携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』第1話プレミア上映会でルルーシュが命じる!

『コードギアス 反逆のルルーシュR2』第1話プレミア上映会でルルーシュが命じる!

2008/3/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●キャスト陣が新シリーズ第1話をアツく語る!
 

コードギアス 反逆のルルーシュR2

 

 2006年10月より放送が開始されたテレビアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』。放送開始まえから、そのスタッフ&キャストの布陣でアニメファンから高い注目を集め、放送開始後は瞬く間に多くの視聴者を虜にした作品だ。2008年4月6日より、いよいよ待望の新シリーズ『コードギアス 反逆のルルーシュR2』(以下、『R2』)の放送が開始される。この『R2』の第1話プレミア先行上映会が、2008年3月16日、東京・文京区のJCB HALLにて行われた。

 イベントが始まると、ルルーシュ・ランペルージ役の福山 潤、紅月カレン役の小清水亜美が登場。会場に詰め掛けたファンに挨拶を済ませると、さっそく『R2』第1話となる”魔神 が 目覚める 日”が上映される。前作から1年後の世界が舞台となる『R2』。前作の衝撃のラストシーンからではなく、その後の各キャラクターたちの姿、そして新キャラクターが描かれていく。アシュフォード学園で暮らすルルーシュ。前作では語られることのなかった彼の弟、ロロ。神聖ブリタニア帝国に支配され、虐げられるイレヴン=かつての日本人たち。そんな中、旗印を失い、ほとんどの戦力を失った”黒の騎士団”がテロを開始するのだった……。

 第1話の上映が終わると、福山と小清水のふたりが再登場。エンディングの映像の話題で盛り上がる。『R2』のエンディングでは、キャラクターデザイン原案を務めるCLAMP描き下ろしのイラストが使用されている。このイラストを見たふたりは、「ホンッとにキレイだなって(思った)」(小清水)、「俺は先生たちが描く(ブリタニア)皇帝にしびれたね(笑)」(福山)とコメントした。

 また、当日はゲストとして、『R2』から登場する新キャラクター、ロロ・ランペルージ役の水島大宙が会場に駆けつけた。3人は収録の雰囲気や作品への感想を口々に語り、さらに福山による第1話の中でファンが気になったであろう部分についての解説も行われた。

 

コードギアス 反逆のルルーシュR2

前作、第25話での死闘のあと、”自力で脱出した”という設定が明かされたC.C.(シーツー)。

コードギアス 反逆のルルーシュR2

アフレコ後に、キャスト陣のあいだで一躍スターダムにのし上がったという新キャラクター、高亥(ガオハイ)。独特のしゃべりかたに、小清水もノックアウトされたようで「セリフを聞いた瞬間に好きー!ってなりました(笑)」とコメントしていた。

コードギアス 反逆のルルーシュR2

コードギアス 反逆のルルーシュR2

いちファンとして、『コードギアス 反逆のルルーシュ』を全話観たという水島。『R2』第1話を観て、「25話のあと何があったのかが、ぜんぜん描かれていない!(笑)」と会場に詰め掛けたファンと同じであろう感想を抱いたという。これに関しては、福山から「第2話でそのあたりのことは描かれていきます」というコメントが飛び出した。


コードギアス 反逆のルルーシュR2

会場のファンの声に応え、福山が自身の演じるゼロ(=ルルーシュ)のポーズを披露! かつてこのポーズを取って腰を痛めたという福山だったが、「合衆国日本!!」という劇中のセリフとともに今回は華麗に決めてみせた。


 同会場では、いくつか関連情報が発表された。まず、ルルーシュ役の福山とスザク役の櫻井孝宏によるラジオ番組『コードギアス るるくるステーション』の放送が決定。さらに、『コードギアス 反逆のルルーシュR2』本編がインターネット配信されることも発表された。

 また、イベントの最後には、『R2』第2話”日本 独立 計画”の予告と、第2話の劇中で行われるゼロの演説を、福山が会場で実際に披露するというスペシャルコーナーも。なお、今回会場で公開された予告は、通常の放送版よりも長い30秒バージョン。これはインターネット配信の際に流されるもので、通常の放送は15秒、インターネット配信では30秒となっているとのことだ。

コードギアス 反逆のルルーシュR2

福山によるゼロの演説シーンの生アフレコ。最後には会場のファンに向けたメッセージも添えられた。

 

コードギアス 反逆のルルーシュR2

コードギアス 反逆のルルーシュR2

コードギアス 反逆のルルーシュR2

物販コーナーも大盛況。イベント開始まえ、終了後、ともにものすごい行列を作っていた。


 
●イベント出演者のコメントをお届け!

コードギアス 反逆のルルーシュR2

コードギアス 反逆のルルーシュR2

写真左から、小清水亜美、福山 潤、水島大宙。

――今回のイベントを終えての感想は?

