携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> ニトロプラス生誕10周年記念『Phantom〜Requiem for the Phantom〜』テレビアニメ化決定

ニトロプラス生誕10周年記念『Phantom〜Requiem for the Phantom〜』テレビアニメ化決定

2008/12/15

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●生まれ変わった『ファントム』がアニメとなって描かれる

 

Phantom〜Requiem for the Phantom〜


 かつてニトロプラスの名を世に知らしめたアドベンチャーゲーム『ファントム』。同作が“ニトロプラス生誕10周年記念ファントムプロジェクト”として、装いも新たにテレビアニメ化されることが明らかになった。

 監督を務めるのは、『.hack』シリーズや『NOIR』などの真下耕一氏。シリーズ構成は『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』や『おおきく振りかぶって』などの黒田洋介氏が担当。ふたりの黄金タッグに、原作シナリオとして虚淵 玄氏(ニトロプラス)を迎え、名作ゲームと名高い『ファントム』を、新たに構築する。

 『Phantom〜Requiem for the Phantom〜』は、世界に向けたハードボイルド×ラブストーリー。荒唐無稽ではない、リアリティーのあるガンアクションやカーアクションなどによって打ち出される骨太な世界観。他人との触れ合いを経て成長していく主人公たちの心情描写を丁寧に描き出す重厚なストーリー。それらを巧みに絡ませ合い、“骨太な王道作品”として世界を視野に入れた作品として昇華している。

 また、“ニトロプラス生誕10周年記念ファントムプロジェクト”というタイトルどおり、同作はアニメ化だけでは終わらない。アニメ、コミック、ゲーム、音楽など、さまざまなメディアで『ファントム』を展開。2009年、『ファントム』の名が、世界中を駆け巡る!?

キャラクター紹介

アイン-Ein-
江漣-エレン-

Phantom〜Requiem for the Phantom〜

Phantom〜Requiem for the Phantom〜

謎の組織“インフェルノ”の暗殺者。あらゆる感情を抑圧して任務を果たす。命令に忠実で完璧な仕事をこなすことから、コードネームを“ファントム”と呼ばれる謎の少女。その異名は、組織最高の暗殺者に与えられる称号である。

ツヴァイ-Zwei-
吾妻玲ニ

Phantom〜Requiem for the Phantom〜

Phantom〜Requiem for the Phantom〜

卒業旅行でアメリカひとり旅をするも、“インフェルノ”に記憶を奪われて、アインに暗殺者として育てられる。みずからが生き残るための選択肢として、“ツヴァイ”として生きることに。

クロウディア マッキェネン-Claudia McCunnen-

Phantom〜Requiem for the Phantom〜

Phantom〜Requiem for the Phantom〜

“インフェルノ”の女性幹部。その若さにもかかわらず、組織の上層部にまで上り詰めた辣腕家。組織に囚われた主人公に同情し、いろいろと便宜をはかるが、一方では手段を選ばない野心家として非常な一面を見せる。謎めいた行動でツヴァイを幻惑する。



●コミケで限定グッズを無料配布決定!

 2008年12月28日から30日まで東京ビッグサイトで行われるイベント“コミックマーケット75”。同イベントのメディアファクトリーブース(ブースNO.234)にて、『ファントム』のアニメ化を記念した“OFFICIAL STARTER BOOK”を限定無料配布することが発表された。最新のアニメ情報はもちろん、豪華クリエーター陣による描き下ろしイラスト、コメントが満載の同グッズ。参加クリエーターには、七尾奈留、高河ゆん、広江礼威、Niθ、水無月徹&高橋龍也ほかなど、豪華な布陣。ここでしか手に入らない超レアアイテムとなること間違いナシだ。なお、配布物はなくなり次第終了とのこと。

 

OFFICIAL STARTER BOOK
画像は裏表紙(柊柾葵・画)

Phantom〜Requiem for the Phantom〜



スタッフ

原作:ニトロプラス
原作シナリオ:虚淵 玄
監督:真下耕一
シリーズ構成:黒田洋介
キャラクターデザイン:山下喜光、佐々木睦美、菊地洋子、津幡佳明、門 智昭、芝 美奈子
音響監督:鶴岡陽太
アニメーション制作:ビィートレイン


Phantom〜Requiem for the Phantom〜

アニメ化決定・制作進行中



※『Phantom〜Requiem for the Phantom〜』公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2019年02月11日〜2019年02月17日

多数の新作が発売された中で、『JUMP FORCE(ジャンプ フォース)』が初登場首位を獲得

“ファミ通アワード2018”ゲーム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた12作品を発表。授賞式の会場観覧者&読者プレゼンターの募集もスタート

ゲームファンの投票によって2018年のベストゲームを選ぶ“ファミ通アワード2018”の“優秀賞”12タイトルが発表。

『チームソニックレーシング』新たに、グレイシャーランドの奥深くに隠された溶岩地帯のコース“Hidden Volcano”が登場!

『チームソニックレーシング』新コースに“Hidden Volcano”が登場! 氷に覆われたエリア・グレイシャーランドの奥深くに隠された溶岩地帯のコース。

『Apex Legends』新武器“ハボック”が実装。エネルギー弾のアサルトライフルで、アタッチメントによりヒットスキャン化も可能

バトルロイヤル型FPS『Apex Legends』に、サービス開始後初の新武器“ハボック”が実装。

『ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション』がついに発売! 特典を実機映像で紹介

本日2019年2月21日発売される『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』の特典などを実機映像と合わせて、あらためて紹介。

『ルルアのアトリエ』独占先行体験版DLC付き総力特集! PS4発売5周年の報道特集も!!(2019年2月21日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2019年2月21日)発売の週刊ファミ通2019年3月7日号の表紙を飾るのは、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』。岸田メル氏の描き下ろしによる、ルルアを始めとするアーランドの錬金術士たち4人が並んだ表紙が目印です。

アメリカにも熱いEDF隊員たちがいた! 『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』プレイリポート&インタビュー

海外プレスイベントから、ディースリー・パブリッシャーのアクションシューティングゲーム『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』のプレイリポートとプロデューサーインタビューをお届け。

【ソフト&ハード週間販売数】『JUMP FORCE』が初登場1位! 新作が好調でTOP10に5本ランクイン【2/11〜2/17】

ファミ通が発表した、2019年2月11日〜2019年2月17日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

『GOD EATER』シリーズより、アリサがアニバーサリードレス姿でフィギュア化! 2019年7月発売予定

『GOD EATER』シリーズより、アニバーサリードレスを身にまとったアリサがフィギュア化。

『レインボーシックス シージ』esportsディレクターインタビュー アジアでの世界大会開催、プロチームへの資金援助(パイロットプログラム)について聞く【Six Invitational2019】

2019年2月11日〜17日にかけてカナダ・モントリオールで開催された『レインボーシックス シージ』メジャー大会“Six Invitational 2019”。本大会に合わせて、Ubisoft EMEA esportsディレクター Francois-Xavier Deniele氏にインタビューを実施。現在のesports事業について伺った。