携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 『絶対衝激〜PLATONIC HEART〜』DVD第1巻の発売記念イベントが開催された

『絶対衝激〜PLATONIC HEART〜』DVD第1巻の発売記念イベントが開催された

2008/11/6

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●衝撃的なイベントが秋葉原で行われた

 5ヵ月連続でリリースされる最新オリジナルビデオアニメーション(以下、OVA)『絶対衝激〜PLATONIC HEART〜』。企業10社が、ケータイサイトUMDゲーム関連グッズなど、さまざまなメディア展開をくり広げる作品として、注目を集めている。そんな『絶対衝激〜PLATONIC HEART〜』のDVD第1巻が2008年10月29日にリリース。このDVD第1巻の発売を記念したイベントが、東京・秋葉原の石丸電気SOFT1にて開催された。

 DVD第1巻発売記念イベントには、主人公・伊勢島綾役の名塚佳織、本間 棗役の明坂聡美、そして主題歌『タツマキWAVE』を担当するLittle Nonのボーカル、ノゾミが参加。作品の魅力を存分に語り合った。今回、ファミ通.comではイベントの模様を動画でも配信。こちらも要チェックだ。


 

絶対衝激 〜プラトニックハート〜

絶対衝激 〜プラトニックハート〜

イベント中は終始、笑顔が絶えなかった3人。仲のよさがうかがえます。


 演じてみた感想を聞かれた名塚と明坂は、「家で映像を観ながら、衝撃的過ぎてひとりでめっちゃつっこみました(笑)。収録のときは、毎週大笑いしながらできて楽しかったです」(名塚)、「台本に“綾が脱げる”って書いてあって“え―――――――!?”って思いました(笑)」(明坂)とふたりとも収録まえから衝撃を受けていた様子。また、主題歌を担当したノゾミは「『タツマキWAVE』に絵がついたものをスタジオで初めて観たんですが、本当に衝撃的でした(笑)。綾ちゃんのアレが何度も何度も出てくるので、『タツマキWAVE』を聴くと、綾ちゃんのアレを思い出してしまいます」(ノゾミ)とコメント。
 

絶対衝激 〜プラトニックハート〜

作品の見どころを聞かれると「2話が超おもしろい」と名塚。「須磨先生との闘いが見どころですね。朝イチの収録だったので、みんなテンションが低めだったはずが、テストをした時点でおかしなところまでテンションがいってしまいました(笑)」と収録中のエピソードを披露した。

絶対衝激 〜プラトニックハート〜

絶対衝激 〜プラトニックハート〜

2巻以降は、DVDの特典としてピクチャードラマも収録されるという。明坂(写真右)によると「綾ちゃんと棗が闘う話」とのこと。名塚(写真左)は「アニメの番外編みたいなストーリーです。アニメよりもギャグ寄りですね。おもしろいふたりの新キャラクターも出てくるので楽しみにしてほしいです」とコメント。



 ひととおり作品の話題を終えると、今度はイベント参加者からの質問に答えるコーナーに突入。名塚に対し、“綾役に決まったときの感想は?”という質問が飛ぶと、「強い女の子をあまり演じたことがなかったのでうれしかった反面、自分に務まるか不安もありました」とコメント。また、同じ質問を受けた明坂は「(設定が)自分に近い役だったのでうれしかったです。あと、いままで人間じゃないキャラクターが多かったので、人間を演じられたのがうれしかった(笑)」と声優ならではのエピソードで会場の笑いを誘った。
 

絶対衝激 〜プラトニックハート〜

“主題歌のポイントは?”という質問に答えるノゾミ。「激しい曲ながらもストイックに歌っていて、最後にシャウトしているんです。そこで衝撃を受けてもらえれば(笑)。ライブでは、サビの部分でタオルを回して、みんなでタツマキを起こすイメージで盛り上がるんです。そこも衝撃のポイントですね」(ノゾミ)。また、広石倫(声:宮崎羽衣)が劇中で歌う挿入歌『さえずりメイドをつかまえて!』の詩を提供したことを明かしたノゾミは「私の個人的な思い出とか、思い入れを入れて作れたので(作詞作業は)楽しかったです。羽衣ちゃんがファンクラブイベントで歌ってくれるということなので、すごく観にいきたい(笑)」とラブコール。

絶対衝激 〜プラトニックハート〜

演じた役と自分自身との共通点を聞かれた明坂だったが、なぜか話題は遊園地の話に。明坂と名塚はみんながダウンしても遊び足りないという体力自慢。それに対し、ノゾミは絶叫系のアトラクションが苦手とのこと。これを聞いた明坂は満面の笑みを浮かべ「じゃあ、行きましょう!」とふたりを誘う。この約束は実現するのだろうか……?