小清水亜美(以下、小清水) 前日の大阪、そして本日の東京と、たくさんの人の前で『R2』第1話を観ていただいたわけですけれど、とにかく緊張しました。あとはやっぱり皆さんが第1話を観たあとの反応がどんなものなのか、ということが楽しみでしたね。とても楽しかったです。

福山 潤(以下、福山) ステージに立つまえは、緊張がすごかったですね。最近ここまで緊張したことはないんじゃないか、というぐらい緊張しました。内容がおもしろいことはもちろんわかってはいるんですけれども、皆さんが『コードギアス 反逆のルルーシュ』を観るのは1年ぶりということもあって、どういう反応が返ってくるのか、とか、ネタバレせずに進行ができるだろうか、とかいろんなことが心配で(笑)。ですが、ステージ上に立って皆さんに暖かく迎えていただけて、そして何より皆さんが観ている姿が、食い入るように、そこしか観えていないような集中力を感じるぐらい、皆さんに真剣に観ていただけていたので、終わったあともトークも弾んで、かなり楽しい上映イベントになりました。

水島大宙(以下、水島) 『R2』から参加して、自分の演じているロロというキャラクターが初めてスクリーンに映し出されるということで、このイベントがとても楽しみでした。制作に参加していて、早く観てほしくてしょうがなくて、今日が本当に待ち遠しかったんです。実際に皆さんに第1話を観ていただいて、いい反応がいただけたと思います。自分自身が第1話の台本をもらったときと同じように、ドキドキしながら観る感動や興奮、『コードギアス』ならではの怒濤の展開というのを感じていただけることができて喜ばしい限りです。

――第1話を観ての感想は?

小清水 前シリーズの24話・25話から、この物語に至るのに「え? どうなっているんですか?」という気分が私自身にもやっぱりあります。そういった驚きと、あとはカレンが出てきたことに対する安心感(笑)、というものを感じています。今回この会場で第1話を観させていただいてアフレコをしているときと、いざ出来上がったものを観るのとでは、迫力や緊張感やドキドキというものがぜんぜん違うのだな、ということを強く感じました。ひとつの作品を作り上げるのに、役者だけでなく制作の方たち皆さんが熱い気持ちを込めているんだな、というのがとても伝わってきて、これからが本当に楽しみです。

福山 アフレコで自分も演じていますし、そのほかの方々の芝居を聞いて画面を観ていますから、”流れ”というのはもちろんわかっているんです。でも、予想以上に引き込まれましたね。もちろん会場で観させていただいた雰囲気もあるのでしょうけれど。いざスピーカーから自分たちの演技と、絵から発せられる演技と、音楽とが交じり合って、ひとつの作品になったんだな、という喜びが襲ってくるような感覚でした。早くも、全国の皆さんに観ていただきたいという気持ちが、よりいっそう強くなる完成した1話でしたね。

水島 絵も音もセリフも、すべてがギュゥ〜っと集まってドーンッと出ているような第1話でした。文章にするとすごくバカっぽい感じですね(笑)。でも、30分という尺の中に、ものすごい量の情報を詰め込むという作品のよさが、第1話から如何なく発揮されているな、と思います。ある意味1話であり、ある意味26話であるというところも、お客さんにとっては作品に引き込まれる要因になっているのではないかな。第1話を観てもわからない部分が多々ありますので、今後皆さんが推理をしたり、オンエアを観て確認したりして楽しんでいただければと思います。

――最後にファンへのメッセージをお願いします。

小清水 これからが本番です。皆さん、本当に待ちに待った気持ちがいまから爆発しそうな感じだと思うんですけれども、今後時間帯も変わり、新しい作品として、そして続編として、どちらにしても盛り上がる展開になっていくと思う『コードギアス 反逆のルルーシュR2』を、期待して待っていていただければな、と思います。

水島 僕もある意味、いちファンとして『R2』をお送りしていくということが自分にとってもうれしいことなんですけれど、前シリーズ観ていらっしゃる方も、今回から観られる方も、絶対に期待を裏切らないモノであるという自信があります。2006〜2007年のようにアニメ界を席巻するような、……まぁ、僕はいなかったんですけれど(笑)。そんな人間でも注目している作品の第2期ということで、本当に皆さんお待たせしましたという感じで、これから怒濤の展開が待っていると思うので楽しみにしていてください!

福山 皆さんが毎週ですね、1週間が長く、そして半年間が短く感じるような夢の宴がまたやってまいりました。皆さん、その宴に酔いしれてください。よろしくお願いします!

 

コードギアス 反逆のルルーシュ R2

2008年4月6日(日)より、毎週日曜日午後5時 MBS・TBS系列にて全国ネット放送

 

※『コードギアス 反逆のルルーシュ』公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。

『Forza Motorsport 7』プレイインプレッション クルマ好きのためのバラエティプログラムを、リアルでシリアスな映像とムードで楽しむ

2017年10月3日に発売された、Xbox One/Windows 10 PC用『Forza Motorsport 7』のプレイインプレッションをお届け。

社長からデボルとポポルのスピンオフの提案が? 『NieR:Automata』齊藤氏&ヨコオ氏インタビュー

2017年10月14日〜15日、シンガポールで開催されたゲームコンベンション“GameStart 2017”。10月15日、『NieR:Automata』プロデューサー齊藤陽介氏とディレクターヨコオタロウ氏のインタビューを行うことができたので、その模様をお届けする。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第170回 提督と、地中海の風と雨

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 期間限定海域『西方再打通!欧州救援作戦』編も後半戦に突入、あの海外艦の故郷を目指せ!!