニメを観たりしていたんです。あのころはゲームでもすでに声優さんの存在感が高まっていて、「このキャラの声優さんは誰それで……」という話題で盛り上がっていたんです。それで、もともとお芝居が好きだったこともあり「そういうお仕事があるんなら、やってみようかな」という、ごく軽い気持ちで養成所の門を叩きました。

――お芝居が好きだったということは、学生時代に演劇などを?
伊藤
 いえいえ。単にマンガを読んで共感したシーンがあったら、セリフを口に出してみたり……とかそんな感じです。演劇部には行っていなかったのですが、友だちと学園祭でしょっぱい芝居をしていたりしましたね(笑)。

――養成所での日々はどうでした?
伊藤
 それまでにちゃんとしたお芝居の勉強をしてきたわけではなかったので、すごくたいへんでした。とくに苦手だったのがアドリブ。稽古のときにアドリブ合戦みたいなものをやらされて、「私には才能がないんだわ!」って思いました。

――そんなにアドリブが苦手だったのですか?
伊藤
 現役で劇団に所属している役者の方に講師に来ていただいて、エチュードをやったりしました。台本も何もなくて、「橋の両端から人が来る。道が狭くてすれ違うこともできないけれど、さあどうする?」みたいなシチュエーションがあって、好き勝手に演じさせられるわけです。私はそれがすごい苦手で(笑)。ぜんぜんダメダメで「私には無理だ」って思っていました。

――(笑)。声優としてのデビューはどのような感じだったのですか?
伊藤
 養成所に通いはじめて3年目にオーディションでレギュラーをいただきました。アニメ『TEXHNOLYZE』(2003年)の蘭役だったのですが、オーディションのときは緊張して手が震えていましたね。それで、しばらく経って「受かりました」という連絡が事務所から来たときは、あまりのうれしさに小踊りしました(笑)。

――ついに声優としての道が開けたわけですものね。いざ臨んだ収録はどうだったのですか?
伊藤
 やっぱり緊張していました(笑)。けっこうベテランの方も多かったし。でも、逆にベテランの方が多くて、「緊張しなくていいよ」とフォローしていただいていたので、少しずつ現場にも慣れていきましたね。ただ、その蘭というのが本当にしゃべらない役だったんです。台本に“蘭「…………」”ってあって、アドリブなのかなって思ったら、当日いきなり「あ、そこカットね!」とか言われて、そのまま見学して帰ったりしました(笑)。

――(笑)。そんなにセリフがなかったのですか!?
伊藤
 本当にすごいんですよ! 『TEXHNOLYZE』は全22話だったのですが、つぎに担当させていただいた役では、第1話だけで蘭の22話分相当のセリフをしゃべったくらい(笑)。なにしろしばらくは、蘭がしゃべったセリフは全部言えましたから。いちおう蘭はヒロインだったんですけどね(笑)。

――そんなこんなで役柄をこなすうちに、声優としてのたしかな手応えも掴み始めた?
伊藤 
うーん、正直たしかな手応えはいまでもないです(笑)。本当に不安になりながらやっています。たとえば収録のときはやりきった感があっても、あとでいざオンエアされた作品を見てみると、伝えたつもりでいたことが画面をとおすとぜんぜん伝わっていなかったり。「もっとおもしろくなったんじゃないのかな」と反省ばかりしています。

――満足されることがあまりないのですね? それは向上心のなせる技かしら?
伊藤
 どうでしょうね。もっといろんな現場に行って、いろんな人に接したいとは思っています。自分が出ていないアニメ番組を積極的に観たりとか。自分にないものを持っている声優さんがたくさんいて、見ていると本当に勉強になります。「こういう技がほしいな」とか(笑)。

――で、それをつぎの収録で取り入れてみたりする?
伊藤
 そういうときもありますね。でも取り入れても自分のものではないので、うまくいかなかったりします(笑)。まあ、声優というお仕事はそういうことのくり返しかもしれませんね。

――そうやって自分の進むべき道を模索していく?
伊藤
 そうですね。声優さんは、ふだんはみんなけっこう余裕のある表情をしていても、いざ詳しく話を聞いてみると、「本当は不安でたまらない」という人もけっこう多いです。

――声優業というのは、そういった不安と隣合わせなのですね。
伊藤
 はい。そんなときに心の支えになるのが、ファンの方からのお手紙ですね。声優というお仕事は、ライバルとの競争という一面もあり、毎回いつも不安で「これではだめかも……」ということもあるのですが、「○○役のファンです」というお手紙をいただいたりすると、「これでがんばっていけるな」と思えるんです。

――やはりファンレターはうれしいものなのですね。
伊藤
 はい。力になるというか。初めてファンレターをいただいたときは、「私ごときにこんなことがあっていいのだろうか?」と思いました(笑)。やっぱり、自分を見てくれている人がいるんだなというのがうれしかったですし、「この役は静さんしかいない」とか書いてくれていたりすると、「こんな私ですみません!」とか思ったりするのですが(笑)、こうして見てくれている方のためにもがんばりたいです。