 最後は、出演者のサイン入りグッズを会場に集ったファンに抽選でプレゼント。ポスター、サウンドトラックCD、『タツマキWAVE』シングルCD、そして名塚と明坂が「おもしろいから、ぜひ見てほしい。ト書きがポイント」と絶賛する台本がプレゼントされた。
 

絶対衝激 〜プラトニックハート〜

最後に会場のファン、そしてイベントに参加できなかった人たちに向けて、出演者がそれぞれにひと言ずつコメントしてイベントは幕。「こんなステキなイベントにごいっしょできてとてもうれしいです。『絶対衝激〜PLATONIC HEART〜』はこれからも続いていくので、主題歌ともどもぜひよろしくお願いします」(ノゾミ)。「これからも絶対衝撃的なことが起こります! ピクチャードラマもおもしろいので、ぜひ聴いてください」(明坂)。「じつは、私たちが第1話の声を吹き込んだのが、1年ぐらいまえのことなんです。いまようやく皆さんの手元にお届けできました。最後の最後がイチバン衝撃的なので、ぜひ最後まで観てください。気に入ってくださった方は、まわりの友だちにも広めてください。私も業界内で広めますので(笑)」(名塚)。



※“絶対衝激プロジェクト”公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

ホロライブ・桃鈴ねねがAC『テトテコネクト』にこんねねー! ねねちと一緒に『ねねねねねねねね!大爆走』を踊れちゃう【プレイリポートあり】

アイドルVTuberとして高い人気を誇るホロライブ5期生“桃鈴ねね”が、タイトーのリズムアクションゲーム『テトテコネクト』にレギュラーパートナーとして参戦することが決定! それに合わせて実施されるコラボイベントの概要をまとめて紹介しよう。

【戦場のフーガ 鋼鉄のメロディ】「××.5話エピソードに関しては松山社長がネームを描いています」ってホントに描いていますか? マエストロなど謎の要素に迫る

サイバーコネクトツーの松山社長に『戦場のフーガ 鋼鉄のメロディ』に登場したマエストロのことをお聞きしました。また、松山社長直筆のネームも初公開。

“水木しげるの妖怪 百?夜行展”東京シティビューにて7月8日より開催。水木しげる生誕100周年で妖怪画100点以上を一挙公開!

東京シティビューにて、漫画家・水木しげる先生の生誕100周年を記念した初の大型展覧会“水木しげるの妖怪 百?夜行展〜お化けたちはこうして生まれた〜”が2022年7月8日(金)〜9月4日(日)の期間で開催される。

【アマゾンプライムビデオ】アニメ『メイドインアビス 烈日の黄金郷』、映画『ワンピース』シリーズなど、7月配信のコンテンツが公開

2022年6月28日(火)、Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)は、2022年7月より配信を開始する作品を公開した。

科学ADVシリーズ第3弾『ロボティクス・ノーツ』が発売10周年。巨大ロボットの制作を目指す高校生たちの成長と冒険を描いたアツい青春群像劇【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2012年(平成24年)6月28日は、プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『ロボティクス・ノーツ』が発売された日。本日で発売から10周年を迎えた。

『聖剣伝説 -FF外伝-』が発売。が発売された日。切ないストーリーや神秘的なサウンドが多くの人の心を掴む【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。いまから31年前の1991年(平成3年)6月28日は、ゲームボーイ用ソフト『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』がスクウェア(当時)から発売された日。

『原神』Ver.2.7のキービジュアルを使用したスマホ用とPC用壁紙が配布。夜蘭(イェラン)、荒瀧一斗、久喜忍に加え、煙緋、?の姿も

『原神』公式Twitterにて、Ver.2.7のキービジュアルを使用したスマホ用とPC用壁紙が配布中。

『ニーア オートマタ』A2のフィギュアが予約受付中。ロングヘアの通常版に加え、黒の倨傲が付属するショートヘアVer.なども発売

スクウェア・エニックスは、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』に登場するA2(ヨルハA型二号)のフィギュアを2023年5月に発売する予定だ。