携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> アニメ検定に向けた講義に再び潜入! 今度のトークセッションは桃井はるこが登場!!

アニメ検定に向けた講義に再び潜入! 今度のトークセッションは桃井はるこが登場!!
アニメ検定への道!

2007/11/13

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●”アニメ検定への道!”第3回リポートをお届け!!

 

 第1回の記事第2回の記事でご紹介のとおり私、貧乏人間ハサーンは”アニメ検定”にチャレンジすることになったわけです! アニメ検定3級受検のために勉強街道まっしぐらなハサーンですが、生来の覚えの悪さ(かなりマジ)がネックとなってなかなか思うように勉強が進まない……。そんな僕にも3級合格のための秘策を授けてくれる(?)という講義、”トークセッション”が開催されていると聞いて”文京学院大学・文京学院短期大学”に行ってきました!

 

 前回の講義では、仕事を忘れてタメになる話におもいっきり聞き入ってしまったハサーンだが、そこはもうプロですから! 今回はちゃんとリポートしたいと思います!! 筆記用具とノート、バッチリ持ちました(当たりまえ!)。と言うことで、今回のトークセッションは……え! 声優の桃井はるこさんが出るの!? あれ、何かものすごく楽しみになってきちゃったんですけど♪ い、いや、ちゃんとリポートしますよ。楽しみですが、ものすごく楽しみではありますが……プロですから!! ……大丈夫かなぁ。

 

桃井はるこトークセッション

▲アニメ検定と言えば、知識が試される戦場! といういことで、今回のトークセッションには一兵士(連邦の)として参加。……仕事とはいえ、憧れの軍服に袖をとおせるなんて感激!!

 

 

 

●ファンも集まった! お楽しみの講義内容とは!?

 

 今回のトークセッションのテーマは”海外への進出 世界の動向”、もちろん声優の桃井はるこさんが行うのだ! これは正装(連邦軍の)してきたかいがあるというもの。前回のトークセッションに引き続き、周囲からの「空気読めよ」的なオーラを感じても、もはや慣れっこ。怖いものなんてありません! 会場に到着すると、さすがの”モモーイ”人気とあって人の列が! トークセッションには予約だけで70人近い応募があり、教室はあっという間にいっぱいになってしまったのだ。どんな話が聞けるのか、いまから楽しみ♪

 

桃井はるこトークセッション

▲さすがの人気にハサーンもビックリ。大学で行われる講義で並んだのなんて、人生で初めてかもしれません……。

 

桃井はるこトークセッション

▲やはり軍服に着替えると気が引き締まる! ちなみにこちらはブリーフィング……じゃなくて、トークセッションが始まる直前の様子。僕も含め、みんなやる気満々だ!!

 

 そうこうしているうちに時間となり、桃井はるこさんが登場! まずは教室に入るなり受講生の多さにビックリ。そんな受講生たちのモモーイと対面できた喜びの声とともに、トークセッションが開始されたぞ。トークセッションでは、海外や世界の事情を桃井さんが得意とする文化面からアプローチする授業が行われた。「まずは、世界に伝承される日本の文化を学びましょう」ということで、意外にも海外ではライブの応援グッズとしてはなじみが薄いという、光る棒”サイリューム”。このグッズを使って応援するという文化の歴史を勉強した。

  

桃井はるこトークセッション

▲実物のサイリュームを持ってきて講義を開始。と、思いきや、なぜか受講生たちも持参!? 思わず「何しに来たの(笑)」と、桃井さんのツッコミが入った。

 

桃井はるこトークセッション

▲見てください、いままさに戦場へ行かんとする戦士の顔を! 一瞬たりとも気を抜こうものならアノ世行きだ!!

 

 日本では、アイドルを応援するときの必須アイテムと言ってもいいほどメジャーなサイリュームも、海外ではあまりファンに浸透していないそうだ。桃井さんが海外から招待されて行ったライブでは、日本から駆けつけた桃井ファンの有志の人たちが持参して配っていたという。となると気になるのは、なぜ日本でこんなに浸透したのかということ。サイリュームを使った応援文化は、「’80年代から’90年代にかけてのアイドル全盛期時代に培われた文化」と桃井さんは熱く語った。サイリューム文化に加えて、多くのファンといっしょになって掛け声を送る”コール”、曲の振りつけやさまざまな動きで応援する”オタ芸”と呼ばれる、日本のアイドルのライブで見られる独特の文化もこのころが発生時期となっているそうだ。

 

桃井はるこトークセッション

▲自身もアイドルファンだった桃井さんは、その経験からさまざまな応援のしかたについて語ってくれた。ちなみに、いまは失われてしまった文化のひとつ、紙テープを会場に投げる応援。その応援をするためには、事前に紙テープの芯を抜く作業が必要なのだそうだ。

 

