携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 聖夜に開催された『まりあ†ほりっく』スペシャルイベントをリポート

聖夜に開催された『まりあ†ほりっく』スペシャルイベントをリポート

2008/12/25

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●かなこと鞠也が聖なる夜にスペシャルイベントを開催

まりあほりっく

宮前かなこ役の真田アサミ(写真左)、祇堂鞠也役の小林ゆう(写真右)。

 2009年1月よりチバテレビほかにて放送が開始されるテレビアニメ『まりあ†ほりっく』(原作:遠藤海成)。百合趣味少女と女装ドS少年がくり広げる、超絶ハイテンションラブコメディーとして『月刊コミックアライブ』で連載中のマンガをアニメ化した作品である。その放送に先駆けて、2008年12月25日、クリスマスの夜に東京・渋谷のアイビーホール青学会館にてスペシャルイベント“『まりあ†ほりっく』SPECIAL X’mas NIGHT 天の妃聖夜祭”が開催された。

 イベントが開始されると、司会の女性が登場し、テレビアニメ『まりあ†ほりっく』第1話の先行上映が始まる。テンポのよいストーリーと、随所に散りばめられた笑いと容赦のないツッコミは、原作さながら。さらにアニメオリジナルの要素として、鞠也とともに行動するメイド・茉莉花による“茉莉花日誌”というコーナーが設けられるなど、見どころ満載の内容となっていた。

 先行上映が終わると、司会を務める美女に呼び込まれ、宮前かなこ役の真田アサミ、祇堂鞠也役の小林ゆうのふたりが登場。アニメの感想を聞かれると、「絵がすごくキレイです。観ながらドキドキして非常に楽しませていただきました」(真田)、「ただただ感動してしまいました。キャラクターさんが後光が差しているように輝いていました」(小林)とそれぞれにコメント。さらに、「ところどころでSDキャラが登場するんですけれど、リアルな(等身の)キャラクターとは違ったやり取りがあって楽しいです」(真田)、「サイドストーリーを描く“茉莉花日誌”が見どころです。アニメになって無限の可能性の広がりを感じています」(小林)とアニメならではの見どころをアピールした。

 ここで一旦、小林が退出。その間に『まりあ†ほりっく』のPVが流されたのだが、PVが終了した直後に茉莉花役の井上麻里奈からのクリスマスプレゼントとして、ビデオレターが上映される。「1話の映像が上映されて、しかもゆうちゃんのライブがあるということですごく行きたかったんです! でも、いまごろ私は都内某所で某ラジオの収録をしていると思います。ホントにライブをすごく観たかったので、エラい人はビデオに録って見せてください(笑)」と、当日会場に来れなかった悔しさを吐露しつつも、会場の笑いを誘った。

 ビデオレターが終わると、衣装チェンジした小林が再び登場。「鞠也さんのベビードールを意識した衣装にしました」という言葉どおり、ちょっぴりセクシーな衣装に身を包んだ小林は、番組のオープニング曲である『HANAJI』を生披露。小林らしい激しさと楽しさが魅力的な一曲に、会場のファンも手拍子で応える。そんな光景に小林は「手拍子をしていただいて、皆さんのあたたかさが伝わってきてとてもうれしかったです」と笑顔でコメントした。

 イベントの最後にはふたりのサイン入りクリスマスカードの抽選会が行われ、それぞれがアニメへの意気込みを語る。「2009年1月から放送が開始されます。1話はwebで無料配信されるとのことなので、ぜひ観てください。皆さんにたくさん応援していただけたら幸せです」(真田)、「(リハーサルのときに)すごく緊張していたんですけれども、皆様のお力で元気になれました。皆さんどうか『まりあ†ほりっく』の世界を愛してください!」(小林)。

 キャスト陣ふたりがそれぞれにコメントを残し退場したところでイベントも大団円かと思いきや、ここから予想だにしない展開が。司会の美女が会場のファンに挨拶を始め、最後にひと言。「本日司会を務めさせていただきましたのは、『まりあ†ほりっく』原作者、遠藤海成でした! 皆様、どうもありがとうございました!!」(司会の美女)。この言葉に一瞬場が凍りつくと、すぐさま会場に「ええええええええええええええええええええ!?」というどよめきが。
 クリスマスの夜。とんでもないサプライズをプレゼントに、原作者である遠藤先生は颯爽と会場をあとにし、イベントは驚きと興奮の中、幕を閉じた。

