携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 痛車の祭典“第1回 痛Gふぇすた in お台場”が開幕

痛車の祭典“第1回 痛Gふぇすた in お台場”が開幕

2008/11/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●雨の中でも痛車熱は冷めず! 痛車の祭典がお台場で開幕

 2008年11月9日、東京・お台場にて“第1回 痛Gふぇすた in お台場”が開催された。“痛G”とは、芸文社が発行しているムック『痛車グラフィックス』の略称で、同ムックは、マンガ、アニメ、ゲームなどのキャラクターを、クルマにカッティングやペイントして飾り立てたクルマ“痛車”を紹介するモノ。この痛車の魅力をもっと広く知ってもらうために、“第1回 痛Gふぇすた”を開催する運びとなったのだ。

 当日は、午後から雨が降り始めるなどの悪天候となってしまったが、多くの痛車ファンが、会場に足を運んだ。同イベントには一般の痛車ファンが手掛けた自慢のマシンはもちろん、さまざまな企業の痛車も出展。それぞれの個性を最大限に発揮した痛車が会場を埋め尽くした。なお、このイベントの模様は2008年11月28日発売の『痛車グラフィックス VOL.3』(芸文社・刊)にて詳しく掲載されるとのことだ。

アージュ ブース

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

イース・コーポレーション ブース

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

EXIT TUNES ブース

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

グッドスマイルレーシング ブース

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

ワイエムジーワン ブース

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた

痛Gふぇすた



※痛G webはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『Detroit』インタビュー プレイヤーの選択に物語はどう寄り添うか。膨大な分岐で応えたシナリオチームが語る【Quantic Dream特集その4】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。ファミ通ではQuantic Dreamを訪問し、独占取材を行った。独占取材記事第4弾となる今回は、最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)で、膨大な分岐で変化するシナリオがどのように構築されたのか……その疑問に迫るべく、シナリオチームへのインタビューをお届けする。

『killer7』PC版がSteamで2018年秋に配信予定。SUDA51&グラスホッパーの代表作がついに蘇る

2005年にゲームキューブとプレイステーション2向けに発売されたグラスホッパー・マニファクチュアの代表作『killer7』が、PC版として移植され、Steamで今秋にリリースされることが発表された。

【週間PVランキング】『龍3』、『龍4』、『龍5』のPS4版発売決定の話題が今週のPV数1位を獲得【05/19〜05/25】

ファミ通ドットコムの、2018年5月19日〜5月25日の週間PVランキングをお届け!

『Detroit』インタビュー リアルなだけのグラフィックは無意味!? 小物ひとつに意味を込めるアートチーム【Quantic Dream特集その3】

インタラクティブなストーリーテリングで世界中のゲームファンの心をつかむフランスの開発会社Quantic Dream。最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、同スタジオのコアスタッフへのインタビューを敢行した。今回は、作り込まれたビジュアルで見るものを圧倒する、アートチームへのインタビューをお届けする。

ヴィッセル神戸に入団したイニエスタのスゴさは、ゲームを使えば一発でわかった

イニエスタがJリーグに来るということで、彼の能力をサッカーゲームで見てみました。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第189回 提督と、サマール沖東方へ

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! サマール沖東方で遭遇したのは……!?

『シュタインズ・ゲート』好き編集者が秋葉原の聖地を巡礼! 開催中のARラリーのチェックポイントもご紹介

AbemaTV、TOKYO MXほかにて放送中のアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』。同作の舞台である東京・秋葉原にて、作中に登場する名所を巡るARラリーが2018年5月31日まで開催中。

『CoD: WWII』プロ対抗戦第2回リポート Rush Gamingが依然トップ

プロチーム6団体によるプレイステーション4用ソフト『コールオブ デューティワールドウォーII』を用いた賞金総額1000万円のesports大会“『CoD: WWII』プロ対抗戦”。その第2回が、2018年5月19日に開催された。