携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 『かのこん』vs『ゼロの使い魔』!?  2作品の合同イベントが開催!

『かのこん』vs『ゼロの使い魔』!?  2作品の合同イベントが開催!

2008/3/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新作アニメ『かのこん』と『ゼロの使い魔』が秋葉原で大激突!?

 アニメ化の決定した『かのこん』と、第3シリーズの制作が決定した『ゼロの使い魔』。メディアファクトリーの”MF文庫J”として発表されたこの2タイトルの合同イベントが、2008年3月9日(日)、東京・秋葉原のAKIBA_SQUAREにて開催された。イベントのタイトルは”MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔”。司会進行は鷲崎 健が担当。

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

会場となった秋葉原UDX 2Fイベントスペース”AKIBA_ SQUARE”の前では、『かのこん』と『ゼロの使い魔』のキャラクターのコスプレをした女性たちが、アニメ情報フリーペーパー”アニカン”の号外と、『月刊コミック アライブ』の無料お試し版を配布。道行く人、そしてイベントに参加するために秋葉原を訪れた人たちが受け取っていく姿が見られた。


 会場には500人のファンがビッシリと入り、さらには会場の外にも多くのファンが詰め掛けた。イベントが始まると、まずは2008年4月5日より、AT-Xでの放送に加え、インターネット&ケータイで配信される新作アニメ『かのこん』の先行上映が始まる。内容はアニメ『かのこん』のダイジェスト版となっており、さきの展開の気になる場面で「今日はこ・こ・ま・で」というメッセージとともに上映が終了した。

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

会場となったAKIBA_SQUAREには、多数のファンが駆けつけた。会場の外もご覧のとおりの状態(3枚目の写真)。


 この上映会に続いて登場したのが、『ゼロの使い魔』の原作者であるヤマグチノボルと、『かのこん』の原作者・西野かつみのふたり。イベントのタイトルどおり『ゼロの使い魔』と『かのこん』の直接対決となるわけだ。ここでは、両原作者がそれぞれの作品などに関する質問に答えていく。お互いの作品についての感想を求められると、「よくこんなものを考えつくな、という擬音がたくさん出てくる(笑)」(ヤマグチ)、「胸の大きなエルフのお姉さんに”バストレボリューション”と書かれていて感心しました。本来、この言葉は私が思いつかなければいけないところだったので、悔しかったですね」(西野)とそれぞれに語った。
 

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

『かのこん』に登場する擬音の数々についてヤマグチから「どうやって考えているのか?」という質問が。これに「その場その場のノリですね。パッと思いついたものを書いています」と西野が答える。


 また、会場前で配られた”アニカン”に掲載されている”かのこん VS ゼロの使い魔 親ばか? ガチンコ十番勝負”の紹介も行われた。同記事は、”巨乳対決”、”メガネっ娘対決”など10個の項目について、それぞれ原作者が自身の作品の優れている部分をアピールするコメントを寄稿するというもの。ファンは要チェックの内容と言えるかもしれない。

 

原作者対談で飛び出したふたりの回答の一部を公開

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

ヤマグチノボル

――いつごろから作家になろうと考えていたのですか?

中学生のころ、筒井康隆さんの作品が好きで、よく読んでいたんです。そのころに「なれたらいいな」ぐらいには思っていましたね。よく筒井さんの作品を真似して書いていました。

――『ゼロの使い魔』を書くことになったきっかけは?

ファンタジーがどうしてもやりたかったんです。それまでは学園モノばかり書いていたので。最初に書いた作品はバンドモノでしたね。バンドやったことないですけれど(笑)。

――『ゼロの使い魔』の今後のストーリーは?

(最新刊を読んだ人は)だいたい予想がついていると思う……ぐらいしか言えないですね(笑)。ルイズがかわいいですよ。

――作家になるための秘訣、アドバイスはありますか?

好きなモノを書くということが大事。「これが流行っているから」という選びかたではなく、自分の好きなモノを掘り下げたり、幅を広げていくことが大事だと思います。

西野かつみ

――『かのこん』がアニメ化されることについての感想は?

とてもすばらしいモノを作っていただいて感動しています。事前に脚本や設定資料などを見せていただいていて、そのときからおもしろくなるだろう、という確信はありました。ただ、正直アニメ化できるわけがないだろうと思っていました。原作の3巻でアニメにはできないような展開があるので。だから、アニメ化の話を担当の編集さんから聞いたときは「なんでそういうデキの悪いウソをつくのかな?」と思っていました(笑)。

――『かのこん』を書くことになったきっかけは?