まりあほりっく

天の妃学院の制服姿で登場したふたり。ふたりとも似合ってます。

 

場面カット

まりあほりっく

まりあほりっく

まりあほりっく

まりあほりっく

まりあほりっく

まりあほりっく

まりあほりっく

まりあほりっく

まりあほりっく

まりあほりっく

まりあほりっく


 

まりあ†ほりっく
第1話無料先行配信

アニメイトTV『まりあ†ほりっく』特設ページにて
2008年12月26日(金)10時00分〜2009年1月6日(火)12時00分

 

まりあ†ほりっく

チバテレビ

2009年1月4日より

毎週日曜日24時30分〜

テレビ神奈川

2009年1月4日より

毎週日曜日25時30分〜

TOKYO MX

2009年1月6日より

毎週火曜日25時30分〜

サンテレビ

2009年1月7日より

毎週水曜日26時10分〜

テレビ愛知

2009年1月8日より

毎週木曜日25時58分〜

テレ玉

2009年1月9日より

毎週金曜日25時30分〜

AT-X

2009年1月8日より

毎週木曜日9時00分〜/20時00分〜

毎週月曜日13時00分〜/23時00分〜



※テレビアニメ『まりあ†ほりっく』公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

【グランブルーファンタジー プレイ漫画 本日は青天なり! 第55話/渡まかな】

プレイ漫画で『グラブル』の世界を追体験! 年に一度のお祭り、ハロウィンでのキャラクターたちを振り返る!!

VR ZONEと“異色肌ギャル”のコラボPVが公開、ド派手な色彩のフードメニューやフォトスポットを用意

バンダイナムコエンターテインメントは、エンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”について、2017年11月24日より“異色肌ギャル”とのコラボを開始した。

東京ジョイポリスで開催中のコラボイベント“初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX”が、2018年1月8日まで開催延長!

東京・台場の東京ジョイポリスで開催中の“『初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX』”が、好評につき、2018年1月8日まで会期が延長されることが決定した。

『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』 ニンテンドー3DS用ソフトとして2018年春発売決定

システムソフト・アルファーは、ニンテンドー3DS用ソフト『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』を2018年春に発売することを明らかにした。

『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント“極限感謝祭2017”詳細リポート まさにお祭りのコンセプトマッチが展開

2017年11月24日、東京・浅草橋ヒューリックスホールにてバンダイナムコエンターテインメントのアーケードゲーム、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント、“極限感謝祭2017”が開催された。ここではその模様をお届けする。

『ディシディア ファイナルファンタジー』野村哲也氏直筆ゴルベーザのイラスト入りフリッププレゼント

『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#13 新キャラSP』で使用された、鯨岡武生ディレクター直筆のキーワードと、野村哲也氏によるゴルベーザのイラスト、そしておふたりのサインが入ったフリップを、抽選で1名様にプレゼント! 

『メタルマックス Xeno(ゼノ)』序盤のエリア“東京砂漠”やキャラクターの情報を公開、楽曲担当アーティストも発表

角川ゲームスは、2018年春発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『メタルマックス Xeno(ゼノ)』について、最新情報を公開した。

“エムツー ショット トリガーズ”第3弾『魔法大作戦』発売記念ロングインタビュー(エイティング編) 振り向けば仲間がいた。原作開発時の熱き情熱を当時のスタッフに聞く

2017年11月2日に配信されたエムツー ショット トリガーズ第3弾『魔法大作戦』。先日掲載したエムツーへのインタビューに続き、原作開発を手掛けたエイティング/ライジングの横尾憲一氏、そして外山雄一氏にご登場いただき、当時の開発エピソードや心意気を存分に語っていただいた。

『三國志12 対戦版』 11月22日より“ご愛顧感謝キャンペーン”を開催!

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『三國志12 対戦版』について、2017年11月22日より、“ご愛顧感謝キャンペーン”を開催中。

『信長の野望・大志』新要素“志”システムによる各大名の違いを紹介 真田幸村、井伊直虎、今川義元のプレイ感の違いとは

コーエーテクモゲームスは、2017年11月30日(木)発売予定の歴史シミュレーション『信長の野望・大志』について、新要素“志”システムの詳細情報を公開した。