携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 神山健治×羽海野チカが贈る完全新作アニメ『東のエデン』 劇場公開も決定

神山健治×羽海野チカが贈る完全新作アニメ『東のエデン』 劇場公開も決定

2009/2/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●すべての謎を解く鍵は、第1話に!

 

東のエデン

 

東のエデン

 

 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』、『精霊の守り人』などで監督を務めた神山健治氏。『ハチミツとクローバー』、『3月のライオン』とヒット作を手掛けるマンガ家、羽海野チカ氏。そして、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』、『機動戦士ガンダム00』などの音楽で視聴者を魅了した川井憲次氏。この3人が中核を成す完全新作アニメーションが、2009年4月より、フジテレビ“ノイタミナ”枠ほかにて放送が開始される。タイトルは『東のエデン』。

 今回、『東のエデン』の監督を務める神山健治氏は、原作と脚本も担当。同氏の完全オリジナルストーリーが、アニメーション化されることとなる。そして、キャラクター原案に羽海野チカ氏、音楽を川井憲次氏が担当するなど、その豪華なスタッフにも注目が集まる。

 物語は、記憶を失った青年、滝沢 朗と、卒業旅行でアメリカを訪れた女性、森美 咲のふたりを中心に展開されることとなる。同作で描かれるのは、この国の“空気”に戦いを挑んだ、ひとりの男の子と、彼を見守った女の子の、たった11日間の物語とのことだ。今回は、作品の中軸となるキーワード、そして作品のキービジュアルや場面カット、背景美術などを公開。いったいどんな物語が描かれることとなるのか、これらをじっくりとチェックしてほしい。

 また、同作はテレビアニメシリーズが完結したあと、そのさきの物語を描く劇場版が公開されることが判明した。こちらは劇場公開予定ということ以外は、まだ明らかとなっていない。劇場版の情報も気になるところだが、まずは何よりも2009年4月より放送が開始されるテレビアニメだ。この春、絶対注目の作品となることは間違いない同作。今後の続報にも期待したい。

 

ストーリー

2010年11月22日(月)。

日本各地に、10発のミサイルが落ちた。ひとりの犠牲者も出さなかった奇妙なテロ事件を、人々は“迂闊な月曜日”と呼び、すぐに忘れてしまった。

それから3ヵ月。

卒業旅行でアメリカに出かけた森美 咲(もりみ さき)は、ホワイトハウスの前でトラブルに巻き込まれ、ひとりの日本人に窮地を救われる。滝沢 朗(たきざわ あきら)。彼は記憶を失っており、一糸まとわぬ全裸の姿で、拳銃と、82億円もの電子マネーがチャージされた携帯電話を握りしめていた……。

滝沢 朗とは何者なのか?

謎の携帯電話の正体は?

失われた、滝沢の記憶とは何だったのか?

 

登場人物

滝沢 朗
たきざわ あきら

昭和64年1月7日生まれ。22歳。ホワイトハウスの前で記憶を失い、全裸のまま目覚める。9番目の“セレソン”として、“ノブレス携帯”を持っていた。

森美 咲
もりみ さき

昭和64年1月6日生まれ。22歳。就職を直前に控えた大学4年生。両親を事故で亡くしてからは、実家のパン屋を継いだ姉夫婦と暮らしている。卒業旅行で訪れたホワイトハウスの前で、滝沢に出会う。

 

キーワード

迂闊な月曜日

2010年11月22日(月)、日本の主要都市に10発のミサイルが落ちた。ミサイルは各地に大きな穴をあける。事故なのか、事件なのか? テロ攻撃なのか、軍事攻撃なのか? 何もわからないまま、3ヵ月が経過している。

セレソン

ある日突然、Mr.OUTSIDEなる人物によって選ばれた12人の日本代表。セレソンは“何でも願いが叶う”ノブレス携帯を与えられる。“この国を正しき方向へ導く”という任務を強制的に与えられ、義務を果たさないセレソンはサポーターによって消滅させられる。

ノブレス携帯

滝沢が持っていた謎の携帯。“セレソン”だけが持っている。100億円の電子マネーがチャージされていて、その残高と引き換えにセレソンの願いを叶えてくれる。このノブレス携帯を使って、セレソンは日本を救わなければならない。

