携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> ヒロインふたりが『MJ4』で真剣勝負の行方は? “咲-Saki- GONZO ブーススペシャルイベント”

ヒロインふたりが『MJ4』で真剣勝負の行方は? “咲-Saki- GONZO ブーススペシャルイベント”
【東京国際アニメフェア2009】

2009/4/6

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『咲-Saki-』キャストと橋本みゆき、小野監督が会場で生対局!

 

 2009年3月18日から21日の4日間、東京ビッグサイトで開催された“東京国際アニメフェア2009”。同イベント会場のGONZOブースにおいて、パブリックデー2日目の3月21日、テレビアニメ『咲-Saki-』とセガのアーケード用ネットワーク対戦ゲーム『MJ4』のタイアップイベントが行われた。

 このタイアップイベントは、会場で宮永 咲役の植田佳奈、原村 和役の小清水亜美、オープニング主題歌を歌う橋本みゆき、テレビアニメ『咲-Saki-』監督の小野学氏が会場に設置された『MJ4』で実際に対局。その模様を麻雀番組風にスクリーンで中継するという画期的なものだ。中継スクリーンでは、日本プロ麻雀協会理事で、『MJ4』ではおなじみの吉田知弘プロが解説に当たった。

 

 対局まえ、着物姿で登場した咲役の植田は、麻雀に関しては腕に覚えアリなだけに落ち着いた様子。一方、和役の小清水は、「いつも佳奈様対策をしては打ち砕かれるので、どんどん前に出る麻雀をします!」と闘志をにじませる。初心者の橋本は「ご迷惑をかけないように……」と恐縮しながらも、体操をして準備に余念がない。小野学監督は「『咲-Saki-』監督として恥ずかしくない麻雀を」と緊張ムードで、四者四様に対局はスタートした。

 

s01
s02

 

 勝負は東風戦1本勝負。東一局は、小清水が、最速のデジタル雀士・和役らしく、先制リーチ。負けじと植田がタンピン手で追いかけリーチをするも、両方待ちが薄く、流局。橋本と監督はオリてノーテンのため、テンパイ料で植田と小清水がややリードだ。

 

 そして東二局。小清水にチャンス手が! 役牌の西とドラ1ピンが2枚あり、うまくポンできればそれだけで満貫が狙える好配牌だ。ところが、小清水がうっかり間違えて、ドラ1ピンを切ってしまう。こうなると「切ったら来るんです」(小清水)と語るとおり、もう1枚持ってくるのが麻雀の常。3枚目のドラをツモって切るまでの、小清水の長いタメから、無念の思いが伝わってくる。そんな小清水が、あまりうれしくない1000点の手を作っているあいだに、着々と手を進めていたのが植田と小野監督。監督はなんとツモり四暗刻のイーシャンテン。一方、非常に手馴れた手順でタンピン手を仕上げた植田が万全のリーチ! 監督が諦め、またしても流局かと思われたのだが……そこは主人公の魔力か? 魔物はラストの河底牌に潜んでいた。橋本が捨てた河底牌は、植田の高目! メンタンピンイーペーコ河底裏1のハネ満というドラマチックなアガりで、一気に植田がダントツトップに踊り出る。

 

 だが、これだけでは終わらないのが『咲-Saki-』ならでは。東三局は流局に終わり、迎えたオーラス。監督が国士無双一直線で笑いを取る中、小清水はカン七萬の、あまりうれしくないタンヤオテンパイ。リーチと言ってしまうかと思ったが、トップを狙う小清水はダマ。そして次巡、平和がついて手が高くなり、待ちも広くなる赤ドラの五萬を引いて高らかにリーチ!
 この瞬間、解説の吉田プロの顔色が変わる。「一発で植田さんが振って裏ドラが乗ったら、全員同点ですよ!」。植田演じる宮永咲といえば、最初は常にプラスマイナス0の点数を狙う少女だが、全員が原点ぴったりで終了となれば、咲にもなかなか出来ない離れ業。そして、植田が引いたのは、なんと当たり牌の七萬……。まるで咲が乗り移ったような引きに、どよめいた会場だった。とはいえ、これはマンガやアニメではなく実戦。実力派の植田は当然のようにこれを止め、そのまま逃げ切り勝利を飾ったのだった。オーラスには実らなかったものの橋本の追いかけリーチもあり、最後まで見応えたっぷりの対局だった。