●歌うことは大好き! 歌はお芝居の延長線上にある

ito02――4月から第2期シリーズがスタートした『ハヤテのごとく!!』では、人気キャラの桂ヒナギクを演じていますね。
伊藤
 そうなんです。ヒナギクは週刊少年サンデーで行われたキャラクターランキング投票でも、1位2位を競う人気キャラなんです。彼女は生徒会長で、第一印象は「凛としたしっかりとした女の子」というイメージが強かったのですが、第1期シリーズ(2007年)の1年間が終わったあとは、「本当はかわいい子なんだな」というのがわかってきました。それからは、ヒナギクは「私の中にはもうなくなってしまった乙女心をもったかわいい子」という位置付けになっています。自分だと照れくさくて言えないようなことでも、彼女なら平気で口にしてくれる、みたいな(笑)。

――第1期が終わってから、演じるのは1年ぶりになりますが……。
伊藤
 というわけでもないんですよ。テレビの第1期が終わってからも、ドラマCDやゲームなどがあったので、ずっとヒナギクとは関わっていたんです。むしろテレビシリーズをやっていたときよりも、ヒナギクだけを見ていられたような気がします。テレビの収録のときは、どうしても『ハヤテのごとく!!』の中のヒナギクという目線で見てしまうのですが、テレビシリーズがないときは、ヒナギクだけを純粋に見ることができる。だから、テレビシリーズが継続しているときよりも、深くヒナギクと向き合うことができたように思います。ヒナギクのことをもっともっと好きになりました。

――よりヒナギクに近づけた?
伊藤
 はい。キャラを演じるときは、日常生活でも「この子だったらこう考えるんだろうなあ」と、自分とは違った目線でものを考えたりするのですが、ヒナギクの場合はとくにそれが頻繁ですね。「ヒナギクだったらこうするだろうな……」といったように。

――ヒナギクの視点になり切るんですね(笑)。
伊藤
 で、ヒナギクをフィーチャーしたアルバム『HiNA』を作ったときに、1曲自分で作詞をしたんですよ。でも、素の自分のままで、そのときに自分の中にある恋に対する気持ちを書き綴ってみると、ものすごいやさぐれた感じになってしまったんです(笑)。

――あはは(爆笑)。
伊藤
 それで、「ヒナギク、ヒナギク、私はヒナギク」と思い込んで、ちょっとかわいらしいワードとかをヒナギクのイメージで書き出してみては、歌詞を作りました。自分の気持ちをストレートに書いてもつまらないし、いろいろ考えると泥沼みたいなことしか書けなくなってしまう。でも、「ヒナギクだったらこういうシチュエーションでもOK!」みたいな(笑)。

nagi
hinagiku
other

▲魅力的なキャラが織りなす学園ドラマ。伊藤静さん演じるヒナギク(写真中央)は生徒会長さん!


――そんな『ハヤテのごとく!!』第2期では、エンディングテーマも担当していますね。
伊藤
 はい。今回の楽曲『本日、満開ワタシ色!』は、アップテンポでノリのいい曲です。すごく明るくて前向きな曲調なので、とにかく元気に歌いました。それで、曲では矢作紗友里ちゃん(瀬川泉役)と、中尾衣里ちゃん(花菱美希役)、浅野真澄ちゃん(朝風理沙役)が合いの手を入れてくれているのですが、収録は3人とは別々だったんですね。それで作詞家の方が「歌いやすいように」ということで、仮歌のときにひとりで3人分になり切って合いの手を入れてくださったのですが、それがみんなの役柄になり切っていて、とても楽しかったです(笑)。

――歌を歌うのは?
伊藤
 好きです! ふだん私はあまりカラオケには行かないのですが、家ではめっちゃ歌うんですよ。大きな声で(笑)。すごいご近所迷惑なのですが、お風呂の中やお皿を洗いながら、そのとき気になっている歌をひたすら歌ったりしています。声優を目指した理由のひとつに“歌を歌える”ということが重要なポイントとしてあったくらいだったくらいですから。まさかこんなに歌わせていただけるとは思わなかったです(笑)。

――“歌う”ということは伊藤さんにとってはどのようなことなのですか?
伊藤 
基本、歌うこととお芝居は同じです。歌というのは芝居の延長線上だと思っているので、私にとってはセリフを音に乗せて届けているという感じですね。

――最後に今後の抱負をお願いします。
伊藤
 いまの私のテーマは、どんどん自分の壁を壊すこと。やっぱり“伊藤静”という声優が演じる役って、どうしても決まってきてしまうじゃないですか。いろいろな可能性があるにも関わらず。

――やっぱり得意分野というのはありますからね。
伊藤
 そういう“枠”みたいなものを、どんどんぶち破っていきたいです。たとえば私はバカなキャラが好きなのですが、いざ自分がやってみようとすると弾け切れないところがあるんです。別に理性が働いているわけでもないのに、10のうちの8くらいで収まってしまう。それをうまく突き抜けていきたいと思っています。そうして、自分の演じる役の可能性をどんどん広げていきたいです。