▲”コール”の発生は、江戸時代に流行った浄瑠璃”娘義太夫”への掛け声から生まれたという説があるそうだ。なかなか深い歴史があるんだなぁ。

 

 アイドル好きの桃井さんは自身が応援する側だったこともあり、ライブなどでサイリュームを使って応援されることが大好きなのだそうだ。さまざまな応援のしかたがある日本の文化を、ぜひ”重要無形文化財”に指定したいとトークセッションを締めくくった。

  

▲ドイツで行われ、桃井さんも出演した”CONNICHI2007”の模様が会場で上映された。ドイツのファンたちがサイリュームを振っている様子がわかる。日本から駆けつけたファンたちや、会場スタッフの協力によって実現したそうだ。しかし、キレイだぁ……。

 

▲サイリュームは曲のいちばん盛り上がるところや、自分の好きなところで折って光らせるのがセオリー。一度しか光らせられないからこそ、ファンからアイドルへの最高の意思表現になるのだ。そこに日本人のワビサビの文化があると桃井さんは語った。

 

▲トークセッションの最後には次回の講師、高橋信之さんからのコメントも。アニメ界の重鎮の講義が受けられるということで、いまからワクワクだ!!

 

※”アニメ検定への道!”1回目の記事はこちら

※”アニメ検定への道!”2回目の記事はこちら

※”全国総合アニメ文化知識検定”公式サイトはこちら

アニメ検定への道!の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『バイオハザード RE:2』レビュー。美化された思い出をさらに超えるおもしろさ。“怖さ”以外にも楽しめる要素が多数

2019年2月25日(金)に発売を迎える、カプコンのサバイバルホラー“再:新作”『バイオハザード RE:2』。作品の魅力、そして恐怖を記事担当ライターのゴジラ太田が語る!

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2019年01月14日〜2019年01月20日

ひさびさのシリーズ最新作、『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』が好調な滑り出し

『ストリートファイター』のesports大会“ストリートファイターリーグ”が、4月よりアメリカで開催決定、3人で編成される6チームが総当たり戦で競う

カプコンは、『ストリートファイター』を使用したeスポーツの“ストリートファイターリーグ”、“Street Fighter Pro League - USA”をアメリカで開催することを発表した。

『レインボーシックス シージ』闘会議2019“遊びホーダイ エリア”にて野良連合、FAV gamingプロ選手によるコーチングイベントが開催決定

2019年1月26日〜1月27日に千葉・幕張メッセにて開催予定のゲームファンとゲーム大会の祭典“JAEPO×闘会議 2019”内“遊びホーダイエリア”において、プロ選手によるティーチングイベントと公式コスプレイヤーによるコスプレイベントが開催される。

『WWE 2K19』最後のDLCはコレだ! キャンディス・レラエなど注目のスーパースターたちを楽しめる“Rising Stars Pack”が配信開始

2Kは、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『WWE 2K19』において、キャンディス・レラエなど注目のスーパースターたちを追加するDLC“Rising Stars Pack”の配信を開始した。

『タワー オブ アイオン』5年ぶりの新クラス実装が決定&“ネーミングディーヴァ2019”開催! 新イベント“変身戦記イルミエール”もスタート

2019年1月23日、エヌ・シー・ジャパンはPC用ゲーム『The Tower of AION(タワー オブ アイオン)』において、5年ぶりとなる新クラスの実装に伴うクラスネーム募集キャンペーン“ネーミングディーヴァ2019”を開催することを発表した。また、新イベント“変身戦記イルミエール”も同時開催。

“eSPORTS 国際チャレンジカップ 〜日本選抜 vs アジア選抜〜”の競技タイトルに『オーバーウォッチ』が追加決定

一般社団法人日本eスポーツ連合は、2019年1月26日、27日に幕張メッセで開催予定の“eSPORTS 国際チャレンジカップ 〜日本選抜 vs アジア選抜〜”の競技タイトルに『オーバーウォッチ』の追加を発表した。

名試合が量産される予感! 『リーグ・オブ・レジェンド』国内プロリーグ“LJL 2019”開幕戦からアツさを感じた理由

2019年1月19日、PC用オンライン対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』の国内プロリーグ“LJL 2019”Spring Splitが開幕した。

【俺たちのアケアカ】本日、2019年1月23日22時00分より生放送!【ファミ通チャンネル】

週刊ファミ通のででおとみさいル小野のふたりで、名作クラシックゲームをゆる〜く遊ぶ番組。今回はアクションゲームの『ボンジャック』と『NINJA MASTER'S 〜覇王忍法帖〜』を遊びます!

『アーケードアーカイブス ボンジャック』がNintendo Switchで1月24日に配信決定!

ハムスターは、Nintendo Switch用ソフト『アーケードアーカイブス ボンジャック』を2019年1月24日に配信することを決定した。