ジュイス

各セレソン専属のコンシェルジュ(総合世話係)。ジュイスはセレソンの依頼を現実のもとのすべく手配する。ジュイスが受け付けた依頼内容と残高は、各セレソンに通知される。

サポーター

ノブレス携帯を正しく使っていない者を消滅させる役割を持つセレソン。12人の中にひとりだけ紛れているらしい。セレソンたちは、誰がサポーターなのかを知らない。

 

『東のエデン』キービジュアル

東のエデン

 

場面カット

東のエデン

 

美術設定画

東のエデン



スタッフ

原作・脚本・監督:神山健治
キャラクター原案:羽海野チカ
音楽:川井憲次

キャラクターデザイン:森川聡子
副監督:吉原正行
総作画監督:中村 悟
美術監督:竹田悠介
色彩設計:片山由美子
CGI監督:遠藤 誠
撮影監督:田中宏侍
アニメーション制作:プロダクション I.G


東のエデン

2009年4月より、フジテレビ“ノイタミナ”枠ほかにて放送開始
劇場公開予定



※『東のエデン』公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『Touhou Luna Nights』ステージ4・5を追加するアップデートが2月26日に開始、“スクリューナイフ”や“シールドダガー”が導入される

『Touhou Luna Nights』ステージ4・5を追加するVer1.0アップデートが2019年2月26日に行われる。“スクリューナイフ”や“シールドダガー”の導入や、時間停止中に逆に再生される“黄色のオーラ”も取り入れられる。

『RPGタイム! 〜ライトの伝説〜』の藤井トム氏に聞く、「日本ゲーム大賞 アマチュア部門で大賞を受賞したから、いまの自分がある」

日本ゲーム大賞 アマチュア部門で賞を取ることは将来のキャリアに役立つのだろうか……そんな疑問に端を発したのがこの企画。2007年に大賞を受賞した、いま話題の開発者『RPGタイム! 〜ライトの伝説〜』の藤井トム氏に聞いた。

「フロストランド地方」を聴いて、勝利を確信した――『オクトパストラベラー』初のアレンジアルバムは超自信作! 西木康智氏らにインタビュー

『オクトパストラベラー』初のアレンジアルバム『OCTOPATH TRAVELER Arrangements -Break & Boost-』が2019年2月20日に発売。こだわりを込めて作られたアレンジ楽曲について、西木康智氏と、スクウェア・エニックスの高橋真志氏、早坂将昭氏にインタビュー。

『オクトパストラベラー』初のアレンジアルバム『OCTOPATH TRAVELER Arrangements - Break & Boost -』が本日(2月20日)発売!

Nintendo Switch用ソフト『オクトパストラベラー』のアレンジアルバム『OCTOPATH TRAVELER Arrangements - Break & Boost - 』が本日(2019年2月20日)発売。

『ONE PIECE WORLD SEEKER』キャラクターとの掛け合いを楽しむやりこみ要素“海賊カルマ”紹介PVが公開

『ONE PIECE WORLD SEEKER』の“海賊カルマ”システムをPVで紹介。キャラクターとの関係性を深めれば、新たなミッションや演出が楽しめるようになるぞ。

『アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ 2003』配信日が2月21日に決定!

『アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ 2003』の配信日が2019年2月21日に決定! 新主人公“アッシュ”の登場で物語も新章に突入。

【2019年2月21日開催】音楽ライブ“縦シューNIGHT”カウントダウン企画 作品紹介『怒首領蜂 大復活』

2019年2月21日に高田馬場AREAにて開催される、シューティングLIVE2019 縦シューNIGHT。イベント開催までのカウントダウン企画として、演奏される予定の作品(一部)を映像とともに紹介。第3回は『怒首領蜂 大復活』。

アーケード完全移植『アイスクライマー』を配信前に最速プレイ! 『俺たちのアケアカ』本日(2月20日)22時00分より生放送!

週刊ファミ通のででおとみさいル小野のふたりで、名作クラシックゲームをゆる〜く遊ぶ番組。今回はアクションゲームの『アイスクライマー』を遊びます!

AIを駆使した新基軸のデジタルカードゲーム『ゼノンザード』が2019年夏よりサービス開始、対戦や共闘・育成が熱い

AI(人工知能)の技術を活用した新ブランド“AI CARDDASS”によるスマホアプリ『ゼノンザード』が2019年夏にサービス開始することが明らかに。