書いたきっかけは……、こういうお姉さんがいたらいいな、と思って(笑)。

――『かのこん』の今後のストーリーは?

9巻はつぎに引っ張るような形で終わったので、その物語が10巻で決着がつきます。ただ、内容はまだ白紙状態ですけど。

――作家を目指そうとしたきっかけは?

社会人として働いていたときに入院をしまして。そのとき、自分を見つめ直して、「やりたいことをやろう」と思ったんです。デビューする2年ぐらいまえから書き始めましたね。

――作家になるための秘訣、またはアドバイスなどがあれば。

人に喜んでもらうことを考えるのが第一。僕は小説などを通してお説教をするのが大嫌いなんです。いつも読んでくれる方に、夢を届けたいと思って書いています。

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔


 原作者対談のあとには、”『ゼロの使い魔』ステージ”と”『かのこん』ステージ”が続く。『ゼロの使い魔』ステージでは、原作者のヤマグチノボルに加え、ヒロイン・ルイズ役の釘宮理恵、主人公・才人役の日野 聡が登場。それぞれにいちばん思い入れのあるシーンを紹介したり、第3シリーズで使われるであろうセリフをヤマグチが予想し、その予想したセリフを実際に釘宮と日野が演じるなど、ファンにはうれしい内容満載のステージとなった。
 

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

第3シリーズはどんな内容になるのか、という質問に「ティファニアが学園に入ってきます。それによってラブコメ的な展開が多くなるらしいです。一応冒険もしていくみたいですよ。ルイズがひとり言でかわいいセリフをよく言うので注目してもらえれば」と答える原作者のヤマグチ。

 

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

いちばん印象に残ったシーンとして、”ルイズが惚れ薬によってツンデレではなくデレデレになってしまう話”を挙げた釘宮。しかし、そのまえに原作者のヤマグチが上げた”才人が7万の軍勢に立ち向かう話”とのギャップがありすぎたため、「なんで戦争のシーンのあとに(笑)」と照れながらコメントした。

日野が上げた印象に残ったシーンは、才人がルイズに告白をするシーン。このシーンを上げた理由について「(会場の)皆さんが喜ぶし、(ヤマグチ)先生も喜ぶし、僕も喜ぶ(ので選んだ)」と語る。


 『かのこん』ステージには、主人公・小山田耕太役の能登麻美子、ヒロイン・源ちずる役の川澄綾子が登場し、作品の見どころや収録現場の様子などの話題で盛り上がった。先行上映で上映された映像を観た能登と川澄は、「こんなにかわいいんだ、と思って驚きました」(能登)、「絵がかわいいことにビックリしました。以前、ドラマCDをやらせていただいたときに比べると、少し幼い雰囲気のイラストになったな、と。あとドラマCDのときよりも喜怒哀楽が激しいです(笑)」(川澄)とそれぞれにコメントした。
 

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

能登は自身の演じる小山田耕太について質問されると「みんなにすごく迫られる役で、「やめてよー!」と叫ぶシーンが多いです。(女性キャラクターの)皆さんのアタックが強いので、ボロボロになっちゃうんですよ。(演じていると)けっこう体力を使いますね」と答える。

自身の役について語る川澄。「ちずるさんは1カット、1カット感情が変わるんです。「いやだ、見ないで」、「ううん、見て!」みたいに(笑)。この展開の早さについていくのがたいへんですね」。


 イベントの最後を飾るのは、各作品のテーマソングを歌うアーティスト陣によるスペシャルライブ。『ゼロの使い魔』の第1期、第2期それぞれでオープニング曲を担当したICHIKO、『かのこん』のオープニング曲『PHOSPHOR』を担当する宮崎羽衣、『かのこん』エンディング曲『恋の炎』を担当する榊原ゆいが、会場に詰め掛けたファンとともに歌い、踊り、大いに盛り上がった。

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

『ゼロの使い魔』第1期と第2期のオープニングを担当したICHIKO。各曲について、「第1期の『First Kiss』は出会いをイメージした曲。第2期の『I SAY YES』はもっと密着したふたりを描いた曲です」と語る。ライブでは、第2期の曲『I SAY YES』を披露した。

 