 見事主役の面目を保った植田は、「アガった後はベタオリしました(笑)。運のいいアガりもあったので、がんばったかいがありました!」とうれしそうに語り、歓声の中イベントは幕を閉じたのだった。


s03

 

※“東京国際アニメフェア2009”公式サイトはこちら

※『咲-Saki-』アニメスペシャルサイトはこちら

 

 

【東京国際アニメフェア2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『ウイニングイレブン2018』にD.マラドーナ登場! “5人抜き”の1986-87シーズンモデル

KONAMIは、家庭用及びモバイルゲーム『ウイニングイレブン2018』に、ディエゴ・マラドーナ氏の1986-87シーズンを再現して登場することを明らかにした。

ゲオが1月15日〜1月21日の新品ゲームソフト売上ランキングを発表、『マリオ+ラビッツ』や『銀魂乱舞』が上位に

ゲオホールディングスは、2018年1月15日〜1月21日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを発表した。

エドモンド本田とリュウがキス芸を披露 超がばい『ストII』コラボ佐賀名産品を販売する“佐賀ット商店”がオープン

佐賀県とカプコンの『ストリートファイターII』とのタイアップ企画“ストリートファイター佐賀”の発表会が、本日2018年1月22日にGINZA PLACEで開催。佐賀県知事やダチョウ倶楽部、野呂佳代が『ストII』のキャラクターに扮して登場した。

『INFINOS 外伝』がSteamにて配信開始、1990年代への憧れが溢れるアーケード風横スクロールシューティングゲーム

ゲーム制作サークル PICORINNE SOFT(ピコリンネソフト)は 1990年代アーケード風の横スクロールシューティングゲーム『INFINOS 外伝』を2018年1月20日よりSteam向けに配信開始した。価格は1080円[税込]。

PlayStationのスニーカーが登場、NBAプレイヤーPaul George選手とのコラボモデル

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、NBAプレイヤーPaul George氏とPlayStationのコラボスニーカーを数量限定販売する。

視聴者参加型 動画配信サービス“&CAST!!!”が2018年春始動! “テイルズ オブ アンバサダーチャンネル”などが開設 

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年春から新事業として、視聴者参加型動画配信サービス“&CAST!!!(アンドキャスト)”を開始。同サービス内にて、『テイルズ オブ』シリーズのファンコミュニティ番組“テイルズ オブ アンバサダーチャンネル”を配信することを明らかにした。

艶やかな着物姿で熱唱! “今井麻美アコースティックライブツアー 2017-2018”京都公演の公式リポートが到着

声優、アーティストとして活動する今井麻美さんの初のアコースティックライブツアーとして開催中の“今井麻美アコースティックライブツアー 2017-2018”。2017年12月28日、ロームシアター京都 サウスホールにておこなわれた京都公演の公式リポートが公開された。

『フィギュアヘッズ』×『ゼノギアス』コラボ第2弾、ゼノギアス&E・アンドヴァリが1月25日より実装

スクウェア・エニックスは、プレイステーション4、Windowsで稼働中のオンラインゲーム『フィギュアヘッズ』について、『ゼノギアス』コラボ第2弾を発表した。

『おそ松さんVR』 2月2日からセガのアミューズメント施設で先行プレイスタート! “描き下ろしイラスト限定缶バッジ”をゲットしよう

セガ エンタテインメントは、『おそ松さんVR』を自社が運営するアミューズメント施設9店舗にて、2018年2月2日から先行してサービス提供をスタートし、4月までに全18店舗で順次展開すると発表した。

『ドラゴンボール ファイターズ』 テレビCM第2弾を公開! 新キャラクター“人造人間21号”の真の姿も

バンダイナムコエンターテインメントは、2018音2月1日発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『ドラゴンボール ファイターズ』について、第2弾となるテレビCM映像を公開した。