 


INFORMATION

jake『本日、満開ワタシ色!』
桂ヒナギク with 白皇学院生徒会三人娘
Starring 伊藤静 with 矢作紗友里&中尾衣里&浅野真澄
発売日:2009年6月10日
発売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
価格:
■DVD付き初回限定盤/1890円[税込](品番:GNCA‐0137)
■通常盤/1260円[定価](品番:GNCA‐0138) 
伊藤静さんが歌う『ハヤテのごとく!!』のエンディングテーマ『本日、満開ワタシ色!』が2009年6月10日にリリース! 頼りになる生徒会長の桂ヒナギクが、生徒会三人娘(瀬川泉、花菱美希、朝風理沙)と歌うドライブ感溢れる楽曲です。カップリングには、with桂雪路starring生天目仁美、with西沢歩starring高橋美佳子の別バージョン2曲にINSTを収録した全6曲を収録。初回限定盤特典は、新作アニメによるプロモーションビデオを収録したDVDです。
※作品についての情報は公式HPにて

hayate テレビアニメ『ハヤテのごとく!!』第2期

高校生の執事である綾崎ハヤテと、そのハヤテが仕える大富豪のお嬢様、三千院ナギを中心に、さまざまな人間模様が描かれる学園アニメ。

■放送時間
テレビ東京 毎週金曜日 25:23〜25:53
テレビ大阪 毎週土曜日 25:30〜26:00
TVQ九州放送 毎週月曜日 26:23〜26:53
テレビせとうち 毎週火曜日 25:28〜25:58
テレビ北海道 毎週水曜日 26:20〜26:50
テレビ愛知 毎週木曜日 26:58〜27:28
※放送日時は変更になる場合があります


※ハヤテのごとく!!の公式サイトはこちら 


※伊藤静さんの公式ブログはこちら photograh:Daisuke Komori

エンジェル・ボイス アゲインの関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『DOAX VV』クールでボインな新キャラクター"ルナ”が登場!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、DMM GAMESで展開中のコミュニケーションゲーム『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』の最新情報を公開。

『真・三國無双8』釣りや狩りをしてワイルドに暮らせ!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、2018年2月8日に発売予定のタクティカルアクションゲーム『真・三國無双8』の最新情報を公開。

プロゲーマー・sako氏がシーズン3を語る! 『ストV AE』発売記念特集&シーズン3開幕記念特集【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、『ストリートファイターV アーケードエディション』の最新情報を公開。

『New ガンダムブレイカー』がPS4で2018年に発売決定、同作の詳細を紹介する番組の配信も決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月16日に家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を配信。同番組内で、『ガンダムブレイカー』シリーズ最新作『New ガンダムブレイカー』をプレイステーション4で2018年に発売することを発表した。

『ガンダムバトルオペレーションNEXT』新機能“ウィークリーミッション”が実装決定 ストライクフリーダムガンダムも参戦!

2018年1月16日、バンダイナムコエンターテインメントは家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する生放送番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を実施。同番組内で、配信中のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『ガンダムバトルオペレーションNEXT』にて新機能“ウィークリーミッション”の実装が発表された。

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』Nintendo Switch版が4月26日に発売決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月16日に家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を配信。同番組内で、『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』のNintendo Switch版を2018年4月26日に発売することを発表した。

『ガンダムバーサス』“ゴッドガンダム”、“マスターガンダム”は1月23日配信 ファルシア、ビルドストライクガンダムも参戦決定【リリース追記】

2018年1月16日、バンダイナムコエンターテインメントは家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する生放送番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を実施。同番組内で、発売中のプレイステーション4用ソフト『ガンダムバーサス』を発表した。

『The Crooked Man』がSteamとPLAYISM向けに本日配信開始、独特な世界観の2Dホラーアドベンチャー

アクティブゲーミングメディアより、Uri Games 開発による『Strange Man』シリーズの第一作目、『The Crooked Man』がSteamとPLAYISM向けに本日(2018年1月16日)配信を開始した。

“グリーンフェスタ2014”でベースシアター賞を受賞した舞台『ハラカラ・コエダス・レクイエム』の凱旋公演が1月25日からスタート

池袋シアターグリーン“グリーンフェスタ2014”でベースシアター賞を受賞した舞台『ハラカラ・コエダス・レクイエム』が、凱旋公演として2018年1月25日(木)〜29日(月)、池袋シアターグリーンBASE THEATERにて上演される。本舞台には、ゲーム好きな声優・俳優として、ゲーム系のさまざまな配信番組に出演している望月英さんも出演。

『戦場のヴァルキュリア4』の戦場を支配する戦車と、それを操る車輌搭乗員たち【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、セガゲームスより2018年3月21日に発売される期待のシミュレーションRPG『戦場のヴァルキュリア4』の最新情報を紹介。