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

『かのこん』には、高菜キリコ役として出演もしている宮崎羽衣。そんな宮崎が、『かのこん』のオープニング曲を担当する。会場では初披露となるオープニング曲『PHOSPHOR』を歌う。同曲については「ヒロインが狐の妖怪ということで、タイトルは”狐火”という意味の『PHOSPHOR』です。奥井雅美さんに作詞・作曲してもらっているんですが、ロック系の強い曲かと思いきや、LOVE全開の曲になっています」。

 

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

『かのこん』のエンディング曲『恋の炎』を歌う榊原ゆい。「今回はPVがエロいらしいですが?」という質問に、「いつもエロいんですけれど(笑)、今回は別方向でエロいです。男性と絡んでいます」と相変わらずのオープンな会話。曲のイメージについては「積極的な女の子の恋愛を描いています。私の恋愛に似ていますね」と語った。

 

MF文庫Jアニメフェスティバル かのこん VS ゼロの使い魔

最後は出演者全員で、会場に駆けつけたファンに挨拶してイベントは閉幕した。

 

※テレビアニメ『かのこん』公式サイトはこちら
※テレビアニメ『ゼロの使い魔』公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ』2月23日の新情報発表会に合わせて最新プロモーションビデオを公開!

フリューは、プレイステーション4用ソフト『Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ』について、2018年2月23日に行われた新情報発表会に合わせて最新プロモーションビデオを公開した。

TVアニメ『Caligula -カリギュラ-』最新キービジュアルとティザーPVが公開、4月より放送開始

TVアニメ『Caligula -カリギュラ-』の最新キービジュアルとティザーPV、アニメ版スタッフが公開された。放送は2018年4月より、TOKYO MXにて開始される。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第180回 提督と、海峡に潜むもの

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! タイムリミットが近づく中、スリガオ海峡沖にて海峡夜棲姫と交戦……無事に作戦を完遂できるか!?

【緊急調査】EDF! EDF! 『地球防衛軍5』の魅力を広く募集! プレイヤーアンケート実施中です!!

週刊ファミ通2018年4月8日号(3月22日発売)では、国内販売本数30万本を突破したアクション・シューティングゲーム『地球防衛軍5』の特集記事を掲載予定です。そこで、『地球防衛軍5』プレイヤーの皆さんに、本作の魅力について語ってもらうアンケートを実施します。

『二ノ国II レヴァナントキングダム』追加キャストが判明! さらに固有スキルや、飛行船、重要人物などが一挙公開!

レベルファイブからプレイステーション4とPC用ソフトとして、2018年3月23日に発売予定のファンタジーRPG『二ノ国II レヴァナントキングダム』の最新情報が公開された。脇を固める豪華キャスト陣の追加情報を始め、重要キャラクターやバトルシステムなどについてお伝えする。

JeSU浜村氏「賞金スキームはグレーではない」ウメハラ氏らプレイヤーの疑問に答えた3時間

プロゲーマーウメハラ氏の番組「DaigotheBeasTV」にて実際された緊急座談会を掘り下げる。

『ワールドエンド・シンドローム』キャラクターやストーリー、WEB番組などの最新情報が公開

アークシステムワークスは、2018年4月26日に発売を予定しているプレイステーション4、プレイステーション Vita、Nintendo Switch用ソフト『ワールドエンド・シンドローム』について、最新情報を公開した。

体感型筺体ならではの要素を詰め込んだVR センス『超 戦国コースター』をプレイ。怖い、せわしない、でもまた乗りたい!

コーエーテクモウェーブが手掛ける体感型VR筐体“VR センス”で遊べるコンテンツのひとつ、『超 戦国コースター』のプレイリポートをお届け。

『メタルマックス Xeno(ゼノ)』限定版に付属する25周年記念サントラの収録曲を公開、視聴ページも開設

角川ゲームスは、プレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『メタルマックス Xeno(ゼノ)』について、限定版Limited EditionおよびDigital Premium Editionに同梱される“25周年メモリアルサウンドトラック”の収録曲を公開した。

『Winning Post 8 2018』と“netkeiba.com”&“DDTプロレスリング”のコラボが決定!

コーエーテクモゲームスは、2018年3月15日に発売を予定している競馬シミュレーションゲーム『Winning Post 8 2018』について、競馬情報サイト“netkeiba.com”と、プロレス団体“DDTプロレスリング”とのコラボレーションを実施すると発表した。